« 5月誕生会 | トップページ | おにぎりの日(食べ物の大切さを知ろう) »

2018年5月25日 (金)

リトミック3

お天気はだんだん下り坂になってきそうです。

リトミック3でした。

ももぐみの活動では…

561520

23322835

41717890

95101104105

一人ずつ椅子に座りました。

🎵てんぐの鼻は長いぞ おっとっとっと…どれくらい

子どもたちはマツダ先生の真似をして、表現します。

ひよこの体は小さいぞ…コアラのおなかは大きいぞ…ありやタヌキ、ゾウなども出てきました。

「先生がパンと手を叩いたら、みんなはすぐに立ってね。」

手を叩いて、すぐに立ちあがる子もいます。

「すごーい、よく聴いてたね」と先生が子どもを褒めます。

手を叩く音がしたら、すぐに立ちます。

座るのもやってみました。

立ったり、座ったりします。

立ったら、ポーズもしてみました。

前後2人組になって、🎵一本橋コチョコチョ 叩いてつまんで 階段上って コチョコチョコチョコチョをしました。

手をブラブラブラ…させて、ウサギと言われたら、お耳を長くして、ウサギさんになります。

ブラブラブラブラぞうさんのお鼻、キリンさんの首など表現します。

だんだん高くなって、動物を表現します。

🎵ちょうちょ の曲に合わせて羽根をヒラヒラさせて飛び回ります。

ちょうちょの見本を見せてくれるお友だちが飛び回って、みんなも飛び回りました。

2人組になって歩きます。

合図の音がしたら反対方向へ変わります。

一人で歩いて、曲が流れている時には歩く、曲が止まったら子どもたちも止まります。

合図の音でしゃがんだり、だんだん高く伸びて、急にしゃがんだりしました。

床にゴロゴロ転がったりしました。(曲が止まったら止まる)

マツダ先生が「だるまさんって知ってる?」と子どもたちに質問します。

イメージ出来ている感じもしますが、コロッと転がるところまではイメージできていなかったようです。

マツダ先生がだるまさんになって、Hくんに押してもらいました。

すると、揺れてコロコロします。

これで子どもたちもイメージがわいたようでした。

絵本「かおかおどんなかお」を読み聞かせてもらいました。

笑った顔・泣いた顔・困った顔・意地悪な顔…いろんな表情の顔が出てきました。

子どもたちも自分もその顔をして、楽しんでいました。

🎵だるまさんだるまさんにらめっこしましょ わらうとまけよ あっぷっぷ

先生と子どもたちがにらめっこをします。

子どもたちはとっても面白い顔をしていました。

前回も出てきた“あおむしくん”

🎵いもむしごーろごろ ひょうたんぼっくりこ ピタッ この“ピタッ”でお友だちの背中にピタッくっつきます。

そうやって、どんどん人数が増えていきます。

子どもたちみんながピタッとくっつき、長ーい、いもむしさんが出来ました。

床にしゃがんで、つながったままで歩いてみました。

2人組になります。

トントントントントン手合わせをします。

曲が止まったら、相手の手と自分の手をピタッとくっつけます。

違う2人組になって、手合わせをします。

今度は正面に立って両手をつないで、曲に合わせてグルグル回ります。

合図の音がしたら、反対回りに回りました。

110113118135

137139145148

141153156161

164165167170

あおぐみ
の活動では…

ブラブラブラ…パー、グー、チョキなどマツダ先生をよく見ていて、真似をします。

見ていないと、違うことをしてしまいます。

一緒だと思っていたら、頭に手を置いたり、フェイントがあります。

🎵お友だちと こんにちは でウォーミングアップ。

2人組になった人と🎵いっぽん橋コチョコチョをします。

マツダ先生から「今、何人のお友だちとペアになったかな?」と子どもたちに質問されました。

「???」「一人?」「二人?」「三人?」「四人?」子どもたちは考えています。

何人だったか(一人?二人?三人?四人?)手を挙げてもらいました。

あんまりピンと来ていないようだったので、「誰とペアになったかな?」と一人の子に聴いて、誰と誰と誰と目に見えるようにしてもらいました。

そうやって検証したところ、「3人だった!」と分かったようでした。

2人組になります。

先生から“前”と言って頭をなでられた人が前になって、後ろの人が肩に手を置いて電車になります。

曲をよく聞いて、どんな調子で歩いたら、走ったらよいか考えて表現します。

後の人は手を離さないようにして、ついていきます。

合図の音がしたら、前と後が交代します。(クルッと回って、前後入れ替わります)

そして、電車で歩いたり、走ったりします。

その間、合図を聴いて前後入れ替わったり、電車のスピードをあげたり、落としたりします。

今までは肩に手を置いていましたが、肩に手は置かずに(体のどこにも触れずに)前の人に後ろの人がついていきます。

合図の音がしたら前後入れ替わります。

曲や合図を聴いて、自分が何をするのか考えて(判断して)、自分をコントロールしていく力を身につけます。

大きな丸になります。

「みなさん」「はあい」ミレミなので、腕を上・下・上にします。

「こんにちは」「こんにちは」はミミミミミなので、腕は上のままです。

音の聞き分けです。

子どもたちは「みなさん」「ハアイ」は聞き分けられるようでしたが、「こんにちは」「こんにちは」が入ってくると、混乱しているようでした。

曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら、合図の音で大きな木になったり、小さな木になったりします。

風が吹いて木が揺れたり、嵐が来てゴーッと揺れたりします。

絵本「ちくわのわーさん」を読み聞かせしてもらいました。

わーさんはこいのぼりの仲間になろうとしてみたり、ドーナツになろうとしてみたり、海苔巻きになろうとしてみたりするのですが、どうもしっくりきません。

最後には自分が必要とされている場所へ帰りました。(それははたしてどこでしょう?)

隣の人とくっつくくらいの距離で丸を作ります。

左手を出して、それは餌箱(小鳥が突っつく)。

右手は小鳥のくちばしです。

お友だちの左手を右手のくちばしで突っついて、餌をついばみます。

“反対”と言われたら右手が餌箱で左手がくちばしになります。

難しかったようです。

2人組・3人組・4人組になって、1・2、1・2・3、1・2・3・4で手合わせをしました。

子どもたちにトンパチン・トンパチパチ・トンパチパチパチの手合わせをどうやったいいか考えてもらいました。

最後に“だるまさんがころんだ”のゲームをしました。

“だるまさんがころんだ”と言っている時に動き、進みますが、振り返っている時や黙っている時には進んだり、動いたりしません。

ルールに沿って、自分をコントロールする力を養います。

待ったり、我慢したりする力が必要ですね。

最後のあいさつの時に、すぐに動いたり、違うことをしたりする子がいたので、じっと動かないで立って待つ時間を作りました。

楽しい活動の中に、ルールある活動やゲームを取り入れて、子どもたちの力をつけていきたいと思います。

|

« 5月誕生会 | トップページ | おにぎりの日(食べ物の大切さを知ろう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月誕生会 | トップページ | おにぎりの日(食べ物の大切さを知ろう) »