2018年11月 9日 (金)

リトミック14

久々に夜中雨が降りましたが、日中は日が射しました。cloudsun

リトミック14でした。note

ももぐみの活動では…

35815

18192228

37405471

大きな1つの丸を作ります。

床に座って、「トントンパ」トントンで手を2回叩いて、パは腕を上に広げて上げます。

口で「トントンパ」と言いながら、動きます。

立ち上がって、「トントンパ」手を叩いて、パは大きく腕を上げて、足も踏み出して全身を使って表現します。

「トトトトパ」手を4回叩いて、腕を上げて表現します。

曲に合わせて歩く、曲が止まったら自分たちも止まる。

曲に合わせて走る、合図の音で反対方向にクルッ向く、曲を聞き分けて1列に並んでトントン前、合図でしゃがむ、ゴロゴロゴロゴロ床を転がる、音に合わせてだんだん高くなるを表現しました。(即時反応)

子どもたちは以前やったことをよく覚えていて、音に反応していました。

2人組になります。

トンパチン 手合わせしたり、フープを持ってお散歩する(フープを持ったままお馬さんもしていました)フープを持って上下上下(四分音符)、ユーラユーラ(二分音符)、フープを床に置いて周りを走る(八分音符)曲を聞き分けて、活動します。

フープで汽車ポッポもしました。

マツダ先生から名前を呼ばれた子が指定された色の丸ボードに立ちます。

「曲げて」「伸びて」曲と音の高低を聞き分けて、判断して動きます。

以前やったことを覚えている子が多く、反応していました。

2人組になります。

・ユラユラユラユラお山・ぎっこんばっこ・ひざひざパンパン(膝を2回叩いて、パンパンはお友だちを2回手を合わせる)・ゆっくり歩いて、曲が聞こえて来たらお友だちとひざひざパンパンをする

曲を聞き分けて活動しました。

ひもを1本ずつ子どもたちに渡されました。

ひもでトントンパ(トントンの時にはひもを2回好きなように動かす。パの時にはピーンとひもを引っ張る)

トトトトパではトトトトで4回ひもを好きなように動かして、パでひもをピーンと引っ張りました。

ひもをピーンと引っ張るのが難しい子もいました。

ピーンとひもを引っ張るのがうまくできている子に見本を見せてもらいました。

絵本「だ・る・ま・さ・ん・が」を読み聞かせてもらって、マツダ先生が動きを音で(ラッパやウッドブロック、ホイッスルなど)表現して、子どもたちはとっても興味深く見ていました。

74767778

8694110112

124132146147

あおぐみ
の活動では…

🎵おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

歩いたり、スキップしたりします。

2人組を作るときになかなかお友だちを見つけられない子がいます。

マツダ先生が「ピアノの曲がゆっくりになったら何か困ったことが起こっているということだからね。」と子どもたちに話をします。

曲がゆっくりになります。

お友だちと2人組になれないとか、あるいは違う表現をしたりしている子がいたりします。

子どもたちがピアノの曲に気づき、周りがどうなっているいるのかに気づくのを待ちます。

「ピアノの音が止まったら、先生が話をするということだからね。」と先生が子どもたちに話しました。

ピアノの音が止まって、まだ話をしている子がいます。

それに気づいた子が「ピアノが止まったから先生がお話をするんだからシー」とみんなに声をかけました。

1人2本ずつスティックを渡されました。

先生がするのを見てから、子どもたちが真似をしてリズムを打ちます。

「トンパチパチ」トンで床を1回スティックで叩く、パチパチで自分が持っているスティックを2回叩く。

先生がやり終わるのを待てずにやり始める子がいます。

最後まで先生がやっているのを見てから、自分でスティックを叩きます。

2人組になります。

「トンパチパチ」トンで床を1回スティックで叩いて、パチパチはお友だちのスティックを2回叩く。(叩くのを受ける人と叩く人と。途中で交代する。)

1つの大きな丸になります。

一人でトンパチパチをスティックで叩く。

みんなでトンパチパチ、隣の人のスティックを叩いて、みんなでつながりました。

5つのグループに分かれて、赤・青・黄・オレンジ・ピンクのスカーフを一人ずつ渡されました。

腰にスカーフをまきます。

「セブンステップス」の歌に合わせて1・2・3・4・5・6・7(7の時はポーズをする)1・2・3・4・5・6・7(7はポーズ)1・2・3(3の時はポーズ)1・2・3(3の時はポーズ)1・2・3・4・5・6・7(7はポーズ)

ポーズ以外の時は歩きます。

ポーズの時には止まって、自分の好きなポーズをします。

みんなでやってみます。

何回か練習を繰り返すうちに、コツがわかってきたようです。

歩く時には拍に合わせてきっちり歩く。

ポーズの時にはピシッと止まってポーズをする。

このメリハリが大事です。

ダラダラ歩いて、止まるときも止まったか止まらないかわからず、ポーズもあやふやな子が見られました。

腰に巻いたスカーフの色を呼ばれたら動く(それ以外の子は止まって手を叩く)もやってみました。

7人グループになります。

2つグループが出来ました。

子どもたちは自分たちが並んでいる番号を理解します。

「セブンステップス」の曲に合わせて1・2・3・4・5・6・7、1・2・3・4・5・6・7、1・2・3、1・2・3、1・2・3・4・5・6・7自分の番号の時に手を叩きます。

一人一人が曲のリズムを刻みます。

だから、自分の番号をわかっていないと、(自分はそこで手を叩くと言うことを)曲が流れません。

1だった人は7の場所へ行き、2だった人が1になり、それぞれ番号が1つずつ繰り上がってすべての番号を体験しました)

子どもたちが自分たちで考えて、次は自分は何番でどうするということを予測して動くことがとても大事です。

何回か繰り返しているうちに子どもたちは自分で自分の番号を手を叩くということに意識が出来て、出来たという達成感を持てていました。

フラフープや丸ボード、ひも、スカーフ、スティックなど様々な道具を使っていろんな活動を行って、リトミックを楽しめたと思います。flair

| | コメント (0)

2018年10月30日 (火)

リトミック13

秋晴れが続いています。sun

朝晩は冷え込むようになりました。catface

リトミック13でした。note

Img_5608Img_5616Img_5619Img_5631

Img_5636Img_5643Img_5656Img_5647

Img_5662Img_5670Img_5677Img_5686

ももぐみ
の活動では…

一つの大きな丸を作って座ります。

可愛らしい絵のついたボールが出てきました。

「~ちゃん、~くん」「ハアイ」ボールを持っている人が隣のおともだちの名前を呼んで、名前を呼んだお友だちにボールを渡します。

名前を呼ばれたお友だちは「ハアイ」とボールを受け取ります。

ボールを受け取ったお友だちは隣のおともだちの名前を呼びます。

普通の速度から速い速度でやってみます。

テンポが速くなると、おやすみがなくなるので、ちょっと戸惑っているようでした。

みんなでボールを待っているお友だちの名前を呼んで、そのお友だちは「ハアイ」と返事をして、ボールを受け取ります。

ピアノの曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら子どもたちも止まります。

曲に合わせて走ります。

合図の音で反対方向に向いて進んだり、ジャンプしたり、しゃがんだり、曲に合わせて床に横になってゴロゴロ転がったりします。

曲に合わせてだんだん高くなって、かかとを上げてキラキラして急にしゃがみます。

🎵おばけがくるぞー あしたは楽しいハロウィン おばけがくるぞ かぼちゃもくるぞ ほうきにのって 空までとんでいけ 

スカーフを被って、おばけになって歩きます。

コウモリや魔女、ドラキュラ、ゾンビ、がいこつなども歌詞に入れて、歌いながら歩きます。

歌い終わったらスカーフをパーッと放り投げます。

ヘリコプターになってスカーフをグルグル回しながら走ります。

2人組になって、トンパチン手合わせします。

2人で1つフラフープを渡します。

フープを持ってお散歩します。

曲に合わせてユラユラしたり、床にフープを置いて自分が持っていたフープの周りをかけあししたり、(合図の音がしたら反対回り)、2人ともフープの中に入って電車になって走ります。合図の音がしたらクルッと運転手が変わります。

それらを曲を聞いて判断して、動きます。

駐車場へバックして駐車します。

違う2人組になります。

床に座って足を広げて、お友だちの足裏と合わせます。

2人組の所へボールを一つずつ渡します。

“カボチャ”と口で言いながらボールを向かい側に座っているお友だちに転がします。

お友だちはボールを受け取って今度は自分が向かい側のお友だちにボールを転がします。

今度はポーンとボールを相手に投げて、お互いにボールをやり取ります。

タイミングよくボールを転がしたり、投げたりするのは結構難しく、見本を見たり、教えてもらったりしてやり取ります。

ももぐみの子どもたちはあおぐみへ移動しました。

Img_5689Img_5690Img_5693Img_5694

Img_5696Img_5705Img_5709Img_5711

あおぐみ
ももぐみ一緒に“かくれんぼ”というマグネットシアターを見ました。

4本の紅葉した木と落ち葉がこんもりしている所が1か所あります。

犬が歩いてきました。

「もういいかい?」「まあだだよ」「もういいかい?」「もういいよ」

かくれんぼをしているようです。

風がフーッと吹いて、1本の木を吹きかけます。

葉っぱが揺れて、何かがチラッと見えます。

子どもたちは何かを考えます。

「ウサギ!」隠れていたのはウサギさんでした。

風がフーッと吹いて、葉っぱを揺らします。

何かがチラチラッと見えました。

「タヌキ!」隠れていたのは狸さんでした。

風がフーッと吹いて、葉っぱを揺らします。

何かがチラチラチラッと見えました。

「トラ!」そう、隠れていたのはトラさんでした。

風がフーッと吹いて、何かがチラチラチラチラッと見えました。

「パンダ!」そう、パンダさん。体がとっても大きくて、なかなか木から降りてこられません。

「やっと降りられた」とパンダさん。

落ち葉がこんもりしている所からカサカサカサカサ何か音がします。

「僕を忘れないで!」隠れていたのはライオンさん。

これでみんな、見つかりました。

ウサギ・タヌキ・トラ・ライオン・イヌ・パンダ口で言いながら、手を叩きます。

マツダ先生がボードに貼ってあった動物を一部隠します。

「覚えているかな?」隠した動物の所も思い出して手を叩きながら口で言います。

動物たちの順番を替えたりして(子どもたちが前に出てきて、見本になってもらったりして)繰り返し手を叩きました。

3チームに分かれます。

ライオンはガオーと泣くのでターアン(二分音符)手を大きく叩いて口でもガオーと言います。

犬はワンワンと泣くので、手をターター(四分音符)手を叩いて口でもワンワンと言います。

タヌキはお腹をポンポコと叩くので、手をターティティ(四分音符と八分音符2つ)と叩いて、口はポンポコと言います。

ライオン・イヌ・タヌキの絵を指した時に、そのグループの人たちがリズムを手で叩きながら口で言葉を言います。

止める合図がない限りは続け、他のリズムも入って来たりします。

それは先生やボードをよく見て、何をするのか判断します。

見ていないと何をするのかわかりません。

集中力や判断力が養われます。

ももぐみの子どもたちはお部屋へ帰って…

Img_5719Img_5720Img_5722Img_5731

Img_5745Img_5750Img_5754Img_5761

Img_5766Img_5767Img_5777Img_5782

あおぐみ
の活動では…

🎵おともだちと こんにちは でウォーミングアップ

途中の移動はスキップしました。

2人組になります。

トンパチン手合わせします。

ユラユラユラユラお山(お山の時に山の方を見る)、合図の音がしたら背中と背中を引っ付ける。(ひっくり返る)

フラフープを2人に1つ渡します。

曲に合わせて、フープを持っておさんぽ。

フープを2人で持ってユーラユーラ揺れる(二分音符)

フープを2人で持って上下上下上下する(四分音符)

フープを床に置いて、自分たちのフープの周りをかけあしする。(八分音符)

2人、フープの中に入って、電車で走る。(合図の音がしたら運転手が入れ替わる)

曲を聞き分けて動きます。

集中力と判断力、理解力、協調性など総合的な力が養われます。

違う2人組になります。

2人に1つテニスボールを渡します。

“かぼちゃ”と言いながら相手にボールを転がします。

“か”でボールを転がして、“ちゃ”で相手の手元につくようにボールを転がします。

子どもたちを見ていると、そういう風にしているグループのありますが、相手までボールが届かなかったり、“ちゃ”でいきなりボールを転がしたりするところもありました。

タイミングとボールをコントロールする力が必要です。

“おばけ”“がいこつ”などの言葉でもボールを転がしました。

丸いボードを自分の誕生日月の順番で渡されました。

誕生日月の数字を体や指で表現します。(結構苦戦していました)

ボードの上に立って「曲げて」「伸びて」を音を聞き分けて表現したり、1・2ジャーンプでしゃがんだところから高くジャンプしたり、ボードの上で駆け足したりしました。

秋ならではのマグネットボードシアターを見たり、2人組での聞き分けの活動、ボールを使った活動など様々なことを体験して、とっても楽しい時間を過ごしました。shinehappy01

 

| | コメント (0)

2018年10月22日 (月)

リトミック12

昨日に引き続き、とっても爽やかな秋晴れです。sun

運動会、みなさんお疲れさまでした。happy01

そして、ありがとうございました。

リトミック12でした。note

45616

23303442

49535458

64707374

ももぐみ
の活動では…

一つの大きな丸になって座ります。

テニスボールを一人一つずつもらいます。

🎵おにぎりギュギュギュ…おにぎりを作るように交互に左右の手に持ち替えます。

キャッチキャッチキャッチキャッチしたり、ギューッと握ったりします。

おにぎりにふりかけをかけたり、梅干しを入れたりします。

🎵どんぐりころちゃん あたまはとんがって おしりはペッちゃんこ どんぐりはちくり しょ ぽーんわらべ歌を歌いながらボールをキャッチします。

曲を聞いて歩く、曲が止まったら自分たちも止まる。曲の速さに合わせて走ったりします。

低音の音がドンとしたら、床にしゃがみます。

だんだん、少しずつ大きくなって、最後はつま先立ちになって、腕も上に伸ばしてキラキラします。

お馬さんになって、パッカパッカギャロップします。

2人組になります。

🎵大きな栗の木の下で あなたと私 仲良く遊びましょ 大きな栗の木の下で

フレーズを感じる活動です。

大きな栗の木の下での時には2人で手をつないでユラユラ揺れます。

あなたと私の時にはあなたはお友だちを指さして、私は自分を指さします。

仲良く遊びましょの時には2人で手をつないだまま回ります。

大きな栗の木の下での時には2人で手をつないでユラユラします。

動くことによって、歌のひとまとまりを感じることが出来ます。

違う2人組になって、曲を聞いてサッと反応します。

トンパチン手合わせします。反応が早くなって、サッと始められるようになってきました。

新しい合図で、低音の音で、トンパチンの曲が流れてきたら足でグーパーグーパーします。

曲を聞いて、反応します。

ピンク・黄・黄緑・青の丸いボードを一人ずつ渡します。

ボードを床に置き、その上に立ちます。

曲が低音の時には「曲げてまげて」と口で言いながら、お尻が床につくくらいひざを曲げて膝を伸ばすを繰り返します。

曲が高音の時には「伸びて伸びて」と言いながら、手を肩において、かかとを上げて伸びます。

曲を聞き分けて、曲げて・伸びてをします。

子どもたちは床に眠ります。

曲が流れている時には床に横になって眠り、めざましの合図がしたら、起き上がって曲に合わせてリスになって走ります。

「おやすみリスちゃん」「飛び出せリスちゃん」です。

子どもたちはよく聞き分けて、よく反応していました。 

スカーフを一人1枚ずつ渡します。

🎵あーかいあかい紅葉の葉 もみじの葉っぱはきれいだな パーッと開いた赤ちゃんのおててのようにきれいだな

スカーフを広げて、クルクルッと手の中に丸めます。

歌を歌っている間にスカーフを手の中に丸めて準備します。

歌が終わったら、パーッと手を開きます。

すると、スカーフがきれいに開きます。

それを1・2・3で天井に向けて放り投げます。

おにぎりギュギュギュのリズムで手を叩きます。

ターターティティター四分音符と八分音符のリズムです。

スズとタンバリンでターターティティターのリズムを叩きます。

子どもたちもよくリズムを刻んでいました。

スズとタンバリンで🎵大きな栗の木の下で を合奏しました。

絵本「どんぐりころちゃん」を読み聞かせてもらいました。

889499109

125126130133

135138141144

あおぐみ
の活動では…

🎵お友だちとこんにちは でウォーミングアップ

お姫様・王様・イヌ・アンパンマンであいさつや手合わせを表現してみました。

2人組になります。

トンパチントンパチン手合わせをします。

低音の曲が聞こえて来たら、足でグーパーグーパーします。

トンパチパチのリズムの曲が流れてきました。

戸惑っている2人組が多かったですが、気づいて、トンパチパチと手合わせしている2人組もいました。

低音の音が聞こえて来たら、足でグーグーパします。

床に横になって眠ります。

おやすみリスちゃんの曲が流れている間は眠ります。

めざましの音がしたら起き上がって、飛び出せリスちゃんの曲でかけだします。

3人組になります。

一人はリスなり、2人は木の家です。

曲に合わせてユラユラ揺れます。

曲が変わったら、リスはしゃがんで、木同士が手合わせをします。

リスのお引越しの曲が流れたら、リスは新しいおうちへ引っ越します。

リスを交代しながら、繰り返します。

木のお引越しもしました。

丸いボードを一人ずつ渡します。

🎵かけっこかけっこ(ファイトファイト)みんなでみんなで(ファイトファイト)ちびっこかけっこかけっこちびっこがんばれファイトファイト(オーオー)

(  )の中の部分はオーオーと腕を上げます。

次は(  )の所だけボードに乗って、手を挙げます。あとの部分はボードの周りをかけっこします。

ボードの上に立って、曲を聞き分けて「曲げて・伸びて」をします。

ボードの上に片足で立って、どれくらいバランスがとれるか?をやってみました。

絵本「どんぐりころちゃん」を読み聞かせてもらいました。

オレンジの大きな布が出てきました。

そこにもみじ・いちょうなどの落ち葉がたくさん出てきました。

子どもたちは布の下へ入って上を見上げます。

すると、「きれい!」と声が上がります。

子どもたちに布を持ってもらって、先生たちも下に入ってみました。

とってもきれいで、布を触ってみたくなります。

布を上下に揺らして、葉っぱを動かします。

子どもたちは葉っぱを手にして、自分たちでパーッと散らしました。

色合いも秋色で、満喫しました。

秋を感じる曲や内容で、子どもたちは季節を感じられるリトミックだったと思います。shineheart04

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

リトミック11

夜中から雨になり、午前中は大雨の時間帯もありました。raincloud

明日の遠足はみなさん、テルテル坊主を作ってくださいね。happy01

リトミック11でした。note

11_211_1011_1411_19

11_2711_4111_4611_59

11_6811_7911_8011_86

11_8811_9711_9611_98

ももぐみ
の活動では…

1つの丸になって、お隣に座っているお友だちの膝を手で叩きます。

その時、お友だちの名前を一緒に言います。

「~ちゃん」「~くん」と言いながら、テンポに合わせて順番に回していきます。

🎵グーチョキパーでグーチョキパーで遊ぼうよ グーとグーで力持ち パーとパーでお星さま チョキとチョキでハイポーズ 

前回もやった手遊び歌です。

今回は子どもたちが自分たちでグーチョキパーで何が出来るか考えました。

子どもたちからはパーとパーでちょうちょのおうち グーとグーでボクシング チョキとチョキでカニさんなどでした。

考えたものを歌って、手遊びしました。

手の楽器です。

先生の手がグルグル回ります。

それを見て、子どもたちは手を叩きます。

速さは遅かったり、速かったり、ゆっくりなど様々です。

手を叩くのも速度に合わせて大きく(ゆっくり)小さく(速く)します。

集中してみていて、手を叩きます。

子どもたちはよーく見て手を叩いていました。

曲に合わせて歩きます。

ぶつからないように、しかし、みんながおんなじ所を歩くのではなく、いろんなところを歩きます。

曲が速くなったら走る、曲を聞いてトントン前で男女一列に並ぶ、お馬さんでギャロップ、2人組になってトンパチン手合わせ、低音のトンパチンの曲でグーパーで進む。

それらを瞬時に判断して、行動します。

子どもたちは結構憶えていて、曲がなるとサッと動いていました。

2人組で手合わせやユラユラ、ぎこんばっこん、1・2・3・4お山などして、聞き分けもしていました。

大きな袋が出てきました。

子どもたちに触ってもらって、何が入っているか考えてもらいます。

「???」触っただけでは何かはわからないようでした。

マツダ先生がチラッと見せます。

ピンクや赤などがチラッと見えます。

様々な色のひもでした。

子どもたちに1本ずつ渡しました。

ひもをグルグルグルグル回す。

ニョロニョロニョロニョロへびさんにする。

犬のおさんぽに見立てる。

ひも1本でいろんなことが出来ます。

グルグルグルグルグルグルグル…ひもをいっぱい回します。

「せーの」と声がかかったら、紐をパッと手から離します。

床に落ちたものをそのままにします。(そのままの形にしておきます)

気になって、触ってしまって、自分で形作ってる子が多かったですが…。

落ちたひもを指でなぞります。(そのまま触らなかったら、予期しない形になっているので)

「シューー」と言いながらひもを指でなぞります。

子どもたちは床のひもを丸に作ります。

曲に合わせて歩き、合図で水たまりをジャンプして進んでいきます。

最後は紐をみんなでつなげて(切れないように)ひもを踏まないようにいろんな速さで歩いていきました。

絵本「おつきみおばけ」を読み聞かせてもらいました。

11_10111_10311_10611_110

11_11611_13111_13311_139

11_16011_17211_17911_192

11_20211_20511_20811_214

あおぐみ
の活動では…

🎵おともだちと こんにちは でウォーミングアップ。

曲に合わせて歩きます。

2人組になって違うお友だちとトンパチン手合わせやぎっこんばっこんしたり、ユラユラ(ゆっくり・速く)、1・2・3・4お山をします。

曲の聞き分けをします。

1・2・3・4お山はお山からひっくり返って、背中と背中を合わせて1・2・3・4ユラユラして、お山を作ったら、お尻から回って正面に向きます。

🎵グーチョキパーでグーチョキパーで遊ぼうよグーとグーで考える人 パーとパーでお星さま チョキとチョキでハイポーズ

子どもたちに考えてもらって出てきたのが…

グーとグーでゴリラさん パーとパーで雨が降る・拍手・お相撲さん チョキとチョキでウサギさんなどでした。

歌いながら手遊びしました。

マツダ先生の手の動きを見て、子どもたちは手を叩きます。

ゆっくりから普通に、そして速く。(二分音符・四分音符・八分音符)

動きも大きく・小さくします。

ひもを1本ずつもらいます。

グルグルグルグルグル回す・ヘビニョロニョロ・イヌの散歩もします。

グルグルグルグルグルひもを回して、せーのでパーッと手を放します。

ひもがいろんな形になります。

それを「シュー」っと言いながら指でなぞります。

子どもたちはひもで三角を作ります。

1・2・3と三角の形を指でなぞります。

ひもをみんなで切れないようにつなぎます。

ひもを踏まないようにまたいで曲に合わせて歩いたり、走ったりします。

🎵かけっこファイト という曲でファイトファイトとこぶしを突き上げます。

3か所(ファイト!ファイト!)と入れるのですが、タイミングをつかみます。

走りながら曲に合わせて(ファイト!ファイト!)とこぶしを突き上げます。

女の子にタンバリンを渡します。

3か所、ファイト!ファイト!と2回タンバリンを叩きます。(それ以外の所は叩かず、我慢して待っている)

男の子もやってみます。

再び女の子にタンバリンを渡して、男の子はカスタネットをもらいます。

ファイトファイトの所はタンバリンを叩いて、(二分音符2回ずつと、最後は四分音符2回)

ファイトファイト以外の所はカスタネットをずっと叩きます(八分音符で)

初めての合奏でしたが、とっても上手に出来ました。

絵本「おつきみおばけ」を読み聞かせてもらいました。

2人組の活動や聞き分け、紐を使った活動、楽器を使った合奏などとても多彩な活動で、子どもたちもリトミックとっても楽しんでいました。flair

 

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

リトミック10

朝からどんより曇っていて、蒸し暑さを感じます。cloudrain

リトミック10でした。note

Img_4065Img_4066Img_4074Img_4076

Img_4078Img_4082Img_4095Img_4099

Img_4100Img_4124Img_4132Img_4144

Img_4145Img_4149Img_4151Img_4153

ももぐみ
の活動では…

並ぶ曲に合わせて、男の子・女の子それぞれ一列に並びます。

バラバラになって、曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら、子どもたちも止まります。

並ぶ曲が聞こえたら、さっきみたいに一列に並びます。

歩く→止まる→並ぶ曲で男の子・女の子一列に並ぶを繰り返します。

並ぶ曲に一番先に気づいた人が一番前でトントン前をして並びます。

子どもたちはよーく音を聞いていて、並んでいました。

🎵ロンド橋落ちた落ちた落ちた ロンド橋落ちたさーどうしましょ

手を叩いて、ひざを叩いてを2回繰り返して、足を4回踏み鳴らして、サーどうしましょで床にしゃがみます。

2人組で歩きます。

フープに2人で入ります。

フープはおうちなので、動かさないようにします。

トントントントンフープを叩きます。

(足で動かさない・フープをジャンプしない・触らない・おうちを蹴らないなど約束をします)

2人でお散歩します。

お散歩するときにはお約束したことを守って、おうちの間を足が当たらないように歩きます。

お友だちを替えてお散歩したり、おうちに入ったりします。

1人で小さなフープの間を歩いたり、フープに入ったりします。

フープに入って、「曲げて(低音)」で膝を曲げる、「伸びて(高音)」でかかとを上げて伸びる

を音を聞き分けて動きます。

絵本「くっついた」を読み聞かせしてもらいます。

🎵グーチョキパーでグーチョキパーでグーとグーで力持ちパーとパーでお星さま

チョキとチョキでハイチーズ グーとグーで考える 手遊びをします。

テニスボールを一人1つずつもらいます。

🎵おにぎりおにぎりキュキュキュおにぎりおにぎりキュキュキュ…ボールをおにぎりを握るように手を交互に握ります。

ボールを音がしないように頭・ほっぺ・肩・ヒザ…体の部位にくっつけます。

お散歩して、合図の音がしたら部屋のどこか(どこでも)にボールをくっつけます。

2人組になって持っているボールをお互いくっつけます。

ボールをくっつけたまま歩きます。

3人組になって、ボールとボールとボールをくっつけて、3人で歩きます。

ミッキーやお団子が出来たと子どもたちが言っていました。

4人組になって、ボールとボールとボールとボールをくっつけて、4人で歩きます。

赤ちゃんになって、おやすみ( ˘ω˘ )

赤ちゃんの体形になって(足もまげて、腕も曲げる)眠りました。

Img_4157Img_4163Img_4166Img_4167

Img_4174Img_4173Img_4178Img_4194

Img_4206Img_4213Img_4228Img_4233

Img_4237Img_4244Img_4250Img_4258

あおぐみ
の活動では…

🎵おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

大きな丸を作ります。

座って、自分の膝をトントントントン叩きます。

ポンと言ったら、自分の右隣のお友だちの膝を1回叩きます。

今度はポンと言ったら右隣のお友だちの名前を言って、お友だちの膝を叩きます。

どうぞどうぞどうぞと言われたら、連続で右隣のお友だちの膝を叩きます。

曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら、自分たちも歩くのを止めて“あれ?”と言ってポーズをします。

あれ?と声を出す、頭、手、足、おしりを動かしてポーズをします。

🎵グーチョキパーでグーチョキパーでグーとグーで力持ち パーとパーでお星さま チョキとチョキでハイチーズ グーとグーで考える 手遊びをします。

赤ちゃんになって、床に横になります。

赤ちゃんは足を曲げて、腕もまげて、力を抜きます。

首に力が入って、寝返りをして、ハイハイして、つかまり立ちをして…成長していきます。

その過程を子どもたちが表現しました。

テニスボールを一人1つずつ配ります。

ボールがコロコロ転がっていかないようにギュッと手で握っているように約束します。

🎵おにぎりおにぎりキュキュキュ…手を替えて交互にボールを握ります。

“落っこちた”で床にボールを落として、そのボールをキャッチします。

ペタッと頭・ほっぺ・おへそ・鼻…体の部位にボールをつけます。

2人組になってボールとボールをくっつけます。

だるまや眼鏡などと言っていました。

ボールが離れないようにくっついて歩きます。

4人組でボールとボールとボールとボールをくっつけたまま歩きます。

それぞれグループになっていたので、段ボールを運ぶ・四葉のクローバー・ヘビなどアイデアがでて、表現していました。

曲を聞き分けて、それぞれのグループで表現したり、1つのグループの表現をみんなで真似をして動いたりしました。

🎵大きな栗の木の下で の曲で1・2・3・4・5・6・7・8コ間で歩いて行ってお友だちの体のどこかに自分の持っているボールをくっつけて、次の人が1・2・3・4・5・6・7・8コ間で歩いてきて、前のお友だちの体のどこかにボールをくっつけます。

そうすると、みんなで一つのオブジェが出来ます。最初やった時にはみんな同じようなところにボールをくっつけて行ったので、平板な形のオブジェになりましたが、2回目はいろんなところにボールをくっつけて行ったので、高低差のあるオブジェになりました。

2人組やグループで活動したり、ボールを使った活動、赤ちゃんになったりして動と静のバランスの取れたリトミックだったと思います。flair

| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

リトミック9

空は雲が広がっていて、少し蒸し暑さを感じます。cloud

リトミック9でした。note

2356

15222631

35474953

57668273


91909387

ももぐみの活動
では…

🎵こんなことこんなことできますか?と歌いながら、マツダ先生が手を横にやったり、手を叩いたり、おさるさんの動きをしたりするのを見て、子どもたちは真似をします。

大きめのハンカチが出てきました。

ゆっくり・普通に・速く回して、その速さに合わせて子どもたちは手を叩きます。

ハンカチの動きが止まったら、子どもたちも手を叩くのをやめます。

スカーフが出てきました。

スカーフを天井に放り投げて、落ちてくる時には手を叩いていて、床に落ちたら手を叩くのをやめます。

子どもたちもいつハンカチが回るのが終わるのか、スカーフがいつ床に落ちるのか集中してみていました。

曲に合わせて歩く、曲が止まったら止まります。

曲に合わせて走ったり、お馬さんになってギャロップしたりもします。

2人組になって、①トントントンこんにちは 違うお友だちと2人組になって②ユラユラユラユラ揺れる また違うお友だちと2人組になって③ぴちゃぴちゃぴちゃぴちゃお友だちに水をかける をしました。

3つの動きを誰とやったか覚えておきます。

曲を聞き分けて、トントントンこんにちはだったのか、ユラユラ揺れるだったのか、お友だちに水をかけるだったのかを思い出して、2人組になって表現します。

マツダ先生が紙とクレヨンを出しました。

🎵おやまがあって、たにもあって、段々畑に花畑。おめめが1つ、キュウリが1本、お魚になりました。

絵描き歌で、お魚を描きました。

絵描き歌でカニも描きました。

子どもたちも広用紙に絵描き歌を聞きながら、クレヨンで魚を描くのに挑戦しました。

みんな楽しんで描いていました。

絵本で海の中にどんな生き物がいるか見てみました。

音楽を聞きながら小さな魚・大きな魚・タコ・カニ・サメを表現しました。

ちょっとレベルを上げて、カニはロープの上を歩きました。

大きな魚・小さな魚・カニ・タコ・・サメの曲を聞き分けて、その生き物だと思うお面をとって、表現しました。

子どもたちは結構集中していて、曲を聞き分けていました。

ロープで大きなまるを作ります。

その中に子どもたちはうつぶせに横になって、目を閉じます。

浜ヶ城水族館…子どもたちは仰向けに横になって、目を開けると子どもたちの頭上に魚の群れが…。

子どもたちは「わーぁ」と言ったり、手や足で魚に触ろうとしていました。

まさに魚の通り道のようでした。

103107112116

120133140143

145148149150

158161164167

170175178179

あおぐみ
の活動では…

🎵こんなことこんなこと出来るかな で先生がする動きを子どもたちは真似ます。

ハンカチをゆっくり・普通・速くなどいろんな速度で回して、子どもたちはその速さで手を叩きます。

よーくその動きを見ていないと手は叩けません。

スカーフを放り投げて、床に着くまで手を叩き、床にスカーフが落ちたら手を叩くのをやめます。

🎵おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

二人組になって①トンパチパチ(3拍子、四分音符)②ザブーンザブーン(二分音符)③お友だちにぴちゃぴちゃ水をかける(八分音符、高音では頭に水をかける・低音では足に水をかける)をそれぞれ違うお友だちと2人組になって表現します。

誰とやったか覚えていて、曲を聞き分けて①②③の動きをお友だちを探してやります。

フープを使って行ったので、その後、2人組になって汽車ポッポもしました。

マツダ先生が絵描き歌を歌って、魚を描きました。

子どもたちも広用紙にクレヨンで絵描き歌を歌いながら魚を描きました。

🎵おやまがあって たにもあって 段々畑に花畑。お目目が1つ、キュウリが1本、お魚になりました。

描いた絵は壁に貼りました。

子どもたちは目をつぶってうつぶせに床に横になります。

準備が出来たら、仰向けになって目を開けます。

浜ヶ城水族館…子どもたちの頭上を魚の群れなど海の生き物が泳ぎます。

子どもたちは「キャー」と喜んでいて、手や足で触ろうとしていました。

子どもたちに曲に合わせてサメ・大きな魚・小さな魚・タコ・カニをお面をつけて表現してもらいました。

海の中をいろんな海の生き物が泳ぎます。

全員で、曲を聞き分けて海の中を表現しました。

絵本「すいか」の読み聞かせをしてもらいました。

海の生き物を表現したり、水族館を満喫したり、夏を感じる楽しい活動に子どもたちも楽しんでいました。flairheart04

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

リトミック8

昨日、暦の上では立秋を迎えましたが、実際はしばらく暑さが続きますね。sun

リトミック8でした。note

Img_2891Img_2895Img_2896Img_2900

ももぐみ
の活動では…

大きな丸になって座ります。

スイカのビーチボールが出てきました。

「~くん、~ちゃん」と隣りのお友だちの名前を呼び、そのお友だちにスイカのビーチボールを渡します。

そのお友だちは「ハアイ」と返事をして、ビーチボールを受け取ります。

それを続けます。

最初はちょっと戸惑い気味の子どもたちもいましたが、慣れてきていました。

子どもたちはスイカになります。

床をゴロゴロ転がります。

ビーチボールが転がるのを見て、転がったり、止まったりします。

ボールは見ずに、自分たちでゴロゴロ転がったり、止まったりします。

曲が流れている時には子どもたちも歩く、曲が止まったら子どもたちも止まります。

子どもたちは大きな一つの丸になって、座ります。

子どもたちはスイカになります。

「今からスイカ割りをします。みんなはスイカです。」マツダ先生はスカーフで目隠しをして、スティックを持っています。

子どもたちの所へ近づいていきます。

「スイカさんはどんな気持ちかな?」と子どもたちに問いかけます。

「スイカさんの気持ちを口で言ってみて」というと、先生が子どもたちの近くへ行って、スイカ割りをしようとすると、子どもたちは反射的に逃げます。

「スイカは動かないんだよ。」すると、子どもたちが「ウァー」とか「いやだー」とか声をあげました。

先生が「いつもスイカ割りをするとき、スイカさんはどんな気持ちがするのかなといつも考えます。」とおっしゃいました。

確かに、スイカは逃げられずに、棒があたると割れますよね。

痛いだろうな。

先生が真ん中に座って、スイカになります。

子どもたちが近づいて行って、「せーの」でバシーンと一斉に声を上げてしぐさをしてスイカ割りをします。

「せーの」と言ってから、一斉に気持ちをそろえて行います。

そして、いただきますをして、みんなでスイカを食べました。

ロープを2本平行に並べます。

2グループに分かれて、ロープのおうちに座ります。

曲に合わせておさんぽします。

曲が止まったら、おうちへ帰ります。

ロープを増やして、四角にします。

子どもたちは自分の場所に座ります。

曲が流れたら、お散歩します。

曲が止まったら、自分の所へ帰ります。

形が四角になって、難しくなり、おうちへ帰るのが難しいお友だちもいたようです。

ももぐみのお友だちはあおぐみのお友だちと一緒にパネルシアターを見るのに、あおぐみへ行きます。

Img_2908Img_2910Img_2912Img_2916


もも・あおぐみのお友だち一緒に、大きなパネルシアターを見ました。

「シャボン玉」というパネルシアターです。

先生たちがパネルに登場人物を貼っていきます。

マツダ先生は物語をピアノで弾き語りをします。

小鳥・カエル・ヘビ・キツネ・タヌキ・パンダ・ウサギ・タコ・ゾウがシャボン玉を吹き、その動物に合ったシャボン玉が出来ます。

最後にみんなそろってシャボン玉を吹き、にじがかかりました。

そして、本物のシャボン玉が飛びました。

子どもたちは興味津々に、とても喜んでパネルシアターを見ていました。

“こんなことできますか?”で手を叩いたり、立ち上がって足を踏み鳴らしたりしてリズムを叩きます。(先生の真似をして)

🎵シャボン玉 の曲に合わせてターターティティターのリズムを手で叩きました。

リズムよく、リズムを叩いていました。

ももぐみの子どもたちはお部屋に帰りました。

Img_2919_2Img_2923Img_2933Img_2932

Img_2937Img_2938Img_2943Img_2947

Img_2962Img_2963Img_2964Img_2978

あおぐみ
の活動では…

🎵お友だちとこんにちは でウォーミングアップ。

ももぐみの子どもたち同様、一つの大きな丸を作って座ります。

「~くん、~ちゃん」と隣りのお友だちの名前を呼んで、スイカのボールを隣のお友だちに渡して、名前を呼ばれたお友だちは「ハアイ」と返事をして、スイカのビーチボールを受け取ります。

それを続けます。

合図の音がしたら、今まで回っていた方向ではなく、反対の方向にボールを渡します。

いつ合図の音がするかわからないので、よく聞いていないとわかりません。

頻繁に合図がすると、その都度反対にボールを回します。

先生がスイカ割りをすると言って、子どもたちに大きな丸になって座ってもらいました。

「スイカ割りをするときに、スイカさんはどんな気持ちなのかな?」と子どもたちに先生が問いかけます。

子どもたちに近づくと、子どもたちは反射的に逃げます。

「スイカは動かないよ。」と子どもたちに言います。

「スイカの気持ちを口で言ってみて」というと、「いやだ」「ウァー」「悲しい気持ち」など言葉が出てきました。

子どもたちが一列に並んで、「せーの」でスイカの種の飛ばしっこをしました。

曲に合わせて歩き、2人組になります。

トンパチン手合わせをします。(1・2、2拍子)

「何回手を叩いてる?」と先生に尋ねられると子どもたちは「???」という感じ。

1・2と声を出しながら手合わせすると、「2回」と分かったようでした。

お友だちを変わって、「1・2・3、3拍子」「1・2・3・4、4拍子」の手合わせも行いました。

音の聞き分け(リズムの聞き分け)をして、1・2をしたお友だち、1・2・3をしたお友だち、1・2・3・4をしたお友だちを覚えておいて、曲が流れたら聞き分けてそのお友だちと2人組になって手合わせをしました。

子どもたちも花火を見に行ったり、おうちで花火をすることもあると思います。

「どんな花火があるか知ってる?」と尋ねられると、「シュー――、ドーン」「シュルシュルシュルシュル」など声が上がっていました。

「線香花火って知ってる?」と聞かれると、「パチパチパチパチ…」と表現していました。

空に上がる花火をそれぞれ表現しました。

3グループに分かれます。

どんな花火にするか先生たちも入って、グループで考えます。

それぞれのグループで話し合って、やってみて表現しました。

みんなの前で発表しました。

花火大会をしました。

合図を送られたら、そのグループが考えた花火を表現します。

次々、花火が上がります。

×の合図が出るまで、ずっと花火を表現します。

最後にみんなで真ん中に集まって、「せーの」でバーンと花火を打ち上げました。

絵本「花火がドーン」を読み聞かせてもらいました。

季節を感じられる活動やパネルシアターを見て、子どもたちは夏を満喫したリトミックでしたflair

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

リトミック7

梅雨が上がって、暑い日が続いています。sun

子どもたちは暑さの中でも適度に外遊びを楽しんでいます。happy01

リトミック7でした。note

Img_1869Img_1871Img_1872Img_1874

Img_1885Img_1904Img_1910Img_1912

Img_1917Img_1930Img_1951Img_1957

ももぐみ
の活動では…

マツダ先生が「れいぞうこ」の絵本を読み聞かせしてくださいました。

牛乳やたまごなど出てきて、牛乳を注ぐときにどんな音がするのか?卵を割って、フライパンで目玉焼きにするときの音はどんな音がするかを子どもたちに考えてもらっていました。

手をつないで丸くなります。

風船を表現します。

風船は膨らませる前はしぼんでいます。

フーフーと息を入れていくと、だんだん膨らんでいきます。

いっぱい息を入れたら、パンと割れて、風船が散ってしまいます。

みんなでその様子を表現しました。

音楽に合わせて歩く・走る、合図の音で回る、パッカパッカお馬になってギャロップします。

二人組になって、①トントントンこんにちは(トントントンは手合わせ、こんにちははあいさつする)誰とやったか覚えておきます。

違うお友だちと二人組になって②ユーラユーラブランコします。ブランコしたお友だちも覚えておきます。

また違うお友だちと二人組になって③ツンツンツンツンお友だちと人差し指でつつきます。ツンツンしたお友だちも覚えておきます。

手を叩きながら歩いて、①②③の音楽が聞こえてきたら聞き分けをして、そのペアにになって手合わせ・ユラユラ・ツンツンします。

最初のうちは誰とやったかをなかなか思い出せない子もいましたが、やっているうちに思い出してきて、行動していました。

白いひも・赤と白のひも2本ひもを平行に並べます。

2グループに分かれて、紐の所に座ります。

音楽に合わせて歩きます。

音楽が止まったら、自分が座っていたひもの所(おうち)へ帰ります。

さっきやったツンツンするなども入れて、動きます。

子どもたちは赤と白2本の棒を先生からもらいます。

「2本の棒で何が出来るかな?」と先生に質問されると、「×・太鼓のばち・鬼・猫のひげ」など答えていました。

青い棒をもらって、3本になりました。

「三角を作って」と言われて、△を作ってみます。

サッと自分で作る子や、お友だちのを見て作る子、先生と一緒に作る子もいます。

三角形の顔の形の動物さん(キリン・ヘビ・キツネ・シカ)を見たり、トントントンこんにちはをして、おさんぽへ出かけたりしました。

黄色の棒をもらって、4本になりました。

「四角を作って」と言われて、□を作ります。

四角の中に入ってみると、だいたい子どもたちの足の大きさぐらいの□です。

トントントンこんにちはをして、おさんぽへ出かけます。

赤・黄・青・白の棒をそれぞれ自分たちで片づけました。

カラーボード赤・白・黄をそれぞれ子どもたちに1枚ずつ渡します。

先生の真似をして、右から赤・白・黄の順に並べます。

「赤・白」「赤・白」「1・2」「1・2」先生がした後に真似をして、子どもたちも色や数を口で言いながらボードを叩きます。

初めての経験で、難しそうにしています。

「赤・白・黄」「赤・白・黄」「1・2・3」「1・2・3」3色と1・2・3までの数です。

🎵さんかくの歌 に合わせて「1・2・3」と数えながらボードを叩いてみました。

結構高度だったので、自分の手を叩いている子もいましたが、ボードを「1・2・3」と叩いている子もいました。

Img_1962Img_1967Img_1975Img_1976

Img_1980Img_2021Img_2026Img_2050

Img_2053Img_2065Img_2069Img_2074

Img_2077Img_2078Img_2081Img_2082

あおぐみの活動では…

ブラブラブラブラ…頭・肩・おなか…頭とほっぺなど違う場所に手を置くバージョンもありました。

子どもたちに先生になってもらって、子どもたちにブラブラブラブラ…をやってもらいました。

やまびこさんでマツダ先生がしたあいさつを真似して「お・は・よ」や「おーーーはーーーよーーー」とあいさつしました。

絵本「れいぞうこ」を読み聞かせてもらいました。

牛乳を注ぐ音ややリンゴジャムをパンに塗る音、イチゴがはじける音、卵を割って、フライパンで目玉焼きを作る音などを子どもたちに考えてもらい、表現してもらいました。

子どもたちが手をつないで、丸を作ります。

先生がフーフーと風船を膨らませる音を出すので、子どもたちはだんだん広がって、風船が膨らむのを表現します。

パンとはじけて、割れるのも表現しました。

絵本「いろいろお世話になりました」を読み聞かせてもらいました。

🎵おちゃをのみに来てください ハイこんにちは いろいろお世話になりました ハイさようなら

前々回くらいから子どもたちがやっているわらべ歌ですが、絵本があるのですね。

いろいろな人が出てきて、お茶を飲みました。

🎵おちゃをのみに来てください をやってみました。

回って来る人は3回ぐらい周って来たり、1回しか回ってこない人がいたり…。

誰がまだやってないかなと考えながらやるのもお勉強です。

🎵おともだちとこんにちは で2人組になります。

①トントントンこんにちは を一緒にする人。(四分音符)

②ザブーンザブーン を一緒にする人。(二分音符)

③なみなみなみなみ を一緒にする人。(八分音符)

それぞれ違う2人組でします。

誰とやったか覚えておきます。

曲やリズムの聞き分けをします。

子どもたちは結構聞き分けられていて、誰とやったかも覚えているようでした。

一人ずつにフープを渡します。

トントントン・ザブーン・なみなみなみなみをフープの中を叩いて表現します。

胸の前で手を一つ叩いて、トントンはフープの中を2回叩く、フープの中から外へジャンプして手をトントンと2回叩く、ぐーはフープの中、パーパーは足を開いてそとでジャンプするなどしてみました。

赤・白・黄・赤・白・黄を2列作って、2グループに分かれて、フープの中にジャンプしてトントンは2回手を叩くを連続してフープを渡っていきます。

子どもたちはコツをつかんで、ピョントントンとリズムよくわたっていっていました。

ピョントントン(3拍子)を感じて、3拍子の指揮をしてみました。

傘袋を一枚ずつ渡されました。

息をフーッと入れて(大きく息を吸って、吐き出す)傘袋を膨らませます。

傘袋をひねって、風船にして、ガムテープで止めます。

男女に合わせて、ロケットフーセンを飛ばしました。

空気が抜けてしまったりしていましたが、みんな喜んでロケットを飛ばしていました。

最後に鼻から息をいっぱい吸い込んで、口から息を吐きだす。

猫のポーズをして、息をいっぱい吸い込んで、口から息を吐きだすをやってみました。

風船を表現したり、2人組で活動したり、フープやカラーボードを使ったりして様々な活動を通してリトミックを楽しめました。shinegood

| | コメント (0)

2018年7月 4日 (水)

リトミック6

朝のうちは小雨が降ったりしていましたが、次第に晴れてきました。cloudsun

リトミック6でした。

Img_1235Img_1239Img_1249Img_1257

Img_1262Img_1280Img_1291Img_1303

Img_1315Img_1321Img_1322Img_1329

ももぐみ
の活動では…

🎵お茶を飲みに来てください ハイこんにちは いろいろお世話になりました ハイさようなら

前回のリトミックでも出てきました。

今回はみんながお茶を飲みに行って、お友だちと手をとって回ったり、あいさつをしたりしました。

マツダ先生が風船🎈を持ってこられました。

風船に息を入れて、膨らませます。

子どもたちも「フーフー」と声を出して、また風船を膨らませるジェスチャーをして風船が膨らむのを見ています。

大きくなって、風船から手を離すと、空気が抜けながら様々なところへ飛んでいき、床に落ちます。

その様子を子どもたちが見ていて、「キャー」とか「ウァー」とか声をあげます。

「みんなはどうして風船が膨らんでくるとキャーとかウァーとか言うの?」と先生が子どもたちに質問をします。

「???」「音がするから」と答えていました。

風船から空気が抜けて、しぼんでいくところを子どもたちに表現してもらいました。

曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら、子どもたちもピタッと止まります。(音が止まったかどうかを聞いていないと歩き続けたり、動いてしまいます)

曲に合わせて走ったりします。

歩く・止まる・走る・止まるを繰り返します。

パッカパッカと走ります。

「これ、どんな音がしてるかな?」と先生が子どもたちに聞くと、「パッカパッカ」と答えていました。

走る前にお尻をパーンと叩いて、パッカパッカと走ります。

合図の音でお馬さんから落っこちます。

床でお休みします。

音を聞き分けて、繰り返します。

「昨日はお天気どうだった?」とマツダ先生が子どもたちに問いかけます。

「雨がザーって降ってた」「風がビューって吹いてた」「台風だった」と答えていました。

「みんなは雨が降ってるときにどうやって歩くの?」と先生が尋ねると、「傘をさして」と答えていました。

子どもたちに1枚ずつ画用紙を配って、傘を作りました。

画用紙を縦長において、半分に折って、しっかりとアイロンをかけます(折筋をつけて)またその半分に折って、しっかり折筋をつけ、また半分に折っており筋をつけます。

あとは先生たちが蛇腹折にして、開閉が出来るようにします。

作った傘を持って、お散歩します。

ポツポツ、ザーッ、ジャージャーなどいろんな雨が降ります。

音に合わせて歩き方も変えます。

雷が鳴ったら、しゃがみます。

2人組になります。

左手をパーに広げて、右手人差し指でお友だちの手のひらにポツポツします。

🎵ポッツンポツポツ雨が降る ポッツンポツポツ雨が降る ザーッとポッツン雨が降る

ザーッとの所でお友だちの体をコチョコチョします。

お友だちに背中を向けて、もう一人の人は背中を人差し指でツンツンします。

ザーッとの所は背中を上から下に手でこすります。

🎵七夕 の歌を歌います。

スカーフが渡されました。

ピアノの曲調に合わせて、スカーフを上に上げて①ポンポンしながら歩く②流れるような感じでスカーフを揺らしながら歩く③台風が来て、スカーフを持ってザーッと走るを表現しました。

お星さまが出ている時には高音の音で上でキラキラ

台風が来て、風が強い時には下でスカーフを揺らすの聞き分けをして、表現してみました。

先生が長いロープを出しました。

一人ずつスカーフをロープに結んで、お願い事をしながら🎵七夕 の歌を歌いました。

あやとりシアター(あやとりの紐を使ってお話をする)

5人の仲良し家族が住んでいる家へどろぼうがやってきました。

どろぼうはお父さん・お母さん・お兄ちゃん・お姉ちゃん・赤ちゃんそれぞれぞれに紐をかけて、結びました。

「お父さん、怖いよ。どうしたらいいの?」「大丈夫、助かるから」

赤ちゃんまでひもで結ばれましたが、ひもをひぱってみると…5人の家族は紐から抜けていました。

紐でワニ・キリン・ライオン、お父さん・お母さん・子どもたち・赤ちゃんのあくびを表現していただきました。

Img_1333Img_1341Img_1347Img_1348

Img_1352Img_1355Img_1360Img_1372

Img_1380Img_1384Img_1393Img_1410

Img_1414Img_1420Img_1425Img_1427

あおぐみ
の活動では…

🎵おともだちとこんにちは で2人組であいさつしたり、手合わせしたりします。

新しく、2人組で曲に合わせて歩いて、2人組と出会ってあいさつしますをやってみました。

多い人数では誰がどうなっているのかわからないので、少ない人数にして、やってみました。すると、どのようにやったらいいのかがよく見えてきて、子どもたちもこんな風にすればいいのかが分かったようでした。

4人組と4人組が出会って、8人組になり、8人組と8人組が出会って、あいさつしたり、手合わせしたりしました。

🎵お茶を飲みに来てください ハイこんにちは いろいろお世話になりました ハイさようなら

大きな一つの丸になって、やってみました。

さすが、あおぐみさん。どうしたらいいのかもすぐに分かったようでした。

お友だちの所へ行って、あいさつして、手をつないで回って、あいさつして次の人がお茶を飲みに行く。

何人かやってみました。

「一番大切なことは、自分が終わったからもう終わりじゃなくって、お友だち誰がまだやってないかを考えること。お友だちもまだ自分はやってないのに、回ってこないなと思うのは嫌だよね。」

マツダ先生が風船を取り出しました。

風船を膨らませます。

すると、子どもたちは「キャー」とか「ウァー」とか言います。

「どうして、キャーとかウァーとか言うの?」と子どもたちに尋ねます。

すると、「風船がうるさいから」などと答えます。

しかし、風船を膨らませるときに大きな音はしません。

先生が子どもたちの近くへ寄っていくと、子どもたちは後ずさりします。

「どうして?」と言うと、「風船が大きくなるから。」と答えます。

「大きくなるとどうなるの?」と聞くと、「割れる」と答えていました。

そうですね、風船が大きくなっていくと、割れるのかと心配になります。

反射的に後ずさったり、逃げたりします。

あの「パーン」という音がしますから。

子どもたちは風船を膨らませる時のジェスチャーとフーフーと言う声を出しながら風船が膨らむのを見ました。

風船が膨らんだら、手を放し、すると風船は空気が抜けていっていろんなところへ飛んでいきます。

子どもたちはその様子を興味深く見ていました。

風船が膨らむところ、空気が抜けてしぼむところを体で表現してみました。

1つの風船を🎵七夕 の曲に合わせてはじきます。

🎵七夕 はどんな曲なのか?

ゆったりと、流れるような曲です。

なので、やさしく風船を手ではじきます。

力をコントロールする必要があります。

繰り返しているうちに、優しく風船をはじいていました。

2人組になって、手合わせします。

曲がわかっているようで、2人組になってすぐに手合わせを始めました。

「豚さんの足は何本?」と聞かれると、「4本」と答えます。4人組になって手合わせします。

「カブト虫の足は何本?」「6本」タコの足は何本」「8本」6人組・8人組になって手合わせします。

向かい合って2人組なり、床に座ります。

右手と右手を合わせます。

お友だちと手を合わせたまま曲を聞いて上下・左右(横横)に手を動かします。

キュッキュッキュッキュ窓ふきをします。

手を合わせたまま、グルグル手を回します。

曲を聞いて、上下・左右・グルグル回すを聞き分けました。

背中をお友だちに向けて、もう一人のお友だちが人差し指でツンツンしたり、ザーッと背中をなでたりしました。

あやとりシアターで五人の仲良し家族・動物と人間のあくびを表現してもらいました。

風船があるつもりで、2人組になってふわーッと優しく風船をやり取りしたり、音楽を聞いて、表現したりしました。

風船やあやとりシアターなど子どもたちが興味を持つものをリトミックに取り入れて、とっても楽しい活動でした。flairshine

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

リトミック5

久しぶりのお天気になり、夏を感じます。

遠くから蝉の声が聞こえてきます。

リトミック5でした。note

Img_1068Img_1076Img_1079Img_1086

Img_1089Img_1098Img_1102Img_1104

Img_1110Img_1114Img_1118Img_1126

Img_1128Img_1131Img_1136Img_1140

ももぐみ
の活動では…

「やまびこさーんって知ってる?」とマツダ先生が子どもたちに尋ねます。

「ヤッホー」と言うと、「アッ、山でヤッホーっていうやつ」と返ってきました。

先生の真似をして、「おはよー」「おはよー」「ヤッホー」「ヤッホー」と声をかけます。

「ライオンはなんていうかな?「ガオー」「ガオー」とやまびこさんをします。

🎵ホッホッホットケーキ ホッホッ焼けたかな ホッホッホットケーキ焼けたら食べよかな

1枚・2・3・4・5・6・7・8と数えながら手を重ねていきます。

子どもたちが真似をします。

「雨はどんな音がするかな?」と質問されると、「ザーザー…」「ポツポツ」と表現します。

スティックを一本ずつもらって、傘をさしておさんぽへ出かけます。

カラーボードが置いてあって、その間を歩きます。(四分音符)

音楽が止まって合図の音がしたらスティックでボードを叩く(八分音符)

合図の音でボードをまたいでゆっくり大きく歩きます。(二分音符)

四分音符・八分音符・二分音符を聞き分けて表現します。

絵本「のせてのせて」を読み聞かせてもらいました。

いろんな動物さんが「のせてのせて」と車に乗っていきます。

ということで、子どもたちもボードを持ってドライブへ出かけます。

途中、動物さんたちが「乗せて乗せて」と言ってくるので、乗せてあげます。

キリン・ライオン・ゾウ・サル・ウマ・ウサギがのせてのせてと言ってきました。

ただ走るだけでなく、急カーブやでこぼこ道、ガソリンを入れたりしました。

「カエルさんが赤ちゃんの時って何か知ってる?」と質問を受けると、「おたまじゃくし」と答える子がいました。

曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら、2人組になります。

肩たたきをして、合図の音で肩たたきをする人が入れ替わったり、また違う2人組になって手合わせしたり、ぎっこんばっこしたりします。

マツダ先生がバルーンを持ってこられていました。

子どもたちが一列になってバルーンをトンネルに見立ててくぐって通ったり、橋に見立ててバルーンの上を歩いて行ったりしました。

丸いバルーンの端を一人ずつ持ちます。

上・下と言われると、バルーンを持って上に上げたり、下に下げたりします。

タイミングを待たないと、みんなで一つのバルーンを持っているので、そろいません。

自分勝手に上げ下げするのではなく、声をかけられたときに上・下と行動します。

自分をコントロールすることが必要です。

最後にバルーンを持っている手を一斉に放り投げて、バルーンの中に入りました。

キャーッと言ってとっても楽しんでいました。

Img_1141Img_1144Img_1146Img_1164

Img_1171Img_1205Img_1213Img_1215

Img_1223Img_1220Img_1229Img_1232

あおぐみ
の活動では…

手をブラブラブラブラ…します。

止まるときにはピタッと止まります。

全身をブラブラブラブラ…させて力を抜いてしゃがんだり、床に寝そべったりします。

床に横になって手足を上に上げてブラブラブラブラ…止まるときには手足は上に上げたまま止まります。

ブラブラブラブラを声の調子を聞いて、動きの大小をつけます。

ド・ミ・ソの音の聞き分けをします。

ドドドだったり、ドミドだったり、ドミソ立ったりします。

ドドドとドミソの聞き分けはだいぶ出来るようでした。

🎵お友だちとこんにちは でウォーミングアップ。

歩いて、2人組になって手合せをしたり、3人組になって手合わせしたりします。

🎵ホッホホットケーキ ホッホ焼けたかな ホッホホットケーキ1枚2枚3枚4枚5枚6枚7枚8枚出来たらハイ、召し上がれ で食べます。

手を重ねていって、はやる気持ちが強くて、待てずに食べる行動に出る子がいます。

何度か繰り返して、みんなでそろって食べられるようにタイミングを待ちます。

我慢することが必要です。

近くのお友だちと3人組を作ります。

2人はおうちを作って、真ん中にいる人はリスです。

真ん中にリスを挟んで、おうちもみんなで揺れます。

曲が流れている時には揺れて、曲が止まったら自分たちも止まります。

リスさんは曲に合わせておさんぽへ出かけます。

違うおうちへお引越しします。

そして、新しいおうちで揺れたり、リスはしゃがんでおうちの2人が手合わせします。

リスのお引越しを繰り返します。

今度はおうち2人がお引越しをして、違うリスの所へ行きます。

曲がそれぞれ違うので、聞き分けて、判断して表現しました。

🎵おーたまじゃくしの体操1・2(おーたまじゃくしの体操1・2)右足はえてスーイスイスーイスーイスイスイスイ

おたまじゃくし体操をみんなでしました。

🎵かえるのうたがきこえてくるよ クワックワックワックワッ ケロケロケロケロクワックワックワッ

🎵かえるのうた ですが、かえるのうたが(両手を広げて横に振る)聞こえてくるよ(手を耳に当てて聞く)クワックワックワックワッ(手を口に当てて、いろんなところで鳴く)ケロケロケロケロ(手を叩く)クワックワックワッ(口の所へ手を持っていきしゃべる動作をする)

振付しながら歌を歌います。

動作だけをして、歌は歌わないもやってみました。(心唱)

年長児のグループ・年中児のグループ。先生のグループで輪唱にも挑戦しました。

🎵かえるのうたが(ジャンプ)きこえてくるよ(ジャンプ)クワックワックワックワッ(ジャンプ)ケロケロケロケロクワックワックワッ(ジャンプ)

ジャンプするのは曲のフレーズのひとまとまりが切れた所で、フレーズのまとまりを感じます。

そして、どこでもジャンプするのではなく、待つことが大事です。

みんなでやってみました。

ジャンプするのがうれしくて、どうしてもたくさんジャンプする子が多く見られました。

やまびこさーんをしてみます。

山でヤッホーといったら、ヤッホーと返ってくるというのがなかなかピンとこない感じでした。

「ヤッホー」「ヤッホー」「おおかみさーん」「おおかみさーん」いろんな調子(ニュアンス)でマツダ先生が言うのを子どもたちはよく真似をしていました。

反対語「おはよう」→「こんばんは」「いただきます」→「ごちそうさまでした」にも挑戦しました。

「おおかみさん、今何時」をやってみました。

前に行くのが目的になってしまって、(3時だったら3歩歩く、8時だったら8歩歩く)のルールがなかなかわからず、行動に移せない感じでした。

4人組になります。

前の人に触らずに、先頭の人に電車になってついていきます。

合図の音で反対向きになったりして方向が変わっても前の人についていくを練習しました。

梅雨の時期にしか出来ない活動や、音楽的要素を取り入れた活動を楽しみながら出来たと思います。flair

| | コメント (0)

より以前の記事一覧