« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月29日 (木)

10月誕生会

今日は雲一つない青空が広がっています

10月の誕生会でした。

Dsc05473Dsc05474Dsc05475Dsc05482

Dsc05491Dsc05497Dsc05500Dsc05507

誕生者は6名(きぐみ3名・ももぐみ2名・あおぐみ1名、男の子4名・女の子2名、3歳3名・4歳2名・5歳1名)でした

10月31日も近いので、司会のニシダ先生が様々なハロウィングッズを持って来て、帽子や魔法の棒、カチューシャ、マントなど誕生日の子どもたちに身に着けてくださいました。

とっても似合ってました。

みんなの前に出ると恥ずかしくって言えない子は兄弟姉妹やお友達に言ってもらって、自己紹介できるお友だちは張り切ってお話ししました。

「好きな食べ物は?」の質問には「ブドウ・リンゴ・イチゴ・カキ・バナナ・スイカ…こんにゃく・ちくわ・ラーメン・うどん」たくさんの果物とおかずも出てきました。

「好きな動物は?」の質問には「ライオン・キリン・カバ・ウサギ・リス・鳥…」動物園に遠足へ行ったこともあってか様々な動物の名前が出てきました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…。

① 「ハッピーハロウィン」のペープサート

Dsc05513Dsc05514Dsc05515Dsc05524

巷ではハロウィンでいろいろ盛り上がっていますが、いまいちどんなお祭りなのかよくわからない(私だけかもしれませんが…)のが、今日のお話でよく分かりました。

イヌくんとウサギちゃんがクマ先生と一緒にいます。

「ハロウィンってなあに?」

おばけが出てきて「秋に小麦や野菜や果物がたくさん収穫されるのをお祝いする日だよ。おばけが出てこないようにするお祭りでもあるの。ジャックオーランタン(かぼちゃの提灯)を下げるとおばけが逃げていくんだよ。悪いおばけが来ないように、子どもたちが変装もするんだ。」

「変装した子どもたちがいろいろなお家を回って、合言葉を言い合ってお菓子をもらいに行くの。」

イヌくんとウサギちゃんが「今からハロウィンごっこをしよう!!」

「クマ先生はお家に入っていてね。そして、目印にジャックオーランタンを置かないとね。」

(家のドアをノックして)トントントン、「トリック オア トリート(お菓子をくれないといたずらするぞ)」

(クマ先生が家の中からチョコレートを出す)「ハッピーハロウィン!(はいどうぞ)」

「わぁーい、やったー。ハロウィンって楽しいお祭りだね。」

② 「絵かきうた」で描いている絵を当てるゲーム

Dsc05526Dsc05527Dsc05536Dsc05541

ヒガシ先生がホワイトボードを持っています。

ボードにマジックで歌を歌いながら絵を描きます。

カッパ・カタツムリ・アンパンマン・にんじん・飛行機・ミッキーマウスなどいろんな絵かき歌が出てきました。

子どもたちも何の絵かわかったら「はーぁーい、はーぁーい」といっぱい手を挙げて答えていました。

③マジック

Dsc05544Dsc05546Dsc05547Dsc05551

ストローと紙コップを使ったマジックを見せてもらいました。

ストローは不思議なストローで、指で持っていないのに、空中で浮いているという不思議なマジックでした。

紙コップも手を離していてもコップが宙に浮いています。子どもたちが「先生、裏を見せて」としきりに言うので、「じゃあ、種明かしするね」と言って、ヒガシ先生が種明かしをしてくれました。

最後は3つの紙コップが出てきました。そして、ダイヤモンド(キラキラ光る台座つき)が出てきました。

子どもたちにもお手伝いしてもらいます。

「先生は紙コップの中身が透けて見える魔法の目を持っているから、ダイヤモンドを3つの紙コップの1つに入れて。どこにダイヤモンドが入っているか当てるからね。」

3つの紙コップの一つにダイヤモンドを入れて紙コップをかぶせます。

「あ、先生どのコップに入ってるかわかった!!」

2回ともバッチリあたっていました。

今月の誕生会もとっても楽しい時間を過ごせました

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

リトミック13

朝は肌寒かったですが、日中は汗ばむくらいの陽気です。

リトミック13でした。

ももぐみの活動では…

Dsc05407Dsc05408Dsc05411Dsc05414

Dsc05420Dsc05422Dsc05424Dsc05426

Dsc05427Dsc05430Dsc05433Dsc05437

♪大きな栗の木の下で を普通の速さ(中音)速く(高音)ゆっくり(低音)で振りつきで歌います。

即時反応の活動では曲が流れている間は歩いたり、走ったりします。曲が止まったら子どもたちも止まります。

合図で腕を上げてキラキラしたり、座ったり、回ったり、ジャンプしたり、反対に進んだり、バックしたりします。

リトミックの間隔があいていましたが、子どもたちはよく合図を覚えていて、表現します。

お馬さんに乗って森へ出かけます。

森にはドングリや松ぼっくりがあります。

リスやタヌキ、クマになりました。

ドングリや松ぼっくりを食べます。

音楽を聴いてどの動物なのかを考えて表現します。

とっても上手に表現していました。

お馬さんに乗ってお家へ帰ってきました。

絵カード(動物)を子どもたちに見せて、動物の名前を口で言いながら手をたたきます。(リス・イヌ・サル・ネコ・ウサギ・ネズミ)

一通り口で動物の名前を言いながら、手を叩き終わったら、カラーボード(赤・白)を子どもたちに配ります。

「リ・ス」と言いながら赤・白とボードを手でたたきます。

「リ・ス」は音が2つなので、1・2と言いながらボードを赤・白たたきます。

「サ・ル」「ネ・コ」でも同様に赤・白、1・2とボードを打ちました。

子どもたちに先生になってもらって、みんなのお手本になってもらいました。

子どもたちにスティック2本ずつ配りました。

トントン、トトトンを体の上・下・横(左右)で叩きます。

子どもたちはまねっこします。

先生がスティックをたたいた後から同じ場所、同じリズムをたたきます。

子どもたちにも先生をしてもらいました。

子どもたちにやってもらうと「上・下・横・横」と口で言いながら打っていました。

あおぐみの活動では…。

Dsc08257Dsc08263Dsc08264Dsc08266

Dsc08267Dsc08268Dsc08271Dsc08275

Dsc08277Dsc08280Dsc08281Dsc08284

Dsc08285Dsc08286Dsc08288Dsc08295

“リトミックのお約束”をしてから活動に入りました。

♪お友だちとこんにちは でお友だちと2人組になってこんにちはをします。

あおぐみの子どもたちは運動会が終わって、テンションがとっても上がっていて気もそぞろです。

いつもやっている活動もふざけてやっていていて、足元がふわふわしている感じです。

「みんな、リトミックやりたくないんだったら、先生は帰るから。」

子どもたちはポカーンとしています。

道具も引き上げました。

しばらくして子どもたちが「先生、ごめんなさい。」とやってきました。

「何がごめんなさいなのか言ってごらん。」

「ちゃんとするからごめんなさい。」

「リトミックのお約束をして始めて、すぐにふざけてやってたらどんな気持ちになると思う?」

「嫌な気持ち。悲しくなる。」

「先生はみんなとリトミックを楽しくやろうと思って、いろいろ準備をしてくるんだよ。今日はとっても嫌な気持ちになりました。お約束をしてすぐにこんなことになって本当に悲しかったです。」

