« ひなまつり会(桃の節句) | トップページ | お別れ遠足(かもめ公園・新開公園) »

2018年3月 9日 (金)

リトミック21

昨日はすごい雨でしたね。

一転、春らしい日差しが輝く日になりました。

リトミック21でした。

ももあおぐみ合同で行いました。

Cimg2820Cimg2821Cimg2826Cimg2862

Cimg2864Cimg2839Cimg2848Cimg2852

Cimg2853Cimg2870Cimg2873Cimg2880

Cimg2861Cimg2865Cimg2866Cimg2889

Cimg2890Cimg2891Cimg2892Cimg2895

絵本「あるひ はるがきていました」を読み聞かせ。

春は身近なところで感じられますね。

みんなで一つの大きな丸を作って🎵小さくなってこんにちは大きくなってこんにちは…あいさつしました。

即時反応の活動。

🎵はるがきた の曲が流れている時には歩く、曲が止まったら自分たちも止まる。

合図の音でキラキラしたり、急にしゃがんだり、だんだん高くなったり、氷になってだんだん溶ける表現をします。

ももぐみさんだけ合図の音で立ちましょう、立ちません、座りましょう、座りませんをやってみました。

合図の音で反対方向へ進むやダンゴムシが丸まって転がったり、手足をバタバタさせて床に手足を投げ出したりします。

ちょうちょが飛ぶ様子やクマが歩く表現もしました。

はちべえさんとじゅうべえさん の手遊びをしました。

子どもたちは覚えている子が多く、楽しんでやっていました。

あおぐみの年長児2人にはちべえさんとじゅうべえさんになってもらって、演技してもらいました。

とっても上手で、その様子をみて子どもたちは笑っていました。

🎵きらきら星 で歩く(四分音符)・かけあし(八分音符)・ゆっくり歩く(二分音符)をやってみます。

あおぐみの子どもたちは足は歩いて、手も叩きながら、口でリズム唱を言いながら行うので、ももぐみの子どもたちに真似をしてやってもらいました。

足は二分音符で歩く、手は四分音符叩く。足は四分音符で歩く、手は八分音符でほっぺをティティティを披露しました。

ももぐみの子どもたちには見ててもらい、あおぐみの子どもたちに🎵きらきら星で近くの人と1・2・3・4トントンパチーン(歩く・かけあし・スキップで)をしたり、2人組で1・2・3・4トントンパチーンをやってみました。

みんなで歩きます。

曲が止まったらあお・ももぐみの子どもたちで2人組になります。

手合わせをします。

子どもたちは何をする曲か覚えていて、ぎっこんばっこやユラユラユラユラお山もお友だちを変えて動きます。

「~ちゃん」「~くん」と呼びかける姿もありました。

ももぐみの子どもたちはスティックを持って大工さんになります。

お城を作ってもらいます。

先生の真似をしてリズムを打ったり、トントントントン金づちで釘を打ったり、のこぎりで木を切ったり、木をよいしょよいしょと運んだりします。

スキップを入れて、どの動きなのか聞き分けをして動きます。

お城が出来上がりました。

あおぐみの子どもたちは王子様とお姫様になってダンスをします。

1・2と1・2・3(2拍子・3拍子)のダンスをします。

魔女が現れました。

王子様とお姫様に魔法をかけました。

すると、王子様とお姫様たちはインディアンになり、インディアンの踊りを踊り始めました。(子どもたちはこの踊りが好きです)

魔法が溶けて、再びダンスをします。

王子様とお姫様はめでたく、結婚式をあげました。(結婚式のステップを踏みました)

大型絵本「はらぺこあおむし」を読み聞かせました。

あおむし人形がついているので、それを穴に出し入れすると、子どもたちは喜びます。

あおむしはいっぱい食べて、大きないもむし、そしてさなぎになります。

最後にはカラフルで大きなちょうちょへと変身します。

子どもたちにいもむしになってもらいます。

最初は一人で床を這っていもむしを表現しました。

年長児男の子を先頭にして、4組のいもむしになりました。

しゃがんで、手は前の人の肩に手を置きます。

座ったまま、歩きます。

これが結構難しいようで、肩から手が離れていもむしが途中で切れてしまったりました。

2組ずついもむしがくっついて、さらに長いいもむしになります。

ペースを合わせないと、いもむしになれません。

最後はみんなでひとつの大きくて長いいもむしになりました。

女の子はスカーフを羽根にしてちょうちょになって飛び回り、男の子はお花になります。

曲が止まったら、ちょうちょはお花に止まります。

男の子がちょうちょ、女の子がお花もやってみました。

年長児の子どもたちはあおぐみに並び、年中児とももぐみの子どもたちはももぐみ側へ移動します。

🎵ちいさなはたけ の手遊びをします。

年中児・ももぐみの子どもたちはスカーフでお花を作ります。

スカーフを手の中に見えないように握って、「せーの」でパーッと手を開きます。

すると、スカーフお花の出来上がり。

お花が風に揺れます。(お花が崩れている子もいましたが…)

年長児の子どもたちに年中児・ももぐみの子どもたちからお花を渡しました。

みんなで写真を撮りました。

あおぐみの子どもたちから、ももぐみの子どもたちへ🎵ホイマシペーターの歌を披露しました。

年長児3人の子どもたちにペーターとポール、お母さん役になってもらい演じてもらいました。

ホイマシさんの家にペーターとポールという兄弟がいました。

🎵ホイマシペーターホイマシポール ホイマシペーターホイマシポール ホイマシペーターホイマシボール ホイマシペーターホイマシポール

ペーターはお母さんから「おつかいに行ってきて」と頼まれて、「いってきます」と出かけました。

ペーターがおつかいへ行ったときにはペーターの所は歌いません(心の中で歌います)

ペーターがなかなか帰ってこないので、お母さんがポールに「ペーターを迎えに行ってきて」と頼みます。ポールはペーターを探しに行きます。

二人とも家から出かけたので、ペーターとボールの所は歌いません。(心の中で歌います)

ペーターが「ただいま」とおつかいから帰ってきました。ペーターの所は歌います。

しばらくして、ポールがペーターと会えなかったと言って、がっかりして帰ってきました。先にペーターが帰ってきていたので、喜びました。(すべて歌う)

大きな一つの丸になって、🎵小さくなってさようなら 大きくなってさようなら…みんなであいさつしました。

年長児の子どもたちは最後のリトミックでした。

ももぐみの子どもたち、年中児の子どもたちと一緒にリトミックが出来て、良かったと思います。

小学校へ行っても、音楽楽しんでくださいね。

|

« ひなまつり会(桃の節句) | トップページ | お別れ遠足(かもめ公園・新開公園) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひなまつり会(桃の節句) | トップページ | お別れ遠足(かもめ公園・新開公園) »