« そうめん流し(もも・あお) | トップページ | 梅を干す(あおぐみ) »

2017年7月31日 (月)

リトミック7

厳しい暑さが続いています。

今が一年で一番暑い時期ですからね。

なんとか乗り越えましょう!

リトミック7でした。

Dsc09722Dsc09723Dsc09724Dsc09725

Dsc09726Dsc09728Dsc09730Dsc09737

Dsc09738Dsc09743Dsc09745Dsc09746

Dsc09747Dsc09749

ももぐみ
の活動では…

言われた体の部位に手を置いて、一定のリズムでトントントントンと叩きます。

頭・肩・おなか・背中…

人差し指と中指2本で顔の部位を優しくトントントントン一定のリズムで叩きます。

目・鼻・口・あご・耳・眉毛…

両手を前に出して、グーパーグーパー手を握りしめたり、開いたりします。

普通の速度やゆっくり、早くなど様々なテンポでやってみます。

♪パンケーキパンケーキパンパンパンパンパンケーキ(手はパーで)

♪ゆで卵ゆで卵トントントントンゆで卵(手はグーで)

手遊びしました。

即時反応の活動では♪アイスクリームの歌に合わせて歩きます。

曲が流れているときには歩き、曲が止まったら子どもたちも止まります。

合図の音で手をキラキラさせたり、しゃがんだりします。

シャキーンと氷(アイスクリーム)になって、だんだん溶けていきます。

最後には床にベターっと横になりました。

最初はどうしていいのか戸惑っていましたが、「アイスクリームやかき氷が溶けるの見たことない?」と尋ねると、体を使って表現していました。

合図の音でゴロゴロ転がります。

曲が止まったら、子どもたちも止まります。

おばけになって歩いてみました。

最初は足音がしたり、おしゃべりの声も聞こえましたが、「おばけは音がしないんだよ。音がしないように歩いてみて。」と言うと、音がしなくなりました。

「音を立てて歩いたり、音楽が止まっても動いているおばけはつかまります。」何人かのお友だちは先生に連れていかれて、見学しました。

おばけのニュアンスがつかめ、そーっと音を立てずに、止まっているときには動かずに表現していました。

かかとを上げて座ります。

ドレミファソ(だんだん立つ)ソファミレド(だんだん座る)ドシドシド(立ちません)ソラソラソ(座りません)前回のリトミックでも行いました。

スピードを変えたり、間を持たせたりして動きました。

どんな風にやったらいいのか、わかってきたようでした。

赤・白・黄色のボードを机の上に乗せました。

そこから子どもたちが各色1枚ずつ取って自分が座っている目の前に並べます。

言われた色をトントントントンとボードを一定のリズムで叩きます。

順番ではなく、いろんな順番で色を言われます。

口でトントントントンと言いながら、叩くと一定のリズムで叩きやすくなります。

先生役でお手本を見せてくれたお友だちもいました。

4色のフープを部屋に人数分置きます。

曲が流れているときにはフープに入らずにその周りを歩きます。

曲が止まったら、フープに入ります。

例えば黄色と言われたら、黄色に入っているお友だちはフープから出て、言われた動物(ウサギ・りす・ゾウ・犬など)を表現します。

フープから出て曲に合わせて歩き、曲が止まったらさっき入ったフープと違う色のフープに入ります。

それを繰り返します。

最初は戸惑っている子も多かったですが、回数を重ねるうちに少しずつ分かってきたようでした。

Dsc06123Dsc06125Dsc06126Dsc06127

Dsc06128Dsc06135Dsc06137Dsc06139

Dsc06140Dsc06143Dsc06145Dsc06147

Dsc06153Dsc06155

あおぐみの活動では…

♪おともだちと こんにちは でウォーミングアップ。

2人組になって挨拶をした後、2・3・4拍子の手合わせ(リズムの聞き分け)をしました。

誰と手合わせしたか覚えておいて、再び音楽が聞こえたら手合わせをしていた人と2人組になって手合わせします。

目を閉じます。

絶対目を開けないように言います。

しかし、薄目を開けてみようとする子もいましたが…

「ザー、シャカシャカ…」音を鳴らすと、「今、みんなはどこにいるかな?」と問いかけると、「海!波の音!」と声を上げました。

「みんなは海へ来て、砂浜に座っています。」

それぞれ肩が触れるくらいくっついて座って、♪うみの歌に合わせて、体を揺らします。

曲に合わせて波が揺れる、海の感じをつかんで揺れます。

砂浜、海の岸辺で遊びます。

砂浜を「アチチチチチ…」と口で言いながら、走ります。(八分音符)

2人組になって「バシャバシャバシャ…」と口で言いながら、水の掛け合いをします。(四分音符)

海の中に入って、「スーイスーイ…」と言いながら、泳ぎます。(二分音符)

曲を聞き分けて、表現します。

今度はボートへ乗って、海の沖へ出かけます。

2人組になって、ぎっこんばっこをします。

1番目は二人向き合って、両手をつないで足を伸ばして背中をつけてボートを漕ぎます。

2番目は背中と背中をくっつけて、腕を組んでボートを漕ぎます。

3番目はそれぞれ前後に座って、ボートを漕ぎます。

沖へ着きました。「1・2・3、ザブーン」「ザブーン」で海に潜ります。

曲に合わせて、小さな魚・大きな魚・タコ・エビ・カニ・海藻(昆布・わかめ)・クラゲなど海の生き物を表現しました。

表現力が豊かで、顔の表情や動きにも生き物らしさを出していました。

クラゲは男女に分かれて、やってもらいました。

海の中を漂う感じがとってもよかったです。

再び、ぎっこんばっこで岸辺まで帰ってきました。

♪ちゃぷちゃぷなみ の曲でまねっこ遊びをしました。

CDの曲に合わせて、振付をおぼえます。

♪ちゃぷちゃぷなみ ちゃぷちゃぷちゃぷ キラキラすなはま キラキラキラ ニコニコおひさま ニコニコニコ うーみはともだち ザーブン

♪ちゃぷちゃぷなみ ちゃぷちゃぷちゃぷ すいすいおさかな すいすいすい ぷくぷくあぶく ぷくぷくぷく うーみはともだち ザーブン

ちゃぷちゃぷなみの所の波は先生がして、ちゃぷちゃぷちゃぷの所は波を子どもたちが表現して、キラキラすなはまのキラキラは先生がして、キラキラキラは子どもたちがする交代交替で動きをします。

うーみはともだちの所は横のおともだちと手をつないで、揺らして、ザーブンでジャンプします。

それを繰り返しました。

夏の風物詩や海の活動を子どもたちは楽しんでやっていました。

楽しんで出来る活動を音楽的要素を入れながら取り入れていこうと思います。

|

« そうめん流し(もも・あお) | トップページ | 梅を干す(あおぐみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そうめん流し(もも・あお) | トップページ | 梅を干す(あおぐみ) »