« 桃の収穫(き・もも) | トップページ | リトミック4 »

2017年6月14日 (水)

消防訓練(いちき串木野消防署)

薄雲が広がる天気です。

あまり気温も上がっておらず、爽やかな風が吹いています。

いちき串木野消防署オクノソノさん・サコウさんが来園し、避難訓練を行いました。

給食室から「火事だ」という声が上がり、次々に伝えます。

子どもたちは先生たちに誘導されて、避難場所に集まります。

Dsc04722Dsc04723Dsc04724Dsc04725

Dsc04726Dsc04729Dsc04731Dsc04732

Dsc04733Dsc04736Dsc04737Dsc04739

まず初期消火訓練を行いました。

初期消火を行うときには(特に調理していてキッチンにいるとき)自分の逃げる方向を背にして、消火器を持って消火します。(逃げ道を確保しないで消火活動をすると、火が燃え盛って自分にも火がまわってしまうため)そして、てんぷらなど油に火が引火している場合には3メートルから6メートル火元から離れて消火器を使用します。(目の前で消火器を噴射してしまうと、油が飛び散ってますます火が引火してしまうんだそうです)

外での消火の場合は風下側に回って、(風上だと消火器の粉を吸い込んでしまい、火も自分の方へ迫ってくるため)消火器を持って火元にある程度近づいてから、ピンを抜いて・ホースを火元に向けて・レバーを押します。

代わる代わる先生たちに初期消火訓練をしてもらいました。

次回の消防訓練ではいったん子どもたちを避難場所に集めて(一次避難)、その後消火活動などが行われることも想定し、子どもたちを坂の下まで逃がす活動(二次避難)をしてみましょうと提案を受けました。

今年、梅雨に入ってからは雨が降ることが少ないですが、急に雨が降ってきて雨量が多くなり道路が冠水したりすることがあります。

水は泥水で濁っていて、側溝に気づかなかったりして落ちてしまうことを考えられます。

とにかく雨が降って冠水するようなときには子ども一人で外に出ないことが大事ですと話をされました。

保育者や保護者には急に天候が悪化した場合には、安全を優先するようにと消防士の方がお話をされました。

Dsc04741Dsc04742Dsc04743Dsc04748

Dsc04746Dsc04752Dsc04753Dsc04756

Dsc04759Dsc04761Dsc04767Dsc04772

Dsc04779Dsc04780Dsc04781Dsc04784

子どもたちが楽しみにしている消防車見学を行いました。と言うところですが、実は踏切から県道へ抜ける道は現在大型車通行禁止になっているそうで、(今回初めて知りました)消防車が保育園の近くまで上がってこられなかったのです。

消防署の方が考えられて、串木野神社鳥居の道路わきへ駐車されていたので、き・もも・あおぐみの子どもたちは歩いて見学に出かけました。

昨年配備された救命工作車で来られていて、子どもたちが見ている所でエンジンをかけてライトが高いところまで上がっていって点灯するところを見せてもらったり、ぺちゃんこになった車両などを広げるための道具などを見せてくださいました。

子どもたちは興味津々で救命工作車を見学していました。

工作車がバックしたり、側面についているライトが点滅しているのをみたり、途中電車が通ったりするのを見たりちょっといつもと違う見学になりました。

子どもたちは散歩がてら、神社の中を通って楽しんでいました。

大切な一つしかない命を守るために行っている避難訓練。

今日教えていただいたり、見学したことを意識して日々過ごしていきたいと思います。

|

« 桃の収穫(き・もも) | トップページ | リトミック4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桃の収穫(き・もも) | トップページ | リトミック4 »