« 10月誕生会 | トップページ | みかん狩り(き・もも・あお) »

2017年11月 2日 (木)

お芋ほり(き・もも・あお)

雲一つない晴天です。

気温もだいぶ上がっています。

Img_2282Img_2284Img_2287Img_2289

Img_2291Img_2295Img_2296Img_2299

Img_2311Img_2314Img_2316Img_2318

Img_2322Img_2324Img_2325Img_2327

お芋ほり
を行いました。

お芋の苗植えは6月1日に行ったので、梅雨と暑い夏を越え、秋になり収穫です。

5か月間かけてじっくりじっくり大きくなりました。

ももぐみの子どもたちは保育園の菜園で、あおぐみの子どもたちは園長先生の元屋敷の菜園でお芋ほりをしました。

き・ももぐみの子どもたちは先生と一緒に蔓を引っ張ったり、周りの土を掘ってからお芋を取り出しました。

「先生、とれたよー、見てみて」と歓声が上がっていました。

中には土を触りたくなくて、様子を見ている子もいました。

見ているうちに土を触る子もいて、お芋がとれるのを楽しんでいました。

Img_2332Img_2335Img_2338Img_2341

Img_2349Img_2342Img_2345Img_2362

Img_2355Img_2367Img_2377Img_2379

あおぐみ
の子どもたちは自分たちで積極的にありそうなところを手で掘って、掘り出した大きなお芋を持って「見てみて―」大満足の様子でした。

もうないかもねぇと先生たちも言っていましたが、子どもたちはそれでもあきらめずに、アラハラさんが鍬で土を掘り返してくれた後を丹念に探していました。

「あったよ、あったよ」と見つけ出したお芋を見せに来てくれます。

収穫したお芋は蔓や根っこなどを取り、お芋だけにして子どもたちが一人ずつ保育園に持って帰れるように袋に入れました。

歩いているうちに「重い、重い…」と言い出し、少し軽くするのに一輪車でお芋を運んでいる所へ入れて運べるようにしました。

みんな最後までお芋の入っている袋を持って運べました。

お芋は自然の恵みで、気象条件で収穫量も変わります。

今年はあまり量は獲れなかったですが、保育園で給食やおやつに大活躍します。

子どもたちも楽しみにしていてほしいと思います。

|

« 10月誕生会 | トップページ | みかん狩り(き・もも・あお) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月誕生会 | トップページ | みかん狩り(き・もも・あお) »