« 7月誕生会 | トップページ | リトミック8 »

2015年7月29日 (水)

梅を干す(あおぐみ)

朝のうちは曇っていましたが、時間が経つにつれてまぶしい日差しが射しています。

今日は塩と赤シソに付け込んでいた梅を日に干しました

梅干しになるための最終関門。

土用の一年で一番日差しの強い時に梅を3~4日間干します。

エネルギーの強い日光を浴びて、梅は常温でも何年何十年も腐らない、薬効いっぱいの梅干しになります。

昔の日本人の知恵って素晴らしいですね。

Dsc03237Dsc03238Dsc03239Dsc03240

Dsc03242Dsc03243Dsc03244Dsc03245

Dsc03246Dsc03247Dsc03249Dsc03251

Dsc03254Dsc03256Dsc03255
                                                       あおぐみの子どもたちに梅を取り上げてもらい、ざるに梅を並べてもらいました。

梅とシソのいい香りがします。(想像しただけで唾液が出てきますね)

干し終わった後、ももぐみの子どもたちが梅を干したところを見に来ました。

今日を含めて3日間、日に干すと梅干しが出来上がります。

考えてみると6月上旬に梅を収穫して塩に付け込み、7月上旬に子どもたちにシソの葉っぱをちぎってもらい、塩でもみ、漬け込みました。

たくさんの時間と手間、そして自然の恵みがふんだんに入った食べ物ですね。

だから様々な薬効のある食べ物になるのでしょう。

3日間は是非お天気でありますように…。

|

« 7月誕生会 | トップページ | リトミック8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月誕生会 | トップページ | リトミック8 »