« 4月誕生会 | トップページ | リトミック2 »

2018年4月28日 (土)

親子ふれあい会

5月を目前に、新緑が美しい時期を迎えました。

親子ふれあい会を行いました。

36919
8389102116
1233347131

子どもたちもお父さん、お母さんとカレーを作るのを楽しみにしていました。

朝早くから、野菜を洗ったり、皮をむいたりするのを手伝ってくださったご家庭が多々ありました。

9時前より、栄養士のナカムラ先生より、切り方の説明がありました。

小さな子どもたちも食べるので、野菜も小さく切ります。

ニンジン・ジャガイモ・タマネギを切ってもらい、リンゴとニンニクもすりおろしてもらいました。

153158170185

184182187189

9時20分過ぎには園庭に出て、体操・かけっこをしました。

子どもたちはおさんぽへ出かけたり、部屋で過ごしたりました。

保護者のみなさんには食育講演会を聴いていただきました。

190191199200

「食べものにはドラマがある~心を育む食と農」のテーマで千葉しのぶ先生にお話していただきました。

千葉先生は鹿児島女子短期大学生活科学科講師、NPO法人霧島食育研究会理事長をされています。

食に関する日本が置かれている現状を話されたり、霧島食育研究会で取り組んでいる活動について話をしてくださいました。

食は生きること。その大事なことを日本は食べるという大事なことを外国にゆだねているということを痛感させられました。

幸い、私たちが住む鹿児島は食材も豊富で、農業県でもあります。

しかし、農業に携わっている人々の多くが60歳代以上の方で、あと10年後を考えるとますます食べ物を作ったり、収穫する人は減少するのです。

郷土の料理や食べ物、食生活を少しでも子どもたちに伝えていきたいと先生は話されました。

料理を作ってくれたお母さん、おばあちゃん、お父さんのことを何十年たっても覚えている方々のお話も出てきました。

家族が作ってくれた食事・食べ物は子どもにとって本当に大事なものだと感じました。

「ご飯を作るのがめんどくさいと言わないで。子どもは大人が作ってくれた食べ物を食べないと生きていけないから。ご飯を作るのが面倒と言うことは子どもを育てるのも面倒と言うことではないですか?」とっても重い言葉だと思います。

豪華な食事じゃなくて、ご飯とお味噌汁だけでもいいから、楽しく食事をしてくださいとおっしゃっていました。

カレーが出来上がったので、親子で食べました。

子どもたちもカレーをお代わりして、たくさん食べていました。

親子で野菜を切ったり、遊んだり、一緒にカレーを食べたりしてとっても楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。

|

« 4月誕生会 | トップページ | リトミック2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月誕生会 | トップページ | リトミック2 »