« みかん狩り | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »

2018年11月 9日 (金)

リトミック14

久々に夜中雨が降りましたが、日中は日が射しました。cloudsun

リトミック14でした。note

ももぐみの活動では…

35815

18192228

37405471

大きな1つの丸を作ります。

床に座って、「トントンパ」トントンで手を2回叩いて、パは腕を上に広げて上げます。

口で「トントンパ」と言いながら、動きます。

立ち上がって、「トントンパ」手を叩いて、パは大きく腕を上げて、足も踏み出して全身を使って表現します。

「トトトトパ」手を4回叩いて、腕を上げて表現します。

曲に合わせて歩く、曲が止まったら自分たちも止まる。

曲に合わせて走る、合図の音で反対方向にクルッ向く、曲を聞き分けて1列に並んでトントン前、合図でしゃがむ、ゴロゴロゴロゴロ床を転がる、音に合わせてだんだん高くなるを表現しました。(即時反応)

子どもたちは以前やったことをよく覚えていて、音に反応していました。

2人組になります。

トンパチン 手合わせしたり、フープを持ってお散歩する(フープを持ったままお馬さんもしていました)フープを持って上下上下(四分音符)、ユーラユーラ(二分音符)、フープを床に置いて周りを走る(八分音符)曲を聞き分けて、活動します。

フープで汽車ポッポもしました。

マツダ先生から名前を呼ばれた子が指定された色の丸ボードに立ちます。

「曲げて」「伸びて」曲と音の高低を聞き分けて、判断して動きます。

以前やったことを覚えている子が多く、反応していました。

2人組になります。

・ユラユラユラユラお山・ぎっこんばっこ・ひざひざパンパン(膝を2回叩いて、パンパンはお友だちを2回手を合わせる)・ゆっくり歩いて、曲が聞こえて来たらお友だちとひざひざパンパンをする

曲を聞き分けて活動しました。

ひもを1本ずつ子どもたちに渡されました。

ひもでトントンパ(トントンの時にはひもを2回好きなように動かす。パの時にはピーンとひもを引っ張る)

トトトトパではトトトトで4回ひもを好きなように動かして、パでひもをピーンと引っ張りました。

ひもをピーンと引っ張るのが難しい子もいました。

ピーンとひもを引っ張るのがうまくできている子に見本を見せてもらいました。

絵本「だ・る・ま・さ・ん・が」を読み聞かせてもらって、マツダ先生が動きを音で(ラッパやウッドブロック、ホイッスルなど)表現して、子どもたちはとっても興味深く見ていました。

74767778

8694110112

124132146147

あおぐみ
の活動では…

🎵おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

歩いたり、スキップしたりします。

2人組を作るときになかなかお友だちを見つけられない子がいます。

マツダ先生が「ピアノの曲がゆっくりになったら何か困ったことが起こっているということだからね。」と子どもたちに話をします。

曲がゆっくりになります。

お友だちと2人組になれないとか、あるいは違う表現をしたりしている子がいたりします。

子どもたちがピアノの曲に気づき、周りがどうなっているいるのかに気づくのを待ちます。

「ピアノの音が止まったら、先生が話をするということだからね。」と先生が子どもたちに話しました。

ピアノの音が止まって、まだ話をしている子がいます。

それに気づいた子が「ピアノが止まったから先生がお話をするんだからシー」とみんなに声をかけました。

1人2本ずつスティックを渡されました。

先生がするのを見てから、子どもたちが真似をしてリズムを打ちます。

「トンパチパチ」トンで床を1回スティックで叩く、パチパチで自分が持っているスティックを2回叩く。

先生がやり終わるのを待てずにやり始める子がいます。

最後まで先生がやっているのを見てから、自分でスティックを叩きます。

2人組になります。

「トンパチパチ」トンで床を1回スティックで叩いて、パチパチはお友だちのスティックを2回叩く。(叩くのを受ける人と叩く人と。途中で交代する。)

1つの大きな丸になります。

一人でトンパチパチをスティックで叩く。

みんなでトンパチパチ、隣の人のスティックを叩いて、みんなでつながりました。

5つのグループに分かれて、赤・青・黄・オレンジ・ピンクのスカーフを一人ずつ渡されました。

腰にスカーフをまきます。

「セブンステップス」の歌に合わせて1・2・3・4・5・6・7(7の時はポーズをする)1・2・3・4・5・6・7(7はポーズ)1・2・3(3の時はポーズ)1・2・3(3の時はポーズ)1・2・3・4・5・6・7(7はポーズ)

ポーズ以外の時は歩きます。

ポーズの時には止まって、自分の好きなポーズをします。

みんなでやってみます。

何回か練習を繰り返すうちに、コツがわかってきたようです。

歩く時には拍に合わせてきっちり歩く。

ポーズの時にはピシッと止まってポーズをする。

このメリハリが大事です。

ダラダラ歩いて、止まるときも止まったか止まらないかわからず、ポーズもあやふやな子が見られました。

腰に巻いたスカーフの色を呼ばれたら動く(それ以外の子は止まって手を叩く)もやってみました。

7人グループになります。

2つグループが出来ました。

子どもたちは自分たちが並んでいる番号を理解します。

「セブンステップス」の曲に合わせて1・2・3・4・5・6・7、1・2・3・4・5・6・7、1・2・3、1・2・3、1・2・3・4・5・6・7自分の番号の時に手を叩きます。

一人一人が曲のリズムを刻みます。

だから、自分の番号をわかっていないと、(自分はそこで手を叩くと言うことを)曲が流れません。

1だった人は7の場所へ行き、2だった人が1になり、それぞれ番号が1つずつ繰り上がってすべての番号を体験しました)

子どもたちが自分たちで考えて、次は自分は何番でどうするということを予測して動くことがとても大事です。

何回か繰り返しているうちに子どもたちは自分で自分の番号を手を叩くということに意識が出来て、出来たという達成感を持てていました。

フラフープや丸ボード、ひも、スカーフ、スティックなど様々な道具を使っていろんな活動を行って、リトミックを楽しめたと思います。flair

|

« みかん狩り | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みかん狩り | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »