« 2019年1月 | トップページ

2019年2月 8日 (金)

リトミック19

このところ暖かい日が続いていたので、今日はいくぶん寒く感じます。

曇り空が広がっています。

リトミック19でした。note

19_619_819_1519_31

19_3419_3819_4219_45

19_5119_5219_5319_54

19_6319_6519_6619_76

ももぐみ
の活動では…

一つの丸になって座ります。

手を叩いて、ひざを叩くとき、自分の名前を言い、それを順々に回していきます。

だいぶリズミカルに名前が言えるようになってきました。

🎵コンコンクシャンのうた に出てくるリスさん・ツルさん・ブウちゃん・カバさん・ゾウさんのマスクをマツダ先生が作ってきていて、それを見て子どもたちはとっても喜んでいました。

🎵ひげじいさん の手遊び歌をしながら、歩きます。

いろんなお友だちと2人組になって手合わせをします。

2人組になって床に座り、お友だちと足の裏を合わせて、足を広げます。

テニスボールを渡されました。

自分たちの体の周りをグルッとテニスボールを転がして回します。

ボールを持ってそれをお友だちに渡したりしがちですが、ボールを転がしてボールの使い方を覚えます。

足を広げていたのを少しすぼめて、その間を「~ちゃん、~くん」と名前を呼んでそのお友だちにボールを転がします。

ボールをキャッチしたお友だちはボールを上に上げて「ハアイ」と返事をします。

「ハアイ」と返事をしたお友だちはボールを転がしたお友だちに「~ちゃん、~くん」と名前を呼んでボールを転がします。

それを繰り返します。

最初のうちはなかなかタイミングがつかめていない感じでしたが、だんだんリズムよくやり取りが出来るようになってきます。

1人で足を広げてテニスボールを床について、ボールをキャッチします。

あまり強くするとボールがいろんなところへ転がって行ってしまいます。

力をコントロールすることが大事です。

テニスボールを上に上げてキャッチするのにも挑戦しました。

ボールを手に持って、腕を上げて走り、体の部位を言われたらそこにボールをつけます。

頭・おでこ・鼻・耳(左右)・おなか・おしり…いろんな場所です。

2人や3人でボールをお互いピタッとくっつけて離れないようにゆっくり歩きます。

ボールを背中にくっつけて、おじいさん・おばあさんみたいに「よいしょ、よいしょ」と歩きます。

2月は節分がありました。

鬼や福の神、豆、金棒、恵方巻、イワシの絵が出てきました。

子どもたちは鬼のことを思い出したようです。

床に座ってまめ・まきずしと口で言いながら出てリズムを叩きます。

2チームに分かれてま・め(四分音符)とま・き・ず・し(八分音符)です。

豆の絵・巻きずしの絵が出ている時には言葉のリズムを口で言いながら手で叩き、鬼が出て来たら、パンチをします。

絵を見ていること、そして自分が豆・まきずしどっちのチームで手を叩くのか、鬼が出て来たらパンチすると判断しないといけません。

子どもたちはゆく見て、集中していました。

赤・白・黄・青のボードが出てきました。

前回やったように「男の子白、女の子赤」というように言われた色を1枚ずつ取っていきます。

今回は「どうやったらボードがグジャグジャにならないでサッと取れるかな?」と子どもたちに考えもらいます。

「?」「一枚ずつ取る」…「順番に取る」という意見が出てきました。

順番に取るにはどうしたらいいのか?どうしても横から、前から行ってしまう子がいます。

ボードを赤・白・黄の順番に並べて、赤・白・黄と赤・白を口で言いながらボードを叩きました。

19_8119_8319_8219_85

19_9719_11119_11719_122

19_12619_12719_13019_132

19_13719_14219_15119_162

あおぐみ
活動では…

節分にちなみ鬼・豆・金棒・巻きずし・イワシの絵が出てきました。

あおぐみではまめ8四分音符)・巻きずし(八分音符)・金棒(八分音符と四分音符)3つのグループに分かれて、口で言いながらリズムを叩きます。

グループの絵が出ている時には口で言葉を言いながら、手でリズムを叩きます。

絵が出ていない時にはしません。

同時に2つ、3つ絵が出ていることもあります。

他のグループのリズムにつられないようにします。

鬼が出てくる音がしたら、「鬼は外、福は内」と言って豆を投げます。

絵を見て、音を聞いて判断して、自分が何をするのか反応します。

🎵おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

手合わせ・ぎっこんばっこん・ユラユラユラユラお山誰とやったか覚えておいて、曲を聞いて反応します。

2人組になってボールを渡されました。

足を開いて、お友だちと足の裏をくっつけます。

2人で協力してボールを自分の体の周りを転がします。

合図がしたら反対回しでボールを転がします。

「~ちゃん、~くん」と名前を呼んでボールを転がし、相手はボールを受け取って「ハアイ」と返事をしてボールを上にあげます。

2人の距離をだんだん遠くして、ボールを転がす距離を長くします。

ボールを投げて取ってとついてとってもしました。

自分がとれる力でやらなくてはボールはいろんなことへ転がっていきます。

ボールコントロールを身につけます。

ボールを3人組・6人組・みんなでくっつけて、離れないように歩きます。

特にみんなでボールをくっつけるのをどうしたらいいのか?考えます。

マツダ先生がボールを床についたら拍手をして、ボールが弾んでいる間は床につくときに手を叩き、ボールが転がったら、自分たちも寝転びます。

よーくボールを見てい手を叩き、、判断する必要があります。

赤・白・黄・青のボードが出てきました。

ももぐみ同様、「どうやったらボードがぐちゃぐちゃならないで、サッとボードがとれるかな?」といけません子どもたちに聞いてみます。

「優しく取る、ゆっくり取る…」という意見が上がりました。

「順番に取る」という意見が出ました。

更に「並ぶ」という意見も出ました。

あおぐみの子どもたちですね。

ボードで赤・白・黄・青、1・2・3・4 赤・白・黄、1・2・3、赤・白、1・2を口で言いながらボードを叩きます。

年長・年中の子どもたちそれぞれ丸になります。

🎵ゴンべさんの赤ちゃんが風邪ひいた のフレーズでプレゼントをお友だちに届けます。

最後の「ひいた」の「た」の所でお友だちにプレゼントを渡します。

そして、渡されたお友だちは違うお友だちにプレゼントを渡しに行きます。

ボールやボードを使って様々な活動をして、コントロールすることやリズム、拍を感じることが出来たと思います。flair

| | コメント (0)

2019年2月 7日 (木)

消防訓練(いちき串木野市消防署)

曇り空ですが、とても暖かい日です。

消防訓練を行いました。happy01

子どもたちは体操・マラソンをして園庭で遊んでいます。

「調理室から火事だー」と口々に伝わり、子どもたちは避難場所へサッと集まります。

消防署からはカシマさん・ジクヤさん・カワグチさんが保育園に来園されました。

Img_8319Img_8321Img_8324Img_8327

Img_8331Img_8336Img_8337Img_8338

子どもたちに「ちゃんと避難出来ましたね。みんなは先生たちの言うことを聞くことがとても大事です。お・か・し・もは知っていますか?おは押さない・かはかけない・しはしゃべらない・もはもどらない。火事が起こった時には押したり、走ったり、しゃべったり、部屋に戻ったりしません。火事では煙が出るから持っていたら鼻と口をハンカチで押さえてけむりを吸わないようにする。みんなは帽子を被ってるから帽子を口と鼻にあてるといいです。みんなは火事をみつけたら大人に大きな声で“火事だー”と教えてください。」話をしてくださいました。

保育者には消火器の使い方、どのように消火をするかを教えてくださいました。

実際の消火器には粉が入っていて、噴射すると煙が充満するので、必ず避難経路を確保して消火にあたることが大事ということでした。

先生たちが水消火器で消火訓練を行いました。

Img_8342Img_8344Img_8353Img_8359

Img_8346Img_8355Img_8361Img_8365

Img_8370Img_8375Img_8376Img_8379

子どもたちは消防署の方が乗ってきた救急車の見学をさせてもらいました。

救急車の中に入らせてもらいました。

いろんな装備があり、子どもたちは興味津々で見ていました。

酸素ボンベやストレッチャー…あおぐみのこどもたちは階段を降りる際に乗るいすにのせてもらいました。

「ありがとうございました」とお礼を言って、園庭に入りました。

こどもたちは名残惜しそうに救急車を見送っていました。flair

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

節分(鬼退治)



朝は冷え込みましたが、日が昇ってきてポカポカ陽気になりました。sun

春が近づいてきています。confident

節分の豆まきをしました。👹

2月2日ですが、明日は日曜日なので前倒しです。

各クラスでは節分についてお話を聞いたり、お面や豆入れを作って今日を迎えました。

「鬼が来るんだよね?」という声も聞かれました。

体操の時も、「心の中の鬼を追い払う。怒りんぼ鬼や言うこと聞かない鬼」という声も聞かれました。

「鬼は外、福は内」と豆を投げる練習もしました。

Cimg5145Cimg5147Dsc00668Dsc00670

Cimg8691Cimg8693Cimg8694Cimg8692

Cimg8593Cimg8595Cimg8596Cimg8592

子どもたちは自分たちで作ったお面と豆入れを持って、鬼が来るのを待っていました。

「ダン、ダン…」床を踏みしめる音がします。

ガラガラガラガラッとドアを開けると鬼が部屋に入ってきます。

Cimg5155Cimg5149Dsc00682Dsc00687

Dsc00690Cimg8698Cimg8699Cimg8700

Cimg8703Cimg8613Cimg8618Cimg8636

「鬼は外、福は内」と言って豆を投げますというところですが、怖くてなかなか豆が投げられません。

鬼に追いかけられると、子どもたちは逃げていきます。

「おうちの人や先生の言うことを聞きます。」「野菜をちゃんと食べます」「お友だちと仲良くします」…

子どもたちは鬼と約束をしていました。

「約束するか?」と鬼に言われると、「ハイ!」と大きな声で返事をしていました。

鬼が去って行ったあと、子どもたちは豆を食べたりして過ごしました。

心の鬼もやっつけて、すっきりした気持ちで春を迎えられると思います。happy01good

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