« 9月誕生会 | トップページ | おにぎりの日(お月見団子食べました) »

2015年9月26日 (土)

お月見団子作り

お天気が続いていますね

もう秋の空になってきましたがまだまだ暑いです

けれども、暑さに負けず今日も元気いっぱいのこどもたちですよ

今日は食育で、

もも・あおぐみのこどもたちはお月見団子作りをしました

Dsc04745
Dsc04746
Dsc04748
Dsc04749
Dsc04750
Dsc04751
Dsc04752
Dsc04754
Dsc04755
Dsc04756
Dsc04757
Dsc04758
三角巾とエプロンをつけて準備します

Dsc04760
Dsc04761
Dsc04763
Dsc04766
Dsc04768
Dsc04770
Dsc04769
Dsc04772
Dsc04776
Dsc04778
Dsc04780
Dsc04781
お月見団子はボウルに上新粉と白玉粉、そして、ゆでつぶしたカボチャを入れ混ぜ合わせます。

全体的に混ざったら、水をイシツカ先生が少しずつ加えていき、耳たぶほどの固さになるまでこねていきます。

こどもたちだけでは難しいので、先生たちがついて生地を作っていきます。

混ぜ合わせる人と、ボウルをもって支える人に役割分担して、交代交代に協力しながら進めていきます。

生地ができたら、一口サイズにちぎって手のひらで丸めていきます

ももぐみさんは、先生たちがちぎったものを丸めていき、あおぐみさんは自分たちで量を考えながら手に取り、丸めていきましたよ!!

お団子のマルの形にするのがとっても上手なこどもたちでした

大きさが均一になるように先生たちもいっしょに形をととのえました!

あっというまにお月見団子のできあがり

こどもたちもできあがったお団子を見てうれしそうな笑顔を見せていました

3時のおやつにみんなでいただきます。

最後にイシツカ先生からお月見についてのお話を聞きました

「今年は9月27日が十五夜です。明日ですね。夜、空を見上げてみてください。お月見は中国から伝わってきた風習です。日本は古くから空気が澄んで最も美しい満月が見られると言われています。なぜ満月の夜を祝うのか、それは、いろいろなものがたくさん収穫できる時期に、とれた作物にすすきやお団子を添えて、またたくさん収穫できますようにとお願いし、またたくさんの収穫をありがとうと感謝の気持ちを込めお祈りするためです。日本の大事な行事のひとつなのでぜひ覚えてくださいね。今日作ったお月見団子はおやつでゆでて、きなこをまぶして出すのでたのしみにしていてね」

とお話がありました

3時のおやつがとってもたのしみなこどもたちです


|

« 9月誕生会 | トップページ | おにぎりの日(お月見団子食べました) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月誕生会 | トップページ | おにぎりの日(お月見団子食べました) »