« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月27日 (水)

リトミック7

うす雲が広がっていて、昨日よりは過ごしやすく感じます。

リトミック7でした。

ももぐみの活動では…

Dsc01988Dsc01993Dsc01994Dsc01995

Dsc02009Dsc02006Dsc02016Dsc02024

Dsc02031Dsc02032Dsc02036Dsc02042

Dsc02045Dsc02049Dsc02056Dsc02059

手をブラブラブラブラ…と振って、マツダ先生が手を持っていくところへ子どもたちも真似をして体の部位に手を持っていきます。

“まーるくなーれまーるくなーれ1・2・3・4”でわらべ歌に合わせて、みんなで大きな丸を一つ作ります。

「まーるくなーれまーるくなーれ1・2・3・4」の間にきれいな丸を作るんだよ。」

何度か繰り返すうちに、サッと丸を作れるようになっていきました。

丸くなっていたのを、バラバラにしてまた歩いて「まーるくなーれ…」が聞こえてきたら、丸を作ります。

長い、大きなわっかのゴムをみんなで握ります。

“1・2・3・4ポーズ”1・2・3・4で握っているゴムを上下、横などに動かします。

“ポーズ”でピタッとポーズして止まります。

男の子・女の子に分かれて、それぞれ「まーるくなーれまーるくなーれ1・2・3・4」丸くなります。

いったん、バラバラになって、歩いて「まーるくなーれ…」が聞こえてきたらサッと丸い輪を作ります。

男の子・女の子それぞれで大きなゴムの中に入って電車になります。

音楽に合わせて歩きます。

“ポッポー”と先生が合図の音を出したら、“ポッポー”と言いながらこぶしを上にあげます。

みんなで大きな丸を作ります。

スイカのビーチボールが出てきました。

ビーチボールを持っている人が「1・2・3・4」で歩いて行って、「はいどうぞ」でお友だちにボールを渡します。

ボールをもらったお友だちは「1・2・3・4」で歩いて行って、違うお友だちに「はいどうぞ」とボールを渡します。

それを繰り返します。

遠くにいるお友だちの所へ行くときには大きく歩き、近くのお友だちへボールを渡しに行くときには小さく歩いて行って、「はいどうぞ」でボールを渡せるようにします。

その間隔を取るのが難しいようですが、繰り返して身に付けていきます。

ホイッスル笛が出てきました。

「ヒュルルルルルル…」面白い音がします。

音の高低がよくわかります。

音が低い時にはしゃがんで、だんだん音が高くなるにつれて体をのばしていきます。

音が高い所から「ヒュルルルルルルル」低い所へ音を聞きながら体を大きく伸ばしていたところから床へしゃがむを素早くやったり、ゆっくりやったり、いろんな高低をつけてやりました。

ホイッスル笛に合わせて歩いてみました。

子どもたち一人一人にスカーフが渡されました。

音楽に合わせてスカーフを手に持って歩く、“おばけの音”がしたらスカーフを頭にかぶって、おばけに見つからないように静かに音をたてないように歩く。合図の音がしたらピタッと止まる。を音楽に合わせてやってみます。

子どもたちがおばけではなく、“おばけが出てきた”ということで、見つからないようにそーっとそーっと歩きます。

足音や音を立てたら、おばけにつかまります。

ピタッと止まった時にも動くとおばけにつかまってしまいます。

子どもたちは「怖い~」と言いながら、即時反応もしっかりできていました。

1人1個ずつお手玉が渡されました。

「おにぎりおにぎり…」と言いながら左右の手でお手玉をキャッチします。

“ピューン”と声がしたら、お手玉を上へ放り投げます。(放り投げるのは高くではなく、自分の目の高さぐらいで)

あまり高く放り投げると、キャッチ出来なくなってしまいます。

何度か繰り返し、練習します。

お手玉を床に置いて、歩きます。

“あそぼー”と声がしたら、2人組になって、手合わせをします。

曲を聞き分けて、お手玉を握ったり、キャッチしたり、放り投げたり、歩いたり、手合わせしたりを繰り返します。

よく音に反応していました。

絵本「ぼくのいちにち どんなおと?」を読み聞かせてもらいました。

Dsc02068Dsc02071Dsc02076Dsc02079

Dsc02080Dsc02083Dsc02084Dsc02091

Dsc02093Dsc02097Dsc02098Dsc02099

Dsc02103Dsc02116Dsc02123Dsc02130

あおぐみ
の活動では…

♪おともだちと こんにちは で歩きます。

2人組になってあいさつしたり、手合わせしたりします。

合図の音がしたらお友だちと目と目を見合わせて「ヤー」と大きな声を出します。

1・2・3・4・5・6・7・8と数え歩きながら、8の時には手を叩きます。

それを繰り返します。

合図の音がしたら歩く方向を変えます。

年長と年中の子どもたちで分かれます。

一番先頭の人が1・2・3・4・5・6・7で歩いて行って、8の時にポーズをします。

次の人も1・2・3・4・5・6・7で歩いて行って、8でポーズしている人のどこか一か所を触ってポーズします。

それを繰り返します。

最後の人までいくと、1つのオブジェが出来ます。

自分がしたポーズと場所を覚えておきます。

バラバラになって、曲に合わせて歩きます。

合図の音がしたら作っていた場所を変えて、さっき作ったオブジェを再び作ります。

うまくいったら「わぁー出来た!」と声が上がります。

集中力と判断力、記憶力が試されます。

ももぐみと同様、スカーフを手に持って歩きます。

“おばけの音”がしたらおばけに見つからないようにスカーフをかぶって静かに、ゆっくり歩きます。

合図の音でピタッと止まります。

それを繰り返します。

ドレミファソラシドを歌いながらハンドサインで表します。

カラーポイント(赤・黄・緑・白・青・茶・白・赤)を床に置いて、それぞれをつなげます。

カラーポイントはドレミファソラシドそれぞれの色と場所になっています。

マツダ先生が弾く“ドレミファソラシド”に合わせて、カラーポイントの上を歩きます。(音とカラーポイントの色と場所に対応して)

歩くのを繰り返すことで音とテンポを体になじませます。

テンポを速くしたり、ちょっと難しくなって、ドレミファソラシドと順番に行くのではなく、ドレミレなどと音が下がったりします。

音の聞き分けもして、その音のカラーポイントを踏むことをしました。

何度か繰り返すうちに、ドレミファソラシドと順番じゃなく、今は音が下に下がったとか下がった時には後ろへ下がろうかなどの感覚が出てきたようでした。

ドレミファソラシドの音の聞き分けと音の高低を感じる活動でした。

絵本「ぼくのいちにち どんなおと?」の読み聞かせをしてもらいました。

生活の中にはいろいろな音がすること、いろいろな音が聞こえてくること、そして自分でもいろいろな音を出していることがわかったと思います。

こうちゃんの一日を通して、描かれていたのでいろんな擬音語や擬声語がすんなり入ってきたと思います。

子どもたちは「これ、面白い!」と興味深く見入っていました。

様々な活動を通して、リトミックを楽しめたと思います。

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

7月誕生会

遠くから蝉しぐれの声が聞こえてきます。

暑さも最高潮ですね。

Dsc01905Dsc01906Dsc01907Dsc01908

Dsc01909Dsc01914Dsc01915Dsc01919

Dsc01924Dsc01930Dsc01932Dsc01934

7月誕生会
でした。

誕生者は4名(残念ながら1名欠席。きぐみ2名・ももぐみ1名・あおぐみ1名、男の子1名・女の子3名、2歳1名・3歳1名・4歳1名・5歳1名)でした。

小さなお友だちはみんなの前に出てきて緊張していて、同じクラスのお友だちにお名前を言ってもらったり、先生に紹介してもらったりしました。

「好きな動物は?」の質問にうさぎ・キリン・カバ・ゾウなど答えていました。

「好きな食べ物は?」の質問にはブドウ・イチゴなど答えていました。

4歳になったお友だちには「好きな色は?」やお友だちから「大きくなったら何になりたいか?」と質問されて、答えていました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

Dsc01945Dsc01947Dsc01948Dsc01949

Dsc01950Dsc01951Dsc01953Dsc01954

Dsc01956Dsc01967

①カードシアター「涼しくなるもの出てこい出てこい」

カードを使ってお話をしてもらいました。

「うーん、暑い暑い。こんな時には何が食べたい?」とカワグチ先生が子どもたちに質問します。

「かき氷、アイスクリーム、スイカ…」と答えます。

「ひゅるひゅるどろろんぽわん」かき氷の上にアイスクリームの乗ったかき氷くんが出てきました。

先生がかき氷を食べようとしますが…「代わりに涼しくなるものを出してあげるから、僕を食べないで」とかき氷くん。

すると、トウモロコシが出てきました。

「あ、間違えた。あおぐと涼しくなるものってなあに?」と子どもたちに質問します。

「アイスクリーム、かき氷…」???

