« 正月遊び | トップページ | 初詣 »

2016年1月 6日 (水)

リトミック18

今日は終日雨になりました。

リトミック18を行いました。

ももぐみの活動では…

新年になって初めてのリトミックだったので、“あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします”とご挨拶をしました。

即時反応では、曲が流れているときには歩く、止まったら自分も止まる。高音キラキラ、低音で座る。中音のドレミファソファミレでグルグル回る。低音のドレミファソファミレで床に寝転がってゴロゴロする。合図の音で向きを変えて歩く。座ったところからだんだん高くなる。最後に“たこの歌”の高音で凧になって空を飛びました。

歌「こぶたぬきつねこ」では先生が最初に歌って、子どもたちが後から歌うが自然とできていて、歌を歌いながら振り付けをする、振り付けのことろを手拍子(2つ)で打つ、手拍子のところを足ふみをする(2つ)、足ふみのところを歩く(2つ)がよくできていました。

ももぐみの子どもたちの成長を感じました。

カラーボード4枚(赤・白・黄・青)を一人ずつ渡して、自分の前に並べます。

“いろんな色がありますね”の歌を歌いながら先生が“あか”と歌った後から子どもたちが“あか”と歌い、それぞれの色のボードを手に持ちます。♪いろんないろがありますね あか しろ きいろ あお♪

“あか”“しろ”“きいろ”“あお”と歌って、ボードを見せます。

今度は色のところでその色のボードを叩きます。

ちらほら違う色のボードを叩いている子もいましたが…大体の子どもたちはその色のボードを叩いていました。

“あか しろ きいろ あお”のところを色の順番を変えます。

“しろ あお あか きいろ”などランダムです。

言われた色のボードを叩きます。(よく聞いていないと、どのボードを叩くかわかりませんね。集中力が必要です。)

“よく聞くこと”大事です。

青色のボードを座布団にして赤・白・黄3枚のボードが自分の前に並んでいます。

「赤・白、赤・白、1・2、1・2…」先生の後から真似をします。

色と数(ボードの)を結びつける活動です。

先生がすることをよく見て、表現します。

「赤・白・黄、赤・白・黄、1・2・3、1・2・3…」1枚ボードが増えて、3枚のボードを叩きます。

強弱をつけて言葉を言ったり、叩いたりするのですが、そこもちゃんと真似しています。

前回行った“ゆーらゆーら”と“トンパチントンパチン”音楽を弾いてみて、覚えているか試してみました。

“ゆーらゆーら”の音楽をピアノで弾くと、前回やったように2人組になって手をつないでゆーら、ゆーらと揺れるペアも結構いました。

口でも“ゆーらゆーら”と言いながら揺れています。

“トンパチントンパチン”「もちつき」の曲に合わせて手合わせしてみました。

間にお馬さんになってギャロップして、2人組と言われたら、近くの人と2人組になります。

そして、「ゆーらゆーら」か「トンパチン」かを聞き分けて、揺れるか手合わせかをします。

2人組になるのがなかなか難しいようで、(慣れていなくて)これから練習していこうと思います。

最後に“ケーキ作り”を行いました。

卵を割る“コッツンパ”生地を混ぜる“マゼマゼ”泡立てる“シャカシャカシャカシャカ”それぞれの動作をやってみます。

3つのグループに分かれて、それぞれのリズムを刻みます。(前回とは違うリズムをします)

1グループごとにそれぞれのリズムをやってみます。

あとは音を聞いて、自分の動作をやります。

1つだけとは限らず、2つ同時に音がすることもあるので、よーく聴いていないといつ活動をするのかわかりません。

あおぐみの活動では…

Dsc00548Dsc00553Dsc00556Dsc00562

Dsc00575Dsc00578Dsc00582Dsc00586

Dsc00599Dsc00601Dsc00602Dsc00616

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

四分音符・八分音符・二分音符のリズム曲でで二人組になって“こんにちは”をしたり、二人組・三人組・四人組になって手合わせしたりします。

即時反応では“たこのうた”で合図の音で手をキラキラしたり、しゃがんだり、回ったり、床にゴロゴロしたり、反対方向へ進んだり、しゃがんだところからだんだん高くなって、凧になって飛んだりしました。

♪たこたこあがれ てんまであがれ♪「たこたこあがれ」の歌を音の高低(ミとレ)の高さを手で示しながら歌います。

「ミレミレミミミ ミミレレミミミ」ハンドサインで表現します。

「ハンドサイン?」と不思議そうな顔をしている子もいましたが…(キラキラ星やかえるのうたなどでもやっています。難しいですね。) 

みんなで手をつないで、大きな丸を作ります。

つないだ手を上下させます。(最初は手を下にしていますが、さんはいで手を上に振って、「た」で手は下であとは上下させます)

最後、歌い終わった後1拍手は上にきます。(それで終了です)

みんながそろうと、最後手が上に来てきれいに終われることになります。

手をそろって振るのも、リズム感がないと難しいようです(左右の手が逆になっている子もいました)

♪たこたこあがれ で四分音符で歩いて、歌いながら手を叩いてもやってみました。

足も手もよくリズムを刻んで歩いたり、叩いたり、歌ったりできていました。

前回もやった“ペッタンペッタン”お餅つきバージョンです。

先生がペッで手を叩いて、タンで子どもたちが手を叩きます。

子どもたちのところを回って、タンを叩いてもらいました。

ペッタンのリズム感をつかんでいるようです。

年長児と年中児のペアになってペッタンの練習をします。

年長児がペッ年中児がタン担当です。

タンは年長児の手を叩いてもらいました。

「もちつき」の曲に合わせて“ペッタンペッタン”やってみました。

感をつかんだようで、よく出来ていました。

“ペッタンコペッタンコ”「コ」がひとつ増えました。

年中児の子どもが「タンコ」2つ叩きます。

先生たちが子どもたちに教えてあげたりして、練習すると出来るようになりました。

曲に合わせて「ペッタンコペッタンコ…」お餅つきをします。

間にギャロップを入れて、新しいペアで「ペッタン」か「ペッタンコ」の聞き分けをやってみました。

戸惑っていたようですが、よくついてきていました。

もう一つ増やしてみました。

「ペッタンコッコペッタンコッコ」年中児は「タンコッコ」3つ手を叩きます。

練習してだいぶできるようになりました。

『十二支のはじまり』の絵本を読みました。

子どもたちも「今年は申年だよ」とよく知っていました。

「~は丑年だよ、~は寅年だよ」と教えてくれます。 

十二支の飾りを出すと興味津々。

「子・丑・寅・卯・辰・巳…」と言葉を口ずさむ子もいました。

何度か口にしてみました。

ここで時間切れ(時間はだいぶ過ぎていました)

様々な活動を通して、リトミックを楽しんでもらえたらと思います。 

|

« 正月遊び | トップページ | 初詣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正月遊び | トップページ | 初詣 »