« 赤シソをちぎる(あおぐみ) | トップページ | 郷土のお菓子作り(あおぐみ) »

2018年6月19日 (火)

赤シソをつける(あおぐみ)

雨が降ったり、やんだりしています。cloudrain

午前中子どもたちにちぎってもらった赤しその葉を洗って、水につけておき、水から取り上げて干しておきました。

3時のおやつを食べ終わった後、赤しそを塩でもんでアクを出し、梅酢につけて赤色の色を出しました。

この作業はさすがに保育者が行いました。

塩でもむと赤シソの葉は見る見るうちに小さくなって、ボールいっぱいに入れた赤シソが手のひらに乗るくらいのサイズになります。

塩でもんだ赤シソに梅酢を入れると真っ赤な色に染まります。

それを見ていた子どもたちは「うわぁー、マジックみたい。梅ってすごい力だね。」と言っていました。

13621

引き上げた梅を樽に戻して、梅・赤シソの順に敷き詰めていきます。

赤シソに入れた梅酢も入れます。

敷き詰めた後は塩漬けにしたときに出た梅酢を注ぎ入れます。

後、1か月くらいつけます。

土用の時期、一年で一番太陽の日差しが強いときに3日間ほど梅を干して梅干しが出来上がります。flair

|

« 赤シソをちぎる(あおぐみ) | トップページ | 郷土のお菓子作り(あおぐみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤シソをちぎる(あおぐみ) | トップページ | 郷土のお菓子作り(あおぐみ) »