2019年11月27日 (水)

リトミック14

このところ暖かな日が続いています。☁☀

リトミック14でした。

ももぐみの活動では…

Img_3701 Img_3716 Img_3722 Img_3721 Img_3734 Img_3736  Img_3741 Img_3745

絵本「くだものどうぞ」を読み聞かせてもらいました。

リンゴやみかん、キウイ、バナナなどいろんなくだものをどうやって食べるか?子どもたちも「皮抜いて食べる」な言いながら見ていました。

マツダ先生が風船を膨らませたり、しぼませたりします。

風船がふくらんだ、風船がふくらんだ 風船がふくらんだ…子どもたちは体をだんだん大きくしたり、上に伸びたりして風船を表現します。

風船が膨らんでクルクル回って飛んでいくところも表現しました。

曲に合わせて歩いたり、曲が止まったら自分たちもストップします。

雲の上をふわりふわりそーっとそーっと歩きます。

雲の上から地面に落っこちて、床の上をゴロゴロ転がります。

自分の好きな色の丸ボードをハンドルにして車になって走ります。

曲が止まったら「あか」と言って止まって、急ブレーキの時には体をそらして「ストップ」と言います。

それを繰り返します。

あお・ピンク・きみどり・きいろの丸ボードを持って曲に合わせて歩きます。

「あお」と言われたら、青色のボードを持っている子どもたちが集まってボードを叩いて「トントントンこんにちはトントントンさようなら」と表現します。

ボードを床に置いて中音の曲に合わせて「曲げて、曲げて…」ひざを曲げ伸ばししたり、高音の曲に合わせて伸びて、伸びて…」方に手を置いて腕を上に曲げ伸ばしします。

マツダ先生の手の中からカシャカシャ音がします。

「どちらに入っているかな?」と子どもに聞くと、「こっち」と答えます。

どちらにも卵の形のマラカスが入っていました。

子どもたちも2つずつもらって、「上るよコアラ」「おもちゃのチャチャチャ」をマラカスを持って振ります。

「マラカスサンバ」に合わせて、マラカスを持って体全身を使って踊りました。

ブルーシートを広げて子どもたちが座ります。

もみじや銀杏などの葉っぱを子どもたちに降らせます。

降ってきた葉っぱを今度は子どもたちが集めて降らせます。

パーッと葉っぱが広がってとてもきれいです。

集めた葉っぱで焼き芋をしたり、子どもたちはブルーシートの上に寝転んで、オレンジの大きな布の上に葉っぱをのせて、下から葉っぱがなびく様子を見たりしました。

Img_3748 Img_3755 Img_3757 Img_3762 Img_3766 Img_3768 Img_3772 Img_3779 Img_3783 Img_3795 Img_3799

あおぐみの活動では…

お友だちとこんにちはのウォーミングアップ。

ピアノに合わせて歩き、合図の音がしたらお友だちを探します。

「せーの」と言ったら「トントントンこんにちはトントントンさようなら」と2人組で手合わせをします。

絵本「ふうせんゆらゆら」を読み聞かせてもらいました。

子どもたちも風船になって表現します。

高音から低音へ音の合図がしたら風船がしぼむ所を。

低音から高音へ音の合図がしたら風船が膨らむ所を音を聞いて表現します。

子どもたちはよく聞き分けて表現していました。

スティックを持って3拍子の曲で歩きます。

先生が弾くリズムを聞いて、子どもたちもリズムを叩きます。

最初は1フレーズごと、だんだん連続で長くリズムを叩きました。

タマゴマラカスを2個ずつ子どもたちに渡します。

「登るよコアラ」「おもちゃのチャチャチャ」をマラカスを振ります。

「マラカスサンバ」ではマラカスを持って歩きながらリズムに乗って踊りました。

ブルーシートに子どもたちが座ります。

葉っぱを降らせると、子どもたちは「ヒラヒラ」「チラチラ」など言葉をつけます。

葉っぱを触ると「カシャカシャ」「サラサラ」という音も出てきました。

子どもたちが葉っぱを集めてパーッと降らせたり、葉っぱを集めて焼き芋にしたりしました。

オレンジ色の布の上に葉っぱを入れて、子どもたちはブルーシートの上に寝転んで下から見てきれいな葉っぱの動きを見ました。

マラカスを使って全身表現したり、リズムを叩いたり、秋の風情を感じたりしてリトミックを楽しみました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

