« ペットボトルピザ(あおぐみ) | トップページ | 3月誕生会・お別れ会食 »

2018年3月14日 (水)

交通安全教室(県警ひまわり号)

穏やかな暖かい日です。

鹿児島県警のひまわり号が保育園へやってきました。

子どもたちは「ゼンちゃん来るかな?」ととっても楽しみにしていました。

子どもたちが体操・マラソンをしている様子をお巡りさんが見ていらっしゃいました。

部屋に入って、準備をします。

ナツコお姉さんは絵がとっても上手で、アンパンマンや食パンマンなどホワイトボードに書いて、子どもたちに見せてくださいました。

Img_6149Img_6151Img_6154Img_6155

Img_6156Img_6157Img_6169Img_6170

Img_6173Img_6174Img_6175Img_6177

Img_6178Img_6184Img_6186Img_6194

Img_6202Img_6206Img_6209Img_6211

交通安全教室は「一つしかない大切な命を交通事故から守るとっても大事なお勉強。だから交通ルールをみんなで学びましょう。」とお話されました。

ゼンちゃんは浜ヶ城保育園のおともだちに会いたくて、朝5時から起きていたそうです。

早く起きたので、眠くなってひまわり号の中で眠っているようです。

みんなが「ゼンちゃーん」と大きな声で呼ぶと、「はぁーい」と返事をして登場しました。

ゼンちゃんはシートベルトをするのが嫌で、車に乗ってベルトをしていなかったら、お父さんが急ブレーキをかけて、頭を打って怪我をしたそうです。

ゼンちゃんは「僕は交通安全のゼンちゃん。交通安全のお勉強をしに来たよ。」と自己紹介をしてくれました。ゼンちゃんは5歳で、お姉さんたちと一緒の警察官の制服を着ていました。

ゼンちゃんとは交通ルールの3つのお約束をしました。

①道路に急に飛び出さない。

②道路(駐車場も含む)で絶対遊ばない。

③車に乗るときはシートベルトカッチン。

ゼンちゃんのしぐさやお話に子どもたちはとっても喜んでいました。

そして、大事なことを学びました。

後はサチお姉さんとナツミお姉さんと交通ルールについて学びました。

道路で白線がある時、歩道があるとき・白線も歩道もない場合にどこを歩いたらよいかや横断歩道を渡るとき、どこに待っていたらよいか、またどうしてそこに止まるのかなどを子どもたちに考えさせながら話を進めていきました。

車はどこから来るかわかりません。

よそ見をしているかもしれません。

横断歩道の際に立っていたら、車がすれすれに通って、ぶつかってしまうかもしれません。

いろいろなことを考えないといけません。

年長児の子どもたちが横断歩道の渡り方を実際にしてみました。

1・2・1・2トントンとーまれで横断歩道の一歩手前で止まります。

右手を高く上げて自分の存在を運転手に伝えます。

右見て、左見て、右見てそして半分までは右を見ながら、半分は左を見ながら渡ります。

そして、横断歩道を渡り終わったら、運転手さんに待っていて「ありがとうごございました」とあいさつをします。

子どもたちは横断歩道を確認しながら歩きました。

4月からは小学校へ歩いていきます。

交通ルールをよく守りましょう。

一つしかない命を守りましょう。

最後にゼンちゃんとした3つのお約束をみんなで確認しました。

|

« ペットボトルピザ(あおぐみ) | トップページ | 3月誕生会・お別れ会食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペットボトルピザ(あおぐみ) | トップページ | 3月誕生会・お別れ会食 »