2020年6月16日 (火)

スモモ狩り

今日は梅雨の中休み。曇っていますが、時折日差しも出ています。☁

園内にあるスモモの木に実がなって、赤く色づいたのできぐみの子どもたちからスモモ狩りをしました。

Img_7449 Img_7456 Img_7457 Img_7461 Img_7477 Img_7481 Img_7485 Img_7491 Img_7497 Img_7498

各年齢ごとに先生が収穫した実をかごに入れたり、抱っこしてもらって収穫したり、台に上って収穫したり、先生が脚立に上って収穫したのを下の方でキャッチしたりしました。

あおぐみの子どもたちは特に台に登ったり、脚立の途中まで登って手を伸ばして自分たちで収穫しようとする姿が見られました。

まだ青い実があるので、色づいたらまた収穫できると思います。

収穫したてのスモモを1個ずつ子どもたちが食べて、「おいしかったー」「もう1個あるの?まだ食べたい」と言っていました。

 

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

桃狩り(あおぐみ)

梅雨の晴れ間で日差しが射しています。

Img_7235 Img_7248 Img_7243 Img_7246 Img_7251 Img_7256 Img_7255

菜園に植えてる桃が色づいたので、あおぐみの子どもたちに桃狩りをしてもらいました。

大きくなってピンクに色づいているのは木や枝と接触して傷になり、そこから雨が入ったりして腐ったり、アリや虫が来て食べたりしているものが多かったです。

その中から腐ったり、傷ついていない桃を選んで収穫しました。

実は引っ張ってとるのではなく、回してとります。

子どもたちには3、4個ずつ収穫してもらいました。

桃は給食のデザートに出てきました。

初夏の味を楽しめました。

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

ビワ狩り(あおぐみ)

時折日が射しますが、雲が立ち込めてどんより曇っています。

菜園にあるビワの木にビワの実がたわわに実って色づいたので、あおぐみの子どもたちがビワ狩りをしました。

Img_6866 Img_6869 Img_6867 Img_6872 Img_6874 Img_6875 Img_6876 Img_6883 Img_6888 Img_6891

「ビワの実をとるときは引っ張るんじゃなくて、ビワの実をクルクルっと回してとってください。」と園長先生から話がありました。

年中児は3個、年長児は5個数えて収穫しました。

あとのビワの実は高いところになっています。

「あっ、あそこにもビワがなってる」下から見ていて、子どもたちが言います。

枝がしなるので、下におろしてビワを収穫したり、カワグチ先生が脚立を持ってきて上の方のビワを収穫してくださったので、子どもたちは下にいて、ビワの実を受け取ったりしました。

Img_6896 Img_6901 Img_6904 Img_6907

たくさんのビワが収穫出来たので、みんなで写真を撮りました。

そして、ウッドデッキで1個ずつ洗って皮をむいて食べました。

 

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

エンドウ豆を収穫・豆をむく(あお)

朝からまぶしい初夏の日差しが照りつけています。

美しい新緑の頃になりました。

菜園には様々な野菜が植えられています。

エンドウ豆も植えられていて、鞘がふっくらとしてきました。

あおぐみの子どもたちに菜園に行ってもらって、エンドウ豆の収穫をしてもらいました。

園長先生が「さやのふっくらふくらんでいるのをとるんだよ」と教えてくださり、それに合うものを収穫します。

Img_6851 Img_6852 Img_6858 Img_6854 Img_6860 Img_6862

ウッドデッキに持って帰ってきて、子どもたちはエンドウ豆をむきました

筋の入っているところを爪でなぞると中から豆が出てきます。

まん丸のふっくらしたグリンピースです。

みんな夢中になってむいていました。

グリンピースは給食室へ。

給食のメニューに出てくるでしょう。

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

リトミック1

日中になり陽が射して、暖かな陽気になりました。

今年度初めてのリトミック教室でした。🎵

ももぐみの活動では…

Img_6479 Img_6491 Img_6502 Img_6518 Img_6512 Img_6540 Img_6526 Img_6534 Img_6547

マツダ先生が何か手の中に持っています。

子どもたちは興味津々。

それは“おにぎり”でした。

♪おにぎりおにぎりギュギュギュ おにぎりおにぎりギュギュギュ…

「おにぎりに何を入れようか」と先生が子どもたちに尋ねると、「梅干し」とかえってきました。

出来たおにぎりを子どもたちはほおばります。

大きなおにぎりも出てきてみんなギュギュと抱きしめたりしていました。

♪ぞうさんとうしさんが仲良く出会ってパピプペポー

いろんな動物たちが出てきて仲良く出会います。

“先生と~くん、~ちゃんが仲良く出会ってパピプペポー”パピプペポーのところは先生と子どもが手合わせをします。

曲に合わせて手を叩きます。

初めての子どもたちもいましたが、曲に合わせて上手に手を叩いていました。

“おやすみ”の曲に合わせて床に横になって眠ります。

曲を聞き分けて、床をゴロゴロ転がったり、合図の音で立ち上がって“イエーイ”と曲に合わせて全身を使って動いたり、曲が止まったら子どもたちも止まったりします。

絵本「くっつくた」を読み聞かせてもらいました。

いろんなものがくっつきます。

マツダ先生が子どもたちにあおむしを1つずつ配りました。

♪くっつき虫があたま くっつき虫がおしり くっつき虫がお腹…言われたところにあおむしをくっつけます。

“ピンクのドア”と言われたら、ドアにくっつけます。

あおむしを手にのせてのせてお散歩したり、あおむしにはっぱを食べさせたり、床に眠ったりします。

子どもたちは葉っぱの上に座って♪おはながわらった おはながわらった おはながわらった おはながわらった みんなわらった いちどにわらった♪歌を歌うながら、“お花がわらった”を指人形で見ました。

一人ずつスカーフをもらいました。

手の中にクルクルっと見えないようにスカーフを入れて、パーっと手を開くとお花が出来上がります。

葉っぱのところにお花をそーっと置いて、子どもたちはちょうちょになって飛び回りました。

じょうろで水をかけたり、ちょうちょになって飛び回ったりを繰り返しました。

Img_6555Img_6564 Img_6567 Img_6583 Img_6584Img_6576Img_6592Img_6600Img_6618Img_6624

あおぐみの活動では…

グーグーパーをしたり、手をブラブラさせたりします。

♪お父さんお父さんハイハイハイ お母さんお母さんハイハイハイ お兄さんお兄さんハイハイハイ お姉さんお姉さんハイハイハイ

赤ちゃん赤ちゃんハイハイハイ 指遊びをします。

子どもたちも前に出てきて、見本を見せたりしました。

年長児の子どもたちが♪おともだちとこんにちは を見せてくれました。

みんなで一緒にやってみました。

あおむしを1人1つずつ配りました。

♪くっつき虫が背中 くっつき虫があたま くっつき虫がほっぺ いろんな体の部位にあおむしをくっつけます。

“青いドア”や“あおぐみの先生”にもくっつきました。

あおぐみはいなくなり、くっつき虫がおしりと言われたら床にお尻をつけてクルンと回ります。

くっつき虫が背中と言われたら背中を床につけて手足を上にあげてバタバタします。

くっつき虫がお腹と言われたらお腹を床につけて、手足を伸ばしてスーパーマンみたいなポーズをします。

くっつき虫がつま先と言われたらつま先立ちになってキリンさんになって歩きます。

くっつき虫がかかとと言われたらペンギン歩きをして、くっつき虫がひざと言われたら、アヒル歩きをします。

言われたことを、繰り返します。

みんな夢中になってやっていました。

曲に合わせて歩く、曲が止まったら動きもしゃべりも止める、合図の音でバックで歩いたりします

絵本「あーといってよあー」を読み聞かせてもらい、実際にいろんなあーという声を出してみました。

♪さいたさいたちゅうりっぷのはなが ならんだならんだあかしろきいろ どのはなみても きれいだな

チューリップの歌に合わせてグループでお花がゆれる様子を表現しました。

二人組になってトンパチン手合わせしたり、ぎっこんばっこんしたりしました。

♪ことりはとってもうたがすき かあさんよぶのもうたでよぶ ピピピピピ チィチィチィチィチィ ピチクリピィ

年長児の子どもたちが歌の部分を、鳴き声の部分を年中児の子どもたちが対応して歌いました。

最後に“おはながわらった”の指人形のお話をしてもらいました。

季節を感じ、子どもたちの興味のある活動でリトミックを楽しみたと思います💓

 

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

桃狩り

日差しが射している時と、黒い雲に覆われている時があります。☁☀

やはり梅雨時期ですね。

菜園に植えてある桃の木に実がたわわになったので、子どもたちが桃狩りを行いました。

年々、桃の実が増えていっています。

今年は鈴なりになっていて、枝が重みでしなっています。

園舎からも、たくさんの実が赤く色づいているのが見えていました。

Img_0754 Img_0756 Img_0757 Img_0762 Img_0761 Img_0767 Img_0775 Img_0772 Img_0782 Img_0779 Img_0785 Img_0783 Img_0786

きぐみの2歳児の子どもたちから先生たちと一緒に桃の実を収穫しました。

高いところになっている実は先生たちがとって、子どもたちがかごに入れたり、届くところは子どもたちが実をグルッと回してとりました。

桃の木は1本ですが、1本の木からいっぱい桃の実がとれました。

あおぐみの子どもたちは給食後、桃を食べたようで、「甘かったー。おいしかった。」と言っていました。

自然の恵みをいただきました。

 

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

野菜の苗植え(もも・あお)

新緑が目にまぶしく、爽やかな風が吹き抜けています。☀

緑の中にいると1年で一番過ごしやすく、いい季節だなと実感します。😃
                                                                 ももあおぐみの子どもたちが野菜の苗植えを行いました。

菜園にアラハラさんが子どもたちが野菜の苗を植えられるように耕して畝を作ってくださいました。

野菜の苗植えをする前に園長先生が子どもたちに野菜の苗を見せて「これは何か知ってる?」と質問すると、子どもたちが手をあげて答えます。

あおぐみの子どもたちのなかにはおうちでも植えていて、苗の名前をよく知っている子もいました。

苗をポットからとり、土に植えることなど教えてもらいました。

6_3 16_1 19 33 21_1 37_1 38_1 42_2 46_1 40_2

  ももぐみはミニトマト3本・ピーマン2本・オクラ2本を2・3人に1本ずつ植えました。

土を掘って穴を開けます。

一人はそこに水をたっぷりかけます。

もう一人はポットから苗を取り出して、穴の中に苗を入れます。

二人で土をかぶせて、再び水をかけます。

先生と一緒に子どもたちは苗植えに取り組んでいました。

53 68 56 59_1 62_2 51_2 69 73 78 81

あおぐみはピーマン4本・オクラ4本・ナス4本・トマト4本・キュウリ5本。

一人一つずつ苗を植えました。

ももぐみの子どもたちがやっていた作業をあおぐみの子どもたちは一人で行いました。

土に苗を植えるだけの穴を掘って、穴に水をたっぷりかけて、ポットから苗を取り出して、穴に苗を入れて、土をかぶせて、苗を植えて、水をかける。

これから水をあげたり、草をとったりしてお世話をします。

生長して、ピーマンやトマト、オクラ、キュウリなどが出来るのを楽しみにしてお世話をしてくださいね。💕

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

玉ねぎ・スナップエンドウ収穫(あおぐみ)

週末は寒の戻りで、冬に逆戻りしましたが、また気温が上がって春爛漫の陽気です。

今年は桜の開花も早く、入園式の頃には見ごろを過ぎていました。

そして、菜園の野菜なども生長が早いようです。

昨年秋に植えたタマネギの苗も大きくなり、タマネギになりました。

Img_6961Img_6962Img_6965Img_6968

Img_6988Img_6986Img_6994Img_7001

あおぐみ
の子どもたちに玉ねぎとスナップエンドウを収穫してもらいました。

大きさはさまざま。

「見て、お母さん(玉ねぎ)これはお父さん、お姉さん」などと言いながら両手で茎の根元を持って引き抜いていました。

地面で玉ねぎをトントンすると、土が取れます。

玉ねぎが乾くように、重ならないように土に並べました。

スナップエンドウも茎と実の部分をちぎって、収穫しました。

子どもたちにとって貴重な経験になると思います。

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

どてかぼちゃ・キウイ収穫(あおぐみ)

雨は上がり、空は雲が広がっています。

時折、小雨が降ってきます。

運動会が終わり、園庭で遊ぶ時間が増え、子どもたちの表情もイキイキしています。

JAさんから分けていただいたどてかぼちゃの苗を保育園の菜園と園長先生の菜園に植えていました。

保育園の菜園に植えてあったどてかぼちゃは枯れてしまいましたが、園長先生の元屋敷の菜園に植えたカボチャは大きくなりました。

あおぐみの子どもたちに元屋敷の菜園に行ってもらい、どてかぼちゃとキウイの収穫をしてもらいました。

5689

13111517

大・中・小3つのかぼちゃが出来ていて、茎と実をつなぐところを子どもたちに切ってもらいました。

子どもたちは自分の力で持ち上げられるか試したくて仕方がありません。

しかし、大は子ども一人(大人でも女性では持ち上げられませんでした)の力では持ち上げられないくらい重かったです。

中は力のある子は一人で抱えていました。

小は小さな赤ちゃんくらいの大きさです。

子どもたちはカボチャの周りに集まって触ったり、持ち上げようとしたり、何人かで動かそうとしていました。

興味津々です。

19202125

2833342

カボチャの後はキウイを収穫しました。

以前からもう木になっている状態で熟しているものもあり、収穫されるのを待ち望んでいました。

運動会が終わってから収穫しようと思っていて、雨も続いていたので随分伸びてしまいました。

木にはたくさんのキウイがなっていて、子どもたちは一方の手は実を持ってもう一方の手は茎の所を持って実をクルクル回して引っ張って収穫します。

かご3つ分の収穫になりました。

年長児の子どもたちには袋に分けて、持って帰ってもらいました。

随分重たい袋もあったようですが、保育園まで頑張って持ち帰りました。

キウイはデザートや3時のおやつに登場すると思います

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

桃の収穫(き・もも)

梅雨の中休みで、時折日差しがのぞく爽やかな風の吹く日です。

菜園に植えてある桃の実がたわわに実ったので、子どもたちに収穫してもらいました

桃は実がたくさんつく品種です。

実は小さいですが、結構甘みはあります。

子どもたちはどんな風に桃がなっているかを見ました。

Dsc04696Dsc04699Dsc04700Dsc04703

ぐみ
の子どもたちは先生たちに抱っこされてクルクルっと実を回してとったり、一緒に手を添えてもらって桃をちぎったりしました。

子どもたちは桃の実を持っていると、大きく見えます。

Dsc04708Dsc04711Dsc04715Dsc04716

もも
ぐみ
の子どもたちは自分たちで実を持ってクルクルっと回してちぎったり、先生たちが収穫したのをカゴにいれたりしました。

高いところになっている桃は先生たちが収穫しました。

まだ色づかず、実が硬いものがあるので、それはあおぐみの子どもたちに収穫してもらおうと思います。

おやつの時間や給食のデザートに出てくると思うので、楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