♪大きな栗の木の下で で即時反応の活動です。

曲が流れているときには歩いたり、走ったり、曲が止まったら自分たちも止まります。

合図でキラキラしたり、座ったり、ジャンプしたり、反対に方向を変えたりします。

中音で普通の速さの時には足はターターで歩いて、歌を歌いながら手もたたきます。

高音で速度が速いときには足はかけあしで、歌を歌いながら指でほっぺをティティティティとさします。

低音の時にはゆっくりドーンドーンと大きな足で歩きながら、歌いながら手も大きくたたきます。

ピアノの前に座ってもらいました。

♪大きな栗の木の下で を短調で弾きます。

「どんな感じがしたかな?」

「音が違った。悲しい感じがした。ひなまつりに似てた。」

「仲良く遊びましょうって歌うけど、そんな感じがするかな?」

「うーん…」

「仲良く遊びましょうって感じじゃなくって、悲しくって泣いてる感じがするね。」

「仲良く遊びましょう」のところを「けんかして泣きました」に歌詞を変えてピアノに合わせて歌ってみました。

楽しい感じと悲しい感じを感じ取っているようでした。

テニスボールを一人一つずつ渡しました。

「ついて取って、ついて取って…」前回のリトミックでも練習しました。

床にボールをついて、キャッチするを繰り返します。

年中児は難しいので、立膝ついてやってみました。

今度は「ついて取ってあげてをやってみようね」

ボールを床について、ボールをキャッチしてその腕を頭の上にあげます。

一つ動作が増えると難しくなります。

「ついて取って上げて、ついて取って上げて…」繰り返し練習します。

ゆっくりやっているうちに少しずつできるようになってきました。

♪ちょうちょ の曲に合わせて、「ついて取って(2拍子)」「ついて取って上げて(3拍子)」をやってみました。

年長児・年中児に分かれて丸になって座ります。

「どうぞ、どうぞ…」に合わせてボールを隣の人に渡していきます。

前回のリトミックの時にも練習していたので、体で覚えているかなと思っていたのですが…これがまた難しかったようで、初めて練習したような感じでした。

年長児の子どもたちは一人1個ずつボールを持っていて、「お胸で出す、お胸で出す…」ボールが2つ3つたまってしまったり、コロコロ転がってしまったりでなかなかスムーズにボールが回っていきません。

何度か繰り返しやっているうちにそろってきそうになりましたが、また崩れるの繰り返しです。

年中児の子どもたちにはボールを一つから2つ、3つに増やしてみました。

♪あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ くまもとさ くまもとどこさ せんばさ せんばやまにはタヌキがおってさ それをりょうしがてっぽうでうってさ にてさ やいてさ くってさ それをこのはでちょいとかぶせ♪「さ」のところで隣の人にボールを渡すのをやってみました。

「さ」以外のところでもただじーっとしているのではなくて、リズムをとりながら待っていないといつボールを回すのかわかりません。

特に後半は「さ」が短期間に回ってくるので、よーくリズムをとって聞いていないとできません。

3回ほどやってみましたが、難しかったようです。

「はたき」「ほうき」「掃除機」「窓ふき」4つのグループに分かれて複リズムの練習です。

それぞれ違うリズムで、曲を聞いてどの掃除道具の音かを考えて自分のグループのリズムで掃除をします。

1つの曲とは限らず、2つの曲が同時になったりするので、よーく聴いておく必要があります。

ボーっとしていると、自分のグループの曲を聞きそびれて、掃除ができません。

次は色紙4色(緑・赤・ピンク・水色)を出して、それぞれの掃除道具のグループに1色ずつ決めてもらいました。

その色を示されたときに掃除をします。

いつ自分のグループの色が出されるかよーく見ていないと、突然出てきたり、引っ込んだりします。

1色とは限らず、2色、3色、4色の時もあります。

最後は全員で掃除を(リズムを演奏する)しました。

集中力が試されますね。

リトミックの活動が充実したものになるようにしたいと思います。

 

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

第44回運動会

さわやかな秋晴れに恵まれました。

第44回浜ヶ城保育園運動会を行いました。

H27_1H27_13H27_14H27_21

H27_79H27_90H27_116H27_131

H27_201H27_251H27_277H27_315

H27_322H27_333H27_354H27_392

H27_428H27_457H27_464H27_494

H27_541H27_564H27_604H27_638

H27_656H27_678H27_699H27_752

H27_762H27_781H27_785H27_851

お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん・お兄ちゃん・お姉ちゃん・親戚の人などたくさんの方々に見守られての運動会になりました。

各クラス、年齢に応じて練習を進めてきました。

あおぐみの子どもたちは8月末ごろから練習を開始していました。

お遊戯・かけっこ・リレー・玉入れ・綱引き…年長児の子どもたちは開会式や閉会式、応援など自分たちの役割もあり、一生懸命練習してきました。

これまでの練習の成果を十分に発揮することができました。

みんなとっても輝いていました。

家族の方々もおうちとは違う子どもさんの姿を見られたことでしょう。

お家でもたくさん褒めてあげてください。

運動会の特集をホームページ上で掲載するので、楽しみにしていてください。(しばらく時間をください)

皆様方のご協力・ご支援のおかげさまで無事に運動会を終えることができました。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

運動会予行練習



ずーっとよいお天気が続いています。

日曜日までお天気が続くことを祈っています。

運動会予行練習を行いました。

Dsc04926Dsc04929Dsc04936Dsc04945

Dsc04952Dsc04955Dsc04962Dsc04980

Dsc04981Dsc04982Dsc04983Dsc04998

Dsc05006Dsc05012Dsc05027Dsc05034

Dsc05033Dsc05047Dsc05061Dsc05081

Dsc05079Dsc05091Dsc05103Dsc05114


Dsc05119Dsc05117Dsc05138Dsc05133

今まで練習してきたことを本番と同じようにやってみます。

9時からスタートしました。

日差しが強く、暑い中ではありますが、みんな一生懸命取り組みます。

運動会の練習を通して、みんな一回りも二回りも大きく成長します。(年長児の子どもたちは特に)

後3日間、今日の練習でもう少し練習した方が良いところを練習して、本番に備えたいと思います。

みなさん、運動会楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

リトミック12

朝方はヒヤッとして、秋の訪れを実感しました。

素晴らしい秋晴れですね。

リトミック12でした。

Dsc04801Dsc04800Dsc04802Dsc04804

Dsc04806Dsc04809Dsc04815Dsc04817

Dsc04821Dsc04826Dsc04828Dsc04835

Dsc04837Dsc04841Dsc04851Dsc04854

ももぐみ
の活動では…

みんなで手をつないで、大きな丸を作ります。

丸い形を保ったまま、手をつないだままでグルグル回ります。

その時、口でも「グルグルグルグル」と言いながら回ります。

曲は歩く速さ、走る速さ、ゆっくりゾウさんが歩く速さとランダムです。

丸い形を保ったままで、曲に合わせて歩いたり、走ったりすることは子どもたちにとって結構難しいことです。

自分が好きなところへ行こうとしたり、速さも曲に合わせず自分のペースで動いたり…そうすると、きれいなな丸のままで動くことはできません。

自分をコントロールする必要があります。

周りのお友達や先生たちと歩調を合わせる、速さを合わせる…大人からするとすぐにできそうなことですが、そういう能力を身につけるようにします。

即時反応の活動では、曲に合わせて歩く、走る、曲が止まったら自分たちも止まる。

合図の音でジャンプ、バックしながら歩くです。

フープが出てきました。

まずはフープを使う時のお約束を思い出します。

子どもたちが「乗らない、けらない、歩いているときは入らない、またがない…」と口々に言います。

実際にお手本でKくんに歩いてもらって、曲が止まったらフープの中に入ってもらいました。

「よーく出来たから、みんなも真似をしてね」とマツダ先生。

曲は普通の速さ、かけあしの速さ、ゆっくりの速さで、よーく曲を聴いていないとどんな速さかわからないのと、いつ曲が止まるかもわかりません。

曲が止まったらフープの中に入ります。

フープの数は2人ずつ入れるように置いてあるのですが、誰も入っていないフープや4人入っていてギューギューのフープもあります。

「ギューギューになるのは嫌だから、空いているフープに移ってもらえないかな?」

そのフープが良くて、頑として聞き入れない子や、自分から空いているフープに移る子もいます。

「フープがギューギューにならないように入ってね」

今度は曲が止まったら、1つのフープに2人入ります。

2人でフープを外側から持って、フープを上下させたり、フープを持ったままグルグル回って、「反対」と声がかかったら反対周りで回ったり、フープをゆらゆらさせたりします。

これらも曲に合わせてするので、曲を聴いて、今どの動きをするのか考えて、表現します。

よーく聴いている子たちは曲が変わると、動きを変えます。

聴いていないと、ずーっと同じ動きをすることになってしまいます。

聴いて判断して動く練習です。

一人ずつハンドルを渡しました。

壁にくっついて座ります。

自動車を運転します。

「信号が赤になったら、ハンドルをひざに置いてね。赤の時に運転したら交通事故です。」

急カーブやがたごと道も運転します。

道に動物が出てきて、急停車します。

立って、走って運転しました。

ドライブを満喫したら、バックの音に合わせて、駐車場へ駐車します。

「たくさん車を運転して、車の調子が悪くなったから修理をします。」

子どもたちはスティックを2本持ちます。

マツダ先生がスティックを打ったあと、子どもたちは真似をしてスティックを打ちます。

「トントントン、トントトトン、トトトトトト…」体の上下、左右、ななめでスティックを打ちます。

今度はナカマ先生がスティックを打って、それを子どもたちが真似をします。

リズムを真似するだけでなく、打つ音の大小も真似していました。

最後に『だるまさんが転んだ』をみんなでやりました。

外でするのと違い、部屋の中なので動いた人はその場から外れてもらうというルールでした。

「だるまさんがころんだ」を素早く言ったり、ゆっくり言ったり、途中から早く言ったりいろんなテンポでやってみました。

人数が少なくなって、それからがなかなか動くお友達がいなくて…5人、チャンピオンになりました。

Dsc04862Dsc04866Dsc04868Dsc04873

Dsc04871Dsc04876Dsc04879Dsc04884

Dsc04893Dsc04900Dsc04907Dsc04910

あおぐみ
の活動では…

♪おともだちとこんにちは でウォーミングアップです。

2人組・3人組・4人組・5人組と言われた人数になります。

最後は大きな一つの丸になりました。

「1・2・3・4・5・6・7・8」と数えながら歩いて、8の時にお友達に「ワー」と言ってね。

ただ歩くだけでなくて、口で「1・2・3・4・5・6・7・8」と言いながら動くのが大事です。

口で言いながら動くことによって、行動が強化されます。

8のところで泣く、笑うもやってみました。

座って、1・2・3・4・5・6・7・8 マツダ先生がほとんど声を立てずに数えて、8のところでいろんな表情をします。

それを子どもたちがどう受け取るか?

先生は子どもたちに真似をしてほしかったようです。

『だるまさんがころんだ』言い終わった時に止まる、ポーズをとります。

子どもたちが先生のするポーズをまねます。

「手の先から顔、足の先まで真似してね」とマツダ先生。

子どもたちもポーズをするお手本になっていました。

即時反応では曲が止まったら自分たちも止まる、二人組になって手合わせ(2・3・4拍子)をしました。

年長児で一つの丸、年中児で一つの丸を作ります。

テニスボールを一人ずつ渡されました。

「ついてとってついてとって」床にボールをついて、ボールをキャッチします。

合図で高音がなったらボールを上にあげてキラキラし、低音がなったらボールを下でキラキラします。

次は丸くなって座り、車座になります。

年長児の子どもたちは1人一つずつ持っているボールを「どうぞ、どうぞ…」の掛け声でボールを隣の人へ渡していきます。

年中児の子どもたちは1個のテニスボールを「どうぞどうぞ」の掛け声で隣の人へ渡していきます。

人数分あるテニスボールはどこかで滞ってしまい、手に渡らない子や2,3個手に持っている子もいました。

年長児の子どもたちもボールを1つにして、渡していきました。

すると、コツがつかめたようでリズムよくボールが隣の人へ渡っていきます。

年中児の子どもたちも1つのボールをリズムよく回していけました。

「反対」の言葉で回す方向を逆にします。

その時、ちょっと戸惑います。

周りの様子と、先生が言う言葉をよく聞いておく必要があります。

ハタキ(パタパタパタパタ)、ほうき(サーサー)、掃除機(グィーングィーン)、窓ふき(ハーキュキュハーキュキュ)のグループに分かれます。

グループのリズムを表現します。

動作ごとに曲が異なり、音を聞いて、自分たちが動くと判断して表現します。

よーく聴いておかないと、表現ができません。

2つ一緒に曲がなるときもあるので、油断禁物です。

今回のリトミックも様々な活動を通して、楽しい時間を過ごせたと思います

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »