« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月26日 (金)

リトミック21

朝晩は冷え込みが厳しいですが、日中は暖かい日が増えてきました。

リトミック21でした。

ももぐみの活動では…

朝のあいさつもお母さん座りをして待てるようになってきました。

進級するんだという気持ちが芽生え始めているようです。

「はるがきた」の曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら、自分たちも止まります。

合図の音に合わせて腕をキラキラさせたり、しゃがんだり、ジャンプしたり、一周回ったり、反対に歩いたりします。

「子守唄」の曲で床に眠ります。

「はるがきた」ということで、たぬきやリス、クマ、へびが冬眠から目覚めて、動き出します。

2人組でユラユラ揺れたり、手合わせをしたりします。

3人組になってユラユラ揺れたり、手合わせもします。

あおぐみの子どもたちがやっているのと同じように、3人組の真ん中の子はリスです。

リスがお引越しするときの曲が流れると、木のお家(2人で作っている)はそのままでリスは引っ越します。

曲が止まったら、違うお家に入ります。

新しいリスを迎えて、曲に合わせてユラユラしたり、手合わせしたりします。

何度か繰り返して、今度はお家が引っ越しをします。

始めてやったことだったので、戸惑っている子どもたちもいましたが、何度か繰り返しているうちに少しずつカンが掴めてきているようでした。

3月はあおぐみの子どもたちと一緒にリトミックします。

リスの活動も一緒にするのですが、お買いものごっこをします。

まずはケーキを作るところをおさらいしました。

まぜまぜ(四分音符)シャカシャカ(八分音符)コッツンパ(二分音符)3つのグループに分かれてケーキを作ります。

音を聞いて、2つ同時に動作を行ったりしました。

オーブンに生地を入れて、焼きます。

たくさんのケーキが焼けました。

出来上がったケーキを並べて、ケーキ屋さんになってケーキを売ります。

「はーい、いらっしゃいませお客様」

「(お金は)~円です。」

「まいどありがとございます。」とやり取りをします。

本番ではあおぐみの子どもたちがケーキを買いに来ます。

あおぐみの活動では…

♪おともだちと こんにちは でウオーミングアップ。

2人組・3人組・4人組になって、曲を聞き分けて手合わせをします。

3人組になって、1人はリス、2人は木のお家になります。(リスは真ん中にいます)

音楽を聞いて、ユラユラしたり、手合わせしたり、リスがお引越ししたり、お家がお引越ししたりします。

あおぐみの子どもたちは何度かやっているので、曲が変わったらこの時はリスがお引越し、この曲は木がお引越しがわかっているようでした。

ももぐみの子どもたちをリードしてほしいなと思います。

本番まではケーキを見せないでおこうと思ったのですが、リズム打ちの練習をしたかったので、あおぐみにケーキを見せました。

思い思いに~ケーキ」と口にしていました。

「チョコレート・ブルーベリー・ロールケーキ・さくらんぼ・プリン・イチゴ」を口で言葉を言いながら、言葉と同じリズムを手で叩く練習をしました。

チョコレート(チョコレート)・ブルーベリー(ブルーベリー)ロールケーキ(ロールケーキ)・さくらんぼ(さくらんぼ)・プリン(プリン)・イチゴ(イチゴ)タンバリンでリズムを叩きながら、調子に合わせて手で打つ練習をします。

ケーキを並べて、ももぐみの子どもたちの役は先生たちがやって、あおぐみの子どもたちにお客さんになってもらいました。

年中・年長2人組になります。

「ケーキ屋さん、ケーキ屋さん、これください」と言いながら、手でリズムを叩きながらケーキ屋さんへ歩いてきます。

「はーい、いらっしゃいませ お客様」とももぐみの子どもたちが言うのを、先生たちが言います。

「(たとえばチョコレートを選んだら)チョコレートチョコレートいくらです?」とあおぐみの子どもたちが聞きます。

「~円です」先生が答えると「はいどうぞ」と言ってケーキを買って、「チョコレート、チョコレート、チョコレート」と言って、手でリズムを打ちながら帰ります。

初めてやって戸惑いも見られましたが、みんな上手にやっていました。

「ニンジン(ニンジン)タマネギ(タマネギ)ジャガイモ(ジャガイモ)ぶたにく(ぶたにく)鍋で(鍋で)いためて(いためて)グツグツ煮ましょう」

「トマト(トマト)カレールー(カレールー)とけたら(とけたら)味見て(味見て)しおを(しおを)いれたら(いれたら)はいできあがり」

「カレーライスの歌」の手遊びをやってみました。

最初は先生がやって、( )の部分を子どもたちにやってもらいましたが、途中から年長児の子どもたちに先生の所をやってもらいました。

( )を言うのが慣れているので、歌の途中からつられて後を言ってしまってました。

モデルがないと難しいようです。

「にん・じん、たま・ねぎ、じゃが・いも、ぶた・にく(四分音符2つで2拍子)に・ん・じ・ん、た・ま・ね・ぎ、じゃ・が・い・も、ぶ・た・に・く」(八分音符4つで2拍子)の口で言いながら手で打つリズム練習をしました。

「トマト(トマ・ト、カレー粉(カレー・コ)、塩(シ・オ)、パッ・パッ・パッ・パッ(塩を入れるところ)」のリズム練習も付け足しました。

上の「にんじん・たまねぎ・じゃがいも・ぶたにく」の四分音符と八分音符の違いを聞き取れるようになった感じでした。

今日はリズム練習が続いたので、子どもたちも集中する時間が長くて疲れてしまったようでした。

3月のもも・あおぐみ合同のリトミックを楽しみにしていてくださいね

| | コメント (0)

2016年2月25日 (木)

2月誕生会



日差しがキラキラ輝いて、春の訪れを感じさせます。

穏やかな良い天気です。

2月誕生会でした。

Dsc08793_2Dsc08795Dsc08801Dsc08814

誕生者は2名
(3歳2名、きぐみ2名、男の子1名・女の子1名。残念ながら1名は欠席でした。)

「好きな食べ物は?」の質問に「いちごとブドウ」と答えていました。(誕生日カードにはマグロとおすしと書いてあったようですが。好きな食べ物がたくさんあるのですね。)

好き嫌いもほとんどなくて、苦手な食べ物も「頑張って食べるね」と言って食べているようです。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

今、実習生のニノカタさんが保育園で学んでいます。

誕生会の出し物を担当してもらいました。

Dsc08818Dsc08819Dsc08820

①「おばあちゃんの誕生日」紙芝居

91歳のおばあちゃんの誕生日は台所のやかんやまな板、包丁、鍋などが自分たちでおばあちゃんの好きな料理を作ってお祝いしてくれました。

ごはん・お味噌汁・糠漬けなど日本の伝統食が並んでいました。

Dsc08821

②「ピヨピヨハッピーバースデイ」絵本読み聞かせ

ヒヨコたちの誕生日はケーキ屋さんでおいしそうなケーキを見て、自分たちが欲しいケーキを選ぶところから。

しかし、お母さんにわとりが“どんぶりプリン”と決めてしまいます。

最後にはサプライズのケーキが出てきました。

とってもかわいらしい絵と、おいしそうなケーキが描かれていて、誕生日にふさわしいお話だったと思います。

Dsc08823Dsc08824Dsc08825

③折り紙でハッピバースデイ!

折り紙を細かく細かく折って、ある場所をはさみで切るとローマ字が出来ます。

「HAPPY BIRTY DAY」の一つ一つの文字を折り紙で折って、はさみで切ると文字が出来ました。

色とりどりの素敵な文字が出来上がりました!

「ハッピバースデイ」の歌を2月生まれのお友だちにみんなで歌ってお祝いしました。

Dsc08826Dsc08828Dsc08830Dsc08831

Dsc08832Dsc08834

④グラスで楽器を作る。

100円ショップなどに売っているワイングラスに水を注ぎます。(水の量は音によって変えます)

水を入れ終わったら、グラスの飲み口の所を棒で叩きます。

すると、「ドレミファソラシド」の楽器が出来上がりました。

「ハッピバースデイ」リクエストのあった「子ぎつねコンコン」、そして「キラキラ星」を年長児の子どもたちに演奏してもらいました。

Dsc08836Dsc08838Dsc08839Dsc08840

Dsc08841Dsc08842Dsc08843

⑤「新聞紙と水」マジック

裏表の新聞紙があります。

「新聞紙に水を入れたらどうなると思う?」と子どもたちに尋ねると、「破れる、濡れる」と返事が返ってきます。

8つに折って、新聞紙にコップの水を注ぎます。

新聞紙は水を注いでも全く濡れていません。

そして、新聞紙を1回転させました。

どこからも水は出てきません。

みんな「???」不思議そうな顔をしています。

再び新聞紙を8つ折りにして、コップに新聞紙の口を近づけると、なんと新聞紙から水が出てきました。

みんなびっくりしていましたよ。

今月の誕生会も楽しい時間を過ごすことが出来ました

| | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

実習生とのお別れ会

風が冷たい日です。

保育実習で2月8日から今日まで保育園で学んでいたニシさんが今日で最後でした。

お別れ会を行いました。

2回目の実習で、1回目は去年の9月にも2週間学ばれました。

Dsc08766Dsc08767Dsc08768Dsc08769

Dsc08770Dsc08771Dsc08775Dsc08776

Dsc08779Dsc08780Dsc08782Dsc08786

Dsc08788Dsc08790Dsc08792

「ニシ先生は鹿児島国際大学で学ばれていて、今3年生です。4年生までお勉強があります。去年の9月に二週間、今度2週間浜ヶ城保育園でお勉強をされました。」と園長先生から紹介がありました。

「みんなと一緒に遊べて楽しかったです。先生も学校へ帰ってたくさん勉強をしますので、みんなも保育園でいっぱい遊んで、食べて、寝て、大きくなってください。」とニシさんからみんなにお話がありました。

ニシさんからは子どもたち一人一人にプレゼントがありました。

クラスの代表の子どもたちに渡しました。

子どもたちからは各クラスから子どもたちの写真入りのメッセージ付き台紙をニシさんへ渡しました。

「ニシ先生は串木野に住んでいらっしゃるので、タイヨーやニシムタで会うことがあるかもしれません。その時には声をかけてくださいね。」と園長先生。

保育園で実習したことを生かして、大学での学びを深め、素敵な保育者になってくださいね。

| | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

おにぎりの日

朝、土砂降りの雨が降っていましたが、今は雨も上がり、日が差してきました。

おにぎりの日でした。

今回も保育園でお米を炊いて、自分たちでおにぎりを作って食べました。

おにぎりの具は梅干と梅干を作った時に出たしそのゆかり、そして海苔です。

自分たちでおにぎりを作るようになってから4回目です。

子どもたちもだいぶおにぎりづくりにも慣れてきたようです。

Dsc08656Dsc08657Dsc08661Dsc08663

Dsc08667Dsc08676Dsc08677Dsc08685

Dsc08690Dsc08713Dsc08707Dsc08717

ももあおぐみの子どもたちがおにぎりを作りました。

まずは手に梅酢水をつけます。

そして、ちょっと形作ったおにぎりを手に置いてもらいます。

そのあとはギュギュっとおにぎりを握ります。

梅干を真ん中に入れて、形をきれいにします。

指先にゆかりをつけて、おにぎりの周りにトントンとつけていきます。

そして、海苔を巻いたら出来上がり。

年齢に応じて、2つ・3つ・4つを持ってきた自分のお弁当箱に入れます。

ももぐみ・あおぐみの子どもたちはできることが増えるので、ちょっと手を貸してあげると自分たちで進めていくことができます。

あおぐみの子どもたちはあかぐみの子どもたちの分も作ってあげました。

小さな子どもたちが食べやすいように、サイズも小さくしています。

自分たちのおにぎりは大きめのものを作ったり、お弁当箱のサイズに合わせて、小さなおにぎりをたくさん作る子もいました。

おにぎりづくり、どんどん上手になっています。

Dsc08724Dsc08736Dsc08741Dsc08752

保育園で出来た大根葉のお漬物と一緒におにぎりを食べました。

| | コメント (0)

