« リトミック14 | トップページ | リトミック15 »

2017年11月18日 (土)

おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る)

昨日から雨が降り続いていましたが、やみました。

一雨ごとに寒くなっていくようです。

今日はおにぎりの日

いつもだったらおうちからおにぎりを作ってもらって、持ってくるのですが、今日はお弁当箱とエプロン・三角巾を持ってきてもらいました。

卒園児のAくんのおじいちゃんが丹精込めて作ったお米を保育園の子どもたちにとくださいました。

全園児でおにぎりを作って食べることにしました。

材料は炊いたお米と夏、あおぐみの子どもたちが作った梅干し、ゆかり、そして梅干しを作った時に出た梅酢です。

Dsc08285Dsc08287Dsc08291Dsc08292

Dsc08295Dsc08296Dsc08297Dsc08300

Dsc08301Dsc08304Dsc08305Dsc08307

Dsc08308Dsc08309Dsc08313Dsc08315

Dsc08320Dsc08318Dsc08325Dsc08326

Dsc08327Dsc08339Dsc08340Dsc08351

Dsc08353Dsc08355

各年齢に応じて作ります。

最初はももぐみでイシツカ先生がおにぎりの作り方を子どもたちに説明しました。

子どもたちは三角巾とエプロンをつけて、手をきれいに洗って消毒します。

ご飯はバットに広げられており、一人分ずつ区切ってあります。

まず、梅酢を手に付けます。

子どもたちの手に合う量のご飯を乗せて、両手でギュッと握ります。

真ん中に穴をあけて、梅干しを入れます。

さらにおにぎりを握ります。

ゆかりを握ったおにぎりの周りにまぶします。

出来上がったおにぎりは持ってきたお弁当箱に入れます。

一人3つくらいずつおにぎりが出来ました。

きぐみでは先生がある程度おにぎりの形を作って、子どもたちに渡します。

おにぎりをギュッとにぎったり、ゆかりをまぶしたりするのはとっても器用にしていました。

あかぐみでもラップの上にご飯を乗せて、ゆかりをまぶして形を作ってラップの上から子どもたちがギュッと握っていました。

子どもたちは興味津々な様子でした。

あおぐみの子どもたちは梅酢をつけて、自分の手に合う量を自分で取って、握っていました。

自分で穴をあけて、梅干しを入れて、握ります。

ゆかりも必要な量を自分でつけていました。

自分たちで作ったおにぎりを美味しくいただきました

|

« リトミック14 | トップページ | リトミック15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リトミック14 | トップページ | リトミック15 »