« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月26日 (木)

5月誕生会

すこし曇りがった空でしたが、風も心地よく吹いています

きょうは5月誕生会でした。

誕生者は6名(1歳2名・4歳2名・6歳2名、あかぐみ2名・ももぐみ2名・あおぐみ2名、男の子3名・女の子3名、今日は1名欠席)でした。

Dsc00828Dsc00839_2

Dsc00830Dsc00829

Dsc00831Dsc00832

Dsc00838_2Dsc00842_2
Dsc00846Dsc00847

Dsc00849Dsc00851

Dsc00855_3Dsc00862

ひとりお休みだったのが残念でしたが、みんなの前に立った主役のお友達はすこし照れながらも楽しく参加していましたよ

ちっちゃいお友だちは先生に紹介してもらい、ももぐみあおぐみのお友だちはハキハキと大きな声で自己紹介していました。

「好きな食べ物は?」の質問に「バナナ・ヨーグルト・イチゴ・クッキー…」など答えたり、「好きな動物は?」の質問に「うさぎ・トラ・ライオン…」などと答えていました。

誕生カードの写真や手形を見せてもらい、「かわいい」「おてておおきいね~」とつぶやく子どもたちでした。

子どもたちからはお歌のプレゼントもありましたよ

今月の出し物は…

Dsc00869Dsc00870
Dsc00872Dsc00873


①ペープサート『おおかみおばけの誕生会

「(^^♪うれしいうれしい誕生日 今日は俺様の誕生日~」とオオカミが出てきて、「あ~あ。今日は俺様の誕生日だというのに、お祝いしてくれる友だちもいない。」と悲しそう…

「そうだ!確か今日は、あっち村のお祭りだって言ってたから、ここをおいしいものを持った子どもが通るに違いない。よし!それをいただいて……。一人だって誕生パーティーくらいできるや~い!」

「でも待てよ。このオオカミが、子どものおやつを取ったなんてうわさがたったらいやだからな。何かいい考えは…。

「そうだ!!おばけだ!」シーツをかぶって……、

「これでよし!」

待っていると、♪ピョンピョンピョンとうさぎさん。「おいしそうなわたあめ。おうちに帰って、みんなで食べよ。」すると……

「お~ば~け~だ~ぞ~」とオオカミおばけ。

「わ~おばけ~。たすけて~。」

「こわくしないから、そのわたあめをおいていけ~。」とオオカミおばけ。

「置いていきます!置いていきます!」

「やった、やった!わたあめひとついただき~!」

お次は、焼きトウモロコシを持ったきつねくん。たいやきを持ったぶたくんが来て、それもぜ~んぶ奪ったオオカミおばけくん。

「わたあめと、焼きトウモロコシに、たいやきと、これを持って、むこうで大パーティーだ!!」とオオカミくん。

おばけから逃げたうさぎさんと、きつねくんにぶたくん。

「あ~こわかった。」とうさぎさん。「おばけに追いかけられたんだ。」ときつねくん。「えっ!!おばけ?」とぶたくんとうさぎさん。「ぼくもわたしもおばけにとられたんだ!!」

「あれ、おかしいね…。そういえば、おばけって夜出るんだよね。なんだかしっぽみたいなのが見えたようだけど…。」

「声もガラガラ声だった。もしかして!!!よし、そっと行ってみよう!」

行くとそこにはひとりで寂しく誕生パーティーをするオオカミくん。

「やっぱりオオカミくん!今日が誕生日なのか~。ぼくたちのおやつを取ったのは許せないけど、ちょっとかわいそうな気もするね。よし、みんなでお祝いしてあげよう!」とみんな。

「オオカミくん。もう二度といじわるしないかい?」とみんな。

「しないよ、しない。約束する。」

それなら…と、みんなでお誕生日の歌を歌ってお祝い。

「みんな、ありがとう。これから友だちになってくれるかい?」とオオカミくん。

「もう友だちだよ!!」とみんな。

友だちの大切さと、友だちに祝ってもらう楽しさを感じるオオカミくんでした

子どもたちも興味津々に見入っていましたよ

Dsc00874Dsc00875
Dsc00876Dsc00877


こいのぼりシアター

「5月5日は何の日か知ってる??こどもの日だね。こどもの日にお外に飾るものは何だ?」という先生からの質問に『こいのぼり~~』と大きな声で答える子どもたち

「でもこのこいのぼりさん元気がないみたい。お腹がすいているんだって。まずリンゴを持ってきたから食べさせてくれる?」と中間先生。誕生日のSちゃんが前に出てきて、こいのぼりのお口にポーンとリンゴを入れると…ストンとリンゴが落ち…、、、

「これじゃない。エーーーン」とこいのぼりさん。お次は、「おにぎりを持ってきたからこれは食べてくれるかな?」と中間先生。誕生日のRくんが前に出てきて、こいのぼりのお口にポーンとおにぎりを入れると…またストンとおにぎりが落ち…、、、

「これじゃないよ。エーーーン」とこいのぼりさん。お次は、「じゃあメロンパンを持ってきたからこれならどうかな?」と中間先生。誕生日のМくんが前に出てきて、こいのぼりのお口にポーンとメロンパンを入れると…またまたストン…、、、。

「おかしいね?じゃあみんなで考えてみよう!こいのぼりさん、どうやったら元気に泳ぐかな?」との質問に、お友だちの中から、「風が吹いたとき!」と声が聞こえました。

「そうだね。風が吹いていたら元気に泳げそうだね!それじゃあみんなで風をつくってくれる?お口でふ~~ってしてみようか?いくよ?せーの!」『ふ~~~~!!』

「わあ~~元気が出てきた!みんなありがとう!」と、うれしそうに泳ぐこいのぼりさんにみんなも自然と笑顔になる子どもたちでした

Dsc00879Dsc00880

移動するトランプ

最後はみんなが楽しみにしているマジックでした

みんなも持っているなんの仕掛けもないトランプ。そのトランプの中から誕生日のSちゃんが1枚選んでみんなに見せます。選んだトランプは「♠のJ」。それを、中間先生が持っている全部のトランプの真ん中に入れ込みます。一番上のトランプは、「❤の3だね」一番下のトランプは「♠の6だね」

それじゃあと、中間先生が魔法をかけ、一番上のトランプをひっくり返すと『♠のJ!!』「うわ~~!すごい!」と目を丸くして喜ぶ子どもたちでした

5月の誕生会もとっても楽しくて、素敵な時間になりました

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

MBCラジオが放送されました

久々に雨が降りそうな雲ゆきです。

今朝、9時15分過ぎからMBCラジオ「モーニングスマイル」『みんな元気』のコーナーで浜ヶ城保育園が放送されました

Dsc00816Dsc00817Dsc00819Dsc00820

Dsc00818Dsc00823

あかぐみ・きぐみの部屋に集まって(電波の受信状況で)みんなで聞きました。

みんなであいさつをして、もも・あおぐみの子どもたちで“こいのぼり”の歌を歌って、“浜ヶ城保育園”の紹介を先生たちがして、あおぐみの子どもたちが5つの質問に答えました。

あおぐみの子どもたちは一人ずつ名前も言いました。

子どもたちは放送に聞き入っていました。

ちょうど一週間前、MBCラジオのアカイワさんが浜ヶ城保育園へ収録に来られました。

何度か取り直した部分もきれいにつないでありました。

さすがですね!!

とっても元気のよい放送だったと思います

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

おにぎりの日(口の健康を育てよう・ジュースについて)

全体的に雲が広がっていて、薄曇りです。

朝から気温は上がっていますね。

子どもたちも汗をたくさんかきながら遊んでいます。

今日はおにぎりの日

おうちから作ってもらってきたおにぎりを食べるのを楽しみにしていました。

ももあおぐみの子どもたちはイシツカ先生から食育の話をしてもらいました。

Dsc00766Dsc00769Dsc00770Dsc00771

Dsc00772Dsc00779Dsc00780Dsc00783

「口の健康を育てよう・ジュースについて」がテーマです。

「口の中には何があるのかな?」と口の中の絵を見ながら子どもたちは考えます。

「歯」というのはすぐに答えていました。

そして、「舌」という声も聞こえました。

「よだれが出たりするよ」と先生がヒントを出すと、「つば」と答えました。

「歯は食べ物を噛んで小さくするため、小さく噛まないと、のどやおなかの中がびっくりしてしまいます。お話しするのも、歯がないとうまく話せません。」

「舌は味を感じるために味来という小さな穴があります。それで甘い・酸っぱい・からい・苦いなどの味を感じます。小さく噛んだ食べ物をのどに送ります。歯と同様、舌がないとうまく話が出来ません。」

「つばはでんぷん質を分解して体の中でエネルギー(体の力)に変えます。口の中が乾かないような働きもあります。」

噛むと顎を動かします。その刺激が脳へ伝わって、活性化します。

頭がよくなります。

よく噛んで食べるということはとっても大事なことですね。(柔らかい食べ物だけでなく、硬い食べ物も食べて、よく噛んで食べましょう)

子どもたちに噛むことを実感してもらうために、一口ずつご飯を口に入れ、すぐに呑み込まずに50回噛んでもらいました。

途中で呑み込んでしまう子もいましたが、50回噛んだ子は「ご飯の味がした」と話していました。

よく噛むと、食材自体の味がします。(濃い味をつけなくても)

実際、ご飯を50回噛むと、とっても甘い味がしました。

スーパーなどにたくさん売っているジュースについてのお話を聞きました。

ジュースにはたくさんの砂糖が入っていること。

砂糖を摂りすぎると集中力の低下・虫歯・骨が弱くなる(脳が小さくなる)などの弊害があります。

子どもたちがよく目にしたり、手にするジュースにはどれくらいの砂糖が入っているか見てみました。

500ミリリットルのペットボトルに入っているジュースには50グラム~60グラムくらいの砂糖が入っています。(角砂糖13個~16個)

実際に角砂糖を目にすると、本当にびっくりしてしまいます。

目には見えませんが、砂糖は入っているのです。

ジュースだけではなく、お菓子や菓子パンなどにも砂糖が入っています。

トータルすると100グラムもあっという間です。(砂糖を1日70グラム以上摂取することが続くとキレやすかったり、疲れやすかったり、集中力が続かなかったり様々な影響が表れます)

子どもたちが1日に摂取してもよい砂糖の量はだいたい20~30グラムぐらいです。(角砂糖5~7個くらい)です。

ジュースはコップに入れて少しだけ飲みましょう。(いつもではなく)

水替わりにはなりません。(水やお茶には砂糖は入っていません)

子どもたちもいつも目にするジュースにたくさん砂糖が入っているのを見て、驚いていました。

「のどが渇いた時には何を飲むの?」と子どもたちに聞くと、「水かお茶」と答えていました。

「私たちは食べ物を食べないと生きていけません。だからこそ、歯や口の中を大事にして、楽しく食事ができるようにしましょう。」とイシツカ先生が話しました。

各クラス、おいしそうにおにぎりを食べていましたよ。

Dsc00791Dsc00795Dsc00805Dsc00809










| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

リトミック3

朝から強い風が吹いています。

日中は気温も上がっています。

リトミック3でした。

ももぐみの活動では…

「ブラブラブラブラ…頭ブラブラブラブラ…肩…」手を前に出して、ブラブラして体の部位を言われたら、そこの部分に手を持っていきます。

「~ちゃん~くん」一人一人の名前を呼び、子どもにボールを転がします。

「ハアイ」子どもたちが返事をして、ボールを転がします。

曲を聞いて歩き、曲が止まったら自分たちも止まる。

合図の音で腕を上にあげてキラキラしたり、しゃがんだり、ジャンプしたり、一回周りを回ったり、床にゴロゴロ転がったりします。

ダンゴムシになって丸まって、背中を床につけて手足を上にあげてバタバタして、合図の音で床にバタンと手足を投げだします。

お休みの曲で休憩です。

2人組になります。

音楽に合わせて手合わせをします。

トントントントンと口で言いながら、手を合わせます。

音楽が止まったら、手と手をピタッと合わせます。

音楽が聞こえてきたらまた手合わせをします。

合図の音でピタッと手を合わせたままグルグル手を回します。

お母さん指、赤ちゃん指でもやってみました。

お馬さんになって森へ出かけます。

以前やったうさぎ・リス・ぞう・タヌキの音楽が流れると、子どもたちが反応します。

今日は新しく、おさるさんと小鳥さんもやってきました。

音楽の聞き分けをしたのですが、動物が増えたので、ちょっと戸惑っている感じでした。

動物のカードを見ながら手を叩きます。

「さ・る」「さ・る」「1・2」など手を叩きます。

い・ぬ、ね・こ、など2つの文字の動物を叩き、「手をいくつ叩いたかな?」と子どもたちに聞くと、「2つ」とか「3つ、4つ」など答えます。

「う・さ・ぎ」「う・さ・ぎ」「1・2・3」3つの文字の動物で手を叩き、「手をいくつ叩いたかな?」と聞くと「2つ」「???」あまりピンと来ていないようでした。

繰り返していきたいと思います。

2本のロープでクネクネ道を作ります。

子どもたちに自由に歩いてもらいます。(ロープの道から出ない、ロープに乗らないとお約束をして)

普通にスタスタ歩く子や、小走りに走る子様々なです。

次は走って道を渡ります。

最後は重たい荷物を持って、ゆっくり歩いてもらいました。

なかなかイメージしにくかったようで、軽く歩いたり、走っていったりする子もいました。

あおぐみの活動では…

子どもたちがお母さん座りをして待っていました。

リトミックのお約束を思い出してもらいます。(他の時もとても大事なことだと思います)

耳でよく聞く、そして考える。

ピアノの音や先生の声、お友だちの声、みんながやっていることをよく見ていること。

と話しました。

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

2人組になってあいさつします。

違うお友だちと交代しながら繰り返します。

即時反応の活動です。

曲に合わせて歩く、曲が止まったら自分たちも止まる。

合図で腕をあげてキラキラ、しゃがむ、ジャンプする、回る、床にゴロゴロする、ダンゴムシになって丸まって、背中を床につけて、手足を上にあげてバタバタします。

合図の音で手足をバタンと床に投げ出して、また手足をバタバタするの繰り返しをします。

少し休憩します。

2人組になって、後ろの人は前の人にピッタリと(見失わないように)ついていきます。

合図の音がしたら前と後ろの人が入れ替わります。

合図の音がするたびに前後入れ替わって歩きます。

2人組・3人組・4人組になって手合わせします。

トンパチ・トンパチパチ・トンパチパチパチちゃんと聞き分けが出来ているようでした。

音楽が流れているときには手合わせをして、曲が止まったら、お友だちと手をピタッと合わせます。

ピタッと手を合わせたまま、グルグル…と手を回します。

マツダ先生が前回のリトミックの時、「宇宙人になって」と子どもたちに言いました。

すると、「わ・れ・わ・れ・は・う・ちゅ・う・じ・ん・だ…」宇宙人の特徴をよくつかんでいました。

そのことをよく覚えていて、「わ・れ・わ・れ・は・う・ちゅ・う・じ・ん・だ」とのどに手を当ててしゃべります。

音にするとドドドドドドドドドド一定の音です。(ドじゃなくてもいいですが…)

赤いひもをまっすぐに持つと、一直線です。

ドレミファソラシドはひもの一方を起点にすると、レミファソラシドともう一方の起点は上の方に上がっていきます。

上のドまで上がると、ひもは滑り台の滑り面のようになりました。

ドシラソファミレドと音が下がると、一方のひもの起点が下がって、ドで床と並行になります。

音が下がると起点が下がってひもが下に下がっていきます。

腕でドレミファソラシドと腕を上げることで音が高くなることを表現します。

ドシラソファミレドで腕が下がることで音が低くなることを表現します。

ハンドサインでドレミファソラシドをやってみました。

こどもたちにイヌ・リス・ゾウで歩いてもらいます。

さすがあおぐみの子どもたち、歩いたり、駆け足したり、ゆっくり歩いたりします。

みんなに集まってもらい、「イヌ・リス・ゾウ」をそれぞれ赤・黄・青の色を当てはめてもらいました。

イヌは赤色、リスは黄色、ゾウは青色に決まりました。

イヌ・リス・ゾウの音(リズム)を聞いて、曲が止まったら、その動物の色のボードに乗ります。

1つの音の時にはその動物の歩きで歩いてもらいました。

難易度をあげて、2つの音(リズム)を聞いて、どの動物と動物かを考えて、音が止まったら、2色のボードに乗りました。

子どもたちは2つ同時の音(リズム)を聞き分けているようでした。

最後に「いっぴちゅう」の遊びをしました。

ロープで大きな丸を作ります。

ロープの外側の縁に立って、ぐるりと丸を囲みます。

初めてのことだったので、よくわからない感じでしたが、「いっぴちゅう もひとつきたら にひきちゅうちゅう もひとつきたらさんびきちゅうちゅうちゅう」

「ちゅう」のところで順番に一人ずつロープの内側へピョンと飛び込みます。

歌詞をよく聞いていると1匹、2匹、3匹でいつ「ちゅう」が来るかが予測できます。

歌を聞いていないと、いつ自分が飛び込むのかわかりません。

初めてやったので、戸惑う子どもたちでしたが、回数を重ねると少しずつカンが掴めたようでした。

これからも様々な活動を通して、リトミックを楽しみたいと思います

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

MBCラジオ「みんな元気」収録



昨日の雨から一転、さわやかな五月晴れになりました。

子どもたちも園庭で遊べてとても嬉しそうです。

MBCラジオ番組「モーニングスマイル」『みんな元気』のコーナーで浜ヶ城保育園が紹介されることになり、収録に来られました。

子どもたちは体操・かけっこの後、あお・ももぐみの子どもたちはあおぐみの部屋に入り、準備をしました。

黄色と赤色のツートンカラーで、車体に「MBCラジオ」と水色で書かれたポニー号が保育園に上がってきました。

子どもたちは車が見えて、興味津々。

Dsc00599Dsc00600Dsc00601Dsc00602

Dsc00608Dsc00609Dsc00610_2Dsc00612

Dsc00613Dsc00614Dsc00615Dsc00619

Dsc00621Dsc00625Dsc00626Dsc00627

インタビュアーのアカイワさんがやってこられました。

みんなで「おはようございます」と元気よくあいさつをしました。

「こいのぼり」の歌をみんなで歌います。

アカサキ先生・イワサキ先生・ヒガシ先生・カワグチ先生が浜ヶ城保育園ってこんなところと紹介をしました。

あおぐみのこどもたちはグループでインタビューを受けました。

①保育園で好きな給食のメニュー

②最近保育園で楽しかったこと

③大きくなったら何になりたいですか?

④楽しみにしている保育園の行事

⑤最近頑張ったこと

1人ずつ名前を言ってから質問に答えました。

最後にセイカさんからボンタン飴をいただき、ありがとうございましたで締めくくりました。

収録はスムーズに進みました。

子どもたちはいつもの感じで歌ったり、自然に受け答えていました。

先生たちも頑張って保育園の紹介をしてくれました。

Dsc00631Dsc00633Dsc00634Dsc00636

みんなで記念写真を撮って、(ラジオ番組のHPに取材の様子や写真がupされるようです)ポニー号の前でも写真をパチリ!、帰って行かれるのをお見送りしました。

子どもたちも貴重な経験が出来たと思います。

ラジオの放送は5月24日午前9時15分~午前9時22分です。

みなさん、楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

じゃがいも・ソラマメ収穫(あおぐみ)

昨日今日と五月晴れのさわやかな陽気が続いています。

あおぐみの子どもたちにジャガイモとソラマメの収穫をしてもらいました。

Dsc00551Dsc00555Dsc00557Dsc00559

Dsc00563Dsc00565Dsc00566Dsc00570


じゃがいもは茎も葉っぱもよく育っていました。

その茎を引っ張るとジャガイモが顔をのぞかせます。

まだまだ土の中に埋まっているジャガイモが多いので、スコップや自分の手で土を掘って、ジャガイモを取り出します。

土からジャガイモが出てくると、「見てみて、ジャガイモがとれたよ」と声が上がります。

小さなジャガイモが多い中、たまには大きなジャガイモが出てくると子どもたちは喜んで「大きなのが出てきたよ。」と見せてくれます。

自分たちがいるところだけではなく、範囲を広げて土を掘ると、またジャガイモが出てきます。

思っていたよりもたくさん収穫できました。

Dsc00576Dsc00578Dsc00580Dsc00583

Dsc00584Dsc00585

ソラマメの収穫も行いました。

ソラマメは大きくなると鞘が空に向かってピーンとそります。

まるで逆立ちをしているようです。

一方の手を茎と鞘の所に添えて、もう一つの手で鞘を取ります。

大きな鞘や小さな鞘様々な形の鞘を収穫しました。

たくさんのソラマメの鞘が収穫できました。

Dsc00587Dsc00588Dsc00589Dsc00590

Dsc00594Dsc00595Dsc00596Dsc00598

そして、鞘をむいて、ソラマメの実を取り出すところまでやってもらいました。

絵本「そらまめくんのベッド」に出てくるみたいに、豆を包んでいる鞘の内側は白い毛で覆われていて、ふかふかしています。

「ほら、そらまめくんのベッドみたいに鞘の中はフカフカしてるよ。」と子どもたちに話をすると、「ほんとだね」と答えます。

黄緑色の赤色(あずき色)のソラマメがあって、子どもたちは赤色のソラマメに「アッ、赤色のソラマメがあった」と興味を示していました。

さっそく、今日の給食には付け合せにソラマメが出てきました。

子どもたちが収穫を頑張ってくれたおかげで、給食やおやつがますます充実すると思います。

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

野菜の苗植え(あお・ももぐみ)

昨日は風雨が強くて、まるで台風のようでした。

一転、今日は良いお天気になりました。

菜園に野菜の苗を植えました

4月の末か5月のゴールデンウイーク明けどちらがいいのかと考えていたようですが、最近はゴールデンウイーク明けが定番になっています。

ももぐみはオクラ2本・ピーマン2本・ミニトマト3本植えました

Dsc00504Dsc00516Dsc00520Dsc00535

Dsc00537Dsc00539Dsc00544Dsc00545

先生たちが苗をポットから出して、2~3人くらいずつ穴を掘ったり、土をかぶせたり、一緒に植えると元気になるというニラも植えました。

「お野菜大きくなあれ」と声をかけながら、お水をかけていました。

Dsc00511Dsc00513Dsc00522Dsc00523

Dsc00527Dsc00533Dsc00542Dsc00541

あおぐみ
はオクラ5本・ナス5本・キュウリ4本・トマト5本・ピーマン2本 計21本

1人1本ずつ野菜の苗を植えました。

土に穴をあけて、野菜が元気に育つ肥料を入れて、お水をかけます。

1人1ポット野菜の苗をもらって、(担当の野菜が決まっています)ポットをひっくり返して苗を取り出します。

穴をあけたところへ苗を入れ、土をかぶせます。(一緒に植えたら元気になるニラも植えます)

後はジョロで水をかけて、苗植え完了です。

順調に行けば、6月中旬くらいには初収穫できるでしょうか?

水をあげたり、草をとったりお世話をします。

楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

リトミック2

朝のうちはまとまった雨が降っていましたが、お昼前にはやんで小康状態です。

リトミック2でした。

ももぐみの活動では…

Dsc00310Dsc00309Dsc00313Dsc00318

Dsc00319Dsc00320Dsc00322Dsc00329

Dsc00334Dsc00338Dsc00339Dsc00341

Dsc00348Dsc00358Dsc00362Dsc00365

Dsc00371Dsc00379Dsc00387Dsc00392

「~ちゃん~くん」とマツダ先生が子どもたち一人一人に名前を呼んで、「ハアイ」と子どもたちは返事をします。

その時、タンバリンも一緒に手で叩きます。

「ごめんください」と先生が言うと、「トントントン」と子どもたちがタンバリンを叩きます。

チョウチョの曲に合わせて即時反応です。

曲が止まったら子どもたちも止まる。

合図の音がしたら手をキラキラしたり、床にしゃがんだり、ジャンプしたりします。

チョウチョになって飛び回ります。

青いカラーボードを子どもたちに配ります。

「これはどんな形かな?」とマツダ先生が子どもたちに質問します。

「三角かな?丸かな?」

誰かが「四角」と答えました。

「これはカラーボードと言います。パキッと割れてしまったら使えなくなるから大事に優しく使ってね。そして、食べないんだよ。」と約束をしました。

カラーボードを床に置きます。

まるで水たまりが出来たようです。

ボードを踏まないで歩く、曲が止まったら青いボードに乗ります。

合図の音で青いボードからジャンプして床におります。

合図の音を聞いたり、「せーの」で準備します。

言われた体の部位をボードにつけます。

おしり・おなか・耳(交互に)・おでこ言われたところをボードにつけていました。

ドライブするので、青いボードを両手で持ってハンドルにします。

歩く速度からだんだん曲が速くなって、車の運転も速くなります。

曲が止まってしまいました。

ガソリンがなくなったので、ガソリンを入れます。

ドライブが終わって、バックで駐車場へ入れます。

ボードも男の子・女の子で場所を決めて自分たちでなおしました。

動物の絵カードが出てきました。

イヌ・リス・サル・ネコのカードが出てきて、イ・ヌ(かわいい犬・かっこいい犬・怖い犬・おなかが空いた犬)の鳴き声を表現して、手拍子します。

イヌ・ワンワン・1・2と手拍子をします。

おはじきが出てきて、「犬はいくつかな?」と子どもたちに聞くと、「2」と言ったり、指で「2」としたりします。

サル・ネコも同様にします。

名前と鳴き声(動作)が2というのが結びついたようでした。

子どもたちには紙コップの中におはじきを入れて一人ずつに渡しました。

子どもたちにはイ・ヌと言って、紙コップの中からおはじきを出してもらいました。

難しいので、戸惑っている子もいましたが、1・2が結びついている子はおはじきを2つ紙コップの中から出していました。

絵カードでウ・サ・ギを先生が出しました。

ウ・サ・ギは1・2・3ですね。

紙コップからおはじきを出すのをやってみましたが、3つおはじきを出すのにはちょっと苦戦しているようでした。

マツダ先生が袋を取り出しました。

中に何か入っているようです。

中を見ないで、触って何が入っているか考えます。

子どもたちは「何かフワフワしてる。柔らかい。鳥?」など答えます。

怖くて袋の中に手を入れない子もいます。

フープでおうちを作ってあげると、袋の中から1ぴき出てきました。

「1匹チュウ」ネズミでした。

袋の中からもう一匹、また一匹とネズミが5匹出てきました。

「チュウチュウチュウチュウチュウ」鳴き声とネズミの5匹を結びつけます。

最後に「ひらいたひらいた」の曲に合わせて手をつないで大きな丸を作り、回りました。

あおぐみの活動では…

Dsc00409Dsc00422Dsc00427Dsc00430

Dsc00441Dsc00443Dsc00452Dsc00455

Dsc00459Dsc00468Dsc00472Dsc00474

Dsc00476Dsc00478Dsc00480Dsc00483

Dsc00494Dsc00490Dsc00498Dsc00501

お父さん指とお父さん指・お母さん指とお母さん指・お兄さん指とお兄さん指・お姉さん指とお姉さん指・赤ちゃん指と赤ちゃん指がけんかをします。

ついにはみんな出てきて、けんかになります。

これではいけないということで、「ごめんなさい、ごめんなさい」とお互い謝って、握手をしましたという指遊びをしました。

♪お友だちとこんにちは でそれぞれ違う2人組になってこんにちはをします。

イヌやサル、ライオン、クマ、アヒルなどの動物になって、こんにちはをします。

「みんなに宇宙人になってもらいます」とマツダ先生。

われわれは宇宙人だ…一定の音(上下しない)で話をします。

「宇宙人はドドドドドドド(他の音でも)だけど、人間はドレミファソラシドっていろんな音の高さでお話をするよね。音は目に見えるかな?」と子どもたちに先生が質問しました。

「見える」という子や「見えない」という子、よくわからないという子(ほとんど)。

「音は目に見えないから、ハンドサインで目に見えるようにします。ハンドサインで外国の人とでもお話が出来るんだよ。」とマツダ先生。

ドはひざの所、ソで肩の高さまで腕を持っていきます。レミファはだんだん高くなって、ソで肩の高さで腕をのばします。

今度はドレミファソをハンドサインで表しました。

ドレミファソラシドも表現してみました。

音楽に合わせて行進します。

腕を振って、1・2・1・2と口で言いながら足もリズムに合わせて歩きます。

よく歩けている人は先生が見ていて、みんなの前で見本を見せます。

子どもたちは張り切って行進します。

いくつかのグループに分かれます。

グループの一番前の人はリーダーになって、後ろの人は前の人について歩きます。

ということは前の人をちゃんと覚えておかないといけません。

自分の前にいる人をよく覚えておいてついていかないと自分の後ろにいる人も違うところへ歩いて行っちゃいます。

グループの人がなかなかそろいません。

難しいですね。

絵カードが出てきました。

イヌのカードです。

「犬はなんて鳴きますか?」「ワンワン」

女の子のカードも出てきました。

「女の子が歩くのはなんて言って歩きますか?」と質問すると「1・2・1・2」と答えました。

ワンワンと1・2・1・2は四分音符です。音符のカードも出てきました。

ゾウの絵カードです。

「なんて言って歩くかな?」と聞くと「パオーンパオーン」と答えます。

クマのカードも出てきました。

「クマの歩き方は?」「ドシーンドシーン」

二分音符のカードが出てきました。

リスの絵カードが出てきました。

「リスはどうやって歩きますか?」

「チチチチチチ」

八分音符のカードが出てきました。

イヌ・ゾウ・リスの曲を聞いて歩きます。

音の聞き分けをします。

そして、イヌ(四分音符)・ゾウ(二分音符)・リス(八分音符)のカードを人数分以上を床に置きます。

曲を聞き分けて、どの音符カードかを考え、床に置いてあるカードを一枚拾います。

どの曲なのか、そして音符カードはどれなのか、どうやって歩けばいいのか考えます。

「どのカードだったでしょう?」と先生が正解を伝えると、「やったー」という声が上がります。

答えは間違えても全然かまいません。

自分でこうかな、ああかなと考えることが大事なのです。

先生が袋を出してきました。

袋の中に手を入れて、何が入っているか考えます。

「フワフワしてる。ネコ?ネズミ?…」いろいろなことを口にします。

フープのお家に1匹のネズミが出てきました。

ネズミが5匹フープに出てきました。

最後に「こいのぼり」の歌に合わせて(四分音符・八分音符・二分音符)手を叩きながら歩いたり、ハンドサインをしたりしました。

今回のリトミックも様々な活動で、楽しみながら頭もフル稼働させました。

| | コメント (0)

2016年5月 2日 (月)

お茶摘み

このところ晴れの天気が続いていて、新緑の美しい時期を迎えました。

5月の五月晴れですね。

お茶摘みを行いました。

例年だと5月2日が八十八夜なのですが、今年はうるう年で2月29日もあったので、5月1日が八十八夜でした。

5月1日は日曜日だったので、5月2日今日、お茶摘みを行いました。

春から夏に移行する頃で、このころになると霜も降りなくなるので、お茶摘みや農作物の苗を植えたりするのに適しているといわれています。

八十八夜に摘んだお茶は極上品と言われています。

Dsc00233Dsc00237Dsc00239Dsc00242

Dsc00243Dsc00245Dsc00250Dsc00261

Dsc00266Dsc00271Dsc00268Dsc00275

Dsc00279Dsc00283Dsc00284Dsc00288

Dsc00295Dsc00291Dsc00297Dsc00301

園長先生から「畑のお茶の木にたくさんの黄緑色の葉っぱがつきました。左の手で枝を抑えて、右手で柔らかい黄緑色の葉っぱを取ってください。緑色で硬い葉っぱは取らないでください。」とお話がありました。

きぐみの子どもたちから年齢に応じてお茶摘みを始めました。

一枚の葉っぱを丸ごととるのはなかなか難しく、葉っぱが半分にちぎれてしまったり、小さく丸めてしまったりもありました。

年齢が上がるにつれて、茎の部分から摘んだり、一枚一枚きれいに取り揃えたりしました。

とても気候が良いので、お茶だけでなく、いろいろな植物や虫などもいて、子どもたちはそちらにも興味が行っているようでした。

まだまだ摘み終わらないので、これから大人の手で摘みたいと思います。

今年はどれくらいの収穫になるか楽しみです。

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »