« 7月誕生会 | トップページ | リトミック8 »

2021年7月28日 (水)

梅干しを干す(あおぐみ)

子どもたちは朝から園庭に出て、虫探しに夢中になっています。

最近晴れの天気が続いているので、あおぐみの子どもたちに梅干しを干してもらいました。

6月29日に塩漬けの梅に赤しそを漬けてちょうど1か月間。

今日はちょうど土用の丑の日。

一年で一番日差しが強い時期です。

Img_3544 Img_3546 Img_3547 Img_3548 Img_3551 Img_3552 Img_3554 Img_3556 Img_3557 Img_3562 Img_3564 Img_3565 Img_3566 Img_3569 Img_3570 Img_3573 Img_3574

夏の日差しを梅干しにあてることによって、いつまでも腐らない保存食としての梅干しが出来上がります。

梅をつけてある樽の蓋を開けると、赤色に染まった梅酢が見えました。

「いい匂い」という子や「この匂い嫌い」という子も。

赤しそがとってもよくつかっていて、梅はきれいな赤色に染まっています。

子どもたちも「うわー、きれいな色。血みたいな色」と驚いていました。

ざるに赤く染まった梅を並べていきます。

紫蘇も並べて日に干しました。

手に着いた梅酢をなめると、「しょっぱい」「おいしい」と言う子もいました。

3日間日に干して、梅干しが出来上がります。

 

 

|

« 7月誕生会 | トップページ | リトミック8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月誕生会 | トップページ | リトミック8 »