« キンカンちぎり(あお・ももぐみ) | トップページ | 実習生とのお別れ会 »

2016年2月20日 (土)

おにぎりの日

朝、土砂降りの雨が降っていましたが、今は雨も上がり、日が差してきました。

おにぎりの日でした。

今回も保育園でお米を炊いて、自分たちでおにぎりを作って食べました。

おにぎりの具は梅干と梅干を作った時に出たしそのゆかり、そして海苔です。

自分たちでおにぎりを作るようになってから4回目です。

子どもたちもだいぶおにぎりづくりにも慣れてきたようです。

Dsc08656Dsc08657Dsc08661Dsc08663

Dsc08667Dsc08676Dsc08677Dsc08685

Dsc08690Dsc08713Dsc08707Dsc08717

ももあおぐみの子どもたちがおにぎりを作りました。

まずは手に梅酢水をつけます。

そして、ちょっと形作ったおにぎりを手に置いてもらいます。

そのあとはギュギュっとおにぎりを握ります。

梅干を真ん中に入れて、形をきれいにします。

指先にゆかりをつけて、おにぎりの周りにトントンとつけていきます。

そして、海苔を巻いたら出来上がり。

年齢に応じて、2つ・3つ・4つを持ってきた自分のお弁当箱に入れます。

ももぐみ・あおぐみの子どもたちはできることが増えるので、ちょっと手を貸してあげると自分たちで進めていくことができます。

あおぐみの子どもたちはあかぐみの子どもたちの分も作ってあげました。

小さな子どもたちが食べやすいように、サイズも小さくしています。

自分たちのおにぎりは大きめのものを作ったり、お弁当箱のサイズに合わせて、小さなおにぎりをたくさん作る子もいました。

おにぎりづくり、どんどん上手になっています。

Dsc08724Dsc08736Dsc08741Dsc08752

保育園で出来た大根葉のお漬物と一緒におにぎりを食べました。

|

« キンカンちぎり(あお・ももぐみ) | トップページ | 実習生とのお別れ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キンカンちぎり(あお・ももぐみ) | トップページ | 実習生とのお別れ会 »