2016年2月19日 (金)

キンカンちぎり(あお・ももぐみ)

朝のうちは冷え込みましたが、雲がかかってきて、だいぶ暖かくなりました。

キンカンちぎりを行いました。

例年は1月中旬から下旬にかけて収穫するのですが、1月は大雪の影響などで2月に持ち越しました。

キンカンの実は鳥もそのおいしさを知っていて、盛んについばみにやってきていました。

中をきれいにつついたキンカンが地面に落ちています。

Dsc08580Dsc08592Dsc08596Dsc08598

Dsc08616Dsc08628Dsc08635Dsc08636

まずはあおぐみの子どもたちから。

「オレンジ色になったキンカンの実を右手で持って、左手はキンカンの枝を持って右手でキンカンを回して取ったらすぐに実が取れるからね。キンカンの実だけを引っ張ったら枝が折れてしまったり、実がちぎれてしまうからね。」と園長先生から子どもたちにお話がありました。

キンカンの実は小ぶりなものが多かったです。

それでも子どもたちは大きな実に目が行くようで、「先生、こんなに大きなキンカンがあったよ」と見せにきます。

カゴを片手にキンカンを集めて回る子や、自分の洋服の裾に収穫したキンカンを入れて集める子、カゴに入っているキンカンを触っている子などそれぞれです。

大きなキンカンはだいたい木の上の方になっているので、子どもたちは腕をいっぱい伸ばして収穫していました。

Dsc08613Dsc08614Dsc08644Dsc08642

収穫した後は大きなキンカンを1つ持って、ウッドデッキに座って食べました。

「甘くておいしいね」と子どもたち。

皮をむこうとする子がいたので、「キンカンは皮ごと食べるんだよ。」と先生たち。

確かに、皮が甘くて、中の実は酸味があります。

「風邪の薬なんだよ」といろいろな会話が飛び交っていました。

| | コメント (0)

2016年2月12日 (金)

リトミック20

昨日の快晴から一転、雨になりました。

リトミック20でした。

ももぐみの活動では…

Dsc08381Dsc08382Dsc08383Dsc08388

Dsc08390Dsc08402Dsc08398Dsc08408

Dsc08409Dsc08411Dsc08418Dsc08429

Dsc08435Dsc08437Dsc08447Dsc08449

♪鬼は外 福は内~ の歌で曲が止まったら自分たちも止まる、合図の音で手をキラキラさせたり、座ったり、グルグル回ったり、方向を反対にしたりします。

約1か月間間が空きましたが、子どもたちは覚えていることが多かったです。

まさに即時反応です。

鬼と福の神のお面が裏表で貼ってあります。

鬼の面が見えた時には「エイ!」とパンチします。

福の神の時には普通に歌っています。

よーく見ておかないと、いつ鬼が出てくるかわかりません。

ももぐみの子どもたちは4月からはあおぐみになったり、ももぐみでもお兄ちゃん・お姉ちゃんになります。

カラーボードを自分たちで準備します。

1色ずつ自分で取っていきますが、「一番上からとっていく。~はこれがいい、あれはイヤだといわない。ボードを叩いたり、投げたりしない。…」とマツダ先生がお約束をして、4色のボードを自分の目の前に横に並べます。

お約束がなかなか守れないお友だちもいます。

約束が守れない時には、別のところで見学しています。

赤・白・黄・青の順番です。

前回のリトミックで行った色棒が赤2本・黄棒3本・青棒4本・白棒2本でした。

そのことを思い出し、赤棒はブッブー(バツ)・黄棒は三角・青棒は四角・白棒で四角と一緒にしてお家を作ったことがわかっている子もいました。

赤・白(赤・白)1・2(1・2)と先生が言いながらボードを叩くのを見てから、子どもたちも真似をして言いながらボードを叩きます。

赤・白・黄(赤・白・黄)1・2・3(1・2・3)、赤・白・黄・青(赤・白・黄・青)1・2・3・4(1・2・3・4)と言い方や叩き方に強弱をつけたり、速い遅いをつけて、それを子どもたちも真似をします。

青のカラーボードだけを残して、ハンドルにして車を運転します。

曲に合わせて運転し、曲が止まったら車も止まります。

青のカラーボードを床に置きます。

ボードの上に乗って、足を閉じてひざの曲げ伸ばしをします。

ピアノの合図がしたら、ボードからピョンとジャンプします。

合図の音で床からボードへジャンプもします。

青のボードを頭に乗せて歩きます。

ピアノの音が止まって、自分たちも止まったら合図の音で頭からボードを滑り落とします。

今年度最後のリトミックはあおぐみとももぐみの合同でやって、「お店屋さんごっこ」をすると前回マツダ先生が話をしました。

ももぐみの子どもたちはケーキを作って、いろいろなケーキをあおぐみの子どもたちが買いに来るという設定にする予定です。

マツダ先生がいろんなケーキの絵カードを作ってきてくださいました。

子どもたちは興味津々。

先生が1枚ずつケーキのカードを見せると「チョコレートケーキ、ブドウケーキ、ロールケーキ…」など名前が挙がっていました。

ももぐみの子どもたちは「はーい、いらっしゃいませ お客様」とあおぐみの子どもたちが買いに来た時に応対します。

その練習を少ししました。

とっても張り切っていましたよ。

2人組になってトンパチントンパチン手合わせをしたり、3人組になってトンパチン手合わせをしたり、真ん中に一人入って2人がはさんで、ユラユラ揺れたりします。

トンパチンとユラユラの音楽を聞き分けて表現します。

手を叩きながら歩き、曲が止まったら自分たちもピタッと止まります。

これがリトミックのすべての基本になりますね。

あおぐみの活動では…

Dsc08460Dsc08463Dsc08466Dsc08465

Dsc08475Dsc08486Dsc08487Dsc08492

Dsc08516Dsc08511Dsc08519Dsc08525

Dsc08531Dsc08536Dsc08546Dsc08560

Dsc08553Dsc08566Dsc08567Dsc08569

♪お友だちとこんにちは… でウォーミングアップ

2人組でこんにちはをしたり、3人組になって3人手をつないで歩き、他の3人組のグループと一緒になって6人で手合わせをしたりします。

3人組で1人はリスになって真ん中に、2人はリスの家を作ります。

音楽を聞いてリスをはさんでユラユラ揺れたり、音楽が変わったらリスはしゃがんで2人が手合わせをします。

リスのお引越しの曲が流れたらリスの動作でお引越しをします。

今日はリスの家が引っ越す曲も出てきて、お家がお引越しをすることもしました。

よーく耳で聞いていないと、今何をするのかわかりません。

集中力と注意力、判断力が必要です。

子どもたちの足裏、つま先に近い所にガムテープを両方の足裏に貼ります。

「どうしてガムテープを貼るかわかるかな?」とマツダ先生が子どもたちに質問します。

「???」「滑りやすいから?」なんだかよくわからないようです。

ガムテープを貼って歩いてみました。

すると子どもたちが「ペンギンになるから?」

「???」

「アッ、わかったガムテープのところで歩くんだ。」

「そう!かかとのところで歩いたらドンドン音がするから、つま先の方で歩くと音もしないし、きれいに歩けるんだよ。」

つま先で歩くことを意識するためにつま先に近い足裏にガムテープを貼ったのでした。

つま先の近くで歩くことを意識しながら音楽を聞き分けて歩いたり、走ったりします。(四分音符・八分音符)

ももぐみ同様、あおぐみでも今年度最後の(年長児の子どもたちにとっては最後)リトミックはももぐみとあおぐみの合同で、そして「お店屋さんごっこ」をすることを前回のリトミックで話をしています。

「あおぐみさんはももぐみさんにカレーライスを作ってあげるからね」とマツダ先生が子どもたちに話しました。

カレーの具材「ニンジン・タマネギ・ジャガイモ・ぶたにく・トマト・カレールー・塩(パッパッ パッパッ)」を手を叩きながらリズムに合わせて口で言っていきます。

最初は4拍子(ニ・ン・ジ・ン・タ・マ・ネ・ギ・ジャ・ガ・イ・モ・ぶ・た・に・く…)で言い、次は二拍子(ニン・ジン・タマ・ネギ・ジャガ・イモ・ぶた・にく)最後は三拍子(ニン・ジ・ン・タマ・ネ・ギ・ジャガ・イ・モ・ぶた・に・く)でリズムを刻んで言いました。

「あおぐみさんはももぐみさんが作ったケーキを買いに行くんだよ。」

「ケーキ屋さん ケーキ屋さん これください」って言いながら足も歩くんだよ。

そしたらももぐみさんが「はーい いらっしゃいませ お客様」って言うから、ケーキを買うんだよ。

カラーボードを言われた色のボードをとります。

「赤、年中児のお友だちからとってね。次は年長児のお友だち」という具合に言葉で言われたことをよく理解して行動することが求められます。

マツダ先生が良くないお手本をして見せます。

自分が取りたいボードを下から選んで取る。ボードを散らかす。ボードを投げる。…

お約束をしてからボードを取りに行くのですが…

先生の話をよく聞いていなかったり、自分の欲しいボードを下から選んで取ったりする子どもがいました。

その人たちはゲームには参加できません。

赤・黄・青3色のボードを取って、そのボードを広がるように床にバラバラに置きます。

音楽に合わせてつま先立ちで歩き、(ボードをまたいだり、踏んだり、乗ったりしない)色を言われたらそのボードの上に乗ります。

最初は1色だったのですが、「赤と青」「赤と青と黄色」など2色、3色と増えていきます。

2色までは一歩かたずつ足を乗せられますが、3色になるとどうすればいいか考えないといけません。

しかも、ボードを足や手で自分の方に引き寄せたりしてはいけません。(ボードを動かしてはいけません)

3色の場合は子どもたちもとっさに手をついてバランスを取ったり、(足だけでなく、体の一部分が触れていればOK)2色のボードを一つの足で踏んで、もう1足で別のボードを踏んだりと工夫を凝らしていました。

白いボードも増やしました。

「赤・黄・青・白」4色言われると、まず近くに4色あるか、そしてそれが自分の体で触れられるか?考えます。

両手両足それぞれボードを踏んでアメンボのような体制になっていたり、体のどこかが触れていればいいので、工夫して手足以外のところで触れたりと頑張っていました。

最後にお馬さんになってギャロップをし、曲が止まったら自分たちも止まる、合図の音がしたらポーズするを繰り返しました。

丸い大きな円を作って「さよなら あんころもち またきなこ」でさようならのあいさつをしました。

今回のリトミックも様々な楽しい活動が出来たと思います。

続きを読む "リトミック20"

| | コメント (0)

2016年2月 5日 (金)

消防訓練(いちき串木野市消防署)

立春を過ぎて、暦の上では春を迎えました。

厳しい寒さもなく、うす雲が広がって、穏やかな日です。

消防訓練を行いました。

「調理室から火事だー」とイシツカ先生が大きな声でみんなに知らせます。

非常ベルが鳴り響きます。

かけっこを終え、外にいた子どもたちは先生たちに誘導されて避難場所へ集まります。

延焼を防ぐために、手分けをして建物の中の窓やドアを閉めます。

先生たちは人数点呼をして、園長先生に報告をします。

Dsc08321Dsc08322Dsc08323Dsc08324

Dsc08325Dsc08326Dsc08327Dsc08328

消防署のイマダさんから「みんな上手に先生の言うことを聞いて避難場所へ集まりました。火はとっても便利なもので、お料理をしたり大事なものです。しかし使い方を間違えると火事になってしまいます。おうちの人が持っているライターを遊びで使ったりすると火事になってしまいます。絶対にライターやマッチを触ったりしないでくださいね。建物に入っているときに火事が起こった時のお約束を知ってるかな?」と子どもたちに質問がありました。

「押さない」「駆け出さない」「静かに」「戻らない」『お・か・し・も』子どもたちも断片的には覚えていたようです。

「先生たちの言うことをよく聞いて、避難してくださいね。」とお話がありました。

職員にも天井まで達した火には消火活動をせず、自分の逃げる経路を保って逃げること。消火器からは粉が出て、視界が悪くなるので必ず避難経路を確保していくこと、子どもたちを避難誘導した後、火の勢いによっては避難場所を移動させること、外で消火をする時には必ず風上から風下へ向かって消火をすることなど話をされました。

Dsc08331Dsc08336Dsc08337Dsc08338

Dsc08339Dsc08340

職員による初期消火訓練を行いました。

まず、「火事だー」と大きな声で叫び、周りの人に火事が起こったことを知らせます。

そして、消火器を持って火元近くへ走り、①黄色いピンを抜く②ノズルを火元に向ける③レバーを押し、消火器の中身を発射させます。

その時に火元の火の様子を見ながら近づいて回り込んでいきます。

最後に年長児の男の子2人が初期消火に挑戦しました

消防士の方に手伝ってもらいながら、消火しました。

Dsc08342Dsc08346Dsc08349Dsc08352

Dsc08354Dsc08356Dsc08358Dsc08359

Dsc08363Dsc08367Dsc08369Dsc08372

Dsc08374Dsc08375Dsc08379Dsc08377

恒例の消防車見学

今回は銀河号が保育園の駐車場まで上がってきました。

あかぐみから順に写真撮影をしたり、ヘルメットや帽子、消防服を着せてもらったり、運転台に座らせてもらったり、水が出るホースの先端部分を持たせてもらったりしました。

みんな興味津々で見学を行っていました。

消防車を名残惜しそうに見送る子どもたちでした。

自分たちの命を守るとっても大事なことを教えていただきました。

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

節分(鬼退治)

朝は冷え込みが厳しかったですが、日中になり日が差して暖かさを感じます。

今日は節分

冬と春を分ける日。

季節の変わり目で、邪気が入りやすいといわれています。

そこで、鬼退治をして春を清々しく迎えられるようにします。

子どもたちは「今日、保育園に鬼が来るんだよね?」と気にしています。

一年に一度の試練の日です。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

体操・かけっこをして部屋へ入ると自分たちで作った鬼のお面や豆の入れ物を身につけます。

「鬼が来る。怖いよー。」と涙ぐむ子もいます。

「鬼が来たら、鬼は外って豆を投げるんだよ。」と先生たちが子どもたちに教えます。

5141823

33394243

52546063

71737583

80879291

108109113111

準備を終えると、どこからともなく棒を叩く音が聞こえてきました。

子どもたちは鬼が入ってくると「ウワー」と泣き出します。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

先生たちの足元や体にしがみつきます。

「言うことを聞かない子はいないか。」

怖さが先に立って、豆を投げるのもおぼつきません。

普段、言うことを聞かない子は鬼が空からちゃんと見ていて、玄関先に連れて行かれます。

「ごめんなさい、ごめんなさい。言うこと聞きます。言うこと聞きます…。」

鬼は子どもたちを追いかけ、子どもたちは必死に逃げます。

玄関先に集められた子どもたちは鬼から「お父さん、お母さん、先生たちの言うことをちゃんと聞くか?」と言われて、「言うこと聞きます」と約束をしていました。

「ちゃんとご飯を食べるか?」「イヤイヤって言わないか?」

「ハイ!!」と返事をします。

「約束するか?」

「約束します。」

「空からいつも見てるからな。」

「ハイ!」と返事をします。

鬼は山へ帰っていきました。

120124128131

129130137135

その後、投げたピーナツを拾ってみんなで食べました。

これで心の中の鬼も退治出来て、一年間元気ですっきり過ごせると思います。

今日の給食は縁起を担いで「恵方巻」(今年の方角は南南東)が登場しましたよ。

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »