« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月24日 (火)

11月誕生会

昨夕からの雷雨から一転、暖かで穏やかな日になりました。

11月誕生会を行いました。

Dsc05939Dsc05940Dsc05942Dsc05943

Dsc05944Dsc05945Dsc05947Dsc05953

Dsc05957Dsc05958Dsc05961Dsc05966

Dsc05969Dsc05975Dsc05984Dsc05988

誕生者はなんと9名!(あかぐみ2名・きぐみ1名・ももぐみ3名・あおぐみ3名、2歳2名・3歳1名・4歳2名・5歳2名・6歳2名、男の子3名・女の子6名)でした。

それぞれ年齢に応じて指で年齢を示したり、お兄ちゃん・お姉ちゃんが教えてくれたり、自己紹介をしたりしました。

「好きな食べ物は?」の質問には「リンゴ・ミカン・イチゴ・バナナ…」などの果物が出てきたり、あとは「お魚、刺身(特にマグロ!高級魚ですね)」も出てきました。

「好きな動物は?」では「ウサギ・ネコ・イヌ・キリン・カバ・クマ・トラ・ライオン・チーター」様々な動物が出てきました。

みんなからは歌のプレゼント

今月の出し物は…

Dsc05994Dsc05996Dsc05997Dsc06004

Dsc06000Dsc06001Dsc06005Dsc06002

① 「カレーライス」パネルシアター

白い大きなパネルが出てきました。

♪にんじん 玉ねぎ ジャガイモ 豚肉 鍋で炒めて グツグツ煮ましょう

トマト カレールウ 溶けたら 味見て 塩を入れたら ハイ出来上がり どうぞ…♪

ニシダ先生の後について「カレーライス」の手遊びをしました。

みんなが手遊びに慣れたら、白いパネルにニンジン・玉ねぎ・ジャガイモ・豚肉・トマト・カレールウ・塩が出てきました。

そして、ガスコンロと鍋もあります。

「にんじん君、困った顔をしてないで、カレー作るからお鍋の中に入ってくれよ。」

「はーい」と返事をして、「カレーだったら大好きだから喜んで入るよ。」と言ってニコニコ顔になってお鍋に入ります。

他の野菜やお肉も同様です。

カレールウとお塩も入れて、火をつけて煮込みます。

グツグツ煮込んでいる間に手遊びをします。

「カレーライス」の歌は3番まであるのだそうです。(私は知らなかったのですが…)

♪モグモグ ムシャムシャ 水をゴクゴク そしたら 力がもりもり湧いてきた ポーズ

そうして手遊びしながら歌を歌っていると、とってもおいしいカレーライスが出来上がりました。

Dsc06008Dsc06006Dsc06010Dsc06007

② 「にんじん・大根・ごぼう」のお話手袋シアター

手袋を使って、お話をしてもらいました。

ニンジン・大根・ごぼうはもともとはみんな真っ白けでした。

土の上でいっぱい遊んで泥だらけ。

みんな真っ黒になりました。

汚れを落とそうとお風呂に入りました。

最初に入ったのはにんじん「アチチちちちぃ、でも我慢して入るぞー」そうしているうちに、にんじんは真っ赤になりました。

次、入ったのは大根「熱いから水を足して入ろう。そして、石鹸で体を洗って…」そうして大根は真っ白になりました。

最後はごぼう「お風呂は嫌いだから入らない。ちゃっちゃと流して上がろうっと」ごぼうは真っ黒のままでした。

ニンジン・大根・ごぼうのお話でした。

Dsc06012Dsc06013Dsc06014Dsc06015

Dsc06017Dsc06019

③ マジック

・宙に浮く割り箸

割り箸が出てきました。

両手で持っていますが、ニシダ先生は割り箸を支えていた一方の手を離しました。

確かに、もう一方の手も割り箸を握っていません。

割り箸が宙に浮いていました。

・お利口な水

とってもいうことを聞く(子どもたちみたいな!?)水がペットボトルに入っています。

その水を紙コップに注ぎます。

そうして、折り紙をコップ口にあてます。

ひっくり返すと…なんと水はこぼれません。

「もういいよ」と声をかけると、水がこぼれました。

子どもたちは不思議な様子に見入っていました。

今月の誕生会もとっても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

おにぎりの日(自分たちで作る)

薄曇りの日で、暖かく過ごしやすい日です。

今日はおにぎりの日です。

いつもだったらお家からおにぎりを作ってもらってくるのですが、今回からは自分たちでおにぎりを作りました。

卒園児Aくんのおじいちゃんから丹精込めて作ったお米をおにぎりにしました。

あかぐみからあおぐみまですべてのクラスで行いました。(あかぐみはラップにご飯を入れてギューッと握りました)

空のお弁当箱に自分でにぎったおにぎりを入れます。

イシツカ先生からおにぎりの作り方を教えてもらいました。

Dsc05823Dsc05824Dsc05825Dsc05826

Dsc05828Dsc05829Dsc05830Dsc05831

Dsc05834Dsc05835Dsc05837Dsc05838

Dsc05844Dsc05843Dsc05840Dsc05841

Dsc05845Dsc05846Dsc05847Dsc05848

Dsc05886Dsc05889Dsc05890Dsc05893

Dsc05870Dsc05869Dsc05871Dsc05881

今年は梅干を作ったので、梅から出た梅酢を梅酢水にして手に付けます。

そして、先生たちからご飯をとってもらったり、バットに入れてあるお米を自分たちで握れるだけの量をとって握りました。

お米を手で包み込んでギュッと握らないと形が崩れてしまいます。

手にはいっぱいご飯粒がつき、それをとりながら(食べながら)握ります。

「お手てを丸くして、ギューッとするんだよ。」と先生たちが子どもたちに声をかけていました。

案外、子どもたちはおにぎりを握るのに慣れているようで、手つきが良い子がたくさん見受けられました。

握ったおにぎりの真ん中に指で穴をあけて梅干を入れて、そして表面にはゆかりをつけました。

大体の子どもがお弁当いっぱいにおにぎりを入れていました。

おにぎりを作るのにだいぶ時間がかかったので、みんなの分出来上がったらもうおにぎりタイムです。

Dsc05907Dsc05911Dsc05901_2Dsc05900

Dsc05914Dsc05918Dsc05928Dsc05930

いただいたお米に感謝して食べます

イシツカ先生が作った大根葉のお漬物も一緒に食べました。

子どもたちはほぼ無言で夢中になっておにぎりを食べていました。

お代りをする子も多く、自分たちで作ったおにぎりは本当においしかったのだと思います。

あっという間に食べ終わる子が多かったようです。

来月から3月まではおにぎりの日は備蓄米を使った“保育園でおにぎりを作って食べる日”になると思います。

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

リトミック15



11月とは思えない暖かい小春日和です。

リトミック15でした。

ももぐみの活動では…

Dsc02480Dsc02482Dsc02483Dsc02485

Dsc02489Dsc02495Dsc02499Dsc02505

Dsc02508Dsc02515Dsc02519Dsc02522

子どもたちはみんなお母さん座りします。

ひざをトントン叩きます。

「ハイ」と言われたらその1つは手を叩き、またひざを叩くのに戻ります。

間隔が長いときにはすぐに対応できますが、ちょっと難易度を上げて「ハイ」の間隔を短くすると、そのまま手を叩いたり、ひざと手が逆になったりしています。

練習をしたいと思います。

即時反応の活動では、ももぐみはお遊戯会の劇で「ももたろう」をするので、“ももたろうの歌”の曲で歩きます。

高音で手をキラキラ、低音でしゃがむ、合図でジャンプしたり、その場で回ったり、歩くのを反対方向にしたりします。

ももたろうは鬼が島へ行くのにイヌ・サル・キジをお供に連れていきます。

ももたろう・イヌ・サル(中音で普通の速さで)キジ(高音で速く)鬼(低音でゆっくり)になって歩いてみました。

子どもたちは歌もよく知っていて、口ずさみながら活動していました。

フープを使った活動では、まずは曲に合わせてフープに入らずに周りを歩きます。

曲が止まったら、フープの中へ入ります。

2人組になって、ユーラユーラ(二分音符)・上下上下(四分音符)・フープの周りを走る(八分音符)の動作を確認します。

ユーラユーラは赤ちゃんを乗せて落とさないようにゆっくりゆっくり揺らします。(ゆっくり揺らすのがとっても難しいようです)

上下上下は思いのほか、動きが速く感じるようで、ついていくのに必死な感じです。

フープの周りを走るのが子どもたちにとっては一番性に合っているようです。

それぞれ音楽をつけて、曲に合わせて(聞き分けて)表現します。

曲を聞いてどの動きをするのか、ペアで考えて、動きます。

瞬時に判断して、行動に移すのが練習です。(集中力や判断力が鍛えられると思います)

ハンドルを持って、バスでミカン狩りへ出かけます。

「ドレミファソラシドレレド」で出発します。

曲に合わせて運転します。

途中、急ハンドルを切ったり、赤信号で止まったり、ネコが出てきて止まったり、がたがた道を走ったりして駐車。

それから平坦な道を歩いたり、上り坂や下り坂を歩いたりしてミカン畑に到着しました。

ミカンの木がいっぱいあります。

ミカンは高い所や低い所になっています。

「とって入れて、とって入れて…」で曲に合わせて高い所にあるミカンをとったり、低い所にあるミカンをとったりしました。

いっぱいミカンを収穫したので、カゴがとっても重くなりました。

「よいしょ、よいしょ…」と掛け声をかけながらバスまでミカンを運びながら歩きます。

バスに乗り込んで、運転して家へ帰りました。

バスは荷物をいっぱい積んでいたので、ちょっと調子が悪くなったようです。

バスを修理しました。

スティックを2本持って、前に立っているアカサキ先生の真似をして、リズムを叩きます。

「トントントントン、トトトトトトトン、トントントトトン…」四拍子のリズムを叩きます。

お友だちにもお手本になってもらいました。

クラスでも練習しているようで、まねっこして上手にリズムが叩けていました。

あおぐみの活動では…

Dsc08987Dsc08989Dsc09010Dsc09043

Dsc09050Dsc09052Dsc09054Dsc09055

Dsc09056Dsc09058Dsc09059Dsc09060

Dsc09067Dsc09072Dsc09075

「リトミックのお約束は?」の問いかけに、「よく聞く、頭の中に入れる」と答える子どもたち。

「よーく聴いて、よーく見て、考えてね。お耳は2つついていて、お口は1つ。よく聴きなさいってことなんだよ。」と話をしました。

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップ。

普通に歩く(四分音符)・かけあしする(八分音符)・ゆっくり歩く(二分音符)それぞれの活動をしてみました。

音をよく聞いていると歩く・走る・ゆっくり歩くがわかります。

テンポに合わせて2人組になって、「こんにちは、手合わせ」をします。

即時反応ではミカン狩りへ出かけました。

ももぐみと同様、バスに乗って運転して、山道を歩いて、ミカンの木から高い所・低い所音を聞き分けながらミカン狩りをして、バスに乗って帰る活動をしました。

あおぐみの子どもたちは想像力が豊かになってきていると思うので、何も持たずに(エアのハンドル・カゴ)行いました。

曲を聞き分けて、様々な活動をしていました。

テニスボールを一つずつ渡します。

年長児の子どもたちを中心に「ついてとって・投げてとって」の練習をしました。

クラスでも時間を見つけて練習しているようで、とっても上手になっています。

年中児の子どもたちにはまだまだ難しそうですが、「できるようになりたい」という気持ちが強い子もいて、その子どもたちは年長児と一緒にやってもらいました。

「ついてとって」と「投げてとって」それぞれに曲があり(音の高音で区別)それを聞きながら合わせてボールつきとボール投げを行いました。

ボールつきやボール投げをするのにも一生懸命で、曲を聞き分けるのは結構難しいようです。

音に反応するためには集中力と行動力、判断力が必要になります。

ピアノの周りに座ります。

♪あんたがたどこさ をひざ打ちをして「さ」のところは手を叩きます。

立って歩きながら「さ」のところはジャンプします。

年長児と年中児分かれてそれぞれ丸くなります。

♪あんたがたどこさ 年長児はお手玉をひとつずつもって、「さ」で隣の人へ渡します。

年中児は2つのボールを自分の番が来た時に回します。

クラスで折を見て練習しているので、お手玉・ボール回しとっても上手になっていました。

普通からだんだん速く、そしてゆっくりといろんなテンポでやってみました。

ハタキ(八分音符パタパタパタパタ)ほうき(四分音符さっさっ)掃除機(二分音符グィーン)窓ふき(二分音符と四分音符の組み合わせハーキュキュ)グループに分かれてお掃除をします。

ハタキ・ほうき・掃除機・窓ふき、まずは1種類ずつやってます。

それぞれの曲が流れてきたら、そのグループの人たちが掃除をします。

ただ動作だけをするのではなく、パタパタパタパタパタパタパタパタ・さっさっさっさっ・グィーングィーン・ハーキュキュと口で言いながら行います。

ピアノの音もよく聞いていないと、どこで自分たちが掃除をするのか、やめるのかが分かりません。

次は黄・赤・ピンク・青の折り紙を掲げて、上がっているときには掃除する、上がっていない時にはしません。

折り紙が上がっているのか、下がっているのかをよーく見ていないと出来ません。

集中力と判断力が試されます。

“キラキラ星”を階名で歌った後、心唱を行いました。

階名で歌うのはクラスでも歌い、鍵盤ハーモニカも練習しているので気持ちもそろっていて、上手です。

今度は「ハイ」と言われたら心の中で歌って、また「ハイ」と言われたら声に出して歌います。

テンポをとって、リズムを刻みながら歌を歌っていないと心の中で歌っていて、次に声を出して歌う時どこから歌っていいのかわかりません。

結構、みんな心の中で歌えて、声に出した時にもちゃんと歌えました。

今度は「ソ」の音だけ声に出さない、難易度を上げて「レとファ」の音は声に出さないをやってみます。

集中していないと声が出てしまいます。

最後に「ド」の音を声に出さないをやってみました。

お遊戯会の練習をしながら、少し季節の活動を入れながらリトミックを行いたいと思います。

| | コメント (0)

2015年11月 6日 (金)

歯科衛生指導

最近とても暖かな日が続いています。

いちき串木野市健康増進センターから歯科衛生指導に来ていただきました。

「みんな、今日はどんなことをお話しするか知ってるかな?」

「歯磨きのこと」と子どもたち。

「虫歯が出来ないおやつやごはんの食べ方、歯磨きの仕方、年長児さんは歯の染め出しをします。私はキモツキです。みんな、キモちゃんって呼んでね。」とキモツキ先生。

紙芝居『むしばきんがねらってる』を読んでもらいました。

夜、チョコレートやジュースを食べて歯も磨かずに寝ているヒーくん。

虫歯菌がとっても喜んで活動します。

歯のくぼみにたまったチョコレートの池で虫歯菌たちは遊んでいます。

そして、大きな穴を掘り始めました。

「俺たちが穴を掘れるのは汚れたところ」

そうしているうちに、ヒーくんは夜中歯が痛くて飛び起きます。

「明日には絶対歯医者に行きますから…」

虫歯菌たちは「歯医者には行くな」とささやきます。

虫歯が出来にくい食べ方を教えてもらいました。

① お菓子は時間と量を決めて食べること。

② 野菜や肉、魚、果物などなんでもよく噛んで食べること。(よく噛んで食べると唾液が出て、虫歯になりにくくなる)

③ 歯磨きをすること。

年長児の子どもたちは歯の染め出しをしてもらいました。

濃いピンクの液を歯に塗ります。

うがいをして、どれくらいきれいに磨けているか、また磨き残しがないかチェックします。

ピンクがついているところは磨き残しがあるところです。

歯と歯の境目やくぼみになっているところ、そして歯の表面にもついています。

歯磨きの仕方を教えてもらいました。

こんにちはの持ち方(ブラシのある方に親指をつける)

さようならの持ち方(ブラシのない方に親指をつける)

くまなくすみずみまで磨きました。

歯磨きの仕方で大切なことを教えてもらいました。

① 食べたらすぐに歯を磨く。

② 歯は順番を決めて磨き、あちこち飛ばない。鏡を見ながら磨く。(磨き残しを防ぐため)

③ 自分で磨き終わったら、あとはお母さんたちに仕上げ磨きをしてもらう。

虫歯になりにくい食べ方・歯磨きの仕方・歯磨きで大事なことを教えてもらいました。

今日、教えてもらったことをよーく覚えておいて、しっかり歯磨きをしましょうね

| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

お芋ほり

朝晩は冷え込みますが、日中は少し動くと汗をかくほどの陽気です。

全園児参加してお芋ほりを行いました。

苗植えをしたのは6月1日。

5か月余り、長雨と夏を乗り越え、土の中でじっくりじっくり大きくなったお芋です。

Dsc05662Dsc05663Dsc05666Dsc05667

Dsc05670Dsc05672Dsc05673Dsc05680

Dsc05691Dsc05693Dsc05697Dsc05689

Dsc05708Dsc05709Dsc05716Dsc05727

Dsc05731Dsc05733Dsc05722Dsc05747

あか
ももぐみの子どもたちは保育園の菜園で、あおぐみの子どもたちは園長先生の菜園へ出かけてお芋ほりを行いました。

小さな子どもたちは先生たちにお芋の周りを掘ってもらって、お芋を揺らしながら掘り出します。

3歳以上児の子どもたちは自分たちで土を掘って、お芋を見つけては自分で工夫してお芋を掘り出していました。

鮮やかな紫色のお芋です。

お芋ほりに夢中になって、次々にお芋を掘り出す子、土をかき分けたり、幼虫を探すのに夢中になっている子様々です。

掘り出したお芋は保育園の給食やおやつに今からたくさん登場します。(子どもたちにお持ち帰りをするだけのお芋はなさそうです…すみません(人><。))

Dsc05759Dsc05760Dsc05763Dsc05766

Dsc05767Dsc05768Dsc05769Dsc05770

あおぐみ
の子どもたちは保育園に帰ってきた後、落花生の収穫も手伝ってもらいました。

落花生と字のごとく、実は土に落ち、土の中に埋まっています。

落花生の茎の根元を持って、引っ張ります。

「うんとこしょ、どっこいしょ」大きなかぶのようにいっぱい力を入れて引き抜きます。(力余って、しりもちをつくこともあります)

土の中からは落花生が根っこと一緒にたくさん出てきました。

「うわぁー」と子どもたちから歓声が上がりました。

落花生もおやつに登場すると思うので、楽しみにしていてくださいね

| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

リトミック14

昨日は久々にまとまった雨が降りました。

今日はどんより曇っています。

リトミック14でした。

ももぐみの活動では…

Dsc05554Dsc05555Dsc05557Dsc05558

Dsc05562Dsc05564Dsc05569Dsc05573

Dsc05584Dsc05582Dsc05591Dsc05598

Dsc05602Dsc05607Dsc05608Dsc05611

マツダ先生がするのを真似します。

手をブラブラさせます。(口もブラブラブラブラと言います)

その手を肩や頭、おなかなど体の部位に持っていきます。

それを速くしたり、遅くしたり、声や動作を小さくしたり、大きくしたりします。

即時反応では曲に合わせて歩く、走る、高音手をキラキラ、低音座るなど合図に合わせて動きます。中音の合図でクルクル回ります。

新しく加わったのは高音の合図のときには腕を上にあげて「高い」と言ってジャンプする、低音の合図の時には「低い」と言って座るです。

言葉を言いながら動作をすると動きやすくなって、その動作が強化されます。

フラフープが出てきました。

曲に合わせてフープの周りを歩きます。

その時に「フープをまたがない、入らない、飛ばない、踏まない、動かさない」とお約束をしてから始まました。

しかし…約束したにも関わらず、フープをまたいだり、飛んだり、入ったりする子どもたちが続出。

月曜日でテンションが高すぎるのか、約束したことが子どもたちに届いていないようです。

よーく耳を澄ませて音を聞くように、ピアノの音は小さく弾きました。

2人組になって、1つのフープを使います。

2人ともフープの中に入って、手をつないでギッコンバッタンをします。

その際、「交替、交替…」と声に出してギッコンバッタンします。

ゆーら・ゆーらとフープの外に出て、外側からフープを持って揺らします。(二分音符の曲で)

上・下、上・下…と上下にフープを動かします。(四分音符の曲)

フープを床に置いて、その周りを2人とも走ります。(八分音符)

曲を聴いて、どの動きかを考えて表現します。

ここでも曲をよく聞くこと、そして、周りのお友だちの様子を見ていること、とっても大事なことがわかります。(聞いていないと何をするかわからないですよね)

よく出来た2人組はみんなの前でお手本をしてもらいました。

ハンドルを持って、車の運転をします。

出発の合図を決めました。

その合図がなってから、車を運転します。

曲が流れているときには運転し走る。

曲が止まったら車も止まります。

急カーブもやってきて、いっぱいハンドルを切ります。

途中で車が故障したので、修理します。

スティックを2本ずつもって、「トントン・トトトン…」叩きます。

ちょっと難しくなって「トントントン・トトトトトトトン・トントトトトトン・トントントトトン…」4拍子のリズムにも挑戦しました。

子どもたちはナカマ先生の真似をしてよーくリズムを叩いていました。

あおぐみの活動では…

Dsc05612Dsc05613Dsc05614Dsc05615

Dsc05617Dsc05619Dsc05626Dsc05629

Dsc05632Dsc05635Dsc05638Dsc05639

Dsc05640Dsc05643Dsc05650Dsc05658

♪お友だちと こんにちは でウォーミングアップです。

2人組・3人組・4人組になってあいさつします。

「~人組」と言われたらすぐ近くにいる人とグループになります。

1人でいる人は「入れて」と声をかけ、人数が足りない時には「おいで」と声をかけるんだよとマツダ先生が子どもたちに言います。

即時反応では曲が流れたら歩く、走る。

曲が止まったら自分たちもピタッと止まる。

歩き方にも強弱をつけて、いろんな歩き方をします。

合図の音で2人組になり、曲を聞きながら手合わせをします。

いろんなお友だちと2人組になります。

曲が止まったら雪だるまになって(自分の思うような)、音楽とともにだんだん溶けていきます。

♪あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ くまもとさ くまもとどこさ せんばさ せんばやまにはたぬきがおってさ それをりょうしがてっぽうでうってさ にてさ やいてさ くってさ それをこのはでちょいとかぶせ

まずはみんなで歌を歌います。

「さ」のところでひざを打ちながら歌を歌う、歩きながら歌って「さ」のところでジャンプする、歌いながら歩き、「さ」のところで手を打つ 体を使って表現します。

年中児と年長児に分かれて丸を作ります。

年長児はお手玉を1つずつ持って、「さ」のことろで隣の人に回します。

年中児は大きなボールを1~3つ丸の中に入れて隣の人に回します。

年長児はテニスボールで練習していましたが、コロコロとボールが転がったりするので、お手玉でやってみました。

お手玉の受け渡しは両手を皿にして、右手にお手玉を持って隣の人の左手に渡します。

コツをつかむとできるようになって、受け渡しもスムーズになってきました。

「さ」が立て込むところがあるので、そこが難しいのですが、練習を重ねたらできるようになると思います。

年中児も自分のところにボールが来るのをリズムに乗って、歌いながら待っていないと受け渡しができません。

集中力が養われると思います。

お掃除の練習をしました。

ハタキ(八分音符)ほうき(四分音符)掃除機(二分音符)窓ふき(二分音符と四分音符)4拍子で1つのリズムパターンになっています。

ハタキはパタパタパタパタ、ほうきはさーっさーっ、掃除機ぐぃーんぐぃーん、窓ふきハーキュキュと口で言いながら表現します。

スカーフの色に合わせてハタキは黄色、ほうきは赤色、掃除機はピンク、窓ふきは青色の色紙にします。

まずはそれぞれの曲が流れている間は、掃除の動きをします。

曲が止まったら動きも止めます。

音を聞き分ける必要があります。

最後は全色カードを出して合奏します。

年長児はついてとって(ボールを床につく)と投げてとって(ボールを上に投げる)の練習をしました。

低音の時にはついてとってで、高音の時には投げてとってをします。

あまり強くボールをついたり、投げたりするとボールをキャッチできずにいろいろなところへ転がってします。

力のコントロールが必要になります。

そして、曲を聞き分けてボールをつくのか、投げるのかを考えて瞬時に表現する判断力も必要です。

リトミックを通して、様々な力を引き出せたらと思います

続きを読む "リトミック14"

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »