« 消防訓練(いちき串木野市消防署) | トップページ | キンカンちぎり(あお・ももぐみ) »

2016年2月12日 (金)

リトミック20

昨日の快晴から一転、雨になりました。

リトミック20でした。

ももぐみの活動では…

Dsc08381Dsc08382Dsc08383Dsc08388

Dsc08390Dsc08402Dsc08398Dsc08408

Dsc08409Dsc08411Dsc08418Dsc08429

Dsc08435Dsc08437Dsc08447Dsc08449

♪鬼は外 福は内~ の歌で曲が止まったら自分たちも止まる、合図の音で手をキラキラさせたり、座ったり、グルグル回ったり、方向を反対にしたりします。

約1か月間間が空きましたが、子どもたちは覚えていることが多かったです。

まさに即時反応です。

鬼と福の神のお面が裏表で貼ってあります。

鬼の面が見えた時には「エイ!」とパンチします。

福の神の時には普通に歌っています。

よーく見ておかないと、いつ鬼が出てくるかわかりません。

ももぐみの子どもたちは4月からはあおぐみになったり、ももぐみでもお兄ちゃん・お姉ちゃんになります。

カラーボードを自分たちで準備します。

1色ずつ自分で取っていきますが、「一番上からとっていく。~はこれがいい、あれはイヤだといわない。ボードを叩いたり、投げたりしない。…」とマツダ先生がお約束をして、4色のボードを自分の目の前に横に並べます。

お約束がなかなか守れないお友だちもいます。

約束が守れない時には、別のところで見学しています。

赤・白・黄・青の順番です。

前回のリトミックで行った色棒が赤2本・黄棒3本・青棒4本・白棒2本でした。

そのことを思い出し、赤棒はブッブー(バツ)・黄棒は三角・青棒は四角・白棒で四角と一緒にしてお家を作ったことがわかっている子もいました。

赤・白(赤・白)1・2(1・2)と先生が言いながらボードを叩くのを見てから、子どもたちも真似をして言いながらボードを叩きます。

赤・白・黄(赤・白・黄)1・2・3(1・2・3)、赤・白・黄・青(赤・白・黄・青)1・2・3・4(1・2・3・4)と言い方や叩き方に強弱をつけたり、速い遅いをつけて、それを子どもたちも真似をします。

青のカラーボードだけを残して、ハンドルにして車を運転します。

曲に合わせて運転し、曲が止まったら車も止まります。

青のカラーボードを床に置きます。

ボードの上に乗って、足を閉じてひざの曲げ伸ばしをします。

ピアノの合図がしたら、ボードからピョンとジャンプします。

合図の音で床からボードへジャンプもします。

青のボードを頭に乗せて歩きます。

ピアノの音が止まって、自分たちも止まったら合図の音で頭からボードを滑り落とします。

今年度最後のリトミックはあおぐみとももぐみの合同でやって、「お店屋さんごっこ」をすると前回マツダ先生が話をしました。

ももぐみの子どもたちはケーキを作って、いろいろなケーキをあおぐみの子どもたちが買いに来るという設定にする予定です。

マツダ先生がいろんなケーキの絵カードを作ってきてくださいました。

子どもたちは興味津々。

先生が1枚ずつケーキのカードを見せると「チョコレートケーキ、ブドウケーキ、ロールケーキ…」など名前が挙がっていました。

ももぐみの子どもたちは「はーい、いらっしゃいませ お客様」とあおぐみの子どもたちが買いに来た時に応対します。

その練習を少ししました。

とっても張り切っていましたよ。

2人組になってトンパチントンパチン手合わせをしたり、3人組になってトンパチン手合わせをしたり、真ん中に一人入って2人がはさんで、ユラユラ揺れたりします。

トンパチンとユラユラの音楽を聞き分けて表現します。

手を叩きながら歩き、曲が止まったら自分たちもピタッと止まります。

これがリトミックのすべての基本になりますね。

あおぐみの活動では…

Dsc08460Dsc08463Dsc08466Dsc08465

Dsc08475Dsc08486Dsc08487Dsc08492

Dsc08516Dsc08511Dsc08519Dsc08525

Dsc08531Dsc08536Dsc08546Dsc08560

Dsc08553Dsc08566Dsc08567Dsc08569

♪お友だちとこんにちは… でウォーミングアップ

2人組でこんにちはをしたり、3人組になって3人手をつないで歩き、他の3人組のグループと一緒になって6人で手合わせをしたりします。

3人組で1人はリスになって真ん中に、2人はリスの家を作ります。

音楽を聞いてリスをはさんでユラユラ揺れたり、音楽が変わったらリスはしゃがんで2人が手合わせをします。

リスのお引越しの曲が流れたらリスの動作でお引越しをします。

今日はリスの家が引っ越す曲も出てきて、お家がお引越しをすることもしました。

よーく耳で聞いていないと、今何をするのかわかりません。

集中力と注意力、判断力が必要です。

子どもたちの足裏、つま先に近い所にガムテープを両方の足裏に貼ります。

「どうしてガムテープを貼るかわかるかな?」とマツダ先生が子どもたちに質問します。

「???」「滑りやすいから?」なんだかよくわからないようです。

ガムテープを貼って歩いてみました。

すると子どもたちが「ペンギンになるから?」

「???」

「アッ、わかったガムテープのところで歩くんだ。」

「そう!かかとのところで歩いたらドンドン音がするから、つま先の方で歩くと音もしないし、きれいに歩けるんだよ。」

つま先で歩くことを意識するためにつま先に近い足裏にガムテープを貼ったのでした。

つま先の近くで歩くことを意識しながら音楽を聞き分けて歩いたり、走ったりします。(四分音符・八分音符)

ももぐみ同様、あおぐみでも今年度最後の(年長児の子どもたちにとっては最後)リトミックはももぐみとあおぐみの合同で、そして「お店屋さんごっこ」をすることを前回のリトミックで話をしています。

「あおぐみさんはももぐみさんにカレーライスを作ってあげるからね」とマツダ先生が子どもたちに話しました。

カレーの具材「ニンジン・タマネギ・ジャガイモ・ぶたにく・トマト・カレールー・塩(パッパッ パッパッ)」を手を叩きながらリズムに合わせて口で言っていきます。

最初は4拍子(ニ・ン・ジ・ン・タ・マ・ネ・ギ・ジャ・ガ・イ・モ・ぶ・た・に・く…)で言い、次は二拍子(ニン・ジン・タマ・ネギ・ジャガ・イモ・ぶた・にく)最後は三拍子(ニン・ジ・ン・タマ・ネ・ギ・ジャガ・イ・モ・ぶた・に・く)でリズムを刻んで言いました。

「あおぐみさんはももぐみさんが作ったケーキを買いに行くんだよ。」

「ケーキ屋さん ケーキ屋さん これください」って言いながら足も歩くんだよ。

そしたらももぐみさんが「はーい いらっしゃいませ お客様」って言うから、ケーキを買うんだよ。

カラーボードを言われた色のボードをとります。

「赤、年中児のお友だちからとってね。次は年長児のお友だち」という具合に言葉で言われたことをよく理解して行動することが求められます。

マツダ先生が良くないお手本をして見せます。

自分が取りたいボードを下から選んで取る。ボードを散らかす。ボードを投げる。…

お約束をしてからボードを取りに行くのですが…

先生の話をよく聞いていなかったり、自分の欲しいボードを下から選んで取ったりする子どもがいました。

その人たちはゲームには参加できません。

赤・黄・青3色のボードを取って、そのボードを広がるように床にバラバラに置きます。

音楽に合わせてつま先立ちで歩き、(ボードをまたいだり、踏んだり、乗ったりしない)色を言われたらそのボードの上に乗ります。

最初は1色だったのですが、「赤と青」「赤と青と黄色」など2色、3色と増えていきます。

2色までは一歩かたずつ足を乗せられますが、3色になるとどうすればいいか考えないといけません。

しかも、ボードを足や手で自分の方に引き寄せたりしてはいけません。(ボードを動かしてはいけません)

3色の場合は子どもたちもとっさに手をついてバランスを取ったり、(足だけでなく、体の一部分が触れていればOK)2色のボードを一つの足で踏んで、もう1足で別のボードを踏んだりと工夫を凝らしていました。

白いボードも増やしました。

「赤・黄・青・白」4色言われると、まず近くに4色あるか、そしてそれが自分の体で触れられるか?考えます。

両手両足それぞれボードを踏んでアメンボのような体制になっていたり、体のどこかが触れていればいいので、工夫して手足以外のところで触れたりと頑張っていました。

最後にお馬さんになってギャロップをし、曲が止まったら自分たちも止まる、合図の音がしたらポーズするを繰り返しました。

丸い大きな円を作って「さよなら あんころもち またきなこ」でさようならのあいさつをしました。

今回のリトミックも様々な楽しい活動が出来たと思います。

|

« 消防訓練(いちき串木野市消防署) | トップページ | キンカンちぎり(あお・ももぐみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消防訓練(いちき串木野市消防署) | トップページ | キンカンちぎり(あお・ももぐみ) »