« 郷土のお菓子つくり(あおぐみ) | トップページ | リトミック5 »

2017年6月28日 (水)

作ってもらったお菓子をみんなで食べました

あおぐみの子どもたちと食改善推進委員の方、先生たちが作った“かるかん”と“フルーツゼリー”が出来上がり、あおぐみの子どもたちが各クラスへ配膳してくれました。

イシノさん・カワサキさん・マルノさん(後からかけつけてくださいました)もあおぐみの部屋で一緒にお菓子をいただきました。

Dsc05195Dsc05196Dsc05197Dsc05203

Dsc05218Dsc05219Dsc05225Dsc05229

Dsc05236Dsc05237Dsc05246Dsc05247

子どもたちも話をしながら、楽しそうにお菓子を食べていました。

“かるかん”は三温糖を使っているので、ほんのりベージュ色です。

山芋が入っているので、とってもモチモチしています。

あんこも甘すぎず、優しい味わいです。

“フルーツゼリー”は寒天がほどよいかたさに固まって、食感ものど越しもプルンとしてとっても気持ちが良いです。

トッピングに入れたメロン・スイカ・スモモ(保育園で収穫したもの)はひんやり甘くて、甘酸っぱくて味のアクセントになっています。

子どもたちも喜んで食べていました。

子どもたちにとってとてもよい経験になったと思います。

|

« 郷土のお菓子つくり(あおぐみ) | トップページ | リトミック5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 郷土のお菓子つくり(あおぐみ) | トップページ | リトミック5 »