リトミック11

秋らしい雲が浮かんでいます。☁☀

日中は気温が上がっています。

リトミック11でした。

11-4 11-10 11-14 11-22 11-17 11-26 11-30 11-31 11-35 11-37 11-40

ももぐみの活動では…

いっぽんばしコチョコチョたたいてつまんで階段上ってコチョコチョコチョコチョ

一人でしたり、2人でしたりします。

子どもたちは手をつないで輪になります。

マツダ先生が風船をふくらませて、どんなふうに大きくなるかを子どもたちに見せます。

最初はみんな集まって膨らんでいないところから。

「風船が」ふくらんだ「風船が」ふくらんだ「風船が」ふくらんだ…輪っかを大きくして、風船が膨らんでいく様子を表現します。

風船が膨らんで、大きくなったら低音でドンドンと音がしたら、風船が割れた様子を表現して、高音の曲が流れたら風船になって飛んでいきます。

音を聞き分けて表現します。

曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら子どもたちも止まる。

合図の音がしたら反対向きになって歩きます。

お芋になって床をゴロゴロ転がります。

ゴロゴロゴロゴロ転がって美味しい焼き芋になります。

2人組になって手合わせをしたり、ぎっこんばっこんします。

ピアノで「たちましょう」「座りましょう」と子どもたちにやってもらうと、聞き分けてピアノの音を聞き分けて立ったり、座ったりしていました。

「立ちません」「座りません」も出てきて、迷うところもありました。

“のせてのせて”の絵本が登場。

マツダ先生が子どもたちに絵本を見せます。

本を伏せて「車は何色だった?」と子どもたちに質問をすると、「あか」と答えていました。

子どもたちに丸ボードを1枚ずつ渡します。

丸ボードをハンドルにして、絵本のまこちゃんと同じように子どもたちも運転します。

曲が流れている時には車を運転して、曲が止まった時には「あか!」と言って止まります。

急ブレーキの時には「ストップ!」と言って止まります。

絵本の中に出てくるウサギさんやクマさんになってジャンプしたり、歩いたりしました。

再びみんなで手をつないで丸になります。

先生が「風船が」と言ったら、子どもたちが「膨らんだ」と言って、だんだん風船が膨らんでいくところを表現しました。

11-43 11-45 11-59 11-64 11-69 11-77 11-80 11-84  11-85 11-86

あおぐみの活動では…

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

2人でいっぽんばしコチョコチョをします。

あおぐみはいっぽんばしからにほんばし、さんぼんばし、よんほんばし、ごほんばしと増えていき、登った階段を下りて、また階段を登るバージョンでした。

2人組になって手合わせしたり、ぎっこんばっこんしたり、なべなべ底抜けをしたりします。

それらを誰とやったか覚えておきます。

曲の聞き分けと記憶力と判断力です。

4人組になってなべなべそこぬけをしました。

♪かめのえんそく という歌に合わせてカメになって四つん這いで歩きます。

♪かめのえんそくは三日まえからリュックサックにお菓子をつめて…

カメの気持ちになって曲に合わせてゆっくり歩きます。

お友だちの見本を見ると、イメージがわいてみんなもカメのように歩いていました。

スティックを2本ずつもらいます。

スティックをリュックサックのように肩にかけて持ち歩きます。

合図の音に合わせてスティックで聞こえてきたリズムを叩きながら歩きます。

高音の音で聞こえてきたときには頭の上でスティックを叩き、低音の音で聞こえてきたときには下の方でスティックを叩きます。

最後は中音の時には体の真ん中で聞こえてきたリズムを叩きました。

難しいかなと思いましたが、子どもたちは結構反応していました。

マツダ先生が子どもたちに「マラソン選手みたいな走り方をして」と言うと、子どもたちはランナーのような走り方をしました。

マラソン選手みたいな走りの動物は?と聞かれて、リスや小鳥などが出てきました。

「これははっちゃんと言うんだよ。(八分音符)」

「大きな怪獣みたいな歩き方をして」と言われると子どもたちはガオーと大きなストライドで歩きます。

大きな怪獣みたいな歩きの動物は?と聞かれてぞうやゴリラが出てきました。

「これはにぶちゃんと言うんだよ。(二分音符)」

「普通に歩いてみて」と言われると子どもたちは歩きます。

普通に歩いているみたいな動物は?と聞かれてイヌやウサギが出てきました。

「これはしぶちゃんと言うんだよ。(四分音符)」

リスや小鳥、ゾウ、ウサギ、イヌになって歩きました。

絵本“サンタクロースとれいちゃん”を読み聞かせてもらいました。

最後に2チームに分かれて一列に並び、1・2・3・4じゃんけんポンであいこの場合は自分の陣地に帰り、勝った人は自分の陣地へ負けた人を連れてくるゲームをしました。(リトミックなので拍に合わせて)

2人組での活動や絵本の内容を表現したり、リズムや拍などリトミックの活動を楽しんで行えたと思います。🎶😃



 

 

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

リトミック10

朝晩はいくぶん涼しくなりましたが、日中はまだまだ残暑が厳しいですね。☀

リトミック10でした。

10-2 10-6 10-42 10-36 10-19 10-51 10-55 10-64 10-70 10-71 10-73 10-83 10-87

ももぐみの活動では…

大きな丸になって座ります。

一定のリズムに乗って、自分の名前を言って、次のお友だちに回していきます。

リズムに乗って言うのは子どもたちにとっては難しいようです。

トントントン頭・肩・おなか・ひざ・背中・ほっぺ…体の部位言われたところを手で叩きます。

あご・かかと・足の裏…ちょっと考える所も入ってきました。

マツダ先生がついたてを立てました。

出して、引っ込めて 出して、引っ込めて何かが顔や体をのぞかせます。

子どもたちが「~だ」と声にします。

うさぎ・かえる・うし・さるが姿をのぞかせていました。

♪アイアイ(アイアイ)アイアイ(アイアイ)おさるさんだよ アイアイ(アイアイ)アイアイ(アイアイ)南の島の アイアイ(アイアイ)アイアイ(アイアイ)しっぽのながい アイアイ(アイアイ)アイアイ(アイアイ)おさるさんだよ

♪アイアイ に合わせて振りをしながら歌います。

うっきっきーおさるさんの言葉で話をします。

子どもたちは楽しそうにうっきー語で話をしていました。

3人組になって🎵アイアイを歌いながら振りつけたり、うっきー語で話をしたりします。

おさるさんになって歩いて、曲が止まったら子どもたちも止まります。

いもむしゴロゴロお友だちにぶつからないようにゴロゴロ転がります。

♪メリーさんのひつじの曲が流れたら眠り、曲が止まったら「おはよー」と言って起き上がります。

曲を聞き分けて、くり返し動きます。

ホワイトボードにマツダ先生が青・赤・黄・白の棒をつけます。

♪いろんな色がありますね 青・赤・黄色・白

子どもたちにも青・赤・黄・白色の棒を2本ずつ渡します。

先生がボードにおいたのを真似して子どもたちも色を見ながら棒を並べます。

青2本・赤2本・黄2本・白2本や青・赤・黄1本ずつで三角、青・赤・黄・白4本で四角を真似をして作ります。

最後に白1本と黄色2本、赤2本でおうちを作りました。

作ったおうちをそのまま床に置いておいて、周りをピアノの曲に合わせて散歩します。

曲が止まったら、おうちに入ります。(自分で作ったのとお友だちが作ったのと)

散歩する→おうちへ入るを繰り返しました。

10-92 10-95 10-99 10-106 10-119  10-126 10-146 10-151 10-13210-160 10-162 10-167 10-174 10-171 10-180 10-178

おぐみ活動では…

トントントン頭・肩・ほっぺ・耳・おへそ・背中・ひざなど言われた体の部位を叩きます。

あおぐみの子どもたちにはひじ・鼻の下・かかと・足の裏・足の指、頭と肩・おへそと背中などちょっと場所を考える所や同時に二か所を叩くなど難易度が高いこともしていました。

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

トントントン頭・おしり・肩など自分で体の部位を叩いたり、言われた部位をおともだち2人組になっておともだちを叩いたりしました。

マツダ先生がついたてを立てました。

♪出して引っ込めて出して引っ込めて トントントン

とってのちいさい指人形が姿をのぞかせます。

子どもたちは何の動物かを当てます。

ちょうちょ・カバ・トラ・サルが姿を現しました。

♪アイアイ を振付しながら歌います。

3人組になって🎵アイアイを歌いながら振付したり、うっきー語でしゃべったりします。

グループごとにうっきー語でしゃべるのを発表しましたが、「バナナを食べたい。」「バナナをもっと持ってきて。」など子どもたちが発想したことを言葉にしていました。

自分の好きな色の丸ボードを1枚ずつもらいます。(ピンク・あお・ミント・きいろ)

丸ボードを頭上にあげて歩きます。

二人組になってトントントンこんにちはとあいさつしたり、同じ色のボードを持っている人とあいさつしたり、ピンクとあお、きいろとミントの人があいさつしたりしました。

最後に丸ボードを床に置いて上に乗り、ひざを曲げてと手を肩において伸びてをしました。

大きなひとつの丸になります。

♪なべなべそーこぬけ そーこがぬけたらかえりましょう

ハンドサインで音の高低を表したり、みんなで手をつないで振付をしたりします。

2人組や4人組になって体遊びをします。

先生がウッドブロックでなべなべそこぬけのリズムを叩きます。

リズムに合わせて歩きます。

手では🎵なべなべそこぬけのリズムを叩きながら歩きました。

最後、みんなで手をつないで♪なべなべそこぬけをして、ひっくり返ってまたもとに戻りました。

体の部位を叩いたり、ぬいぐるみや指人形を見て動物を想像したり、様々な活動を通してリトミックを楽しめたと思います💡✨


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

リトミック9

今朝は雷雨になりました。

リトミック9でした。

4_20190820150601 7_20190820150601 15_20190820150601 16_20190820150601 20_20190820150601 24_20190820150601 29_20190820150601 30_20190820150601 31_20190820150601

ももぐみの活動では…

♪こぶじいさん の手遊びをします。

ゆっくりしたり、スピードを速くしたりします。

「~ちゃん」「~くん」とマツダ先生が太鼓を叩いて呼ぶと、「ハアイ」と子どもが太鼓を叩いて答えます。

先生が叩いた調子で(弱くなのか、強くなのか、ゆっくりなのか、速くなのか…)子どもたちも答えるようにします。

先生の言う言葉や雰囲気を真似します。

トンボになって飛び回ります。

曲が止まったら壁・ピアノ・自分のシール・先生の机…言われたところに止まります。

まず、音楽が流れている時にはトンボになって飛ぶ、音楽が止まったら止まるということを理解する必要があります。

何度か繰り返しているうちに、少しずつ動けるようになってきました。

床にゴロンと寝転んで、手足を上に向けてバタバタバタバタ…ゴキブリになります。

合図の音が止まったら手足を床に投げ出して、力を抜きます。

それを繰り返します。

アイスクリーム🍨・ソフトクリーム🍦になって溶けていくのを表現します。

だんだん溶けていくというのが難しいです。

子どもたちは壁に並びます。

マツダ先生が一人一人に「~ちゃん」「~くん」と名前を呼びながらテニスボールを渡していきます。

「ハアイ」と返事をしてボールを受け取ります。

ボールを返すときには「先生」と言いながらボールを転がします。

「先生」と言うこととボールを転がす2つの動作を同時にするのは難易度が高いようでした。

一人一人に丸ボードを好きな色を選んで取ってもらいます。

ボードをハンドルにしてドライブします。

小鳥さん・飛行機・トンボ・カラス…と言われたら、空を見上げます。

ライオン・新幹線・救急車・バイク…と言われたら床、下を見ます。

クジラ・イルカ・カニ・カメ…と言われたら海で泳ぐ仕草をします。

言われた言葉を理解して、上を見たり、下を見たり、海で泳いだりしました。

33_20190820151501 35_20190820151501 38_20190820151501 39_20190820151501 44_20190820151501 42_20190820151501 50_20190820151501 56_20190820151501 58_20190820151501 64_20190820151501 67_20190820151801  69_20190820151801 70_20190820151801 71_20190820151801  75 78_20190820151801 80_20190820151801

