« お芋ほり(き・もも・あお) | トップページ | 歯科衛生指導 »

2017年11月 7日 (火)

みかん狩り(き・もも・あお)

暦の上では立冬を迎えましたが、暑くも寒くもなく、ちょうどよい肌もちの日です。

毎年ミカン狩りをさせていただいているイマヤさんのミカン山へミカン狩りに出かけました。

子どもたちはネコバスに乗って出かけるのを楽しみにしていたようです。

きぐみ2歳児とももぐみの半分の子どもたち

ももぐみ半分の子どもたちとあおぐみ半分の子どもたち

残りのあおぐみの子どもたち

3便に分かれて出かけました。

Img_2386Img_2387Img_2388Img_2405

Img_2399Img_2400Img_2411Img_2418

Img_2421Img_2427Img_2436Img_2443

Img_2444Img_2447Img_2442Img_2450

Img_2466Img_2474Img_2480Img_2484

きぐみ
の子どもたちは先生がハサミを一緒に持って収穫しました。

そして、先生が枝からミカンをハサミで切ったのをかごの中に入れます。

月齢の大きな子どもたちは自分一人でハサミを持って収穫したかったようで、ハサミを一人でもって1個収穫しました。

いきいきした表情をしていました。

ももぐみの子どもたちは一人一つずつハサミを持って収穫しました。

ミカンがついている枝が太いと切るのが大変で、しかし自分で切りたいという気持ちも強くてどうやったら切れるのか?子ども自身が考えて切っていました。

少し手を添えて力を貸してあげると、自分たちでミカンを収穫出来ていました。

あおぐみの子どもたちは出来るだけ多くのミカンを収穫してもらいました。

ハサミの使い方も自分たちで工夫して使えていました。

「どこにミカンがなってるかな?」と探し回る子や(子どもたちは自分の目線よりも高い所を見ていて、下の方はあまり見ていません)夢中になって収穫をしている子、時間が長くなって飽きてしまい、他の所へ行ったり、ハサミで土を掘ったりしている子もいました。

子どもたちはたくさんミカンを収穫し、満足しているようでした。

収穫してきたミカンは一人ずつお家へ持たせますので、楽しみにしていていください。

保育園でも給食のデザートに、3時のおやつにこれから大活躍します。

子どもたちも秋の収穫を満喫できたのではないかと思います。

|

« お芋ほり(き・もも・あお) | トップページ | 歯科衛生指導 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お芋ほり(き・もも・あお) | トップページ | 歯科衛生指導 »