2019年3月 6日 (水)

リトミック21

一日ごとに天気が変わりますね。

今日は朝から雨が降っています。

リトミック21でした。

今年度最後のリトミックです。

来年度新しくももぐみになるきぐみのこどもたちが多いので、ももぐみのリトミックを見学にきました。

きぐみの子どもたちは座って、見学しました。

21_221_621_521_7

21_921_1221_1321_14

21_1521_1721_2021_21

21_3021_3221_3421_36

🎵ごんべさんの赤ちゃん の手遊びをみんなでしました。

ももぐみの子どもたちは「カレー大好き!」のリトミックをしました。

前回練習したのを始まる前に少しおさらいして披露しました。

きぐみの子どもたちも一緒にカレーライスには何が入っているか確認しました。(ニンジン・タマネギ・ジャガイモ・お肉・トマト・カレールー・塩)

小さな畑・中くらいの畑・大きな畑を手や体で表現します。

お花が咲くところはスカーフをパーッと手を開きます。

小さな畑からはニンジン、中くらいの畑からは玉ねぎ・大きな畑からはジャガイモがとれました。

ニンジンはニンニン・タマネギはクルクル・ジャガイモはゴロゴロを表現します。

🎵ニンジン(ニンジン)タマネギ(玉ねぎ)ジャガイモ(ジャガイモ)鍋で炒めてグツグツにましょう トマト(トマト)カレールー(カレールー)溶けたら(溶けたら)味みて(味みて)塩を(塩を)入れたら(入れたら)ハイ出来上がり!

出来上がったカレーをきぐみのお友だちに食べてもらいました。

🎵くいしんぼうのゴリラ をみんなで手遊び。

バナナやリンゴ、レモン、タマネギが出てきて美味しいやすっぱい、辛いなどリアクションが出ました。

絵本「だるまさんが」ではナカマ先生が絵本を読んで、マツダ先生が音を楽器で表現しました。

絵本「くっついた」も読み聞かせてもらいました。

きぐみのこどもたちはここでおしまい。

ももぐみのこどもたちはあおぐみの部屋へ行き、リトミックに参加したり、見学したりします。

21_3921_4021_4221_43

21_4421_4721_4821_50

21_5321_5521_5821_61

21_6821_7121_7321_79

21_9121_9521_9821_99

21_10421_10721_11321_117

一緒にわらべうたを手遊びしました。

🎵かごめかごめ をフレーズで動きます。

ももぐみのこどもたちも一緒に丸い輪の中に入り、二重の輪っかになって動きました。

あおぐみのこどもたちは3つのグループに分かれて、かごめかごめを歌いながら、動き、各グループごとに動いて輪唱をしました。

あおぐみのこどもたちがおむすびころりんをリトミックで表現しました。

おむすびころりんスットントン(かいぐりをして、手を叩く)やおむすびが転がる様子を表現しました。

2人組になってペッタンコ・ペッタンコッコ・ペッタンコッコッコとお餅つきをしました。

ペッを一人の人が叩いて、コ・コッコ・コッコッコはもう一人の人が相手の手を叩きます。

ペッを叩く人はコ・コッコ・コッコッコ(2拍子・3拍子・4拍子)と変わるにつれ、手を叩く幅が高くなります。

ももぐみの子どもたちはよーく見ていました。

あおぐみの子どもたちが2人組になって手合わせ・ぎっこんばっこ・ユラユラユラユラお山ををします。

それぞれの動きを誰としたか覚えておきます。

もも・あおぐみの子どもたち合同で歩く・止まる・走る、手合わせ・ユラユラユラユラお山(ひっくり返り)をしました。

あおぐみの子どもたちは2人で木になり、ももぐみの子どもたちは1人りすです。

3人組で木とリス、ユラユラ揺れたり、木が手合わせしたり、リスがお引越ししたり、木がお引越ししたりします。

あおぐみの子どもたちは1・2・3・4・5・6・7・ポーズ(1から7まで歩いて8番目は止まってポーズをする)止まってポーズするのが大事です。

あおぐみのこどもたちは再び3つのグループに分かれます。

6~7人になるので、一人ずつ1・2・3・4・5・6・7歩いて行ってポーズをします。

次の人は7つ歩いて、ポーズするときに前の人に1か所どこかくっついてポーズをします。

みんながポーズし終えると形が出来ます。

ももぐみのこどもたちは開いた足の所など隙間をトンネルのようにくぐります。

とっても楽しんでやっていました。

ももぐみのこどもたちはここまで。

あおぐみのこどもたちは一つの丸になっててをつなぎ、🎵思い出のアルバム を歌いながらフレーズで向きを変えて歩きます。

年長児の子どもたちがリクエストしたリトミックは…

ボールを使って①ついてとって ②投げてとって ③体の周りにボールを回す

2人組になって1つのボールで ~ちゃん、~くん と言ってボールを転がして、ハアイと受け取って返事をする でした。

きぐみの子どもたちも参加・見学して来年度につながる楽しいリトミックが出来たのではないかと思います

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

リトミック20

曇り空が広がっていますが、そこまで寒くはなく、春が近づいていることを感じます。

リトミック20でした。

ももぐみの活動では…

36710

12131418

19202231

24333938

曲に合わせて歩く、曲が止まったら自分たちも止まるをよく聞いて動きます。

2人組になって手合わせをお友だちを替えながらします。

2人で手をつないで歩き、🎵手をつなごう~の曲が流れて来たら、みんなで一つの大きな丸になります。

小さな音(高音)の時には小さな鍋で、大きな音(低音)の時には大きな鍋になります。

大きな鍋の時には手をつないでグルグル回ったり、合図の音で反対方向へ回ります。

一人ずつ「~ちゃん、~くん」と名前を呼んでテニスボールを転がして渡します。

受け取るときには「ハアイ」と返事をします。

ボールを両手で持ってトントン膝を2回叩いて、頭・おなか・ほっぺなど言われた体の部位にボールをつけます。

トントン膝を2回叩いて、自分の名前を言うやトントンお隣りのおともだちの名前を言ってどんどん回していきます。

何度かやっているので、リズミカルに出来るようになっています。

3月は今年度最後のリトミック。

今度ももぐみに入ってくるきぐみのおどもたちを招待して、リトミックどんなことしているか見てもらいます。

ということで、ももぐみのこどもたちは🎵カレーライスのうた をもとにしたリトミックをします。

その練習をしました。

子どもたち、お話をよく聞いているので、マツダ先生が言うように動いていました。

3月のリトミックが楽しみです。

絵本“まほうつかい”を読み聞かせてもらいました。

42454952

60626672

73769092

9497100106

あおぐみ
の活動では…

🎵おーちたおちたなーにがおちた とーんだとんだなーにがとんだ で子どもたちに聞いてみます。

いーぱい息を吸って、息を吐きます。

緊張と弛緩です。

歩いてピョンピョン かけあしピョンピョン普通の速さ・速く・ゆっくりでテンポを感じます。

歩く・かけあしは音がしないように軽やかにを目指します。

🎵おともだちとこんにちは で手合わせ・あいさつします。

🎵手をつなごう の曲で年長児・年中児それぞれ丸を作ります。

小さな音の時には小さな鍋を、大きな音の時には大きな鍋を作ります。

2人組向き合ってカラーボード(赤・白・黄・青)を並べます。

一人が赤・白・黄・青でボードを叩いて、もう一人は赤の時に手を叩いて、後は空間でその長さを感じます。

赤・白・黄にすると、青の部分が減って、手を叩いた後の空間が狭くなります。

赤・白の場合だと、もっと手を叩いた後の空間が狭くなります。

ボードが減るのと音符の長さを感じるのを目で見えるようにしています。

1・2、1・2・3、1・2・3・4で1は二人とも手を叩いて、一人は縦の空間を作って、もう一人は相手の手を2、2・3、2・3・4と叩きます。

お餅つきをしている感じです。

3グループに分かれて輪唱を取り入れて、🎵かもめかもめをします。

3月は今年度最後のリトミックです。

ももぐみの子どもたちがあおぐみにどんな風にリトミックをするか見に来るので、その時にするおむすびころりんを練習しました。

はたして、どんなふうになるのか、子どもたちの即興が見ものです。

絵本「まほうつかい」を読み聞かせてもらいました。

様々な活動を通して、楽しんでリトミックしていたと思います。

 

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

リトミック19

このところ暖かい日が続いていたので、今日はいくぶん寒く感じます。

曇り空が広がっています。

リトミック19でした。

19_619_819_1519_31

19_3419_3819_4219_45

19_5119_5219_5319_54

19_6319_6519_6619_76

ももぐみ
の活動では…

一つの丸になって座ります。

手を叩いて、ひざを叩くとき、自分の名前を言い、それを順々に回していきます。

だいぶリズミカルに名前が言えるようになってきました。

🎵コンコンクシャンのうた に出てくるリスさん・ツルさん・ブウちゃん・カバさん・ゾウさんのマスクをマツダ先生が作ってきていて、それを見て子どもたちはとっても喜んでいました。

🎵ひげじいさん の手遊び歌をしながら、歩きます。

いろんなお友だちと2人組になって手合わせをします。

2人組になって床に座り、お友だちと足の裏を合わせて、足を広げます。

テニスボールを渡されました。

自分たちの体の周りをグルッとテニスボールを転がして回します。

ボールを持ってそれをお友だちに渡したりしがちですが、ボールを転がしてボールの使い方を覚えます。

足を広げていたのを少しすぼめて、その間を「~ちゃん、~くん」と名前を呼んでそのお友だちにボールを転がします。

ボールをキャッチしたお友だちはボールを上に上げて「ハアイ」と返事をします。

「ハアイ」と返事をしたお友だちはボールを転がしたお友だちに「~ちゃん、~くん」と名前を呼んでボールを転がします。

それを繰り返します。

最初のうちはなかなかタイミングがつかめていない感じでしたが、だんだんリズムよくやり取りが出来るようになってきます。

1人で足を広げてテニスボールを床について、ボールをキャッチします。

あまり強くするとボールがいろんなところへ転がって行ってしまいます。

力をコントロールすることが大事です。

テニスボールを上に上げてキャッチするのにも挑戦しました。

ボールを手に持って、腕を上げて走り、体の部位を言われたらそこにボールをつけます。

頭・おでこ・鼻・耳(左右)・おなか・おしり…いろんな場所です。

2人や3人でボールをお互いピタッとくっつけて離れないようにゆっくり歩きます。

ボールを背中にくっつけて、おじいさん・おばあさんみたいに「よいしょ、よいしょ」と歩きます。

2月は節分がありました。

鬼や福の神、豆、金棒、恵方巻、イワシの絵が出てきました。

子どもたちは鬼のことを思い出したようです。

床に座ってまめ・まきずしと口で言いながら出てリズムを叩きます。

2チームに分かれてま・め(四分音符)とま・き・ず・し(八分音符)です。

豆の絵・巻きずしの絵が出ている時には言葉のリズムを口で言いながら手で叩き、鬼が出て来たら、パンチをします。

絵を見ていること、そして自分が豆・まきずしどっちのチームで手を叩くのか、鬼が出て来たらパンチすると判断しないといけません。

子どもたちはゆく見て、集中していました。

赤・白・黄・青のボードが出てきました。

前回やったように「男の子白、女の子赤」というように言われた色を1枚ずつ取っていきます。

今回は「どうやったらボードがグジャグジャにならないでサッと取れるかな?」と子どもたちに考えもらいます。

「?」「一枚ずつ取る」…「順番に取る」という意見が出てきました。

順番に取るにはどうしたらいいのか?どうしても横から、前から行ってしまう子がいます。

ボードを赤・白・黄の順番に並べて、赤・白・黄と赤・白を口で言いながらボードを叩きました。

19_8119_8319_8219_85

19_9719_11119_11719_122

19_12619_12719_13019_132

19_13719_14219_15119_162

あおぐみ
活動では…

節分にちなみ鬼・豆・金棒・巻きずし・イワシの絵が出てきました。

あおぐみではまめ8四分音符)・巻きずし(八分音符)・金棒(八分音符と四分音符)3つのグループに分かれて、口で言いながらリズムを叩きます。

グループの絵が出ている時には口で言葉を言いながら、手でリズムを叩きます。

絵が出ていない時にはしません。

同時に2つ、3つ絵が出ていることもあります。

他のグループのリズムにつられないようにします。

鬼が出てくる音がしたら、「鬼は外、福は内」と言って豆を投げます。

絵を見て、音を聞いて判断して、自分が何をするのか反応します。

🎵おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

手合わせ・ぎっこんばっこん・ユラユラユラユラお山誰とやったか覚えておいて、曲を聞いて反応します。

2人組になってボールを渡されました。

足を開いて、お友だちと足の裏をくっつけます。

2人で協力してボールを自分の体の周りを転がします。

合図がしたら反対回しでボールを転がします。

「~ちゃん、~くん」と名前を呼んでボールを転がし、相手はボールを受け取って「ハアイ」と返事をしてボールを上にあげます。

2人の距離をだんだん遠くして、ボールを転がす距離を長くします。

ボールを投げて取ってとついてとってもしました。

自分がとれる力でやらなくてはボールはいろんなことへ転がっていきます。

ボールコントロールを身につけます。

ボールを3人組・6人組・みんなでくっつけて、離れないように歩きます。

特にみんなでボールをくっつけるのをどうしたらいいのか?考えます。

マツダ先生がボールを床についたら拍手をして、ボールが弾んでいる間は床につくときに手を叩き、ボールが転がったら、自分たちも寝転びます。

よーくボールを見てい手を叩き、、判断する必要があります。

赤・白・黄・青のボードが出てきました。

ももぐみ同様、「どうやったらボードがぐちゃぐちゃならないで、サッとボードがとれるかな?」といけません子どもたちに聞いてみます。

「優しく取る、ゆっくり取る…」という意見が上がりました。

「順番に取る」という意見が出ました。

更に「並ぶ」という意見も出ました。

あおぐみの子どもたちですね。

ボードで赤・白・黄・青、1・2・3・4 赤・白・黄、1・2・3、赤・白、1・2を口で言いながらボードを叩きます。

年長・年中の子どもたちそれぞれ丸になります。

🎵ゴンべさんの赤ちゃんが風邪ひいた のフレーズでプレゼントをお友だちに届けます。

最後の「ひいた」の「た」の所でお友だちにプレゼントを渡します。

そして、渡されたお友だちは違うお友だちにプレゼントを渡しに行きます。

ボールやボードを使って様々な活動をして、コントロールすることやリズム、拍を感じることが出来たと思います。

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

リトミック18

大寒らしく、朝は冷え込んで霜が降りていました。

日中は穏やかで暖かな日です。

リトミック18でした。

18_218_618_1018_15

18_2518_3318_4018_37

18_5618_5818_4918_52

ももぐみ
の活動では…

🎵ワンワンワンワンワンワンなんでしょう とマツダ先生が子どもたちに問いかけると ワンワンワンワンワンワン犬です。と子どもたちが答えます。

ピョンピョンピョンやニャンニャンニャン、ポンポコポン、ニョロニョロニョロ、パオーン、コンコンコンなどいろんな動物の鳴き声や動作で子どもたちに答えてもらいました。

🎵いもむしごーろごろ ひょうたんぽっくりこ かがんで足裏をピタッと床につけて、お尻を上げて足の力でいもむしになって歩きます。

1人で、2人で、4人で、8人で背中に手を置いてだんだんつながっていって、最後はみんなくっついて歩きました。

あおむしはさなぎになって、ちょうちょになります。

曲に合わせてちょうちょになって飛び回ります。

ちょうちょはお花にとまったりします。

曲に合わせていもむし・ちょうちょになるを繰り返します。

曲に合わせて走ります。

曲が止まったら子どもたちも止まります。

2人組になって手合わせします。

いろんなお友だちと2人組になって手合わせします。

カラーボードが出てきました。

赤・白・黄・青の4色です。

マツダ先生が「男の子は赤、女の子は白のボードをとって」と言います。

聞いていないお友だちは何色をとっていいのか、何をするのかわかりません。

「男の子は白、女の子は黄色のボードをとって…」指示されます。

聞いていた子どもたちは4色ボードをもらえたはずですが…聞いていなかったお友だちは2色しかもらえなかったり、3色しかとっていなかったりします。

おはなしを聞くことや、回りのおともだちがしていることを見ておくことはとっても大事なことですね。

青色のボードを座布団にして、赤・白・黄色のボードを一直線に並べます。

先生がするように真似をして先生が叩くのを見て、赤・白・黄ボードを手で叩きます。

赤・白・黄、1・2・3、とボードを叩きます。

青のボードを帽子にしておさんぽへ出かけます。

曲が止まったら、ボードの所へ帰って、赤・白・黄、赤・白とボードを手で叩きます。

間にいもむしやちょうちょになったり、曲げて・伸びてをしました。

18_6418_6918_7118_76

18_8418_8518_8818_92

18_9718_10718_11918_126

あおぐみ
の活動では…

ももぐみ同様、🎵ワンワンワンワンワンワン何でしょうとマツダ先生が子どもたちにどうなのか聞きます。

するとさすがあおぐみのこどもたち、ワンワンワンワンワンワン犬です。とすばやく答えます。

チチチチチチやブーブーブー、パッカパッカパッカなどももぐみでは出なかったものも出てきました。

🎵おともだちと こんにちは でウォーミングアップ。

二人組になって①手合わせ ②ぎっこんばっこん ③ユラユラユラユラお山 をします。

ユラユラユラユラお山でひっくり返って背中合わせになったりします。

一つの大きな丸になります。

トンパチパチ トンで自分の手を叩き、パチパチで自分の太ももを手で叩きます。

トンで手を叩いてパチパチの間に自分の名前をフルネームで言って、次の人に回していきます。リズムに乗って名前や自分の好きな色を言っていきます。

スティックを一人2本ずつもらいます。

3拍子で上・下・右・左ターターターとマツダ先生がスティックで叩いた後、子どもたちも真似をして、ターターターと先生と同じ場所でスティックを叩きます。

ターターターだけではなく、ティティティティターやターティティターなどリズムが少し複雑なものも叩きました。

リズムをただ叩くだけでなく、口で言いながら叩くと叩きやすいです。

ティティティティターター、ティティティティターターとスティックで叩いたり、リズムの長さを感じながら床や空気中にリズムを描いたり、リズムを足でステップしたり、手でリズムを叩きながらステップしたりにも挑戦しました。

テニスボールを一人1個ずつ渡されました。

前回もやったように、1・2、1・2、投げてとって投げてとって、1・2、1・2、ついてとってついてとってをしてみます。

ボールは高く投げたり、力いっぱい床につくと取れないので、力加減をコントロールする必要があります。

ボールを自分の体の周りを転がすのもやってみました。

2人組になって、足を広げて1・2 1はボールを持っていて、2で相手にボールを転がします。

2人の間に少し距離をとって1はボールを持っておく(キャッチしておく)2・3でボールを転がすをしました。

2人の体の周りを協力してボールでぐるっと1周させたりもしました。

4拍子のリズム ティティティティターター、ターティティターターを足でステップしました。

ちょっと難しそうでしたが、形になっている子もいました。

あおぐみの子どもたちもいもむしになって歩いて、1人・2人・4人・8人、全員でつながっていもむしになりました。

最後に絵本“なんのおとふゆ”を読み聞かせてもらいました。

お餅つきや大掃除、大みそかの除夜の鐘、神社の初詣、雪など冬の音が題材になっていました。

いもむしから蝶になったり、カラーボード、スティック、ボールなど道具を使ってリズムを感じる活動で楽しくリトミックを行えたと思います。

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

リトミック17

朝はいい天気でしたが、今は小雨が降っています。

リトミック17でした。

17_317_1317_3117_35

17_3917_4917_5717_78

17_6917_9017_7217_105

ももぐみ
の活動では…

子どもたちはピアノの音に合わせて歩きます。

ダンダンダンダン…ドタドタドタドタと歩くのか、かかとを上げて歩いて、音が小さな音がいいのか?子どもたちにマツダ先生が尋ねていました。

ダンダンダンダンはトラと子どもたちが表現していました。

足を上げて歩くのは赤ちゃんと言っていました。

最初のうちは「トラ」がいいと言っていた子どもたちも、ピアノの音と、自分たちの動きを比べるうちに「赤ちゃん」がいいと言っていました。

ドレミファソラシドを腕の上げ下げ音の高さで表現しました。

曲に合わせて歩いたり、かけあししたりします。

いろんなお友だちと2人組になって手合わせをしたり、ユラユラ腕を振ったりします。

ぎっこんばっこんを足を広げてやってみました。

子どもたちは体が柔らかいので、足がいっぱい広がります。

足を閉じたぎっこんばっこんも床に背中をいっぱいつけてしました。

青・黄・ピンク・黄緑の丸いボードをマツダ先生が出しました。

自分たちで好きな色を選んで一枚とります。

“曲げて”の曲が流れてきたらボードに乗って手を腰にして、ひざを曲げます。

“伸びて”の曲が流れて来たら、手を肩においてかかとを上げて上に伸びます。

ボードを上に上げて、走ります。

ボードを帽子にして、頭に置いてゆっくりゆっくり歩きます。

風が吹いてきたら、帽子がひゅーんと床に落ちます。

ひざにボードを挟んで、ジャンプします。(ウサギのジャンプや速いジャンプ、ゆっくりジャンプ)

ボードを床に置いて、トンパチパチ トンは自分の手を叩いて、パチパチはボードを叩きます。

音を聞いて、ダダダダダダダダダダーっとボードを叩きます。

同じ色のボードを持っているお友だちと2人組になって、トンネルを作ります。

違う色のボードを待っているお友だちは電車になってトンネルを潜り抜けます。

四分音符と二分音符、八分音符が出てきました。

さっき出てきた赤ちゃんはティティティティ(八分音符)

トラはターアンターアン(二分音符)

歩くはターターターター(四分音符)とマツダ先生が子どもたちに話をしました。

絵本「ごろんとゆきだるま」を読み聞かせてもらいました。

17_11217_12617_13517_143

17_16117_16917_18517_190

17_19817_21417_21717_1

あおぐみ
の活動では…

🎵げんこつ山のたぬきさん で3つのグループに分かれて、手遊び付きで輪唱しました。

自分たちの動きをずーっとやるのがコツ。

回りのグループの動きや歌をついやってしまいがちですが…。

子どもたちは見本の子どもたちを見て、よくやっていました。

🎵お友だちとこんにちは でウォーミングアップ。

2人組になってトンパチン手合わせします。

3人組になるとトンパチパチの手合わせ。

4人組になるとトンパチパチパチの手合わせ

子どもたちも人数が2・3・4人と増えていくごとに手合わせが2つ・3つ・4つと増えていくのがわかったようです。

トンの時には自分の手を叩く、パチの時にはお友だちの手を叩きます。

2つだったか、3つだったか、4つだったかを自分たちで聞き分けて、誰と手合わせしたかを思い出して、手合わせしました。

3人組になります。

その中で1番・2番・3番を決めます。

1番の人が小鳥になって2・3番目の人はおうちになり、小鳥の人が真ん中に入り、曲に合わせてユラユラ揺れます。

曲に合わせておうちの人が手合わせしたり、小鳥の人は飛んで回って自分のうちに帰ったり、違うおうちへ入ったり、おうちの人が引っ越しをしたり番号がかわりながら行いました。

ピンク・黄緑・あお・黄の丸ボードを一枚ずつ選びます。

“曲げて”“伸びて”をしたり、ボードを帽子にしてゆっくり落とさないように歩きます。

一人ずつテニスボールを渡しました。

床に座って“曲げて”の時にはテニスボールをついてとります。

“伸びて”の時にはテニスボールを投げてとります。

ボールをついたり、投げたり、取ったりするのは加減が難しいです。

男の子と女の子2人組になります。

女の子がお母さん座りで座って、男の子はたてひざをします。

男の子が女の子の肩を叩きます。(後で入れ替わりました)

その時、ターターターター、ティティティティ、ターアンターアン普通・速く・ゆっくりの速さで行いました。

マツダ先生が四分音符・八分音符・二分音符の音符をボードにくっつけました。

初めてでしたが、子どもたちに肩たたきはどの音符だったかを尋ねました。

四分音符・二分音符を手で叩いて、八分音符はティティティティほっぺたを人差し指でつつきます。

四分音符で歩きながら、手も叩きました。

ターアンターアン二分音符で歩いて、手はターターターター四分音符で歩くのにも挑戦しました。

最後に大きな丸になって座り、トンパチントンパチン トンで膝を叩いて、パチン自分の手を叩くのリズムでトンと叩くときに自分の名前や苗字、好きな色を言って、次のお友だちも自分の名前を言うを繰り返すをやってみました。

コツをつかむとリズムよくつながっていきました。

2人組やグループでの活動、リズムや音符、聞き分けなど様々な活動を楽しく行えたと思います。

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

リトミック16

とっても良い天気で、日中は暖かで穏やかな日です。

リトミック16でした。

ももぐみの活動では…

Img_6785Img_6790Img_6797Img_6805

Img_6811Img_6828Img_6840Img_6832

Img_6869Img_6875Img_6887Img_6891

🎵ごんべさんの赤ちゃんが風邪ひいた の手遊び。

みんな喜んでやっています。

心の中で歌う「心唱」で“かぜひいた”の所は声に出さずに振りだけやってみました。

曲に合わせて歩く、曲が止まったら自分たちも止まる。

歩き方はしっかり足を上げて歩きます。

曲に合わせてかけあし。

かかとを上げて、ドタドタ音がしないようにつま先で軽やかに歩きます。

合図の音でバックします。

🎵むすんでひらいて の歌を歌います。

むすんでひらいて 手をうってむすんで また開いて 手を打って その手を 上に

上に腕を上げてキラキラ、お星さま

腕を横に広げてひこうき

腕を前にあげてお馬さん

腕を下に向けてヘビさんになりました。

🎵まっかなおはなのトナカイさんは…

赤鼻のトナカイの歌でフレーズに合わせて2人組になって手合わせ、手をつないで回る、

サンタさんになって歩くをやってみました。

一人ずつスズを渡しました。

だんだん音を大きく、だんだん小さくの練習をします。

「トナカイが遠くから来て、近くに来るよ」小さな音から、だんだん音を大きくします。

トンパチントンパチンスズをならしながら歩きます。

リンリンリンリンリンリンスズを振りながら、フレーズを感じて歩きます。

ペッタンよいしょ、ペッタンよいしょ、ドラムを叩きます。

ペッタンはバチを両手で持って、お餅つきをするようにドラムを叩きます。

よいしょは手混ぜです。

子どもたちにもペッタンでバチを両手で持ってドラムを叩いてもらいました。

よいしょは先生が手混ぜ。

子どもたちにもやってもらいました。

2人組になります。

一人が杵つき、もう一人はよいしょで手混ぜ。

役割を交代します。

大きな丸を作ります。

ペッタン「ペッ」は自分の手を叩いて、「タン」隣のお友だちの手を叩きます。

2拍子のリズムにのれていました。

絵本「だれのあしあと」を読み聞かせてもらいました。

Img_6904Img_6911Img_6926Img_6930

Img_6934Img_6959Img_6962Img_6963

Img_6964Img_6972Img_6974Img_6979

Img_6991Img_6998Img_6999Img_7010

あおぐみ
の活動では…

グーグーパ―、グーチョキパー、パーパーグ―、グーグーチョキなどの組み合わせで手遊びします。

マツダ先生が言った後をついていきます。

よーく聞いていないと出来ません。

🎵ごんべさんの赤ちゃんが風邪ひいた 手遊びをします。

あおぐみさんなので、心唱は「赤ちゃん」「赤ちゃんが風邪ひいた」「赤ちゃんが風邪ひいたそこであわてて」長ーいフレーズを心の中で歌いました。

曲に合わせて歩きます。

「歩くとき、どうやって準備する?」と子どもたちにマツダ先生が質問します。

「???」やってみると、「足と手をあげる」

歩いてみます。

駆け足してみます。

「どうやって準備する?」「よーい、ドン」これはリトミックなので、ちょっと違います。

「かけあしはどうやって始めたらいい?」すると「かかとを上げて…」

「そう!」かかとを上げてつま先で走ると、ドタドタ音がしません。

男の子、女の子に分かれて歩いたり、かけあししたりするのをやってみました。

こうというのを心がけると、音がしなかったり、軽やかに歩けたり、走ったりしました。

🎵真っ赤なお鼻のトナカイさんは… 赤鼻のトナカイです。

歌のフレーズで動きます。

トンパチントンパチン手合わせをして、手をつなぐを2回繰り返します。

ジャンケンをして、トナカイとサンタ役になります。

トナカイの上にサンタが乗って歩きます。

あいこの時には2人で手をつないで歩きます。

役割を交代します。

🎵サンタクロース の歌を歌います。

白いおひげのサンタクロース サンタクロース 大きな袋を重そうにしょって どこへ いくの

歌詞に合わせて手ぶり振付をします。

3グループに分かれて、グループで🎵サンタクロースの振付を考えます。

舞台の上で発表します。

それぞれのクラスで特徴がありました。

3グループで1番・2番・3番と順番をつけて、輪唱をしました。

振付しながら1フレーズずつずれながら輪唱(おいかけっこ)をしました。

体を動かしながらだと、輪唱もしやすかったようでした。

ドラムを「ペッ」バチで叩いて、「タン」は手ごねをします。

子どもたちにもやってもらいました。

大きな一つの丸になります。

ペッタンペッタン「ペッ」で自分の手を叩き、「タン」で隣のお友だちの手を1回叩きます。(2拍子)

ペッタンコペッタンコ「ペッ」で自分の手を叩き、「タンコ」隣のお友だちの手を2回叩きます。(3拍子)

ペッタンコッコペッタンコッコ「ペッ」で自分の手を叩き、「タンコッコ」で隣のお友だちの手を3回叩きます。(4拍子)

絵本“だれのあしあと”を読み聞かせてもらいました。

クリスマスやお正月を取り入れた活動で、楽しくリトミックを行えたと思います。

 

 

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

リトミック15

急に寒くなりました。

やはり11月ですね。

リトミック15でした。

Img_6240Img_6241Img_6245Img_6253

Img_6258Img_6282Img_6279Img_6283

ももぐみ
の活動では…

お遊戯会も近いので、練習を行いました。

曲に合わせて歩きます。

曲が変わります。

子どもたちが反応します。

トンパチントンパチン手合わせです。

二人組になったお友だちと分かれて歩きます。

曲が変わります。

2人組になってぎっこんばっこをします。

曲に合わせて歩きます。

2人組になってユラユラユラユラお山をします。

トンパチン手合わせ・ぎっこんばっこ・ユラユラお山を聞き分けて表現します。

黄色か青色の丸ボードを一人ずつ渡されました。

曲に合わせてボードを上に上げて走ります。

合図の音がしたら反対方向になります。

丸ボードを帽子に見立てて、頭にのせて落ちないようにゆっくり歩きます。(手は放します)

風が吹いてきて、帽子がヒューッと床に落ちました。

丸ボードに乗って、「曲げて」「伸びて」の音を聞き分けて手は腰にして、ひざを曲げ伸ばし、肩に手を置いてかかとを上げて上に伸びます。

フープが出てきました。

曲に合わせてフープの周りを走ります。

2人組になります。

フープを持ってユーラユーラ揺らす(二分音符)

お友だちが変わって上下上下(四分音符)

曲(リズム)を聞き分けて、動きます。

2人組で汽車ポッポをして、合図の音で運転手さんが変わります。

🎵くいしんぼうのゴリラ の歌で美味しい・すっぱい・目に染みる顔など表現しました。

Img_6285Img_6294Img_6304Img_6316

Img_6320Img_6321Img_6322Img_6330

あおぐみ
の活動では…

グーパーグーパ―など手を開いたり閉じたりします。

よーく見ていないとどんな動きをするかわかりません。

🎵くいしんぼうのゴリラがバナナをみつけた 皮むいて皮むいてパクッと食べた ドンドコドンドン ドンドコドンドン おーうまい。

バナナ・大根・レモン・タマネギ・アボカドが出てきて、美味しいやすっぱい、目が染みるなどの表現をしました。

🎵おともだちと こんにちは でウォーミングアップ。

曲を聞いて歩きます。

曲が変わって、トンパチン手合わせ・ぎっこんばっこん・ユラユラお山やった人を覚えておいて動きます。

スティック2本一人ずつ渡されました。

二人組になって向き合って座ります。

一人でトンパチパチ トンは床をスティックで叩き、パチパチはスティックを2回叩きます。

2人でトンパチパチ トンは自分で床を叩き、パチパチはお友だちのスティックを2回叩きます。

スティックはなおします。

🎵サンタが町にやってくる の曲に合わせて2人組になってひざひざパチパチ4拍子を感じます。(ひざひざの所は自分の膝を叩く、パチパチは2人で手合わせする)

