« お茶摘み | トップページ | 野菜の苗植え(あお・ももぐみ) »

2016年5月 6日 (金)

リトミック2

朝のうちはまとまった雨が降っていましたが、お昼前にはやんで小康状態です。

リトミック2でした。

ももぐみの活動では…

Dsc00310Dsc00309Dsc00313Dsc00318

Dsc00319Dsc00320Dsc00322Dsc00329

Dsc00334Dsc00338Dsc00339Dsc00341

Dsc00348Dsc00358Dsc00362Dsc00365

Dsc00371Dsc00379Dsc00387Dsc00392

「~ちゃん~くん」とマツダ先生が子どもたち一人一人に名前を呼んで、「ハアイ」と子どもたちは返事をします。

その時、タンバリンも一緒に手で叩きます。

「ごめんください」と先生が言うと、「トントントン」と子どもたちがタンバリンを叩きます。

チョウチョの曲に合わせて即時反応です。

曲が止まったら子どもたちも止まる。

合図の音がしたら手をキラキラしたり、床にしゃがんだり、ジャンプしたりします。

チョウチョになって飛び回ります。

青いカラーボードを子どもたちに配ります。

「これはどんな形かな?」とマツダ先生が子どもたちに質問します。

「三角かな?丸かな?」

誰かが「四角」と答えました。

「これはカラーボードと言います。パキッと割れてしまったら使えなくなるから大事に優しく使ってね。そして、食べないんだよ。」と約束をしました。

カラーボードを床に置きます。

まるで水たまりが出来たようです。

ボードを踏まないで歩く、曲が止まったら青いボードに乗ります。

合図の音で青いボードからジャンプして床におります。

合図の音を聞いたり、「せーの」で準備します。

言われた体の部位をボードにつけます。

おしり・おなか・耳(交互に)・おでこ言われたところをボードにつけていました。

ドライブするので、青いボードを両手で持ってハンドルにします。

歩く速度からだんだん曲が速くなって、車の運転も速くなります。

曲が止まってしまいました。

ガソリンがなくなったので、ガソリンを入れます。

ドライブが終わって、バックで駐車場へ入れます。

ボードも男の子・女の子で場所を決めて自分たちでなおしました。

動物の絵カードが出てきました。

イヌ・リス・サル・ネコのカードが出てきて、イ・ヌ(かわいい犬・かっこいい犬・怖い犬・おなかが空いた犬)の鳴き声を表現して、手拍子します。

イヌ・ワンワン・1・2と手拍子をします。

おはじきが出てきて、「犬はいくつかな?」と子どもたちに聞くと、「2」と言ったり、指で「2」としたりします。

サル・ネコも同様にします。

名前と鳴き声(動作)が2というのが結びついたようでした。

子どもたちには紙コップの中におはじきを入れて一人ずつに渡しました。

子どもたちにはイ・ヌと言って、紙コップの中からおはじきを出してもらいました。

難しいので、戸惑っている子もいましたが、1・2が結びついている子はおはじきを2つ紙コップの中から出していました。

絵カードでウ・サ・ギを先生が出しました。

ウ・サ・ギは1・2・3ですね。

紙コップからおはじきを出すのをやってみましたが、3つおはじきを出すのにはちょっと苦戦しているようでした。

マツダ先生が袋を取り出しました。

中に何か入っているようです。

中を見ないで、触って何が入っているか考えます。

子どもたちは「何かフワフワしてる。柔らかい。鳥?」など答えます。

怖くて袋の中に手を入れない子もいます。

フープでおうちを作ってあげると、袋の中から1ぴき出てきました。

「1匹チュウ」ネズミでした。

袋の中からもう一匹、また一匹とネズミが5匹出てきました。

「チュウチュウチュウチュウチュウ」鳴き声とネズミの5匹を結びつけます。

最後に「ひらいたひらいた」の曲に合わせて手をつないで大きな丸を作り、回りました。

あおぐみの活動では…

Dsc00409Dsc00422Dsc00427Dsc00430

Dsc00441Dsc00443Dsc00452Dsc00455

Dsc00459Dsc00468Dsc00472Dsc00474

Dsc00476Dsc00478Dsc00480Dsc00483

Dsc00494Dsc00490Dsc00498Dsc00501

お父さん指とお父さん指・お母さん指とお母さん指・お兄さん指とお兄さん指・お姉さん指とお姉さん指・赤ちゃん指と赤ちゃん指がけんかをします。

ついにはみんな出てきて、けんかになります。

これではいけないということで、「ごめんなさい、ごめんなさい」とお互い謝って、握手をしましたという指遊びをしました。

♪お友だちとこんにちは でそれぞれ違う2人組になってこんにちはをします。

イヌやサル、ライオン、クマ、アヒルなどの動物になって、こんにちはをします。

「みんなに宇宙人になってもらいます」とマツダ先生。

われわれは宇宙人だ…一定の音(上下しない)で話をします。

「宇宙人はドドドドドドド(他の音でも)だけど、人間はドレミファソラシドっていろんな音の高さでお話をするよね。音は目に見えるかな?」と子どもたちに先生が質問しました。

「見える」という子や「見えない」という子、よくわからないという子(ほとんど)。

「音は目に見えないから、ハンドサインで目に見えるようにします。ハンドサインで外国の人とでもお話が出来るんだよ。」とマツダ先生。

ドはひざの所、ソで肩の高さまで腕を持っていきます。レミファはだんだん高くなって、ソで肩の高さで腕をのばします。

今度はドレミファソをハンドサインで表しました。

ドレミファソラシドも表現してみました。

音楽に合わせて行進します。

腕を振って、1・2・1・2と口で言いながら足もリズムに合わせて歩きます。

よく歩けている人は先生が見ていて、みんなの前で見本を見せます。

子どもたちは張り切って行進します。

いくつかのグループに分かれます。

グループの一番前の人はリーダーになって、後ろの人は前の人について歩きます。

ということは前の人をちゃんと覚えておかないといけません。

自分の前にいる人をよく覚えておいてついていかないと自分の後ろにいる人も違うところへ歩いて行っちゃいます。

グループの人がなかなかそろいません。

難しいですね。

絵カードが出てきました。

イヌのカードです。

「犬はなんて鳴きますか?」「ワンワン」

女の子のカードも出てきました。

「女の子が歩くのはなんて言って歩きますか?」と質問すると「1・2・1・2」と答えました。

ワンワンと1・2・1・2は四分音符です。音符のカードも出てきました。

ゾウの絵カードです。

「なんて言って歩くかな?」と聞くと「パオーンパオーン」と答えます。

クマのカードも出てきました。

「クマの歩き方は?」「ドシーンドシーン」

二分音符のカードが出てきました。

リスの絵カードが出てきました。

「リスはどうやって歩きますか?」

「チチチチチチ」

八分音符のカードが出てきました。

イヌ・ゾウ・リスの曲を聞いて歩きます。

音の聞き分けをします。

そして、イヌ(四分音符)・ゾウ(二分音符)・リス(八分音符)のカードを人数分以上を床に置きます。

曲を聞き分けて、どの音符カードかを考え、床に置いてあるカードを一枚拾います。

どの曲なのか、そして音符カードはどれなのか、どうやって歩けばいいのか考えます。

「どのカードだったでしょう?」と先生が正解を伝えると、「やったー」という声が上がります。

答えは間違えても全然かまいません。

自分でこうかな、ああかなと考えることが大事なのです。

先生が袋を出してきました。

袋の中に手を入れて、何が入っているか考えます。

「フワフワしてる。ネコ?ネズミ?…」いろいろなことを口にします。

フープのお家に1匹のネズミが出てきました。

ネズミが5匹フープに出てきました。

最後に「こいのぼり」の歌に合わせて(四分音符・八分音符・二分音符)手を叩きながら歩いたり、ハンドサインをしたりしました。

今回のリトミックも様々な活動で、楽しみながら頭もフル稼働させました。

|

« お茶摘み | トップページ | 野菜の苗植え(あお・ももぐみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お茶摘み | トップページ | 野菜の苗植え(あお・ももぐみ) »