« 郷土のお菓子作り(あおぐみ) | トップページ | 6月誕生会 »

2019年6月26日 (水)

リトミック5

久しぶりに小雨が降って、空はどんより曇っています。

リトミック5でした。🎶

3_20190626155301  6_20190626155301 8_20190626155301 14_20190626155301 32_20190626155301 21_20190626155301 24_20190626155301 30 34_20190626155301 37_20190626155301

ももぐみの活動では…

お父さん指 お母さん指 お兄さん指シュシュシュ…手遊びをしました。

♪むすんで ひらいて てを打って むすんで またひらいて 手を打って その手を 上に…

その手を上にしてキラキラお星さま、横にしてひこうきで飛び回ったり、ほっぺにグーでアンパンマン、目に当ててパンダ、手を後ろに電車、手を背中にしておじいちゃん・おばあちゃん…子どもたちからもいろんな意見が出ました。

それを表現しました。

♪むすんでひらいて の曲がなったらすぐに自分のシールの所へ帰ってむすんでひらいての手遊びをします。

一つの大きな丸になって座ります。

ねこ・きりん・ぞう・パンダ・カバ・リス・ウサギ…いろんな動物の鳴き声で返事をします。

鳴き声や動きの音がわからないのは×をします。

「~ちゃん」「~くん」「ハアイ」返事をしますが、マツダ先生が太鼓を持ってきたので、「ハ・ア・イ」と3回叩いて答えました。

♪おうまはみんなパッパカ走るパッパカ走るパッパカ走る…お馬さんになってギャロップで走ります。

最後にヒヒーンといななきます。

ピアノの鍵盤カードをマツダ先生が出しました。

「鍵盤カードを長ーく並べてピアノを作ろう」ということで、子どもたちに1枚、2・3・4枚どんどんつなげて並べて床にピアノをつk理ました。

子どもたちが鍵盤カードの横をピョンピョンピョンピョンと飛ぶのに合わせて、マツダ先生がピアノで音をつけていきました。

子どもたちは楽しんで鍵盤の横をピョンピョンピョンピョン飛んでいきました。

鍵盤カードをランダムに散らして並べます。

鍵盤カードに乗っていて、「カエルさんがピョーン」と言ったら、「ピョーン」の所で他の鍵盤カードにジャンプします。

繰り返します。

今度は床にフープを並べます。

「かえるさんがピョーン」ただランダムにジャンプするのではなく、「カエルさんが」の所は我慢することが大事です。

ピョーンピョーンとジャンプしていました。

絵本「ぴょーん」をピアノの音付きで読み聞かせてもらいました。

 41_20190626155801 46_20190626155801 48_20190626155801 5452_2019062615580157_2019062615580167_2019062615580171_2019062615580174_201906261558018087_20190626160201 88 91_20190626160201 93_20190626160201

あお ぐみの活動では…

お父さん指こんにちは お母さん指こんにちは お兄さん指こんにちは お姉さん指こんにちは 赤ちゃん指こんにちは…手遊びします。

ももぐみ同様、♪むすんでひらいて でいろんな動きをしました。

あおぐみの子どもたちからはおすもうさんやたぬきさん、帽子を被って、キツネで歩くなどバラエティーに富んだ意見が出ました。

それを表現したり、♪むすんでひらいて の曲がなったらその場で手遊びを始めました。

即時反応です。

♪お友だちとこんにちは でウォーミングアップ。

お尻とお尻をくっつけて歩いたり、2人で手をつないで、3人で手をつないで、4人で手をつないで、5人で手をつないで歩くなどやってみました。

「~人組」になる時、さっとその人数のグループになれずにいます。

遠いところまでお友だちを探しに行ったり、あの人は嫌、ここには入らないなど文句が出ていました。

「どうやったら~組にすぐになれるかな?」とマツダ先生に質問されると、「近くのお友だちと。」

4・5人組になって電車になって走ります。

ピアノの音をよく聞いていると、反対向きになる合図などわかって、子どもたちはすぐに反応していました。

フープを持って2人組になります。

フープの端と端をもって、ぎっこんばっこお舟漕ぎをします。

雨が降ってきたので、フープを傘にして雨宿り。

かみなりの音がドンとしたら、フープを離して、おへそに手を置いて隠します。

曲をよく聞いて、動きを繰り返します。

フープは床に置いて、曲に合わせて動きます。

ウサギになってピョンピョン飛ぶ(四分音符)・お馬になってギャロップ(付点四分音符)・タヌキになって歩く(四分音符)・ぞうになって歩く(二分音符)

ウマ・ウサギ・ゾウ・タヌキグループに分かれます。

曲が流れてきたグループの人は表現します。

それ以外の人たちは座ってみています。

何の曲が流れてくるかよーく聞いていないと表現が出来ません。

2つの動物が出てくることもありました。

マツダ先生をまねて“アブラハムの子”を踊ったり、“シンコペイテッドクロック”の曲に合わせて指を動かして曲を感じました。

体をいっぱい動かして表現したり、即時反応をしたり、動物になりきって表現したり、季節に合わせた表現をしたりしてリトミックを楽しんだと思います。💡

 

 

 

 

 

|

« 郷土のお菓子作り(あおぐみ) | トップページ | 6月誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 郷土のお菓子作り(あおぐみ) | トップページ | 6月誕生会 »