途中はサンタになって曲に合わせて歩きます。

再び、ひざひざパチパチを2人組で行います。

7人ずつの3グループに分かれます。

それぞれ1・2・3・4・5・6・7自分の番号を覚えます。

🎵セブンステップスの曲に合わせて、1グループずつ自分の番号のカードを持って自分の番号の時にカードを前に出します。

グループが入れ替わって、カードを上に上げるグループや7・6・5・4・3・2・1逆から番号を言ってカードを前に出したりします。

グループが一回りして2回目はone・two・three・four・five・six・sevenと英語で自分の番号を言いながらカードを前に出します。

3グループ目はseven・six・five・four・three・two・one と逆から英語で言いながらカードを出します。

結構頭を使い、自分の言うタイミングを図っていなければなりません。(予測する力)

🎵ゆき の歌を歌いながら、1・2・3・4・5・6・7・8肩を8打を2回、1・2・3・4肩を4打を2回、1・2 2打を2回1・2・交互に左右の肩を1回ずつ叩いて最後は手をパンと叩きます。

フレーズのまとまりを感じる活動です。

お遊戯会では子どもたちが日ごろやっているリトミックの一端をお見せします。

楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2018年11月 9日 (金)

リトミック14

久々に夜中雨が降りましたが、日中は日が射しました。

リトミック14でした。

ももぐみの活動では…

35815

18192228

37405471

大きな1つの丸を作ります。

床に座って、「トントンパ」トントンで手を2回叩いて、パは腕を上に広げて上げます。

口で「トントンパ」と言いながら、動きます。

立ち上がって、「トントンパ」手を叩いて、パは大きく腕を上げて、足も踏み出して全身を使って表現します。

「トトトトパ」手を4回叩いて、腕を上げて表現します。

曲に合わせて歩く、曲が止まったら自分たちも止まる。

曲に合わせて走る、合図の音で反対方向にクルッ向く、曲を聞き分けて1列に並んでトントン前、合図でしゃがむ、ゴロゴロゴロゴロ床を転がる、音に合わせてだんだん高くなるを表現しました。(即時反応)

子どもたちは以前やったことをよく覚えていて、音に反応していました。

2人組になります。

トンパチン 手合わせしたり、フープを持ってお散歩する(フープを持ったままお馬さんもしていました)フープを持って上下上下(四分音符)、ユーラユーラ(二分音符)、フープを床に置いて周りを走る(八分音符)曲を聞き分けて、活動します。

フープで汽車ポッポもしました。

マツダ先生から名前を呼ばれた子が指定された色の丸ボードに立ちます。

「曲げて」「伸びて」曲と音の高低を聞き分けて、判断して動きます。

以前やったことを覚えている子が多く、反応していました。

2人組になります。

・ユラユラユラユラお山・ぎっこんばっこ・ひざひざパンパン(膝を2回叩いて、パンパンはお友だちを2回手を合わせる)・ゆっくり歩いて、曲が聞こえて来たらお友だちとひざひざパンパンをする

曲を聞き分けて活動しました。

ひもを1本ずつ子どもたちに渡されました。

ひもでトントンパ(トントンの時にはひもを2回好きなように動かす。パの時にはピーンとひもを引っ張る)

トトトトパではトトトトで4回ひもを好きなように動かして、パでひもをピーンと引っ張りました。

ひもをピーンと引っ張るのが難しい子もいました。

ピーンとひもを引っ張るのがうまくできている子に見本を見せてもらいました。

絵本「だ・る・ま・さ・ん・が」を読み聞かせてもらって、マツダ先生が動きを音で(ラッパやウッドブロック、ホイッスルなど)表現して、子どもたちはとっても興味深く見ていました。

74767778

8694110112

124132146147

あおぐみ
の活動では…

🎵おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

歩いたり、スキップしたりします。

2人組を作るときになかなかお友だちを見つけられない子がいます。

マツダ先生が「ピアノの曲がゆっくりになったら何か困ったことが起こっているということだからね。」と子どもたちに話をします。

曲がゆっくりになります。

お友だちと2人組になれないとか、あるいは違う表現をしたりしている子がいたりします。

子どもたちがピアノの曲に気づき、周りがどうなっているいるのかに気づくのを待ちます。

「ピアノの音が止まったら、先生が話をするということだからね。」と先生が子どもたちに話しました。

ピアノの音が止まって、まだ話をしている子がいます。

それに気づいた子が「ピアノが止まったから先生がお話をするんだからシー」とみんなに声をかけました。

1人2本ずつスティックを渡されました。

先生がするのを見てから、子どもたちが真似をしてリズムを打ちます。

「トンパチパチ」トンで床を1回スティックで叩く、パチパチで自分が持っているスティックを2回叩く。

先生がやり終わるのを待てずにやり始める子がいます。

最後まで先生がやっているのを見てから、自分でスティックを叩きます。

2人組になります。

「トンパチパチ」トンで床を1回スティックで叩いて、パチパチはお友だちのスティックを2回叩く。(叩くのを受ける人と叩く人と。途中で交代する。)

1つの大きな丸になります。

一人でトンパチパチをスティックで叩く。

みんなでトンパチパチ、隣の人のスティックを叩いて、みんなでつながりました。

5つのグループに分かれて、赤・青・黄・オレンジ・ピンクのスカーフを一人ずつ渡されました。

腰にスカーフをまきます。

「セブンステップス」の歌に合わせて1・2・3・4・5・6・7(7の時はポーズをする)1・2・3・4・5・6・7(7はポーズ)1・2・3(3の時はポーズ)1・2・3(3の時はポーズ)1・2・3・4・5・6・7(7はポーズ)

ポーズ以外の時は歩きます。

ポーズの時には止まって、自分の好きなポーズをします。

みんなでやってみます。

何回か練習を繰り返すうちに、コツがわかってきたようです。

歩く時には拍に合わせてきっちり歩く。

ポーズの時にはピシッと止まってポーズをする。

このメリハリが大事です。

ダラダラ歩いて、止まるときも止まったか止まらないかわからず、ポーズもあやふやな子が見られました。

腰に巻いたスカーフの色を呼ばれたら動く(それ以外の子は止まって手を叩く)もやってみました。

7人グループになります。

2つグループが出来ました。

子どもたちは自分たちが並んでいる番号を理解します。

「セブンステップス」の曲に合わせて1・2・3・4・5・6・7、1・2・3・4・5・6・7、1・2・3、1・2・3、1・2・3・4・5・6・7自分の番号の時に手を叩きます。

一人一人が曲のリズムを刻みます。

だから、自分の番号をわかっていないと、(自分はそこで手を叩くと言うことを)曲が流れません。

1だった人は7の場所へ行き、2だった人が1になり、それぞれ番号が1つずつ繰り上がってすべての番号を体験しました)

子どもたちが自分たちで考えて、次は自分は何番でどうするということを予測して動くことがとても大事です。

何回か繰り返しているうちに子どもたちは自分で自分の番号を手を叩くということに意識が出来て、出来たという達成感を持てていました。

フラフープや丸ボード、ひも、スカーフ、スティックなど様々な道具を使っていろんな活動を行って、リトミックを楽しめたと思います。

| | コメント (0)

2018年10月30日 (火)

リトミック13

秋晴れが続いています。

朝晩は冷え込むようになりました。

リトミック13でした。

Img_5608Img_5616Img_5619Img_5631

Img_5636Img_5643Img_5656Img_5647

Img_5662Img_5670Img_5677Img_5686

ももぐみ
の活動では…

一つの大きな丸を作って座ります。

可愛らしい絵のついたボールが出てきました。

「~ちゃん、~くん」「ハアイ」ボールを持っている人が隣のおともだちの名前を呼んで、名前を呼んだお友だちにボールを渡します。

名前を呼ばれたお友だちは「ハアイ」とボールを受け取ります。

ボールを受け取ったお友だちは隣のおともだちの名前を呼びます。

普通の速度から速い速度でやってみます。

テンポが速くなると、おやすみがなくなるので、ちょっと戸惑っているようでした。

みんなでボールを待っているお友だちの名前を呼んで、そのお友だちは「ハアイ」と返事をして、ボールを受け取ります。

ピアノの曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら子どもたちも止まります。

曲に合わせて走ります。

合図の音で反対方向に向いて進んだり、ジャンプしたり、しゃがんだり、曲に合わせて床に横になってゴロゴロ転がったりします。

曲に合わせてだんだん高くなって、かかとを上げてキラキラして急にしゃがみます。

🎵おばけがくるぞー あしたは楽しいハロウィン おばけがくるぞ かぼちゃもくるぞ ほうきにのって 空までとんでいけ 

スカーフを被って、おばけになって歩きます。

コウモリや魔女、ドラキュラ、ゾンビ、がいこつなども歌詞に入れて、歌いながら歩きます。

歌い終わったらスカーフをパーッと放り投げます。

ヘリコプターになってスカーフをグルグル回しながら走ります。

2人組になって、トンパチン手合わせします。

2人で1つフラフープを渡します。

フープを持ってお散歩します。

曲に合わせてユラユラしたり、床にフープを置いて自分が持っていたフープの周りをかけあししたり、(合図の音がしたら反対回り)、2人ともフープの中に入って電車になって走ります。合図の音がしたらクルッと運転手が変わります。

それらを曲を聞いて判断して、動きます。

駐車場へバックして駐車します。

違う2人組になります。

床に座って足を広げて、お友だちの足裏と合わせます。

2人組の所へボールを一つずつ渡します。

“カボチャ”と口で言いながらボールを向かい側に座っているお友だちに転がします。

お友だちはボールを受け取って今度は自分が向かい側のお友だちにボールを転がします。

今度はポーンとボールを相手に投げて、お互いにボールをやり取ります。

タイミングよくボールを転がしたり、投げたりするのは結構難しく、見本を見たり、教えてもらったりしてやり取ります。

ももぐみの子どもたちはあおぐみへ移動しました。

Img_5689Img_5690Img_5693Img_5694

Img_5696Img_5705Img_5709Img_5711

あおぐみ
ももぐみ一緒に“かくれんぼ”というマグネットシアターを見ました。

4本の紅葉した木と落ち葉がこんもりしている所が1か所あります。

犬が歩いてきました。

「もういいかい?」「まあだだよ」「もういいかい?」「もういいよ」

かくれんぼをしているようです。

風がフーッと吹いて、1本の木を吹きかけます。

葉っぱが揺れて、何かがチラッと見えます。

子どもたちは何かを考えます。

「ウサギ!」隠れていたのはウサギさんでした。

風がフーッと吹いて、葉っぱを揺らします。

何かがチラチラッと見えました。

「タヌキ!」隠れていたのは狸さんでした。

風がフーッと吹いて、葉っぱを揺らします。

何かがチラチラチラッと見えました。

「トラ!」そう、隠れていたのはトラさんでした。

風がフーッと吹いて、何かがチラチラチラチラッと見えました。

「パンダ!」そう、パンダさん。体がとっても大きくて、なかなか木から降りてこられません。

「やっと降りられた」とパンダさん。

落ち葉がこんもりしている所からカサカサカサカサ何か音がします。

「僕を忘れないで!」隠れていたのはライオンさん。

これでみんな、見つかりました。

ウサギ・タヌキ・トラ・ライオン・イヌ・パンダ口で言いながら、手を叩きます。

マツダ先生がボードに貼ってあった動物を一部隠します。

「覚えているかな?」隠した動物の所も思い出して手を叩きながら口で言います。

動物たちの順番を替えたりして(子どもたちが前に出てきて、見本になってもらったりして)繰り返し手を叩きました。

3チームに分かれます。

ライオンはガオーと泣くのでターアン(二分音符)手を大きく叩いて口でもガオーと言います。

犬はワンワンと泣くので、手をターター(四分音符)手を叩いて口でもワンワンと言います。

タヌキはお腹をポンポコと叩くので、手をターティティ(四分音符と八分音符2つ)と叩いて、口はポンポコと言います。

ライオン・イヌ・タヌキの絵を指した時に、そのグループの人たちがリズムを手で叩きながら口で言葉を言います。

止める合図がない限りは続け、他のリズムも入って来たりします。

それは先生やボードをよく見て、何をするのか判断します。

見ていないと何をするのかわかりません。

集中力や判断力が養われます。

ももぐみの子どもたちはお部屋へ帰って…

Img_5719Img_5720Img_5722Img_5731

Img_5745Img_5750Img_5754Img_5761

Img_5766Img_5767Img_5777Img_5782

あおぐみ
の活動では…

🎵おともだちと こんにちは でウォーミングアップ

途中の移動はスキップしました。

2人組になります。

トンパチン手合わせします。

ユラユラユラユラお山(お山の時に山の方を見る)、合図の音がしたら背中と背中を引っ付ける。(ひっくり返る)

フラフープを2人に1つ渡します。

曲に合わせて、フープを持っておさんぽ。

フープを2人で持ってユーラユーラ揺れる(二分音符)

フープを2人で持って上下上下上下する(四分音符)

フープを床に置いて、自分たちのフープの周りをかけあしする。(八分音符)

2人、フープの中に入って、電車で走る。(合図の音がしたら運転手が入れ替わる)

曲を聞き分けて動きます。

集中力と判断力、理解力、協調性など総合的な力が養われます。

違う2人組になります。

2人に1つテニスボールを渡します。

“かぼちゃ”と言いながら相手にボールを転がします。

“か”でボールを転がして、“ちゃ”で相手の手元につくようにボールを転がします。

子どもたちを見ていると、そういう風にしているグループのありますが、相手までボールが届かなかったり、“ちゃ”でいきなりボールを転がしたりするところもありました。

タイミングとボールをコントロールする力が必要です。

“おばけ”“がいこつ”などの言葉でもボールを転がしました。

丸いボードを自分の誕生日月の順番で渡されました。

誕生日月の数字を体や指で表現します。(結構苦戦していました)

ボードの上に立って「曲げて」「伸びて」を音を聞き分けて表現したり、1・2ジャーンプでしゃがんだところから高くジャンプしたり、ボードの上で駆け足したりしました。

秋ならではのマグネットボードシアターを見たり、2人組での聞き分けの活動、ボールを使った活動など様々なことを体験して、とっても楽しい時間を過ごしました。

 

| | コメント (0)

2018年10月22日 (月)

リトミック12

昨日に引き続き、とっても爽やかな秋晴れです。

運動会、みなさんお疲れさまでした。

そして、ありがとうございました。

リトミック12でした。

45616

23303442

49535458

64707374

ももぐみ
の活動では…

一つの大きな丸になって座ります。

テニスボールを一人一つずつもらいます。

🎵おにぎりギュギュギュ…おにぎりを作るように交互に左右の手に持ち替えます。

キャッチキャッチキャッチキャッチしたり、ギューッと握ったりします。

おにぎりにふりかけをかけたり、梅干しを入れたりします。

🎵どんぐりころちゃん あたまはとんがって おしりはペッちゃんこ どんぐりはちくり しょ ぽーんわらべ歌を歌いながらボールをキャッチします。

曲を聞いて歩く、曲が止まったら自分たちも止まる。曲の速さに合わせて走ったりします。

低音の音がドンとしたら、床にしゃがみます。

だんだん、少しずつ大きくなって、最後はつま先立ちになって、腕も上に伸ばしてキラキラします。

お馬さんになって、パッカパッカギャロップします。

2人組になります。

🎵大きな栗の木の下で あなたと私 仲良く遊びましょ 大きな栗の木の下で

フレーズを感じる活動です。

大きな栗の木の下での時には2人で手をつないでユラユラ揺れます。

あなたと私の時にはあなたはお友だちを指さして、私は自分を指さします。

仲良く遊びましょの時には2人で手をつないだまま回ります。

大きな栗の木の下での時には2人で手をつないでユラユラします。

動くことによって、歌のひとまとまりを感じることが出来ます。

違う2人組になって、曲を聞いてサッと反応します。

トンパチン手合わせします。反応が早くなって、サッと始められるようになってきました。

新しい合図で、低音の音で、トンパチンの曲が流れてきたら足でグーパーグーパーします。

曲を聞いて、反応します。

ピンク・黄・黄緑・青の丸いボードを一人ずつ渡します。

ボードを床に置き、その上に立ちます。

曲が低音の時には「曲げてまげて」と口で言いながら、お尻が床につくくらいひざを曲げて膝を伸ばすを繰り返します。

曲が高音の時には「伸びて伸びて」と言いながら、手を肩において、かかとを上げて伸びます。

曲を聞き分けて、曲げて・伸びてをします。

子どもたちは床に眠ります。

曲が流れている時には床に横になって眠り、めざましの合図がしたら、起き上がって曲に合わせてリスになって走ります。

「おやすみリスちゃん」「飛び出せリスちゃん」です。

子どもたちはよく聞き分けて、よく反応していました。 

スカーフを一人1枚ずつ渡します。

🎵あーかいあかい紅葉の葉 もみじの葉っぱはきれいだな パーッと開いた赤ちゃんのおててのようにきれいだな

スカーフを広げて、クルクルッと手の中に丸めます。

歌を歌っている間にスカーフを手の中に丸めて準備します。

歌が終わったら、パーッと手を開きます。

すると、スカーフがきれいに開きます。

それを1・2・3で天井に向けて放り投げます。

おにぎりギュギュギュのリズムで手を叩きます。

ターターティティター四分音符と八分音符のリズムです。

スズとタンバリンでターターティティターのリズムを叩きます。

子どもたちもよくリズムを刻んでいました。

スズとタンバリンで🎵大きな栗の木の下で を合奏しました。

絵本「どんぐりころちゃん」を読み聞かせてもらいました。

889499109

125126130133

135138141144

あおぐみ
の活動では…

🎵お友だちとこんにちは でウォーミングアップ

お姫様・王様・イヌ・アンパンマンであいさつや手合わせを表現してみました。

2人組になります。

トンパチントンパチン手合わせをします。

低音の曲が聞こえて来たら、足でグーパーグーパーします。

トンパチパチのリズムの曲が流れてきました。

戸惑っている2人組が多かったですが、気づいて、トンパチパチと手合わせしている2人組もいました。

低音の音が聞こえて来たら、足でグーグーパします。

床に横になって眠ります。

おやすみリスちゃんの曲が流れている間は眠ります。

めざましの音がしたら起き上がって、飛び出せリスちゃんの曲でかけだします。

3人組になります。

一人はリスなり、2人は木の家です。

曲に合わせてユラユラ揺れます。

曲が変わったら、リスはしゃがんで、木同士が手合わせをします。

リスのお引越しの曲が流れたら、リスは新しいおうちへ引っ越します。

リスを交代しながら、繰り返します。

木のお引越しもしました。

丸いボードを一人ずつ渡します。

🎵かけっこかけっこ(ファイトファイト)みんなでみんなで(ファイトファイト)ちびっこかけっこかけっこちびっこがんばれファイトファイト(オーオー)

(  )の中の部分はオーオーと腕を上げます。

次は(  )の所だけボードに乗って、手を挙げます。あとの部分はボードの周りをかけっこします。

ボードの上に立って、曲を聞き分けて「曲げて・伸びて」をします。

ボードの上に片足で立って、どれくらいバランスがとれるか?をやってみました。

絵本「どんぐりころちゃん」を読み聞かせてもらいました。

オレンジの大きな布が出てきました。

そこにもみじ・いちょうなどの落ち葉がたくさん出てきました。

子どもたちは布の下へ入って上を見上げます。

すると、「きれい!」と声が上がります。

子どもたちに布を持ってもらって、先生たちも下に入ってみました。

とってもきれいで、布を触ってみたくなります。

布を上下に揺らして、葉っぱを動かします。

子どもたちは葉っぱを手にして、自分たちでパーッと散らしました。

色合いも秋色で、満喫しました。

秋を感じる曲や内容で、子どもたちは季節を感じられるリトミックだったと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