« そうめん流し(もも・あお) | トップページ | おにぎりの日(夏野菜を知ろう) »

2019年8月20日 (火)

リトミック9

今朝は雷雨になりました。

リトミック9でした。

4_20190820150601 7_20190820150601 15_20190820150601 16_20190820150601 20_20190820150601 24_20190820150601 29_20190820150601 30_20190820150601 31_20190820150601

ももぐみの活動では…

♪こぶじいさん の手遊びをします。

ゆっくりしたり、スピードを速くしたりします。

「~ちゃん」「~くん」とマツダ先生が太鼓を叩いて呼ぶと、「ハアイ」と子どもが太鼓を叩いて答えます。

先生が叩いた調子で(弱くなのか、強くなのか、ゆっくりなのか、速くなのか…)子どもたちも答えるようにします。

先生の言う言葉や雰囲気を真似します。

トンボになって飛び回ります。

曲が止まったら壁・ピアノ・自分のシール・先生の机…言われたところに止まります。

まず、音楽が流れている時にはトンボになって飛ぶ、音楽が止まったら止まるということを理解する必要があります。

何度か繰り返しているうちに、少しずつ動けるようになってきました。

床にゴロンと寝転んで、手足を上に向けてバタバタバタバタ…ゴキブリになります。

合図の音が止まったら手足を床に投げ出して、力を抜きます。

それを繰り返します。

アイスクリーム🍨・ソフトクリーム🍦になって溶けていくのを表現します。

だんだん溶けていくというのが難しいです。

子どもたちは壁に並びます。

マツダ先生が一人一人に「~ちゃん」「~くん」と名前を呼びながらテニスボールを渡していきます。

「ハアイ」と返事をしてボールを受け取ります。

ボールを返すときには「先生」と言いながらボールを転がします。

「先生」と言うこととボールを転がす2つの動作を同時にするのは難易度が高いようでした。

一人一人に丸ボードを好きな色を選んで取ってもらいます。

ボードをハンドルにしてドライブします。

小鳥さん・飛行機・トンボ・カラス…と言われたら、空を見上げます。

ライオン・新幹線・救急車・バイク…と言われたら床、下を見ます。

クジラ・イルカ・カニ・カメ…と言われたら海で泳ぐ仕草をします。

言われた言葉を理解して、上を見たり、下を見たり、海で泳いだりしました。

33_20190820151501 35_20190820151501 38_20190820151501 39_20190820151501 44_20190820151501 42_20190820151501 50_20190820151501 56_20190820151501 58_20190820151501 64_20190820151501 67_20190820151801  69_20190820151801 70_20190820151801 71_20190820151801  75 78_20190820151801 80_20190820151801

あおぐみの活動では…

♪トントントントンひげいじさんの手遊びをします。

「トントントントンはいくつあった?」とマツダ先生に尋ねられると数を数えて「4つ」と答えます。

トントントントンを5つにしたり、6つにしたりして手遊びをしました。

♪おともだちと こんにちはでウォーミングアップ。

近くにいるおともだちと2人組になってあいさつしたり、手合わせしたりします。

なかなかおともだちと2人組になれない場合、先生がピアノを弾いて待っています。

床にゴロンと寝転んで、手足を上げてバタバタバタバタ…ゴキブリになります。

合図がしたら床に手足を投げ出して、力を抜きます。

ソフトクリーム🍦になってだんだん溶けて床にへたり込んだり、カチコチに凍った氷がだんだん溶けていく様子を表現します。

とんぼになって飛び回ります。

曲が止まったら、片足で止まったり、壁にペタッとついて止まったりします。

2ひきずつ飛んで、曲が止まったら近くにいるお友だちの背中に止まります。

背中に止まられたお友だちは交代して、2匹で飛び回ります。

子どもたちに先生が「トンボで飛び回っている時にどんなことを考えて飛んでた?」と質問をしました。

「どこに止まろうかな」まだとんぼになっていないお友だちはいないか考えながら次はどこに止まろうかと考えながら飛ぶのです。

そうすると、みんながトンボになって飛ぶことが出来ます。

画用紙とペンが出てきました。

「画用紙にクモの糸を描きます」と言って、パーパーパーパーと言いながらクモの糸を先生が描き始めました。

コマかでち密なクモの糸が出来ました。

今度はテー―テー―テー―テー―と糸を長くひぱってクモの巣を描きました。

すると、さっきよりも大きいクモの糸出来ました。

2人の子どもたちにもマジックで画用紙にクモの巣を描いてもらいました。

子どもたちは空間にパーパーパーパーやテー―テー―テー―テー―と言いながらクモの糸を描きました。

歩きながら体でクモの糸を引っ張る表現をしたり、男の子・女の子に分かれてターターターターと歩いて行ってピタッと止まってクモの巣をつくる活動をしました。

年長児と年中児に分かれて丸を作り、座ります。

テニスボールを1つ「どうぞ」と言いながら回します。

集中していないとボールが回って来るのがわからず回すのが遅れてしまいます。

2つ入れて、「どうぞ」と言いながらボールを回していきました。

年長・年中みんな一緒になって丸になって座ります。

先ほどのテー―テー―テー―テー―の長さに合わせて隣のお友だちを飛ばして、次のおともだちに渡していくのにも挑戦しました。

肩をトントントントン叩きます。

合図がしたら反対向きでトントントントン叩いたり、ツンツンツンツン指でつついたり、シューッと背中をなでたりしました。

トンボやアイスクリーム、かき氷など季節の風物詩を踏まえたリトミックの活動を楽しめたと思います。✨

 

 

|

« そうめん流し(もも・あお) | トップページ | おにぎりの日(夏野菜を知ろう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そうめん流し(もも・あお) | トップページ | おにぎりの日(夏野菜を知ろう) »