« きんかんちぎり(あおぐみ) | トップページ | おにぎりの日(正しい食事のマナーを学ぶ) »

2016年12月16日 (金)

リトミック16

昨日の夕方くらいから冷え込みが厳しくなり、今朝は身震いするくらいの寒さでした。

本格的な冬の訪れを感じます。

リトミック16でした。

ももぐみの活動では…

Dsc01924Dsc01937Dsc01939Dsc01943

Dsc01944Dsc01952Dsc01953Dsc01958

10日のお遊戯会で忍者を発表しました。

子どもたちとっても頑張ったので、褒めました。

が…お遊戯会も終わり、クリスマスも近いということで、子どもたちはソワソワした様子。

気もそぞろな感じでした。

♪やきいもグーチーパーで手遊びしました。

フレーズのまとまりの所で“グー”チョキで“チー”パーで“パー”と体を使って表現します。

最後には先生とジャンケンをします。

勝った人だけが続きをします。

即時反応の活動ではももぐみの子どもたちは劇で“きんたろう”をやったので、♪まーさかりかついできんたろう…の曲でまさかりを担いで、金太郎になって歩きました。

劇の中ではウサギ・イノシシ・ウマ・オオカミ・クマが出てきたので、動物の曲でその動物になって歩いたり、跳んだり、ギャロップしたりしました。

♪サンタクロース の歌をみんなで歌いました。

“あーかいきものの サンタクロースサンタクロース おおきなふくろをおもそにしょって どこへいくの しーろいおひげの サンタクロースサンタクロース おみやげいっぱいよいこにあげよ うんとこしょどっこいしょ ”子どもたちはよく歌っていました。

「“サンタクロースサンタクロース”の所は声に出さずに、心の中で歌ってね」と言って歌い始めました。

出だしの“サン”と声が出てしまった子が2,3人。

しかし、言われたことをちゃんと理解していて、その次はちゃんと歌っていました。(心唱の部分も声に出して歌うところも)

心唱する部分を変えても、心でちゃんと歌っていて、声に出して歌うところも歌えていました。

子どもたちに“サンタクロース”になってもらい、大きな袋にいっぱいおみやげを入れて♪サンタクロース の曲に合わせて重そうに歩いてもらいました。

ゆっくり歩くというのはなかなか難しいようで、重い荷物を持って歩くというのがなかなか想像できない子もいるようでした。

おみやげを配ったので、だんだん荷物が軽くなります。

だんだん速く(四分音符)で歩きます。

おみやげが1つになったので、早くお家へ帰りたくてかけあし(八分音符)で走ります。

屋根の上へ登って、煙突をのぞき込むと…煙突から暖炉へ落っこちてしまいました。

子どもたちに「サンタさん頑張ったからみんなにもプレゼントがあるよ。開けてみて。なんのプレゼントだった?」と聞いてみると、「チョコレート・仮面ライダー…」いろんなものが上がっていました。

♪キラキラ星 の曲で歩きます。

久々にフープを出しました。

2人組で活動します。

四分音符の曲の時にはフープの中に入って手合わせをします。

二分音符の曲の時にはフープを持って(外側で)ユラユラ揺らします。

八分音符の曲の時にはフープの周りを走ります。

最初はフープを外側で持って、ユラユラ揺らすのが難しかったようで、練習しました。

歩いて、曲を聞き分けて3つの動作をします。

忍者試験を行いました。

忍者の曲に反応して、低姿勢で走ったり、屋根の上へジャンプして歩いたり、手裏剣を上下に飛ばしたり、ほふく前進で地面を進んだり、水面を泳いだり、水の中を泳いだりしました。

新しい術をやってもらいました。

フープを3つ縦に並べて、忍者のポーズをして連続で両足ジャンプします。

フープの中へジャンプするのが難しかったり、タイミングがつかめなかったり…結構大変そうでした。

ジャンプの技を磨きたいと思います。

忍者になれたということで、手裏剣をプレゼントしました。

Dsc00177Dsc00178Dsc00181Dsc00182

Dsc00185Dsc00187Dsc00188Dsc00189

Dsc00190Dsc00191Dsc00193Dsc00196

あおぐみ
の活動では…

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップ

即時反応では♪きらきら星 の曲に合わせて様々なテンポに合わせて歩いたり、かけあししたりしました。

こちらが言わなくても歩くときに手も叩きながら、ゆっくり歩きの時には手も大きく叩きながら、走るときはほっぺをティティティティとツンツンしながら走っています。

歩く時には合図の音で腕をキラキラしたり、しゃがんだり、回ったり、反対向きになったり様々な動きをします。(よく覚えていました)

足は二分音符のリズムで、手は四分音符のリズムで歩くをやってみました。

前やった時よりも出来るようになっている子が増えていて、足も大きく歩く、手も叩くが上手になっていました。

リズムの聞き取りもわかってきたようです。

♪サンタクロース の曲を歌ってもらいました。

さすがにあおぐみのこどもたち。

歌詞もよく覚えています。

心唱をしてみました。

最初はももぐみと同じで“サンタクロースサンタクロース”の所は心の中でと指示しましたが、「ハイ」と先生が言ったら声に出さない、また「ハイ」と言ったら声に出して歌うとレベルを上げました。

声に出さなくても、心の中で歌っていないと次に声に出して歌うときにどこから歌ってよいかわかりません。

子どもたちは心の中でよく歌を歌えていました。

輪唱をやってみました。4つのグループに分かれて、最初歌い始めたグループの2小節遅れで次のグループがまた2小節遅れで次の次のグループが歌いだします。

他のグループにつられないように、自分のグループで最初から最後まで歌を歌います。

これが難しかったようで、うまくまとまりませんでした。

久しぶりに“ハンドサイン”やってみました。

ドレミファソラシドドシラソファミレドをハンドサインと音の高低でやってみます。

子どもたちはよく覚えていました。

お遊戯会で合奏をした「メリーさんのひつじ」をハンドサインでやってみました。

階名もよく覚えていて、ハンドサインもやっていました。

♪キラキラ星 もハンドサインで階名を言いながらやってみました。

クリスマスも近いので、“ハンドベル”でメリーさんのひつじを演奏してみました。

“ミーレドレミミミレレレミーソソミーレドレミミミレレミレド”ドレミソの音を一音ずつ子どもたちに担当してもらって、4人グループに分かれてやってみました。

自分がどの音の担当かをわかって、心で歌いながら自分の音の時にはベルをならします。

初めてだったので、階名で歌いながら、指示しながらやってみました。

1・2、1・2・3、1・2・3・4で足で歩いて、手で叩くをお遊戯会で披露しました。

違うバージョンをやってみました。

最初は1は先生が手を縦に広く叩く、2は子どもたちが横に手を叩くです。

つられないように、集中力が必要です。

1は先生が叩き、2・3、2・3・4は子どもたちが手を叩くもやってみました。

♪お正月 の曲で歩き、曲が止まったら2人組になります。

ジャンケンをして、勝った人は1を叩く人、負けた人は2、2・3、2・3・4を叩く人になります。

1を叩く人は縦に高く手を叩き、2、2・3、2・3・4を叩く人は1の人が叩いた間で(横に広く)手を叩きます。

これがお餅つきをしているように見えます。

子どもたちで工夫して、最後のほうではほぼみんな出来ているようでした。

曲に合わせて1・2、1・2・3、1・2・3・4でお餅つきやってみました。

♪アブラハムには七人の子一人はのっぽであとはちび みーんななかよくくらしてる さあおどりましょう 右手(右手)…

右手・左手・右足・左足・頭・おしりと動かす部位がだんだん増えて、最後には全身を揺らして踊ります。

最初は歌っているだけですが、だんだん動きが激しくなってきます。

子どもたちと一緒にやってみました。

楽しんで動いているようでした。

季節の歌や活動を取り入れながら、子どもたちがリトミックを楽しんでくれるようにしていきたいと思います。

 

 

|

« きんかんちぎり(あおぐみ) | トップページ | おにぎりの日(正しい食事のマナーを学ぶ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きんかんちぎり(あおぐみ) | トップページ | おにぎりの日(正しい食事のマナーを学ぶ) »