« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

ブルーベリー・梅を見に行く

久しぶりの曇り空で、今にも雨が降ってきそうです。

ももあおぐみの子どもたちは菜園にブルーベリー・梅がなっているのを見に行きました。

Dsc04617Dsc04618Dsc04621Dsc04623

それぞれ1本ずつ植えてあるのですが、ブルーベリーは赤~赤黒い色に、梅は黄緑色、もしくは少しピンクが入った実もあります。

子どもたちが収穫するには高いところにあるので、園長先生がブルーベリーの枝をもいで実を収穫しました。

その周辺にはキンカンやレモンの木もあり、レモンの木にとげがあるのを見たり、恐る恐るとげに触ってみたりしました。

ブルーベリー、子どもたちが一つずつ食べてみると…甘くておいしい!という声がいっぱい上がっていました。

これから桃やすももなども実って、収穫を楽しめると思います。

| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

5月誕生会

昨日からの雨が上がりました。

蒸し暑くて、梅雨の季節が近いことを感じさせます。

5月誕生会を行いました。

4568

11151922

27323544

生者は6名(1歳2名・2歳2名・5歳2名、あかぐみ2名・きぐみ2名・あおぐみ2名、男の子5名・女の子1名)でした。

みんなの前に並んで、お兄ちゃんやいとこ、お友だちに紹介してもらったり、5歳になるお友だちは自己紹介をしました。

マツオ先生からの質問に「好きな給食は?好きなお母さんが作るご飯は?お外で遊ぶ好きな遊びは?」などあり、「味噌汁・ご飯・焼きそば・スパゲティー・納豆…鉄棒・三輪車」答えていました。

お友だちからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

51535456

5958_26066

「どんな色が好き?」形を見て、何かを考えるゲーム

まず、♪どんないろがすき の歌を覚えました。

♪どんないろがすき (色の名前) (色の名前)がすき いちばんさいしょになくなるよ (色の名前)のくれよん

きいろ・みどり・あか・きみどり・ピンク・オレンジのクレヨンのペープサートが出てきました。

白黒のモノトーンの形が出てきました。

(色のクレヨン)からの問題です。

形を見て、何(果物や野菜、虫、動物など)かを当てるゲームです。

きいろはバナナ・ひよこ・ひまわり・レモン。みどりはかぼちゃ(表皮の色)・きゅうり。きみどりはメロン・カエル・四葉のクローバー・グリンピース。あかはタコ・テントウムシ・トマト・スイカ・イチゴとカニ・サクランボ。オレンジはニンジン・ミカン・カキ。ピンクは桃・桜の花びらでした。

みんな「ハーイ、ハーイ」と声を上げてよく答えていました。

90919296

②カワグチ先生マジック

赤い紙が3枚あります。

3つのコップもあります。

赤い紙は一枚ずつクルクルっと丸めます。

3つの丸い玉になりました。

コップには何も入っていません。

コップをひっくり返して底を見せて赤い玉をおきます。

“1・2・3”と声をかけてコップをあけると…コップの底から赤い玉が通過して、机に赤い玉がありました。

みんな「へー」とびっくりしています。

今度は一つ赤い玉をコップをひっくり返して入れます。

コップの底に(上向き)赤い玉を乗せます。

“1・2・3”と声をかけてコップをあけると…底を通過して、なんと赤い玉が二つになっていました。

2つの赤い玉をコップに入れて伏せます。

もう一つの赤い玉をコップの底に置きます。

“1・2・3”と声をかけてコップをあけると…赤い玉は3つになっていました。

子どもたちも保育者も「どうなってるんだろう?」ととても不思議そうにしていました。

5月の誕生会、ゲームに参加したり、マジックを見たりしてとても楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

リトミック3

五月らしい爽やかな風が吹き抜けています。

リトミック3を行いました。

ももぐみの活動では…

Dsc05889Dsc05890Dsc05894Dsc05898

Dsc05900Dsc05914Dsc05917Dsc05922

Dsc05927Dsc05931Dsc05935Dsc05937

Dsc05938Dsc05947Dsc05955Dsc05962

手をブラブラさせます。

ブラブラブラブラ…頭・肩・おなか・おひざ…体の部位を言われたら、そこに手を置きます。

指だけをブラブラさせます。ブラブラブラブラ…お目め・お口・お鼻…顔を部位に指を置きます。

♪おうまのおやこ の歌で歩きます。

曲が止まったら子どもたちも止まる。

合図の音で腕を上にあげてキラキラしたり、しゃがんだり、頭に手をやったり、おへそにてをやったり、床に寝転がりゴロゴロ転がったり、腕と足を上げてバタバタバタバタしたり、足と腕を床に投げ出したりします。

スカーフをひらりひらりなびかせます。

子どもたちにフワーッとかけると、キャッと言って喜びます。

子どもたち一人ずつに渡しました。

前回やった手の中にスカーフを丸めこむ動きを子どもたちは覚えていました。

1・2・3の合図でスカーフを上へ放り投げます。

合図の音でスカーフを丸めて、1・2・3でスカーフを投げる(出来るだけ高く投げる)を繰り返します。

スカーフを合図の音で丸めて手の中に入れて、今度は1・2・3でパーッと手を開きます。

すると、お花が出来ます。

お花を手にして、ユラユラ風に揺られます。

お花が壊れないように、優しく揺られていました。

おさんぽのーとを子どもたちに見てもらいました。

野原にうさぎ・りす・ぞうがいます。

お馬になって森へ出かけました。

両手をグーにして両腕を前に出します。

片方の足を前に出して、進んでいきます。

ギャロップです。

曲が流れているときにはギャロップして、曲が止まったらお馬さんも止まります。

森につくと、ウサギさんが出てきました。

子どもたちがウサギさんになって飛びます。

リスが出てきました。

両手を口元においてチョコチョコ走ります。

ドングリをカリカリカリ食べます。

ゾウさんも出てきました。

ドシーンドシーン大きな音と足で歩きます。

うさぎ・リス・ゾウの音楽を聞き分けて、表現します。

子どもたちは耳で聞き分けて、表現していました。

風船を膨らませます。

途中膨らんだと思ったら空気が抜けてしぼんだり、また息を入れて膨らんだりします。

風船から空気が抜ける時にするブブブブーという音に子どもたちはとってもひきつけられていました。

みんなで手をつないで大きな丸を作ります。

風船が小さいところから大きくなって、しぼんで小さくなったり、また大きくなったりするのを表現しました。

パチンと割れて、あとは一人ずつ風船になって空に飛んでいきました。

風に吹かれて飛びます。

クルクル回ります。

子どもたちに壁ペッたん座ってもらいます。

「~くん、~ちゃん」と先生が子どもたちの名前を呼んで風船を子どもに飛ばします。

子どもは風船を受け取って「ハアイ」と返事をして飛ばし返します。

子どもたちもタイミングがわかり、返事しかえしていました。

あおぐみの活動では…

♪おともだちとこんにちは でウオーミングアップ

歩く→2人組になる→歌いながら挨拶・手合わせをする→歩く…

音楽を聞いて、よく判断していたと思います。

即時反応では♪こいのぼり の曲で歩く→曲が止まったら子どもたちも止まる→合図の音で腕を高く上げてキラキラ→しゃがむ→だんだん高くなる→床にゴロゴロ転がる→仰向けになって腕と足を上にあげてバタバタする→腕と足をバタンと床に放り出す→ひっくり返ってダンゴムシが小さく小さく丸まる…