あおぐみの活動では…

♪トントントントンひげいじさんの手遊びをします。

「トントントントンはいくつあった?」とマツダ先生に尋ねられると数を数えて「4つ」と答えます。

トントントントンを5つにしたり、6つにしたりして手遊びをしました。

♪おともだちと こんにちはでウォーミングアップ。

近くにいるおともだちと2人組になってあいさつしたり、手合わせしたりします。

なかなかおともだちと2人組になれない場合、先生がピアノを弾いて待っています。

床にゴロンと寝転んで、手足を上げてバタバタバタバタ…ゴキブリになります。

合図がしたら床に手足を投げ出して、力を抜きます。

ソフトクリーム🍦になってだんだん溶けて床にへたり込んだり、カチコチに凍った氷がだんだん溶けていく様子を表現します。

とんぼになって飛び回ります。

曲が止まったら、片足で止まったり、壁にペタッとついて止まったりします。

2ひきずつ飛んで、曲が止まったら近くにいるお友だちの背中に止まります。

背中に止まられたお友だちは交代して、2匹で飛び回ります。

子どもたちに先生が「トンボで飛び回っている時にどんなことを考えて飛んでた?」と質問をしました。

「どこに止まろうかな」まだとんぼになっていないお友だちはいないか考えながら次はどこに止まろうかと考えながら飛ぶのです。

そうすると、みんながトンボになって飛ぶことが出来ます。

画用紙とペンが出てきました。

「画用紙にクモの糸を描きます」と言って、パーパーパーパーと言いながらクモの糸を先生が描き始めました。

コマかでち密なクモの糸が出来ました。

今度はテー―テー―テー―テー―と糸を長くひぱってクモの巣を描きました。

すると、さっきよりも大きいクモの糸出来ました。

2人の子どもたちにもマジックで画用紙にクモの巣を描いてもらいました。

子どもたちは空間にパーパーパーパーやテー―テー―テー―テー―と言いながらクモの糸を描きました。

歩きながら体でクモの糸を引っ張る表現をしたり、男の子・女の子に分かれてターターターターと歩いて行ってピタッと止まってクモの巣をつくる活動をしました。

年長児と年中児に分かれて丸を作り、座ります。

テニスボールを1つ「どうぞ」と言いながら回します。

集中していないとボールが回って来るのがわからず回すのが遅れてしまいます。

2つ入れて、「どうぞ」と言いながらボールを回していきました。

年長・年中みんな一緒になって丸になって座ります。

先ほどのテー―テー―テー―テー―の長さに合わせて隣のお友だちを飛ばして、次のおともだちに渡していくのにも挑戦しました。

肩をトントントントン叩きます。

合図がしたら反対向きでトントントントン叩いたり、ツンツンツンツン指でつついたり、シューッと背中をなでたりしました。

トンボやアイスクリーム、かき氷など季節の風物詩を踏まえたリトミックの活動を楽しめたと思います。✨

 

 

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

リトミック8

台風が近づくのではないかと心配していましたが、遠くへ去っていったようです。

今は日が射しています。

リトミック8でした。

Img_1889 Img_1894 Img_1895 Img_1905 Img_1908 Img_1911 Img_1918 Img_1925 Img_1935

ももぐみの活動では…

肩をトントントンと反対の手で交互に叩きます。

とっても気持ちがいいです。

ドレミ ミレド と腕を上下させて音の高低が見えるようにします。

音の高低で「~ちゃん」「~くん」と呼び掛けて、「ハアイ」と返事をするときにも腕の高低をつけて返事をするようにします。

子どもたちはいつも返事をするように答えています。

おじいちゃんの歩き方(ゆっくり)・赤ちゃんのハイハイ(速い動き)・みんなの歩き(普通の歩き)を表現します。

音を聞き分けて、どの歩き方かを考えて表現します。

誰かが気づくと他の子どもたちも気づいて歩いていました。

サル・ウマ・ゾウ・ウサギ・ゾウ・ネコ…鳴き方や動きの音を表現します。

みんなよく知っていて、答えていました。

お手玉を1個ずつもらいます。

きらきら星の曲を歌いながら、左右の手にキャッチキャッチします。

キラキラ星を歌いながら、お手玉を持って、キラキラさせながら歩きます。

スカーフを1枚ずつもらいます。

おばけになって歩きます。👻

“パピプペ”でスカーフを手の中に丸めて、“ポーン”で天井にほおり投げます。

とっても面白いようで、夢中になってやっていました。

きらきら星の曲に合わせてスカーフを持って歩く。

スカーフを流れ星に見立てて、音楽が高音の時には腕を上に上げて、低音の時にはスカーフを下に下げて走りました。

絵描き歌を歌いながら、マツダ先生が魚とカニ描きました。

青い布を広げて、たくさんの魚をのせます。

ジャブジャブジャブジャブやチャプチャプチャプチャプ、ザブーンなど一人一人が布を動かしてみんなで波を表現します。

布を動かす力加減が難しいです。

子どもたちは床にうつぶせに寝転びます。

マツダ先生が作ってきた魚がたくさんついた布を先生たちが動かして、水族館を経験しました。

子どもたちは「うわー!」と歓声を上げていました。

Img_1937 Img_1942 Img_1950 Img_1965 Img_1962 Img_1977 Img_1986 Img_1988 Img_1990 Img_1995 Img_1998 Img_2014 Img_2006 Img_2019

あおぐみの活動では…

♪おともだちと こんにちは でウォーミングアップ

ドレミファソ ソファミレド 腕を上下させてハンドサインをして音の高低を表現します。

♪きらきら星を歌いながら、フレーズのまとまりの所で手を叩きます。

男の子だけでしたり、女の子だけでしたり、みんなでしたりします。

♪きらきら星を歌いながら歩き、フレーズの所で2人で手合わせをします。

一つの大きな丸になります。

一人1個、テニスボーrをもらいます。

♪きらきら星の曲に合わせて、左右の手に交互にキャッチキャッチします。

♪きらきら星の曲に合わせて、足を広げてボールを床で叩き、フレーズの終わりでシューッとボールを転がします。

2人組になって、足を広げて、ボールを床で叩き、フレーズの終わりで相手にシューッとボールを転がします。

2人組になってぎっこんばっこんで舟で海へ漕ぎだします。

海にはカニや小さな魚が泳いでいます。

音を聞き分けて、ぎっこんばっこん・カニ・小さな魚を表現します。

海に見立てて、ジャブジャブジャブジャブ チャプチャプチャプチャプ ザブーンなど青い布をみんなで持って表現します。

クラゲ・ワカメ・大きな魚・タコなど海の生き物を表現しました。

青いブルーシートにたくさんの魚が泳いでいます。

年中・年長児に分かれて、海の周りを曲に合わせて釣り竿を持って歩き、曲が止まったら魚を釣り始めます。

海には入らない、釣り糸を持たない、時間制限付きで釣りました。

魚釣りをみんな楽しんでやっていました。

様々な道具を使って、季節に合わせた活動でとても楽しいリトミックを行いました。✨😃

 

 

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

リトミック7

長かった梅雨が明け、日差しがいっぱい降り注いでいます。☀

夏本番を迎えました。

リトミック7でした。

10_20190724150401 11_20190724150401 14_20190724150401 22_20190724150401 25_20190724150401 29_20190724150401 30_20190724150401 33_20190724150401 42_20190724150401 45_20190724150401 47_20190724150801 50_20190724150801 57_20190724150801 59_20190724150801

ももぐみの活動では…

♪ホッホッホットケーキ ホッホッやけたかな ホッホッホットケーキ やけたら重ねよう

手をホットケーキにして、重ねていきます。

みんなで大きな丸を作って座ります。

マツダ先生がお皿を持って子どもたちの所へ焼いたホットケーキを重ねて(手でボードを叩きます)行きます。

みんなで作ったたくさんのホットケーキが出来ました。

パクパクパクっと食べます。

ドレミ ミレド 音の高低を感じます。

「~ちゃん」「~くん」「ハアイ」と音を感じて返事をします。

丸いボードを1枚ずつもらいます。

ボードは床に置きます。

曲が流れている時には歩き、曲が止まったらボードの上に立ちます。

ボードを少しずつ減らして、ボードに立てない人が出てきます。

ボードとりゲームです。

曲が流れている時には歩いて、曲が止まったらボード1枚に一人立ちます。

だんだん、人数が減ってきました。

ボードに立てなかった子で悔しくて涙を流す子もいました。

丸ボードをハンドルに見立てて走ります。

曲が止まったら、ボードを床に置いてボードに立ったり、クラクションを鳴らしたりしました。

よーく耳で聞いていないとわかりません。

ピアノやホイッスルの音を聞いてだんだん体を大きく高く、腕をキラキラさせる、体を小さく低くするを聞き分けます。

子どもたちは音の高低をよく感じ取っていて、体を動かしていました。

3本棒を子どもたちに渡します。

先生をまねて、三角の形を作ります。

♪ほしの くにの さんかくぼうし…さんかくかくかく さんかくかくかく さんかくぼうし

棒で作った三角をさんかくかく1・2・3となぞったり、空中で1・2・3と三角を書いたりしました。

いろんな色のひもを一人1本ずつもらいます。

「このひもで何が出来るかな?」とマツダ先生が質問すると「ヘビ」と返ってきて、ニョロニョロヘビをしてみたり、ゾウさんの鼻にしてぞうになったりします。

ひもで丸を作って、曲に合わせて丸の周りをまわったり、反対向きで回ったりします。

みんなが持っているひもをつなげて一人ずつひもの上を歩きました。

最後にかみなりさんになって🎵いっぽんづののかみなりどん おおきなかみなりおっことす ピカ バリ ゴロ ドカン 体で表現しました。

60 62_20190724151201 66_20190724151201 70 71_20190724151201 74_20190724151201 77_20190724151201  78_20190724151201  81_20190724151201 86 92_20190724151701 94_20190724151701 101 105 118 122 138 141

あおぐみの活動では…

♪おともだちと こんにちは でウォーミングアップ

ホッホッホットケーキ ホッホッやけたかな ホッホッホットケーキ やけたら重ねよう

4人組になってやけたホットケーキを順に上に重ねていきます。

順番に重ねていくというのが大事です。

待つことが必要です。

みんなで長ーくつなげてホットケーキを作ります。

最初の人から後、横につながっていきます。

これも待つことが大事で、早くつながりたくて横から入って来たり、長くつながらなくて形が丸くつながってしまったりしていました。

そして、ホットケーキを右左1・2と手を置くのが同時に手をおいてしまってホットケーキを並べなくなってしまったりしていました。

ドレミ ミレド 腕を上下させて、音の高低を感じます。

「~ちゃん」「~くん」「ハアイ」と返事をするのをピアノの音をまねて返事をすることに挑戦しましたが、ピンと来ていない感じでした。

ピアノの音を聞いて、だんだん体を大きく高く、腕をキラキラさせる、急に体を小さくするを表現しました。

子どもたちはよく聴きとっていて。体で表現していました。

ピアノの曲を聞いて、聞いたリズムを手で叩きます。

ピアノの曲を聞いて、体全体を使って表現します。

2人組になって、リズムを体で表現します。

いずれも子どもたちはリズムを聞きとっていて、手で叩いたり、体で表現したりしていました。

丸ボードを一人一枚ずつ渡します。

♪大きく叩こう 小さく叩こう マツダ先生が叩いたリズムを真似してボードを叩きます。

1拍めは手を叩き、2拍め・3拍めはボードを叩きます。(3拍子を感じます)

丸ボードを縦に長く並べて、♪キラキラ星のリズムに合わせてボードの上を歩きます。

リズムに合わせて歩くのは子どもたちにとって難しいようでした。

年齢が高い子は曲に合わせてリズムにのせて歩けていました。

ボードをランダムに広げて床に置きます。

曲が流れている時にはボードに乗ったり、飛び越えたりせずに歩き、曲が止まったらボードの上に立ちます。

ももぐみ同様、だんだんボードの数を少なくしていってボードとりゲームをしました。

だんだん人数が少なくなってくると、必死でボードを探して、乗ろうとしていました。

音をよく聞く、音がしていないことに気づいて、行動する。

集中力や判断力、注意力などを養います。

体で音の高低を表現したり、ボードとりゲームを楽しんだり、リズムを叩いたり、拍を感じる活動をしたりしてリトミックを楽しむことが出来たと思います。🎶💡

 

 

 

 

  

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

リトミック6

夏の日差しが降り注いでいます。

リトミック6 でした。

ももぐみの活動では…

♪お父さんお父さん、シュシュシュ…手遊びです。

お父さん指とお母さん指をくっつけたり、お父さん・お兄さん・お姉さん指をくっつけてキツネを作ったりしました。

♪むすんでひらいて 手を打って 結んで また開いて 手を打って その手を~に

~の所を上にしたり、横にしたり、足首に持っていったり、お尻にしたりしてウサギでジャンプしたり、飛行機でビューンと走ったり、パンダになって歩いたりしました・

マツダ先生が巾着袋を出してきました。

子どもたちに触ってもらいます。

「何が入っていると思う?」

「???」モコッと膨らんでいます。

先生が取り出したのは“お手玉”

頭にのせて落とさないように歩いたり、首にはさんで歩いたり、手にのせて歩いたり、足の甲にのせて歩いたりします。(バランスが大事ですね)

床に座ってお手玉を投げて・とって、投げて・とってしてみました。

丸ボードを1枚ずつもらいます。

曲が流れている時にはハンドルを動かして走ります。

“プップー”と音がしたら、止まって丸ボードをクラクションに見立てて鳴らします。

それを繰り返します。

背中にボードを置いてかたつむりになってハイハイしました。

赤・白・青・黄の棒を1本ずつもらいます。

マツダ先生が赤の折り紙を見せます。

子どもたちは「あか」と答えます。

棒を2本出して、並べます。

「あ・か」と手を叩きます。

今度は黄色の折り紙を子どもたちに見せました。

「きいろ」と子どもたちは答えます。

「き・い・ろ」と口で言いながら手を叩きます。

棒を3本出して、三角の形を作ります。

紫色の折り紙を見せます。

ちょっと難しいかなと思いましたが、「むらさき」と子どもたちは答えていました。

「む・ら・さ・き」と口で言いながら手を叩きます。

4本棒を出して、四角の形を作りました。

ロープで〇を作ります。

その中に赤・黄・紫色の星を入れます。

さっきの「あ・か」「き・い・ろ」「む・ら・さ・き」で手を叩いたことをもとにして、ピアノの音が「あか」の時には赤色の星をとって、天の川(青いビニールシート)に貼り付けます。

それを同じで、「きいろ」の時には黄色の星をとって張り付け、「むらさき」の時には紫色の星をとって張り付けます。

「あか」「きいろ」「むらさき」の音と数を感じ取ります。

難しいかなと思いましたが、子どもたちは結構反応して、星をとって張り付けていました。

今度は金銀、大中小のお星さまが出てきました。

大きな星の時には低音の大きな音がして、小さな星の時には高音の小さな音がします。

それを聞き分けて、天の川へ貼り付けました。

お星さまをたくさん貼ると、とてもきれいな天の川が出来上がりました。

みんなで天の川を持って、ユラユラさせたり、(力がすごく強かったですが)じゃぶじゃぶさせたりしました。

子どもたちは床に寝転がって、先生たちが上から天の川をとおしました。

子どもたちから見ると、キラキラお星さまが頭上に光っているように見えたことでしょう。

あおぐみの活動では…

♪お友だちと こんにちは でウォーミングアップ。

2人組になって、トンパチ・トンパチパチ・トンパチパチパチと手合わせをします。

ピアノの音の大小を聞き分けて、大きな動作・小さな動作を表現しました。

大きな一つの丸になります。

一人ずつテニスボールをもらいます。

隣の人に「どうぞ」の「ど」でボールを渡します。

みんなのタイミングがあえば一つずつボールを握っているはずですが…2・3・4個1人にたまってしまったりします。

コツをつかんで少しずつ上手になっていきました。

♪むすんで ひらいて 手を打って 結んで また開いて 手を打ってその手を~

~の所は上や横にして、ウサギになったり、飛行機になって飛び回ります。

一人ずつお手玉をもらって、投げて取って 投げて取ってをしたり、左右の手にお手玉をとったりやったり、頭にのせて落とさないように歩いたり、背中にのせておじいちゃん・おばあちゃんになって歩いたり、足の甲にお手玉をのせて歩いたりしました。

ももぐみで作った天の川をあおぐみの子どもたちがみんなで持って、じゃぶじゃぶしたり、ユーラユーラしたり、♪笹の葉さーらさらーと歌いながら歩いたりします。

曲を聞き分けて、即時反応します。

た・な・ば・た(四分音符)手を叩く、サーラ・サーラ(二分音符)手を叩く、ひ・こ・ぼ・し・お・り・ひ・め(八分音符)手を叩きます。

たなばたグループ、サーラサーラグループ、ひこぼしおりひめチームに分かれて、どの曲がなっているかを聞き分けて、そのグループの人が表現します。

よく聞いていないとどのグループが手を叩くのかわかりません。

みんなよく聞いて、表現しようとしていました。

♪お茶をのみに来てください ハイこんにちは いろいろお世話になりました ハイさようなら

みんなで大きな丸を作って、わらべ歌をしてリトミックを終わりました。

七夕を表現したり、やボールやお手玉、丸ボードなど様々な道具を使って、様々な活動をしてリトミックを楽しめたと思います。

 

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

リトミック5

久しぶりに小雨が降って、空はどんより曇っています。

リトミック5でした。🎶

3_20190626155301  6_20190626155301 8_20190626155301 14_20190626155301 32_20190626155301 21_20190626155301 24_20190626155301 30 34_20190626155301 37_20190626155301

ももぐみの活動では…

お父さん指 お母さん指 お兄さん指シュシュシュ…手遊びをしました。

♪むすんで ひらいて てを打って むすんで またひらいて 手を打って その手を 上に…

その手を上にしてキラキラお星さま、横にしてひこうきで飛び回ったり、ほっぺにグーでアンパンマン、目に当ててパンダ、手を後ろに電車、手を背中にしておじいちゃん・おばあちゃん…子どもたちからもいろんな意見が出ました。

それを表現しました。

♪むすんでひらいて の曲がなったらすぐに自分のシールの所へ帰ってむすんでひらいての手遊びをします。

一つの大きな丸になって座ります。

ねこ・きりん・ぞう・パンダ・カバ・リス・ウサギ…いろんな動物の鳴き声で返事をします。

鳴き声や動きの音がわからないのは×をします。

「~ちゃん」「~くん」「ハアイ」返事をしますが、マツダ先生が太鼓を持ってきたので、「ハ・ア・イ」と3回叩いて答えました。

♪おうまはみんなパッパカ走るパッパカ走るパッパカ走る…お馬さんになってギャロップで走ります。

最後にヒヒーンといななきます。

ピアノの鍵盤カードをマツダ先生が出しました。

「鍵盤カードを長ーく並べてピアノを作ろう」ということで、子どもたちに1枚、2・3・4枚どんどんつなげて並べて床にピアノをつk理ました。

子どもたちが鍵盤カードの横をピョンピョンピョンピョンと飛ぶのに合わせて、マツダ先生がピアノで音をつけていきました。

子どもたちは楽しんで鍵盤の横をピョンピョンピョンピョン飛んでいきました。

鍵盤カードをランダムに散らして並べます。

鍵盤カードに乗っていて、「カエルさんがピョーン」と言ったら、「ピョーン」の所で他の鍵盤カードにジャンプします。

繰り返します。

今度は床にフープを並べます。

「かえるさんがピョーン」ただランダムにジャンプするのではなく、「カエルさんが」の所は我慢することが大事です。

ピョーンピョーンとジャンプしていました。

絵本「ぴょーん」をピアノの音付きで読み聞かせてもらいました。

 41_20190626155801 46_20190626155801 48_20190626155801 5452_2019062615580157_2019062615580167_2019062615580171_2019062615580174_201906261558018087_20190626160201 88 91_20190626160201 93_20190626160201