「じゃあ、あおぐと、涼しくなる“う”のつくものってなあに」と質問すると、子どもたちから手が上がり、「うちわ」と答えていました。

「じゃーん。パタパタパタ。うちわでパタパタすると涼しいなぁ」トウモロコシがうちわに変身して、パタパタあおぎました。

「涼しくなったけど、涼しくなるものを食べたいなぁ。」

おもちゃのヨットが出てきました。

「これは食べられないよ。」

「涼しくなるくだものってなあに?」と先生が子どもたちに質問します。

子どもたちはよく聞いていなかったのか「アイス、かき氷」などと答えます。

「食べると涼しくなるくだもので、“す”のつくものってなあに?」と質問すると、よく聞いていた子が「すいか」と答えました。

「じゃん、ヨットがスイカに変身しました。スイカ、甘くてとってもおいしいね」と先生がパクパクッと食べました。

「スイカを食べたら涼しくなったけど、もっとひんやりするものが食べたいな」

串に刺さったお団子が出てきました。

「えぇー、お団子?」

急いで食べないと溶けてしまう、“ア”のつく食べ物はなあに?」と質問されました。

今度は「アイスクリーム」と子どもたちが答えました。

「じゃん、アイスクリーム。これを食べたらもうかき氷は食べなくていいよね。」

あれ、お空が暗くなっちゃった。こんな時には何かみたいなぁ。」

「花火。ひゅるひゅるひゅるひゅる、あれ、これっておばけじゃない?」

「ひゅるるるるるるー!ドーン」きれいな花火がお空に上がりました。

「かき氷くん、きれいな花火をありがとう。ところでどうしてかき氷くんはさっきから溶けないの?」と先生がかき氷くんに聞くと、「それは本当はドロドロドロドロー僕はおばけなんだよ。」

「キャー、おーばーけー。おばけがかき氷くんに変身していたんだね。涼しくしてくれてありがとう。」

Dsc01968Dsc01969Dsc01961Dsc01971

Dsc01977Dsc01979Dsc01982Dsc01983

Dsc01985Dsc01986Dsc01987

②カワグチ先生マジック披露!

・魔法の筒

黒い色画用紙が出てきました。

クルクルくっと巻いてあります。

それをのばします。

「出てこい出てこいパッ!」みんな、呪文を唱えてね。と先生が子どもたちに言います。

「出てこい、出てこいパッ!」呪文を唱えると…なんと色画用紙からハンカチが出てきました。

「なんか、もう一つ出てくるかもしれない…」

「出てこい、出てこいパッ!」みんなの声が小さかったので、出てきません。

「出てこい、出てこいパッ!」大きな声で言うと、なんとキラキラの飾りが出てきました。

・封筒のヘビ

細長い封筒とヘビが描かれた絵が出てきました。

封筒の端をはさみで切り、ヘビの絵を封筒に入れます。

封筒の中にヘビの絵はすっぽり入りました。

ヘビの絵が入ったまま、封筒の真ん中をはさみで切ります。

「あ、ヘビさんが真ん中から切れちゃった…どうしよう」

おなじないをかけると…ヘビの絵を引っ張ると、切れていませんでした。

・ナナバ

大きな封筒が出てきました。

封筒の中からはてなマークの紙が出てきました。

それとバナナが描かれた紙が出てきました。

「本当のバナナが出てきたらいいねぇ」

はてなマークの紙をひっくり返すと…なんと本物のバナナがスポン!と出てきました。

・バラバラカード

動物とケーキ、そしておめでとうと書かれた4つに分割されたカードが出てきました。

「ほら、バラバラになってるよ、封筒に入れて、ノリを入れたらくっつくかな?」と子どもたちに質問します。

「???」切れているカードが一枚につながるのかどうかわかりません。

4枚のカードを封筒に入れて、ノリを上からかけます。(かける真似)

呪文をかけると…

なんと、動物たちとバースディケーキ、そしておめでとうと描かれた1枚のつながった絵が出てきました。

とっても不思議なことがたくさんで、みんな不思議そうに見入っていました。

7月の誕生会もとても楽しく過ごすことが出来ました

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

そうめん流し(あお・ももぐみ)

毎日暑い日が続いていますね。

一年で一番暑い時期、大暑です。

暑さを乗り切るために(少しでも涼しさを感じるために)保育園ではそうめん流しを行いました。

先生たちは昨日からそうめん流しの台を出して、洗って準備をしていました。

お昼寝の時間にホースをつないで、水がちゃんと回るか、排水するか確認しました。

子どもたちが午睡から起きてくると、ウッドデッキの所にそうめん流しの台があり、子どもたちは嬉しそうにしていました。

台が高いので、積み木を並べてその上に上ります。

そうめんの汁が入ったコップを手にして、準備万端です。

流れる水の中にそうめんを少しずつ入れます。

Dsc01880Dsc01881Dsc01883Dsc01884

Dsc01885Dsc01890Dsc01896Dsc01900

Dsc01903Dsc01904

ももぐみ
の子どもたちはフォークで、あおぐみの子どもたちは自分の箸でそうめんをすくいます。

みんな無言で(というかすくうのに必死で)一生懸命食べています。

「おいしいですか?」と聞くと「おいしい!」と答えます。

最後の最後までそうめんをすくって食べました。

今日、そうめん流しできなかった子は8月にもう一度あるので、楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

プール開き

昨日までの雨が一変して、良いお天気に恵まれ本当に水遊び日和です。

昨日予定していたプール開きでしたが、天気が悪かったので今日に延期しました。

子どもたちは何日も前から「あと何日寝たらプールなの?」ととっても楽しみにしていました。

今日は待ちに待った日です。

水着に着替えて、準備万端です。

水遊びのお約束を確認しました。

とっても楽しい水遊びですが、少しのことが事故や怪我につながることもあります。

Dsc01752Dsc01756Dsc01755Dsc01758

Dsc01762Dsc01766Dsc01767Dsc01771

体操も体をいっぱい動かして、水をかけて体がびっくりしないようにします。

園長先生が塩とお酒と米をまいて子どもたちが水遊びが楽しくできますように、また怪我や事故が起こりませんようにとお祓いをしました。

子どもたちも一緒にお祈りしました。

各クラスで体のストレッチをしてからいよいよ水遊びです。

Dsc01779Dsc01788Dsc01801Dsc01802

あか
ぐみ・ぐみ
はたらいや丸プールで手作りのおもちゃを使って水遊びを楽しみました。

子どもたちはプールに座って水の感触を楽しんだり、体に水をかけたり、少しずつ頭から水をかけたりします。

Dsc01776Dsc01804Dsc01826Dsc01831

Dsc01841Dsc01843Dsc01860Dsc01861

もも
ぐみは自分たちで作ったペットボトルの水鉄砲で遊んでいました。

水鉄砲の水を飛ばすことに慣れることから始めていました。

水を飛ばせるようになると、おばけの絵が描いてあるナイロン袋を水鉄砲で撃ち落とす競争をしていました。

狙いを定めて、水鉄砲を打つのはなかなか難しいようでした。

コツをつかむとおばけを撃ち落とすのも早くなっていました。

プールに入って、様々な動きに挑戦していました。

Dsc01796Dsc01797Dsc01824Dsc01837

Dsc01848Dsc01852Dsc01855Dsc01864

あお
ぐみはまずプールに入りました。

体に水をかけたり、床に手をついて腕の力で進んで行ったり、様々な動きをしていました。

プールから上がると、片栗粉で感触遊びをしました。

最初は粉の状態で触ってみて、少しずつ水を加えて片栗粉がとろーっとなると、粉の時とは違う感触になるのを楽しんでいました。

これから8月まで水遊び・プール遊びを楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

夏野菜クッキング(あおぐみ)

昨日からよーく雨が降り続きました。

昼からは小康状態です。

あおぐみの子どもたちが自分たちで育てた夏野菜(キュウリ・ピーマン・ナス)をクッキングしました。

Dsc01670Dsc01674Dsc01680Dsc01683

Dsc01691Dsc01708Dsc01711Dsc01712

Dsc01718Dsc01722Dsc01735Dsc01742

三角巾とエプロンを身に付けます。

まずはナスを輪切りにします。

切った後はアクがあるので、水にさらしておきます。

ピーマンはヘタを切って、半分に切り種を取り出します。

それを横半分に切って、千切りにします。

キュウリは小口切りにします。

キュウリはビニールやボールに入れて塩もみします。

半分は塩昆布を入れて混ぜます。

ピーマンもビニール袋に入れて塩昆布を入れもみます。

ナスはホットプレートに油をしき、焼きます。

子どもたちはナスが焼ける時の香りを嗅いで「いいにおいがするね」と言っていました。

ナスが焼ける時の音も楽しんでいました。

焼きあがったら甘味噌を塗ります。

とってもおいしい夏野菜のおかずが出来上がりました。

給食の時、他のクラスにもおすそ分けをして食べました。

とってもよいおかずになっていて、子どもたちも喜んで食べていました。

夏の楽しみですね

| | コメント (0)

2016年7月 7日 (木)

七夕まつり(高齢者との交流会)

薄曇りで昨日おとといより涼しく感じます。

今日は七夕

保育園では七夕に向けて子どもたちが七夕飾りを作ってきました。

保育園の大きな七夕飾りを作るのに浜ヶ城公民館の高齢者の方、浜ヶ城保育園の理事の方とお知り合いの方9名来てくださり、交流会を行いました。

体操・かけっこするところを声援を送ったり、拍手してくださったりしてみてくださいました。

Dsc01604Dsc01606Dsc01608Dsc01616

Dsc01618Dsc01620Dsc01623Dsc01625


ももあおぐみ、おばあちゃん方は部屋へ入り、七夕飾りを作りました

始める前にあおぐみの子どもたち3名が「今日は七夕まつりに来てくださってありがとうございます。一緒に七夕飾りを作ったり、飾ったりするのを楽しみにしていました。楽しい時間を過ごしましょう。」と元気はつらつあいさつをして、たくさん拍手をもらいました。

グループに分かれて飾りを作り始めました。

1グループに1人はおばあちゃん方が入ってくださり、子どもたちに飾りを作り方を教えてくださったり、一緒に飾りを作ったりしました。

「これはここにのりをつけて、折り紙をつけるんだよ。」と根気強く声をかけながら作られていました。

長方形・ひし形・三角・わっかつなぎ・貝殻・蜘蛛の巣・野菜・彦星織姫・短冊など様々な飾りの種類、そしてたくさんの数の飾りが出来上がりました。

Dsc01626Dsc01631Dsc01633Dsc01635

Dsc01638Dsc01642Dsc01643Dsc01649

Dsc01650Dsc01651Dsc01657Dsc01665

昨日の夕方取りにいった大きな竹の笹にたくさんの飾りを結び付けました。

その時もおばあちゃん方、先生たちと一緒に手伝ってもらいながらこよりを笹に結び付けていきました。

出来上がった飾りを前に“七夕さま”の歌をみんなで歌いました。

ウッドデッキに出て、全園児とおばあちゃん方記念写真を撮りました。

今年も子どもたちとおばあちゃん方が七夕飾りを一緒に作り、いろいろなお話をしてとっても楽しい時間を過ごせたと思います。

おばあちゃん方、ありがとうございました。

今日の夜、お星さまが見られるといいですね。

是非空を見上げてみてください。

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

リトミック6

朝からぎらぎらと夏の強い日差しが照りつけています。

リトミック6を行いました。

ももぐみの活動では…

Dsc08169Dsc08170Dsc08178Dsc08183

Dsc08193Dsc08194Dsc08205Dsc08210
                                                          頭に両手を置きトントントントンと叩きます。

ほっぺと言われたら、ほっぺをトントントントンと叩きます。

肩・おなか・背中・ひざなどいろんな体の部位をトントントントン叩きます。

子どもたちには丸く座ってもらいます。

「~ちゃん、~くん」と一人一人にボールを手渡します。

「ハアイ」と返事をしながら、先生へボールを手渡します。

「~ちゃん、~くん」の声のトーンや高さを真似するように(子どもたちには先生の真似っこをしてねと言います)そして、先生にボールを手渡すようにします。(ボールを投げないように)

“キラキラ星”の曲で歩きます。

曲が止まったら自分たちも止まる。

合図の音で腕を上にあげてキラキラ、しゃがむ、ジャンプする、立ったまま一周回る、床に横になってゴロゴロする、ダンゴムシになって手足をバタバタさせる、お休みする、風船になって飛び回る、風船が風に揺れるを表現しました。

歩いていて、曲が止まったら「おでことおでこ」などと体の部位を言われたら2人組になって、その部分をくっつけます。

赤・白・黄・青のカラーボードをそれぞれの色の所から1枚ずつとって自分たちで準備します。

赤・白・黄・青のカラーボードを先生が並べた順に(同じく、見本を見て)横一列に並べます。

「いろんな色がありますね」の歌を歌います。

「赤(赤)・白(白)・黄色(黄色)・青(青)」先生が歌って床に置いてあるその色のボードを上にあげたのを見て、後から子どもたちも同じ色のボードを上にあげます。

今度は「赤(赤)・白(白)・黄色(黄色)・青(青)」言われた色のボードを手で叩きます。

色の順番を変えて、言われた色が叩けるかやってみました。

みんな先生の歌をよく聞いていて、カラーボードの色を叩けているようでした。

2人組で入れるようにフープを床に並べます。

“おともだちとおさんぽ”で散歩します。曲が止まったら2人フープに入ります。

曲を聞き分けて2人で手をつないでユラユラする・手合わせをする・フープの周りを走ります。

ユラユラ揺れるのは(曲を聞いてゆっくり揺れる)難しいようでした。

音楽を聞いて何をするのかはよく聞き分けていました。

明日は七夕。

子どもたちに明日は何の日か聞いてみました。

「ひなまつり」という子や「お雛さまとお内裏様」という子が多かったです。

「彦星と織姫はどこにいるのかな?」と尋ねると「お空」と返ってきました。

「お空の遠い遠いお星さまの所に彦星と織姫はいるんだよ。そこに行ってみよう。」

「???」という感じもありましたが、ロケットに乗って、天の川へ行くことになりました。

広がる空(ではないですね宇宙空間)に星を飾ってもらいました。

布で川を流して“天の川”を作りました。

川を渡れないので、“トントントントトトトトト”リズムを真似してもらって橋を架けました。

ロープ2本の細い橋を落ちないようにバランスをとりながら向こう岸まで歩きました。

もう少し後があったのですが…時間がなくなってしまい…またの機会にしたいと思います。

Dsc06095Dsc06109Dsc06106Dsc06112

Dsc06115Dsc06124Dsc06126Dsc06137

Dsc06141Dsc06142Dsc06144

あおぐみ
の活動では…

お母さん座りで座って、手で三角の形を作ってあいさつをします。(ももぐみの子どもたちもやっています)

“リトミックのお約束”「よく聴いて、頭で考える」を確認しました。

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップです。

四分音符・八分音符・二分音符それぞれのテンポで歩いてみました。

初めてだったので、どこで2人組になって歌に入るかがわからなかったので、確認しながら進めました。

即時反応の活動では“七夕さま”で歩いて曲が止まったら自分たちも止まる、合図の音でキラキラする、しゃがむ、一周回る、床に横になってゴロゴロする、ダンゴムシになって手足をバタバタしてバタンと床に手足を投げだす、お休みするなどをしました。

音の高低を感じるために赤いひもを両側から引っ張って水平の時には“真ん中のド”レミファソラシドと音が上がっていくにつれてひもの一方がだんだん高くなっていきます。

ドシラソファミレドと音がだんだん下がるとまた“真ん中のド”に帰ってきてひもが水平になります。

シラソファミレドと音が下へ下がるとひもの一方がだんだん下がっていきます。

「この音はどんな音」とピアノの音(高音)を聞いてもらうと、「上(高い)」と返ってきました。

「この音はどんな音」とピアノの音(低音)を聞いてもらうと「下(低い)」と返ってきました。

音の高い・低いがわかってきたようです。

ハンドサインで音の高低を、そして“かえるのうた”をハンドサインでやってみました。

回数を重ねるごとにハンドサインも上手になってきました。

イヌ・リス・ゾウで歩きます。

それぞれ四分音符・八分音符・二分音符の聞き分けです。

赤・黄・青のフープを出しました。

子どもたちは色のことを覚えていたようで、「イヌは赤、リスは黄色、ゾウは青」と答えます。

音符カードも出しました。

ちょっとうろ覚えな感じでしたが、前やったことをだいたい覚えているようでした。

そして、動物のカード+人間のカードを出しました。

四分音符は女の子が歩いているカード、八分音符は男の子が走っているカード、二分音符は重い荷物を背負った男の人です。

イヌ・リス・ゾウの歩き方と同じなのですが、四分音符はターターターターと手を叩きながら歩く、二分音符はターアンターアンと大きく手を回しながら大きく足を出して歩きます。

“キラキラ星”の曲に合わせてそれぞれを歩いてみます。

ティティティティほっぺをツンツンしながらつま先で駆け足。

ターター手を叩きながら歩く。

ターアンターアン手を大きく円を描いて叩きながら大きく力強く歩く。

手と足がそれぞれの動きを出来るように練習したいと思います。

“おしゃべりなアヒル”を振り付きで踊ります。

ガーガーガーでくちばしをパクパクする、パッパッパッは肘を横にして羽をパタパタする、ぴプリプリプリはお尻をフリふりします。

子どもたちも動きに慣れてきて、速度を速くして歌いながら踊ります。

ガーガーガーの部分を紙コップに凧糸を通して結んだものを凧糸をウエットティッシュで下の方に引っ張るとグァグァグァと音がします。

子どもたちに凧糸つき紙コップとウエットティッシュを配ってやってもらうと…。

音はするのですが、力いっぱい引っ張ってしまい、凧糸がすぐに取れてしまいました。

修理をして、合奏をしたいと思います。

様々な活動を通して、リトミックを楽しめたらと思います。

 

| | コメント (0)

2016年7月 5日 (火)

梅と赤しそを漬ける

園庭ではセミの声がし始め、入道雲がモクモクと湧き上がっています。

昨日は園長先生の元屋敷の菜園に行き、赤しそを収穫して葉っぱをちぎりました。

その後、赤しその葉を洗い、ハマヒラさんにしその葉を塩もみしてもらいました。

今朝、梅と塩をつけてあった樽から梅を取り出し、梅を陰干しして梅酢と分けました。

Dsc01500Dsc01503Dsc01506Dsc01511

Dsc01514Dsc01515Dsc01521Dsc01526

あおぐみ
の子どもたちには梅酢と塩もみした赤しその葉っぱをもんでもらって、再び樽へ梅を並べその上から赤しそを入れていく(繰り返し)作業をしてもらいました。

塩漬けした梅からは梅酢が上がっています。

赤しその葉っぱは塩もみしたら黒っぽくなっていたのですが、梅酢を入れてもむと赤紫色に変身しました。

子どもたちにはグループごとに梅酢を入れた赤しそをもむのと、梅を並べていってその上から赤しそを平らにならしていく作業を交替交替やってもらいました。

「梅干の匂いがする。梅のいいにおいがする」「~は梅干好きだよ」「~は梅干嫌いだよ」

いろいろな会話を楽しみながら活動していました。

一つの樽に収まった梅干を重石を乗せて漬け、蓋をしました。

一年で一番日差しの強い土用の時期、赤色に染まった梅干を3日間日に干すと梅干の出来上がりです。

あともう一息です。

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

しそ収穫・しそちぎり

朝からぐんぐん気温が上がっています。

日差しも夏の到来を感じさせます。

Dsc01457Dsc01459Dsc01461Dsc01465

あおぐみの子どもたちに園長先生の元屋敷に植えてある赤しその収穫へ行ってもらいました。

2週間余り前、あおぐみの子どもたちに梅を塩漬けしてもらいました。

赤しそは根元を持って、土から引き抜きます。

そして、根っこについている土を地面に打ち付けてパンパンと落とします。

たくさん収穫して、保育園へ帰ってきました。

Dsc01483Dsc01484Dsc01485Dsc01487

Dsc01488Dsc01490Dsc01491Dsc01495

収穫してきた赤しその茎から葉っぱをちぎります。

子どもたちの人数がたくさんいるので、思っていたよりも早くしその葉をちぎることが出来ました。

みんな集中してちぎっていましたよ。

赤しその葉っぱはきれいに洗って、塩もみします。

明日、梅の実を梅酢の中から取り出して少し干して、塩もみした赤しそを梅と一緒に漬け込みます。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »