« お茶摘み | トップページ | おにぎりの日(口の健康を育てよう・ジュースに含まれる砂糖について) »

2017年5月 8日 (月)

リトミック2

黄砂の影響でしょうか、晴れていますが霞がかかっています。

ゴールデンウイークも過ぎて、日常の生活が戻ってきました。

リトミック2を行いました。

ももぐみの活動では…

Dsc04354Dsc04357Dsc04359Dsc04365

Dsc04367Dsc04368Dsc04372Dsc04374

Dsc04378Dsc04383Dsc04388Dsc04396

Dsc04402Dsc04414Dsc04409Dsc04425

マツダ先生が風船🎈を膨らませています。

一つの大きな丸を作るときに、きれいな丸を作りたいので、そのお手本にします。

風船は息を入れると膨らみ、空気を抜くとしぼみます。

早く大きくなりたい、小さくなりたいとやっていると、丸はぐちゃぐちゃになってしまいます。

「風船みたいに大きくなったり、小さくなったりしてね」と声をかけられます。

ウッドブロックで一定のリズムを刻んで、「~くん、~ちゃん」と一人ずつ名前を呼ばれたら、「ハアイ」と返事をします。

リズムに乗って返事をするのが目標です。

ゆっくりからだんだんテンポが速くなっていきます。

丸くなります。

隣のおともだちの名前を呼んで、「ハアイ」と返事をします。

今度は「ハアイ」と返事をしたお友だちが隣のおともだちの名前を呼びます。

まわっていきます。

合図の音がしたら、今まで回っていたのと反対に回ります。

ハンドルが配られました。

座ったままで、曲に合わせてハンドルを動かして運転します。

曲が止まったら、ハンドルも止めます。

立ち上がって運転します。

曲が遅い時には自分たちも遅く動き、曲が速くなったら自分たちも速く動きます。

赤信号になったら、交通事故をしないように止まります。

赤信号ではサルやウサギ、ネズミ、ライオンが横断歩道を渡っています。

子どもたちは曲に合わせてサル、ウサギ、ネズミ、ライオンになって表現します。

スカーフを渡します。

合図の音に合わせて手の中に小さく小さく丸めて、見えないようにします。

「せーの!」の掛け声で一斉にスカーフを放り投げます。

曲に合わせてスカーフを持って、揺らします。

スカーフをこいのぼりに見立てて、腕をあげて泳がせるのに曲に合わせて走ります。

曲が止まったら、子どもたちも止まります。

スカーフを手の中にクルクルっと丸めて、「ファー」という声で手を広げると、お花が出来ました。

子どもたちが判断して、今何をするのか考えて動きます。

絵本「だ・る・ま・さ・ん・の」を読み聞かせてもらいました。

「目・歯・毛…」など出てきます。

だ・る・ま・さ・ん・の…一音ずつ手を叩きます。

頭・耳・口・おなか…体の部位を言われたら、その部分に手を持っていきます。

テンポが遅く~速くなっていきます。

男の子は黄色、女の子は赤色のカラーボードを渡されました。

“だるまさんの”手を叩いて、頭・肩・お尻…と言われたら、その部位にカラーボードを当てます。

カラーボードを持って歩きます。

曲が止まって、「おなか・背中・耳…」と言われたら、カラーボードを床に置いて、カラーボードの上に言われた体の部位をつけます。

よく聴いていることが大事です。

カラーボードを床に置き、その上に立ちます。

手を腰にあて、曲に合わせて膝の曲げ伸ばしをします。

違う曲になると肩に手を置き、かかとを上げて伸びております。

風船が出てきました。

マツダ先生が風船を手で飛ばします。

手についたときに手を叩きます。

これもよく見ていることと、集中力が必要です。

いつ、風船をはじくかわかりません。

最初に戻って、名前を呼ばれたら「ハアイ」と返事をして、タンバリンを叩きました。

Dsc04430Dsc04437Dsc04441Dsc04446

Dsc04454Dsc04459Dsc04466Dsc04474

Dsc04471Dsc04480Dsc04491Dsc04492

Dsc04494Dsc04495Dsc04496Dsc04498

あお
ぐみの活動では…

♪お友だちと こんにちは でウォーミングアップ。

トントントン トントントンの所ではいつも2人組で手合わせをするのですが、今日は“こんにちは”の部分でもトントンパで手合わせをしました。

♪1匹の野ネズミが あなぐらに 落っこちて チュッチュチュチュッチュチュッチュチュチュチュッチュチュチュチュッチュチュチュチュッチュチュチュチュチュッチュチュチュ 大騒ぎ

2匹・3匹・4匹・5匹と増えていきますが、1匹の時には一人でスキップをします。

2匹の時にはトントンパと手合わせ、3匹・4匹・5匹の時には3人・4人・5人と人数が増えて、手合わせをして、チュッチュチュチュチュッチュチュチュの所はお互い顔を見合わせて、ネズミになって表現します。

スキップの曲、1匹の野ネズミの曲、次は何匹かな?という予測をする、それに応じて行動するいろいろな能力が必要になります。

スカーフが渡されました。

合図の音で手の中にスカーフを丸めて見えないように入れます。

「せーの!」の掛け声でスカーフを放り投げます。

こいのぼりになってスカーフを高く掲げて走ります。

合図の音で反対方向に向きを変えます。

曲が止まったら子どもたちも止まります。

一つの大きな丸を作ります。

ウッドブロックで一定のリズムを刻みます。

名前を呼ばれたら、「ハアイ」と返事をします。

隣のおともだちの名前を呼んで、お友だちは「ハアイ」と返事をして、返事をしたお友だちは隣りのお友だちの名前を呼びます。

それを繰り返し、回っていきます。

リズムのテンポはゆっくりからだんだん速くなっていきます。

みんな必死にリズムについていこうと頑張っていました。

男の子・女の子2人組を作ります。

最初女の子が風船を弾ませて、手についたときに男の子がタンバリンを叩きます。

役割は交互にします。

いつ風船が手に触れるか、そしてその時にタンバリンを叩く。

集中力が必要です。

♪一本指一本指 合わせてトントントン 上を向いて 下を向いて(ピアノ・机・かばんだな部屋にあるもの…)はどこだ シュー(で指をその対象の物に指さす)

部屋にあるものは先生が言っていたのですが、子どもたちにも言ってもらいました。

扇風機・靴下・ちょうちょなどいろんなものが出てきましたよ。

四分休符・八分♫・四分休符・四分音符♩のリズム(ウン・タタ・ウン・タン)を男の子はタンバリンで女の子はスズで演奏します。

ちょっと複雑(休符の後にリズム・休符の後にリズム)なリズムですが、先生たちがするのを見たりして、ちょっとずつリズムを叩いていました。

歌いながら、リズムを刻む。

1つのことだけではなく、2つ・3つのことを同時進行で進める。

これもとても大事な能力開発だと思います。

最後に絵本「あさですよ」を読み聞かせてもらいました。

子どもたちが出来ることを基礎に、ちょっとずつ新しいことをする。

子どもたちにとってとても楽しい時間になったと思います。

|

« お茶摘み | トップページ | おにぎりの日(口の健康を育てよう・ジュースに含まれる砂糖について) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お茶摘み | トップページ | おにぎりの日(口の健康を育てよう・ジュースに含まれる砂糖について) »