あお ぐみの活動では…

お父さん指こんにちは お母さん指こんにちは お兄さん指こんにちは お姉さん指こんにちは 赤ちゃん指こんにちは…手遊びします。

ももぐみ同様、♪むすんでひらいて でいろんな動きをしました。

あおぐみの子どもたちからはおすもうさんやたぬきさん、帽子を被って、キツネで歩くなどバラエティーに富んだ意見が出ました。

それを表現したり、♪むすんでひらいて の曲がなったらその場で手遊びを始めました。

即時反応です。

♪お友だちとこんにちは でウォーミングアップ。

お尻とお尻をくっつけて歩いたり、2人で手をつないで、3人で手をつないで、4人で手をつないで、5人で手をつないで歩くなどやってみました。

「~人組」になる時、さっとその人数のグループになれずにいます。

遠いところまでお友だちを探しに行ったり、あの人は嫌、ここには入らないなど文句が出ていました。

「どうやったら~組にすぐになれるかな?」とマツダ先生に質問されると、「近くのお友だちと。」

4・5人組になって電車になって走ります。

ピアノの音をよく聞いていると、反対向きになる合図などわかって、子どもたちはすぐに反応していました。

フープを持って2人組になります。

フープの端と端をもって、ぎっこんばっこお舟漕ぎをします。

雨が降ってきたので、フープを傘にして雨宿り。

かみなりの音がドンとしたら、フープを離して、おへそに手を置いて隠します。

曲をよく聞いて、動きを繰り返します。

フープは床に置いて、曲に合わせて動きます。

ウサギになってピョンピョン飛ぶ(四分音符)・お馬になってギャロップ(付点四分音符)・タヌキになって歩く(四分音符)・ぞうになって歩く(二分音符)

ウマ・ウサギ・ゾウ・タヌキグループに分かれます。

曲が流れてきたグループの人は表現します。

それ以外の人たちは座ってみています。

何の曲が流れてくるかよーく聞いていないと表現が出来ません。

2つの動物が出てくることもありました。

マツダ先生をまねて“アブラハムの子”を踊ったり、“シンコペイテッドクロック”の曲に合わせて指を動かして曲を感じました。

体をいっぱい動かして表現したり、即時反応をしたり、動物になりきって表現したり、季節に合わせた表現をしたりしてリトミックを楽しんだと思います。💡

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

リトミック4

今年は空梅雨なのでしょうか?

このところずっと晴れが続いています。

リトミック4でした。

3_5 5_4 9_3 12_6 15_2  29  23_3 19_1

ももぐみの活動では…

マツダ先生の真似をして、声を出さずにあくびをしたり、大きくのびをしたり、小さくなったりします。

長くつないだゴムをみんなで持って、丸くなります。

ブラブラブラブラ…したり、上下に動かしたりします。

ゴムで作ったデコボコの所をトンネルをくぐるようにくぐっていきます。

お馬さんになって、パッカパッカパッカパッカ…ギャロップして、音楽が止まったらヒヒーンといななきます。

丸いボードを一人ずつもらいます。

「これ、何に見えるかな?」タイヤやハンドルの声が上がりました。

傘にしてボードを頭の上の方にあげて歩きます。

ハンドルにして車になって走ります。

丸いボードは床に置いて、言われた体の部位をボードにくっつけます。

ほっぺや鼻、お腹、背中などくっつけます。

足にボードを挟んでウサギになってジャンプしたり、背中にボードをのせて、かたつむりになってゆっくり歩きます。

音楽を聞き分けて、傘にして歩いたり、ハンドルにして車で走ったり、背中にのせてかたつむりになってゆっくり歩いたりします。

スティックを1本ずつもらいました。

持っている丸いボードは床に置いて水たまりにします。

傘をさして、ボードを踏まないように歩きます。

雨が降ってきたら、スティックで水たまりをトントントントントン叩きます。

ボードとフープの水たまりをピョンとジャンプします。

“あめふりクマの子”の紙芝居を見ました。

青いシートを川に見立てて、手でお水をすくって飲んだり、トンネルを作ってくぐったり、みんなでシートを持ってジャブジャブしたりしました。

葉っぱを頭にのせて歩いたりしました。

最後は丸いゴムを持ってみんなであいさつをしました。

33_1 36_3 49_1 55_1 50_1 57_3 66 62_3 74_1 77_2

あおぐみの活動では…

♪お友だちとこんにちは でウォーミングアップ。

マツダ先生の真似をして、声を出さずにあくびをしたり、高く伸びをしたり、体を大きくしたり、小さくしたりします。

「みなさん、どこですか?」と先生が子どもたちに問いかけると、音程をつけて「ここですよ」と返事します。

個人的にも「~ちゃん、~くん、どこですか?」と問いかけて、子どもが「ここですよ」と返事をします。

何度も繰り返しているうちに、音程や音の高低、音の速さなど感じ取って、答えていました。

お父さんの長靴を履いて、ドシンドシンと言いながら、歩きます。

長靴を履いて、スキップもしました。

絵本「ぴあのうさぎ」を読み聞かせてもらいました。

絵本の中には“シーソーシーソー”“ドシドシドシドシ”など音程が出てきていました。

子どもたちも音を声にしながら見ていました。

“ドレミファソ”を腕を使って音の高低を表現しました。

“ドレミファソ”をスラーで表現する時と、スタッカート気味に“ドレミファソ”と表現するときには腕の動かし方が違っています。

子どもたちからそれを見ていて、「ゆるやか」と「ガタガタ」という言葉が出てきました。

♪階段上るドレミファソ 階段降りるソファミレド ドレミファソ ソファミレド 上ったり下りたり忙しい…歌に合わせて腕を動かしました。

ピアノの鍵盤カードが出てきました。

ピアノの鍵盤は黒鍵が2つと黒鍵が3つが繰り返しつながってできています。

鍵盤カード拾いゲームをしました。

黒ちゃん2つと言われたら、黒鍵が2つ描かれているカードを引きます。

黒ちゃん3つの言われたら、黒鍵が3つ描かれているカードを引きます。

子どもたちは迷いながらも2つと3つのカードを引いていました。

ひいたカードを床に並べて“♪黒ちゃん2つドーンドーン 黒ちゃん3つトントントン 黒ちゃん2つ黒ちゃん3つどっちが好き?”の歌に合わせて黒鍵カードを叩きました。

一人一人がひいたカードをみんなつなげて、長ーい鍵盤を作りました。

年長児の子どもたちは実際のピアノで“黒ちゃん2つ”の黒鍵を弾いてみました。

♪お茶を飲みに来てください はいこんにちは いろいろお世話になりました はいさようなら

みんなで一つの大きな丸を作ります。

当たった人は歩いて行って、はいこんにちは の所でおじぎしてあいさつします。

いろいろ…の所で両手をつないで回ります。

はいさようなら でおじぎしてあいさつします。

次の人に代わっていきます。

何度か繰り返していると、「まだやってない」という子が出てきたり、もう2回目が回ってきたという子もいました。

梅雨の時期の活動や音の高低、音程などの活動でとても楽しくリトミック出来たと思います。😃✨

 

 

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

リトミック3

すっかり初夏の装いになりました。☀🌀

リトミック3でした。🎶

Img_0558 Img_0561  Img_0563 Img_0566 Img_0568 Img_0574    Img_0571 Img_0577 Img_0581 Img_0584

ももぐみの活動では…

床にゴロリと横になります。

手足をブラブラブラブラ…音が止まったら自分たちも止まります。

いもむしゴロゴロ転がります。

合図の音がしたら反対向きに転がります。

眠っていて、朝だよーと言われたら起き上がります。

一つの丸になって座ります。

スイカの風船が出てきました。

ナカマ先生が「どうぞ」とスイカの風船を子どもたちに渡します。

子どもたちは「ありがとう」と言って、先生にスイカの風船を返します。

一人ずつそれをします。

ピンクの小鳥の箱から長いゴムにつながったスカーフがどんどん出てきました。

ゴムを子どもたちが握ります。

ゴムを握ってブラブラブラと上下させます。

低い音がドンとなったら、しゃがんでゴムを床につけます。

ブラブラブラブラ…高い音がなったらゴムを高く上げます。

みんなでゴムの内側に入って電車にします。

おさんぽしました。

小さなペットボトルに何か入っています。

シャカシャカシャカシャカ・ジャラジャラジャラジャラ・ガジャガジャガジャガジャ・ジャラジャラジャラジャラ…入っているものによってペットボトルを振ると音が違います。

入っているものはお米・トウモロコシ・スズ・木のビーズです。

音当てゲームをしました。

音を聞き分けて、ペットボトルに入っているものをあてます。

子どもたちは興味があって、それぞれ音をならしたりします。(それらはマラカスになっています)

お米が入っているペットボトルは聞き取りやすかったようです。

“マラカスサンバ”の曲に合わせてマラカスをもって踊りました。

絵本“しあわせなら手をたたこう”を読み聞かせてもらいました。

いろんな動物が手を叩いたり、しっぽを振ったり、足を叩いたり、頭をよしよししたり、ウインクしたりします。

最後はみんなで万歳!しました。

しかけ絵本になっていて、手を叩いたり、しっぽを振ったり、足を叩いたり、頭をよしよししたりしていました。

Img_0591 Img_0594 Img_0600 Img_0613 Img_0615 Img_0618 Img_0624 Img_0628 Img_0629

あおぐみの活動では…

お父さん・お母さん・お兄さん・お姉さん・赤ちゃんの言われた指を出します。

言われたことにサッと反応するのは結構難しいですね。

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

♪あくしゅでこんにちは の曲を2人組でやってみます。

てくてくてくてく歩いてきて あくしゅでこんにちはごきげんいかが

てくてくてくてく歩いてきて あくしゅでさようなら またまた明日。

2人で歩いたり、握手したり、あいさつしたり、バイバイしたりします。

2人組でテニスボールを1つもらいます。

一人がボールを持って「どうぞ」と相手に渡します。

もう一人は「ありがとう」といってボールを受け取ります。

一定のリズムでやりとりを繰り返します。

2人のおなかとおなかをくっつけてボールを挟んで落とさないように歩きます。

大きなひとつの丸になって座ります。

スイカの風船を「どうぞ」と言ってとなりの人に回します。

その時、「ど」の時にお友だちに渡すようにします。

リズミカルに回っていきました。

「高くなーれ1・2・3」「低くなーれ1・2・3」

「1・2・3」の部分で高くなったり、低くなったりします。

高くなって木になって揺れたり、低い木になったりします。

合図の音で高くなったり、低くなったり、木になって揺れたり、聞き分けをします。

みんなが集まって頼もしい木も作りました。

赤・白・黄・青のカラーボードを1枚ずつ自分たちでとります。

赤以外のボードは座布団にして、床に座ります。

マツダ先生の真似をして、後からボードを「赤・赤」「赤・赤」叩きます。

ボードを「赤・赤」「赤・赤」「1・1」「1・1」と口で言いながら叩きます。

「赤・白」「1・2」「赤・白・黄」「1・2・3」とだんだんボードの数が増えていきました。

「赤・白・黄」「1・2・3」と叩くボードを対応させます。(赤の時には赤のボードを、白・黄と言っている時にはその色のボードを叩く)

結構それが難しいようで、言われている色や数と違う所を叩いている子がいました。

1・2・3を対応させることで拍を感じます。

丸いボードを1枚ずつ渡しました。

頭の上にボードを置いて、ボードが落ちないように曲に合わせてゆっくり歩きます。(二分音符)

どうやったらゆっくり歩けるか?コツをつかみます。

床にボードを置いてトントントントンボードを叩きます。(四分音符)

ボードを手で頭上にあげて曲に合わせて走ります。(八分音符)

曲とリズムの聞き分けをしました。

音の高低を感じて表現したり、マラカスを振ったり、2人組でやりとりをしたり、カラーボードで拍を感じたり、ボードを使った活動をしたり…リトミックを楽しめたと思います。✨🎶

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