子どもたちは音楽や合図を聞いて、よく行動していました。

スキップします。

音楽が聞こえてくると…以前からやっている手合わせだということがわかって、すぐに2人組になってトンパチントンパチン手合わせを始めました。

音楽に体が反応しているのですね。

スキップをします。

3人組になって…と言い、音楽を聞きどう手合わせをすると反応を見ていました。

すると…トンパチパチトンパチパチ3拍子の手合わせをする子がいました。

「今の音楽だと、トンパチントンパチンだと変な感じがしなかった?」と子どもたちに聞くと、「うん、変だった」と言う子がいました。

トンパチントンパチン・トンパチパチをやってみると、聞き分けて手合わせが出来ていました。

「もう一つ増やしていい?」と聞くと「いいよ!」と自信ありげな様子。

トンパチパチパチトンパチパチパチ…2・3・4拍子の手合わせをやってみました。

お母さん座り・お父さん座り・お姉さん座り・お兄さん座り・赤ちゃん座り。

素早くいろんな座り方をします。

♪だるまさん の歌を歌います。

ころんだ おきた だるまさん ころんだと思ったら また起きた

だるまさんの動きをと言うことで、お父さん座りをして、横に倒れてまた中心に起きて、反対の横に倒れて、また中心に起きる(左右に倒れて中心に戻る)やってみました。

揺れるのがちょっと難しいところもあるようで、子どもたちはちょっと動きにくそうにしていました。

♪だるまさん の歌を歌いながら左右に揺れてみます。

コロンと揺れている子にはお手本を見せてもらいました。

♪ころんだ おきた だるまさん ころんだとおもったら またおきた

歌を歌っていて、「ハイ」と言われたら、歌わない(心の中で歌う)「ハイ」と言われたら声に出して歌う(心唱)をしました。

「だるまさん」の所は歌わないもやってみました。

ちょっと難しそうにしていましたが、感じはつかめていたようでした。

スカーフを一人ずつに渡しました。

合図の音で手の中にスカーフを丸めて入れます。

1・2・3で上に放り投げます。

落ちてくるスカーフをキャッチします。

手の中に丸める→1・2・3で放り投げてキャッチするを繰り返します。

手に丸めて→1・2・3でパーッと手を開いてお花を作ります。

風に揺られて揺れます。

出来たお花を持って、(壊れないように)歩きます。

歩く→かけあし→ゆっくり歩きいろんな速度の歩きをします。

音(音楽)を聞いて、どんな速度で歩くかを考え、表現していました。

子どもたちに3グループに分かれてもらいました。

1グループはお花屋さん、1グループはお客さん、もうひとグループは見学します。

それぞれの役割をします。

お花屋さんはお花をきれいに作って、壊れないように音楽に合わせてお客さんに運びます。

「ハイ、どうぞ」でお客さんに渡します。

お客さんは「ありがとう」と受け取ります。

ピアノで曲を弾いたので、歩く速度がまちまちになってしまいました。

様々な速度で歩いていけるようにすればよかったと思いました。

これからのリトミックも様々な活動を入れながら、子どもたちが楽しんで出来るようにしたいと思います。

| | コメント (0)

2017年5月20日 (土)

おにぎりの日(口の健康を育てよう・ジュースに含まれる砂糖について)

爽やかな風が吹き、心地よく過ごしやすい日でした。

子ども達はおにぎりを持って嬉しそうに登園してきましたよ。

もも・あおぐみのみんなはイシツカ先生から食育のお話がありました。

(口の健康を育てよう・ジュースに含まている砂糖について)お勉強しました。( ^ω^ )

“口の健康を育てよう”では子ども達に「口は何のためにあるのかな?」と聞いてみると『食べるため! しゃべるため!』・「口の中には何があるかな?」と聞いてみると『歯!! ベロ!!』と答えてくれました♪

Dsc04499_2Dsc04500_2Dsc04501_2Dsc04503_2

歯は、食べ物をかみ砕く為にあります。

舌(ベロ)は、味を楽しむため、噛んだ食べ物を上手に飲み込むためにあります。

そして唾液(つば)もとても大切です。唾液は、虫歯菌や病気のもとを退治してくれたり、食べ物を飲み込みやすくしてくれます。食物に含まれるデンプンを分解してエネルギーに変えてくれて、成長するために命令も出してくれます!

噛むことによって、美味しさを感じたり消化を助けたり、顎を動かすと頭の働きも良くなり賢くなります!そして、上手に話せるようになり、虫歯も予防できます

よく噛むとご飯もだんだん甘くなってきます…

さぁ50回噛んでみましょう

Dsc04504Dsc04505_2Dsc04506Dsc04507


子ども達はしっかり50回噛んでくれましたよ

年長児さんはご飯の甘さを感じた子が4名ほどいましたが、もも組のみんなは分からなかったようした 硬いものを食べて顎の力をつけていきたいですね

“ジュースに含まれている砂糖について”では、白砂糖の怖さとジュースにどれだけの量が含まれているのかを学びました。

Dsc04509Dsc04510Dsc04511Dsc04513

小さな容器に入った乳飲料でも角砂糖が4個も入っていて子ども達は驚きの表情を浮かべていました !!(゚ロ゚屮)屮

白砂糖が及ぼす悪影響は

・脳が萎縮して頭が良くならない。   ・イライラしやすくなる

・集中力の低下              ・骨が弱くなる

・虫歯になりやすくなる          ・傷も治りにくくなる

白砂糖には依存性があるため、もっともっと欲しくなり食べ続けていると大変なことになります
パパはコーラをよく飲んでいるから教えてあげないと!と言っている子もいましたよ。

大人でも白砂糖の恐ろしさを知らない人がほとんどです。

子ども達には飲むときはコップに半分だけ!喉がかわいたら水かお茶を飲む!と教えました。 ご家庭の冷蔵庫にジュース類は入れずに子ども達の目に触れないように気をつけましょう

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

リトミック2

黄砂の影響でしょうか、晴れていますが霞がかかっています。

ゴールデンウイークも過ぎて、日常の生活が戻ってきました。

リトミック2を行いました。

ももぐみの活動では…

Dsc04354Dsc04357Dsc04359Dsc04365

Dsc04367Dsc04368Dsc04372Dsc04374

Dsc04378Dsc04383Dsc04388Dsc04396

Dsc04402Dsc04414Dsc04409Dsc04425

マツダ先生が風船🎈を膨らませています。

一つの大きな丸を作るときに、きれいな丸を作りたいので、そのお手本にします。

風船は息を入れると膨らみ、空気を抜くとしぼみます。

早く大きくなりたい、小さくなりたいとやっていると、丸はぐちゃぐちゃになってしまいます。

「風船みたいに大きくなったり、小さくなったりしてね」と声をかけられます。

ウッドブロックで一定のリズムを刻んで、「~くん、~ちゃん」と一人ずつ名前を呼ばれたら、「ハアイ」と返事をします。

リズムに乗って返事をするのが目標です。

ゆっくりからだんだんテンポが速くなっていきます。

丸くなります。

隣のおともだちの名前を呼んで、「ハアイ」と返事をします。

今度は「ハアイ」と返事をしたお友だちが隣のおともだちの名前を呼びます。

まわっていきます。

合図の音がしたら、今まで回っていたのと反対に回ります。

ハンドルが配られました。

座ったままで、曲に合わせてハンドルを動かして運転します。

曲が止まったら、ハンドルも止めます。

立ち上がって運転します。

曲が遅い時には自分たちも遅く動き、曲が速くなったら自分たちも速く動きます。

赤信号になったら、交通事故をしないように止まります。

赤信号ではサルやウサギ、ネズミ、ライオンが横断歩道を渡っています。

子どもたちは曲に合わせてサル、ウサギ、ネズミ、ライオンになって表現します。

スカーフを渡します。

合図の音に合わせて手の中に小さく小さく丸めて、見えないようにします。

「せーの!」の掛け声で一斉にスカーフを放り投げます。

曲に合わせてスカーフを持って、揺らします。

スカーフをこいのぼりに見立てて、腕をあげて泳がせるのに曲に合わせて走ります。

曲が止まったら、子どもたちも止まります。

スカーフを手の中にクルクルっと丸めて、「ファー」という声で手を広げると、お花が出来ました。

子どもたちが判断して、今何をするのか考えて動きます。

絵本「だ・る・ま・さ・ん・の」を読み聞かせてもらいました。

「目・歯・毛…」など出てきます。

だ・る・ま・さ・ん・の…一音ずつ手を叩きます。

頭・耳・口・おなか…体の部位を言われたら、その部分に手を持っていきます。

テンポが遅く~速くなっていきます。

男の子は黄色、女の子は赤色のカラーボードを渡されました。

“だるまさんの”手を叩いて、頭・肩・お尻…と言われたら、その部位にカラーボードを当てます。

カラーボードを持って歩きます。

曲が止まって、「おなか・背中・耳…」と言われたら、カラーボードを床に置いて、カラーボードの上に言われた体の部位をつけます。

よく聴いていることが大事です。

カラーボードを床に置き、その上に立ちます。

手を腰にあて、曲に合わせて膝の曲げ伸ばしをします。

違う曲になると肩に手を置き、かかとを上げて伸びております。

風船が出てきました。

マツダ先生が風船を手で飛ばします。

手についたときに手を叩きます。

これもよく見ていることと、集中力が必要です。

いつ、風船をはじくかわかりません。

最初に戻って、名前を呼ばれたら「ハアイ」と返事をして、タンバリンを叩きました。

Dsc04430Dsc04437Dsc04441Dsc04446

Dsc04454Dsc04459Dsc04466Dsc04474

Dsc04471Dsc04480Dsc04491Dsc04492

Dsc04494Dsc04495Dsc04496Dsc04498

あお
ぐみの活動では…

♪お友だちと こんにちは でウォーミングアップ。

トントントン トントントンの所ではいつも2人組で手合わせをするのですが、今日は“こんにちは”の部分でもトントンパで手合わせをしました。

♪1匹の野ネズミが あなぐらに 落っこちて チュッチュチュチュッチュチュッチュチュチュチュッチュチュチュチュッチュチュチュチュッチュチュチュチュチュッチュチュチュ 大騒ぎ

2匹・3匹・4匹・5匹と増えていきますが、1匹の時には一人でスキップをします。

2匹の時にはトントンパと手合わせ、3匹・4匹・5匹の時には3人・4人・5人と人数が増えて、手合わせをして、チュッチュチュチュチュッチュチュチュの所はお互い顔を見合わせて、ネズミになって表現します。

スキップの曲、1匹の野ネズミの曲、次は何匹かな?という予測をする、それに応じて行動するいろいろな能力が必要になります。

スカーフが渡されました。

合図の音で手の中にスカーフを丸めて見えないように入れます。

「せーの!」の掛け声でスカーフを放り投げます。

こいのぼりになってスカーフを高く掲げて走ります。

合図の音で反対方向に向きを変えます。

曲が止まったら子どもたちも止まります。

一つの大きな丸を作ります。

ウッドブロックで一定のリズムを刻みます。

名前を呼ばれたら、「ハアイ」と返事をします。

隣のおともだちの名前を呼んで、お友だちは「ハアイ」と返事をして、返事をしたお友だちは隣りのお友だちの名前を呼びます。

それを繰り返し、回っていきます。

リズムのテンポはゆっくりからだんだん速くなっていきます。

みんな必死にリズムについていこうと頑張っていました。

男の子・女の子2人組を作ります。

最初女の子が風船を弾ませて、手についたときに男の子がタンバリンを叩きます。

役割は交互にします。

いつ風船が手に触れるか、そしてその時にタンバリンを叩く。

集中力が必要です。

♪一本指一本指 合わせてトントントン 上を向いて 下を向いて(ピアノ・机・かばんだな部屋にあるもの…)はどこだ シュー(で指をその対象の物に指さす)

部屋にあるものは先生が言っていたのですが、子どもたちにも言ってもらいました。

扇風機・靴下・ちょうちょなどいろんなものが出てきましたよ。

四分休符・八分♫・四分休符・四分音符♩のリズム(ウン・タタ・ウン・タン)を男の子はタンバリンで女の子はスズで演奏します。

ちょっと複雑(休符の後にリズム・休符の後にリズム)なリズムですが、先生たちがするのを見たりして、ちょっとずつリズムを叩いていました。

歌いながら、リズムを刻む。

1つのことだけではなく、2つ・3つのことを同時進行で進める。

これもとても大事な能力開発だと思います。

最後に絵本「あさですよ」を読み聞かせてもらいました。

子どもたちが出来ることを基礎に、ちょっとずつ新しいことをする。

子どもたちにとってとても楽しい時間になったと思います。

| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

お茶摘み

空は薄雲に覆われています。

爽やかな風が吹いていて、お茶摘みには格好の日よりです。

お茶摘みを行いました。

立春から数えて、今日はちょうど八十八夜です。

この時期になると朝霜も降りなくなり、お茶摘みだけではなく様々な作物を植えるのにも適する時期です。

今年は桜の開花も遅かったですが、お茶の生長もゆっくりなようです。

いつもはお茶の葉も大きくなりすぎているので、ちょうどよいころ合いのようです。

園長先生からどんなお茶の葉っぱを摘めばよいのか教えてもらいました。

緑色が濃く、触って硬い葉っぱは古い葉なので、それは摘みません。

若草色で、触って柔らかい葉っぱは新しく出てきた葉なので、それを摘みます。

お茶の木の表面はだいたい新芽が覆っています。

Dsc04297Dsc04298Dsc04301Dsc04306

Dsc04309Dsc04323Dsc04311Dsc04313

Dsc04317Dsc04319Dsc04326Dsc04327

Dsc04328Dsc04330Dsc04332Dsc04333

Dsc04348Dsc04343Dsc04350Dsc04353

ぐみ2歳児の子どもたちから菜園に植えてあるお茶の木へ行き、お茶摘みを体験しました。

お茶の木がきれいな若草色に染まっています。

子どもたちは先生たちと一緒にお茶の葉を一枚一枚摘んでいました。

ももぐみの子どもたちも「これいいの?」と聞きながら、またお茶の葉っぱの香りを嗅いだりしながらお茶摘みをしていました。

飽きてきて、他の作物や木に興味が移ってしまう子もいましたが、みんなよく頑張っていました。

あおぐみの子どもたちはさすが4,5歳児、集中してお茶摘みをしていました。

一枚一枚きれいに手の中に入れながら摘む子や、茎の部分から摘み取る子、ミミズやかたつむりを見つけて夢中になってる子様々でした。

実際に硬い葉っぱを触ってもらい、柔らかい葉と比べて手触りが違うことがわかると、「これいいの?」と聞いてくる子が少なくなりました。

「1・2・3・4・5…」数を数えながら葉っぱを摘む子も見られました。

カゴの中にたくさんのお茶の葉がたまっていきました。

みんなが摘んだお茶の葉は昼から製茶工場へ持っていきます。

新茶を飲めるのを楽しみにしていてくださいね

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »