« 県立博物館・メルヘン館見学(年長児) | トップページ | 実習生お別れ会 »

2016年8月26日 (金)

リトミック9

まだまだ暑い日が続いていますが、夕方の影の長さをみると確実に秋が近づいているのを感じます。

リトミック9でした。

ももぐみの活動では…

Dsc03664Dsc03669Dsc03677Dsc03683

Dsc03687Dsc03692Dsc03693Dsc03703

Dsc03709Dsc03717Dsc03723Dsc03727

イワサキ先生が即時反応の活動をしました。

♪アイスクリームの曲に合わせて歩き、合図の音で手をキラキラしたり、しゃがんだり、ジャンプしたり、一周回ったり、床に横になって転がったりを組み合わせて動きました。

♪あさ(あさ)おきたら(おきたら)おはよう(おはよう)げんきに(げんきに)おはよう(おはよう)おはよ(おはよう) という歌をマツダ先生が歌います。

先生が先に歌って、あとから子どもたちが歌います。

先生が歌うように子どもたちも真似をして歌います。(歌だけでなく、動きや表情などもまねる)

朝起きたばっかりでだるそうにしていたり、どなってのどが枯れそうに歌うのも真似をします。

子どもたちは結構笑っています。(自分たちの様子を真似しているとわかっているようでした)

女の子はブルーのゴム、男の子はピンクのゴムを持ちます。

先生がトントンとウッドブロックをたたいて、子どもたちは様々なところにゴムを動かします。ポーズで持っているゴムでピタッと止めます。

するといろいろな形が出来上がります。

トトトトというリズムでも動かしてみます。

ゴムを動かすのは上下左右様々な場所があります。(空間を使います)

曲に合わせて歩きます。

2人組と言われたら2人組を作って、曲に合わせてトンパチントンパチンと手合わせをします。

お友達と別れて、今度は違うお友達と2人組を作ります。

手合わせをします。

曲に合わせて歩き、「最初に2人組を作ったお友達と2人組になって」と言われます。

手合わせをします。

「2番目に2人組になったお友達と2人組になって」と言われて手合わせをします。

ちゃんとお友達を覚えていたでしょうか?集中していないと、「誰だったっけ?」ということになります。

マツダ先生お手製の鍵盤カードを子どもたちに渡しました。

そして右手人差し指には動物シールを貼ってもらいました。

鍵盤にはドからドまでに色シールが貼ってあります。

ドは赤・レは黄・ミは緑・ファは白・ソは青色が貼ってあります。

ピアノでドレミファソの音を聞きながら、色を聞きながら指で鍵盤を押します。

子どもたちは一生懸命鍵盤を押して、色や音を感じていました。

スイカのボールが1つ出てきました。

子どもたちは1つの大きな丸を作ります。

前にした活動「1・2・3・4ハイどうぞ」をしました。

最初は隣の人に「1・2・3・4ハイどうぞ」で「どうぞ」でボールを渡していました。

タイミングを計るのが難しいのですが、ボールを持って言葉に合わせてリズムをとっている子も見られました。

以前よりもずいぶん上手にリズムをとって、ボールを渡せていました。

「1・2・3・4ハイどうぞ」「1・2・3・4」で歩いて行って、「ハイどうぞ」でお友達にボールを手渡します。

その時、同じ子にばかりボールを渡すのではなくて、まだボールをもらっていない子をみながら渡しました。

絵本を見るために、あおぐみの部屋へ移動しました。

あおぐみの部屋へ着き、座ると、マツダ先生が絵本「あーといってよあーと」を読み聞かせしてくださいました。

この絵本には上を向いたり、下を向いたりして「あー」と声を出したり、手を口やのど、胸に当てて声を出したり、手を広げて声を出したり、「あー」の声が色線で描かれていて声の長さがわかったりします。

子どもたちも一緒に声を出して楽しんでいました。

黒いものが出てきました。

「これなんだと思う?」とマツダ先生が子どもたちに聞くと、「おうち、黒い段ボール」など声が上がりました。

「おばけ」と声が上がると「そうだよ」「キャー」と声がしました。

「全然、怖くないよ」と言っている子もいます。

「この中に何か入ってるんだけど、何が入っていると思う?」

「触ってみたい人?」「ハーイ」と手が上がります。

指で触ってみます。

「???」

「ヘビみたいなもの?」

先生が指を入れて触ってみます。

引っ張ってみます。

長ーい紐でした。

「紐を引っ張って、その紐が終わるところまで“あー”って言っててね」

紐が途切れるところを注意深く見ています。

紐がなくなったところまで“あー”と声を出しています。

長い紐、短い紐いろいろです。

子どもたちにも紐を引っ張ってもらいました。

もも・あおぐみの子どもたち一緒に歩きます。

曲が止まったらもも・あおぐみの子で2人組を作ります。

手合わせをします。

違うお友達とまた2人組を作ります。

手合わせをします。

「一番最初のお友達と二人組を作って」と言われたので、最初にペアになった人と2人組を作って手合わせをしました。

ももぐみの子どもたちは自分たちの部屋へ帰っていきました。

Dsc03728Dsc03729Dsc03730Dsc03735

Dsc03737Dsc03739Dsc03754Dsc03755

Dsc03758Dsc03759Dsc03762Dsc03766

Dsc03777Dsc03778Dsc03784Dsc03786

Dsc03791Dsc03799Dsc03804Dsc03813

Dsc03814Dsc03823Dsc03825

あおぐみ
の活動では

アカサキ先生が♪アイスクリームの歌で即時反応の活動をしました。

合図で腕をキラキラさせたり、回ったり、床でゴロゴロ回ったり、しゃがんだり、ジャンプしたりを組み合わせて動きました。

曲に合わせて歩きます。

二人組になって手合わせをします。

音をよく聞いて、小さな音でも出来るようにします。

みんなで1つの円を作ります。

「1・2・3・4ハイどうぞ」「1・2・3・4」で歩いて行って、「ハイどうぞ」でお友達にボールを渡します。

鍵盤カードを一人ずつに渡されて、右手の人差し指にシールを貼ってもらいます。

あおぐみは以前もカラーポイントを歩いて、ドレミファソラシドの音を聞いて、音に対応したところを歩く活動をしています。

音を聞いて、ドレミファソラシドを指で押さえます。

ドからどまで色シールが貼ってあるのですが、あおぐみはできるだけ音を聞いて鍵盤を押します。

鍵盤カードを床に置いて、ドレミファソラシドを音に合わせて歩いたり、ドシラソファミレドは後ろ向きで歩いたりします。

音が目に見えるように、ハンドサインで音の高低を表したり、ドレミファソラシドのハンドサインをしたりします。

最後は音の聞き分けでドレミファソラシドを指で押してみました。

2人組になります。

♪南の島のハメハメハ大王 の曲で

一番と言われたらトンパチパチパチと手合わせをする。

二番と言われたらトンで手をたたいて、右手左手右手と手合わせをする。

三番と言われたら両手をつないで揺れる。

一番・二番・三番の動きを覚えます。

曲を聞いて、動きます。

子どもたちはよーく覚えていて、番号に合わせた動きをしようとがんばっていました。

それを3人組・4人組・5人組でもやってみます。

ピアノに合わせて走ります。

子どもたちはピアノの曲が終わっているのに走っています。

誰も止めません。

ずーっと走っています。

子どもたち同士、ぶつかったり、つまずいたりして「痛い」と泣いている子もいます。

それでもずーっと続いています。

マツダ先生が子どもたちに「ピアノの曲は止まっているのにどうしてずーっと走っているの?」と投げかけます。

「みんなが走っていたから…」

「じゃあ、みんながやってたら自分もするんだ。なんでも。」

「…。」

「リトミックの前にするお約束は何だっけ?」

「よく耳で聞く、先生の言うことを聞く」

「それだけだっけ?」

小さな声でぽそっと「頭によく入れる」

「みんなそれが出来てたっけ?どれもできてないよね。もうピアノもいらないね、先生たちもいらないね。先生はもうリトミックに来なくてもいいね。」

子どもたちは神妙な顔をしていました。

最後に3つのグループに分かれて、「1・2・3・4・5・6・7・8」で歩いて行ってポーズをする活動をしました。

とっても楽しんだり、考えたり、怒られたり…いろんな感情を味わえたとっても深いい時間になったと思います。

|

« 県立博物館・メルヘン館見学(年長児) | トップページ | 実習生お別れ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 県立博物館・メルヘン館見学(年長児) | トップページ | 実習生お別れ会 »