« リトミック17 | トップページ | おにぎりの日(自分たちで作る) »

2015年12月19日 (土)

桜の木からのおくりもの

今朝も冷え込みましたが、日差しが出てきて暖かくなりました。

あかぐみの子どもたちが菜園の所で落ち葉ひろいをしました。

Dsc06703Dsc06704Dsc06702Dsc06712

8月末の台風で園庭の桜の木が3本倒れてしまい、とても寂しい思いをしていました。

秋、残りの桜の木に花と葉っぱをつけました。

思いのほかたくさんの葉っぱがつき、12月の今、きれいな紅葉を見せてくれました。

温暖化の影響かこの十数年、桜の葉っぱが散るのが年々速くなり、最近では9月にはほとんどの葉っぱが散ってしまいます。

この十数年、紅葉した葉っぱを見ることはありませんでした。

赤や黄色、オレンジ色様々なグラデーションの葉っぱはとても美しいです。

自然界ならではの色彩です。

子どもたちも葉っぱを手に取って握ったり、感触を確かめたりしていました。

|

« リトミック17 | トップページ | おにぎりの日(自分たちで作る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リトミック17 | トップページ | おにぎりの日(自分たちで作る) »