« お芋ほり(き・もも・あか) | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »

2016年11月18日 (金)

リトミック13



昨夕から雨が降って、雨が上がりましたが、しっとりとした日です。

リトミック13でした。

諸事情により1回リトミックが出来なかったので、約1か月ぶりでした。

ももぐみの活動では…

Dsc09423Dsc09427Dsc09435Dsc09438

Dsc09446Dsc09448Dsc09452Dsc09459

Dsc09462Dsc09471Dsc09474Dsc09477

Dsc09480Dsc09486Dsc09498Dsc09499

Dsc09511Dsc09518Dsc09515Dsc09522

曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら子どもたちも止まり、合図でジャンプしたり、反対向きに歩いたりします。

ジャンプをして屋根に上がり、歩いたり、走ったりします。

ミカン狩りへ行った時のことを思い出し、木の上になっているミカンをとってかごに入れたり、(高音)地面に落ちたミカンを拾ったりする(低音)活動をしました。

曲のテンポが変わって、ゆっくりになったり、速くなったりします。

お遊戯会の練習をしました。

ももぐみの子どもたちは「忍者修行」をします。

火の術で、スカーフを手に握って、準備をします。

合図の音がしたら一斉に、敵から目くらましをするために握っていたスカーフを投げます。

投げたら敵に見つからないように、すぐにしゃがみます。

二人組になります。

二人で壁を作って、歩きます。

曲が止まったら、壁も動きません。

壁が動いたら敵に見つかってしまいます。

男の子・女の子に分かれて、壁を作ります。

曲が流れているときには歩き、曲が止まったら壁も止まります。

敵に見つからないように水面を泳ぎます。

合図の音で水中にもぐったりします。

屋根の上へジャンプします。

敵に見つからないようにそーっとそーっと、足音を立てないように歩きます。

またジャンプして地上へおります。

2人組になります。

トンパチントンパチン手合わせをします。

違うお友だちと2人組になって、お互い手をつないで“エイ!エイ!エイ!エイ!”と声をかけながら腕を前後に動かします。

またまた違うお友だちと2人組になって、曲に合わせてお友だちのほっぺをティティティティとツンツンします。

おでこ・鼻・肩・おなか・背中…など体の部位に触れます。

背中と背中をくっつたまま、歩いてみます(進んでみます)。

“大きな栗の木の下で”の歌に合わせて手遊びします。

心の中で歌う歌“心唱”をやってみました。(動きだけをやって、歌は歌わない)

一部の歌詞(大きな)だけを声に出して、あとは心の中で歌うというのもやってみました。

忍者修行の見せどころ、ロープ綱渡りをやってみました。

2本のロープをそれぞれ渡して、その上を落ちないように歩きます。

曲が止まったり、敵がやってきたら止まります。

ロープから落ちると周りは川なので、危険です。

慎重に、しかし素早く歩けるように練習しました。

忍者になりきって、忍者ポーズで歩いている子もいました。

あおぐみの活動では…

Dsc09527Dsc09537Dsc09543Dsc09555

Dsc09563Dsc09564Dsc09565Dsc09566

Dsc09567Dsc09582Dsc09583Dsc09584

Dsc09589Dsc09591Dsc09602Dsc09603

Dsc09610Dsc09624Dsc09627Dsc09632

♪お友だちとこんにちは でウォーミングアップ

2人組になります。

①2人組で左右交互に手合わせする。

違うお友だちと2人組になって、②両手をつないで、体をユラユラ揺らす。

また違うお友だちと2人組になって、③ティティティティ指合わせをする。

それぞれの曲を聞き分けて、①②③どのお友だちとやったか思い出して、それぞれの動きをします。

手合わせをしながら一つの大きな丸を作ります。

子どもたちにハンドルとテニスボールを渡します。

自分の目の前にハンドルをおき、その中にテニスボールを入れます。

“1・2・1・2・1・2・1・2・…”の合図で隣のお友だちにボールを渡します。

1で左手でボールをつかみ、2でそのままお友だちのハンドルの中にボールを入れます。

それを繰り返します。

“1・2・3・1・2・3・1・2・3…”の合図で1で左手でボールをつかみ、2で左手にあるボールを右手につかみなおし、3で右手でお友だちのハンドルにボールを入れます。

コツをつかむと出来るようになってくるのですが、それまでが難しいようで、何度も練習しました。

言葉の指示と行動をむずびつけます。

曲に合わせて(テンポに合わせて)歩いたり、走ったり、止まったりします。

みんなの前で、よくできている(歩いたり、走ったりしてほしい)子に見本を見せてもらいます。

お友だちがやっているのを見るのも、そして自分はどうすればよいか(動けばよいか)を考えることを学びます。

「木に登ったことがある人」とマツダ先生が子どもたちに質問します。

すると、子どもたちが「やったことあるー」と言います。

みんなの前でやってもらいます。

恥ずかしさもあって、なかなか動けません。

しかし、木に登る感じは出ています。

手と足を使って登ります。

そして、降りるときにはジャンプするのではなく、腕を使って降りてきます。

子どもたちを4つのグループに分けます。

二分音符のリズムの曲のグループ(ぞう)の人は黄色のカラーボードを持って、運転しながらゆっくり歩きます。

四分音符のリズムの曲のグループ(うさぎ)の人は白色のカラーボードを持って、運転しながら歩きます。

八分音符リズムの曲のグループ(りす)の人は赤のカラーボードを持って、運転しながらかけあしします。

タッカのリズムの曲のグループ(うま)の人は青のカラーボードを持って、運転しながらスキップします。

曲(リズム)を聞き分けて、動きます。

自分たちの曲(リズム)が聞き分けられて、動けるようになったら、音をよく聞いてどのグループのリズムがなっているか聞き分けます。

同時に2つのグループの音がしています。

子どもたちは「違う音が聞こえてるよね?うさぎもなってるよね?」と気づいたようです。

この気づきが大事です。

2つのリズムの音がなっているときは2つのグループが同時に動きます。

1・2、1・2・3、1・2・3・4足で1・2、1・2・3、1・2・3・4、足で歩いて、止まって手を叩きます。

2と言われたら1・2、3と言われたら1・2・3、4と言われたら1・2・3・4歩いて、手を叩きます。

以前やったことがあるので、子どもたちはスムーズに動いていました。

フープをおきます。

ケンパケンパケンケンパを“やきいもグーチーパー”の曲(フレーズ)に合わせて動きます。

繰り返します。

だんだん、リズムに乗って、曲に合わせてケンケンパーが出来るようになってきます。

お遊戯会で披露しますので、楽しみにしていてくださいね

|

« お芋ほり(き・もも・あか) | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お芋ほり(き・もも・あか) | トップページ | おにぎりの日(自分たちでおにぎりを作る) »