« 桃狩り(あおぐみ) | トップページ | リトミック3 »

2020年6月 9日 (火)

消防訓練(いちき串木野市消防署)

Img_7257 Img_7266 Img_7269 Img_7271 Img_7273 Img_7276 Img_7286 Img_7289 Img_7293

曇っていますが、時折日差しが出てきます。

いちき串木野市消防署の3名の方に来ていただいて、消防訓練を行いました。

「火事だー」と給食室から声がすると、非常ベルがなり、子どもたちは先生たちの誘導で避難します。

消防署の方から「みんなの命を守るために消防訓練を行います。まず、みんなに出来ることは火事を見つけたら大人の人に知らせること。そして、周りの大人の人の言うことをよく聞いて動くこと。」

「お・か・し・も」は子どもたちもよく知っています。避難しているときに前の人を押さない。走らない。静かに。元のところに戻らない。

「火事の時に襲ってくるのは煙です。煙は上のほうに上がっていくから、みんなは小さくなって口に手を当てて煙を吸わないようにして逃げます。煙を吸うと頭が痛くなってしびれて動けなくなります。」

先生たちは水消火器で初期消火訓練を行いました。

そして、今回は正しい花火の使い方と言うことで年長児の子どもたちは実際に花火をしてみました。

花火はとても楽しいですが、使い方を間違えると事故につながります。

ろうそくに火をつけて、水バケツも用意されました。

①必ず大人の人と一緒にすること。

②風が吹いている方向や人がいるところに花火をむけない。

➂花火は下に向けてする。を経験しました。

「風の強い日は花火をやめる。途中で花火が消えても手で触ったり、顔を近づけたりしない。たくさんの花火に火をつけない。花火をほぐしたり、ポケットに入れたりしない。」とお話がありました。

子どもたちが楽しみにしていた消防車見学。

Img_7296 Img_7299 Img_7303 Img_7308 Img_7314 Img_7315

保育園の下にタンク車が待っていました。

子どもたちは写真を撮ったり、タンク車の周りを一周したり、消防士の方のヘルメットをかぶせてもらったりしました。

最後に「ありがとうございました」とあいさつをしました。

消防車は消防署へ帰っていきました。

 

 

 

 

|

« 桃狩り(あおぐみ) | トップページ | リトミック3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桃狩り(あおぐみ) | トップページ | リトミック3 »