« 親子ふれあい会 | トップページ | 梅の塩漬け(あおぐみ) »

2018年5月11日 (金)

リトミック2

朝方は肌寒かったですが、日が高くなるにつれて気温が上がってきました。

リトミック2でした。

3479

13162228

31394352

60668586

ももぐみ
の活動では…

手をブラブラさせます。

言われた体の部位(頭・おなか・背中など)触ります。

🎵てんぐの鼻はでっかいぞおっとっと、おっとっと、どれくらい長ーい。

ぞうさんの耳・キリンの首・おさるさんの手・リス(ちっちゃい)、アリの口・ねずみのしっぽなどで大きい・小さいを感じます。

子どもたちは1つの大きな丸になります。

🎵ちいさくなって こんにちは おおきくなって こんにちは…丸が大きくなったり、小さくなったりします。

その時、歌を歌うときにも小さくなる時には声も小さく、大きくなる時には声も大きく歌います。

前回も読んでもらった絵本「おおきい ちいさい」。

読んでもらうだけではなく、絵や文字の大きさや小ささなどを見て、身体表現しました。

スピードを上げて大きくなったり、小さくなったりします。

マツダ先生が弾くピアノの音を聴いて、小さい・大きい・急に小さく・だんだん大きくなど表現しました。

床にゴロゴロ転がって、(反対方向なども)合図の音を聞いて、だんだん大きく・急にしゃがんだりしました。

再び大きな丸になります。

先生から「~ちゃん、~くん」と名前を呼ばれたら、「ハアイ」と返事をします。

マツダ先生はタンバリンより大きなタイコを持ってこられました。

「~ちゃん、~くん」と名前を呼ばれたら、太鼓を「ハアイ」と言って叩きます。

タイコを叩くのは思い思いです。

一巡すると、今度は「先生が太鼓を弱く叩いたら、弱く叩いて。太鼓を強く叩いたら、強く叩いて。」と注文がありました。

子どもたちは叩くのに夢中で、強弱まではちょっと難しそうでした。

スカーフをお隣りのお友だちへ回して、みんなにいきわたるようにします。

🎵こいのぼり の曲に合わせて、歩いたり、走ったりして曲が止まったら、子どもたちも止まります。

合図の音で、スカーフをユーラユーラ揺らしたり、だんだん高く、急にしゃがんだりします。

手の中にスカーフを見えないように丸めて、パーッと言ったら、一斉に手を開きます。

そうすると、きれいなお花が出来ています。

フープを部屋全体に並べます。

曲に合わせてフープの中に入らないようにして、歩きます。

合図の音がしたら、自分が入るおうち(フープの)を探します。

“1匹チュウ”と言ったら、フープのおうちへ入ります。

曲に合わせて歩きます。

2人組で、手をつないで一つのおうちに入ります。

“2匹チュウ”と言ったら、2人一緒にピョンとフープのおうちに入ります。

3人組になります。

“3匹チュウ”と言ったら、フープのおうちに3人でピョンと入ります。

一人で歩きます。

ピアノの音が歩いてと言っているのか、走ってと言っているのかよーくお耳で聞き分けます。

曲が止まって、合図の音が聞こえて来たら、2人でトンパチンと手合わせをします。

一人のお友だちがもう一人のお友だちの肩をトントントントン叩きます。

それを繰り返します。

子どもたちはよーく耳を傾けて、聴いていました。

ウサギさん・ゾウさん・リスさん・おさるさんを表現しました。

絵本「ころころころ」を読み聞かせてもらいました。

普通の道や上り坂、下り坂、がたがた道、雲の道など色玉が様々なところを“ころころころ”ところがっていきました。

9293101104

107112121128

139140142143

148150155157

162166176178

あおぐみ
の活動では…

手をブラブラブラブラさせます。

小さく・大きく様々な調子で手をブラブラさせます。

マツダ先生は頭を肩を抑えているのですが、口では「口と鼻」と言っています。

言われたところの部位をおさえます。

よーく聴いていないと出来ません。

トントントントン膝を叩きます。

🎵おともだちと こんにちはでウォーミングアップ。

2人組になってあいさつしたり、手合わせしたりします。

1つの大きな丸を作ります。

「みなさん」「ハアイ」返事をします。

「みなさん」はミレミと真ん中が1音下がり、最初の音に戻ります。(ソファソやラソラドシドなども)

「こんにちは」「こんにちは」はソソソー(ミミミー・ドドド―)など1音で推移します。

その聞き分けを子どもたちにしてもらいます。

最初はちょっと聞き分けるのが難しそうでしたが、だんだんわかってきたようで、聞き分けられるようになってきました。

お馬さんでギャロップをします。

2人組になってトンパチン手合わせをします。

ペアはギャロップを挟んで変わります。

1つの大きな丸になって、スカーフを隣の人に渡します。

“どうぞどうぞ”で回すのですが、リズムに乗っていなくて早くなったり、つまってしまったりしてスカーフがどんどんたまったり、なかったりします。

スカーフを一枚ずつもらって、🎵こいのぼり の曲に合わせて歩いたり、走ったりしてこいのぼりを泳がせます。

合図の音でグルグル回ったり、こいのぼりが落ちたり、しゃがんだりします。

スカーフを広げて顔にかけます。

「何のつもりでスカーフをかけたの?」と子どもたちに聴くと、「お嫁さん、クラゲ」など返ってきました。

それを言ったお友だちにスカーフをかぶって、みんなの前で表現してもらいました。

クラゲやおばけをみんなで表現しました。

🎵こいのぼり の曲を歌いながら、手拍子します。

1・2・3と言いながら、手拍子をして、特に1は強く叩きます。

次は1だけを叩いて、2・3は叩きません。

赤・白・黄・青色のボードを1枚ずつもらいます。

青色のボードは座布団にして座ります。

赤・白・黄を1・2・3と言いながら、🎵こいのぼり の曲に合わせて赤・白・黄のボードを叩きます。(3拍子)

赤・白を1・2と言いながら、🎵きらきら星の曲に合わせて赤・白のボードを叩きます。(2拍子)

座布団にしていた青いボードを赤・白・黄・青4枚並べます。

赤・白・黄・青、1・2・3・4と言いながら🎵きらきら星の曲に合わせて赤・白・黄・青のボードを叩きます。

3と言われたら赤・白・黄まで。

2と言われたら赤・白まで。

4と言われたら赤・白・黄・青すべてのボードを叩きます。

ボードを片付けて、1枚だけ自分の手元に置きます。

ボードを頭に乗せて、落とさないように歩きます。

ボードは軽いので、落ちやすく、ゆーっくり歩かないと落ちてしまいます。

子どもたちはテンションが高いのか、「キャー!!」とか「落ちる―」とか言いながら歩きます。

緊張して歩いていると、しゃべったり、声が出ないはずですが…。

なかなかおしゃべりの声が止まりません。

ボードを両手で持って、曲に合わせて走ります。

曲が止まったら、大きなポーズをして、止まります。

絵本「あーといってよあー」の読み聞かせをしてもらいました。

季節の活動や音の聞き分け、絵本の読み聞かせや内容を表現をしたりして、楽しいリトミックが出来たと思います。

|

« 親子ふれあい会 | トップページ | 梅の塩漬け(あおぐみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親子ふれあい会 | トップページ | 梅の塩漬け(あおぐみ) »