« 芋の苗植え | トップページ | リトミック4 »

2016年6月 7日 (火)

消防訓練(いちき串木野消防署)

梅雨の晴れ間ですっきりと晴れ渡っています。

いちき串木野市消防署から消防士3名の方に来ていただいて、消防訓練を行いました。

子どもたちは体操・かけっこをし終わったころに給食室から“火事だ!”と声が上がりました。

口々に“火事だ”と伝わり、非常ベルがなりました。

子ども達は所定の避難場所へサッと集まりました。

先生達は子ども達を避の難誘導して、部屋の窓やドアを閉めて、逃げ遅れた人がいないか確認をします。

月1回の避難訓練の成果で“火事だ”の声と非常ベルの音で非難するというのが身に付いてきました。

Dsc00911Dsc00912Dsc00913Dsc00914

Dsc00916Dsc00918Dsc00919Dsc00920

Dsc00922Dsc00923Dsc00924Dsc00926

Dsc00930Dsc00932Dsc00935

消防士の方から「みんなの命は一つしかないとっても大事なものです。どこにも売っていません。火事で逃げ遅れたらその命がなくなってしまいます。火事が起こった時には“おかしも”を守ってください。」

子どもたちに“おかしも”を質問されました。

お”は押さない

“か”はかけださない

“し”は静かに(しゃべらない)

“も”は(建物内に)戻らない

消防訓練に何度か参加している子どもたちはすぐにピンときて、質問に答えられました。

命を守ることは何度も何度も繰り返すことが大事です。

「おうちでライターやマッチを絶対に触らないでくださいね」と消防士さんが言われました。

3名の先生たちによる初期消火訓練を行いました。

今回は本物の消火器を使って、消火をしました。

あまりないことなので、みんな緊張気味。

消防署から持ってこられた鉄板にガソリンを注いで、火を付けます。

パッと火が上がります。

「火事だ!」と言って、消火器を持って火元へ駆けつけ(距離を保って)ノズルを構えて、黄色のピンを外し、レバーを握ります。

すると消火の粉末が一気に噴出します。(レバーを握って粉が噴出する時間は15秒だと教えてもらいました)

そして、火元に粉がかかるようにして消火します。

先生達はしっかりと消火していました。

Dsc00937Dsc00941Dsc00948Dsc00954

Dsc00955Dsc00958Dsc00961Dsc00964

子どもたちが楽しみにしていた“消防車見学”をさせてもらいました。

あかぐみから順に写真撮影をしたり、消防車の様々な機器や道具を見せてもらいました。

ヘルメットをかぶせてもらったり、水を噴射する先端の部分を持たせてもらったりしました。

子どもたちも興味深く見入ったり、消防士の方々とお話をしたり見学の時間を満喫していました。

「ありがとうございました」とあいさつをして、保育園へ帰っていきました。

火事や災害はいつ起こるかわかりません。

今日の消防訓練、日ごろの避難訓練を身につけていきたいと思います

|

« 芋の苗植え | トップページ | リトミック4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芋の苗植え | トップページ | リトミック4 »