« おにぎりの日(口の健康を育てよう・ジュースについて) | トップページ | 消防訓練(いちき串木野市消防署) »

2015年6月 1日 (月)

芋の苗植え(き・もも・あお)・梅ちぎり(あお)

時折日差しが射す、爽やかな日です。

芋の苗植えを行いました。

体操・かけっこが終わった後、園長先生からお話がありました。

Dsc01938Dsc01939Dsc01940Dsc01941

Dsc01942Dsc01943Dsc01944Dsc01945

Dsc01946Dsc01947Dsc01948Dsc01950

「これが芋の苗です。葉っぱがあって、茎があり、もう下の方からは根っこが出てきています。土に穴を掘ってあるので、苗を横に寝かせて植えて、土をかぶせてください。おイモの苗は今から土から栄養をもらって、太陽からエネルギーをもらって、雨が水を与えてくれて大きくなります。おイモが出来るのは何月ですか?(11月と返事が返ってきました)それまでじっくり大きくなっていきます。みんなも大きくなったかな?って見てください。そして、たまには草をとってください。」

Dsc01951Dsc01952Dsc01953Dsc01954

Dsc01955Dsc01956Dsc01957

きぐみ
の子どもたちから菜園に入り、1本ずつおイモの苗植えを行いました。先生たちと一緒に土を掘ったり、苗を寝かせたり、土をかぶせたりしました。

Dsc01958Dsc01959Dsc01960Dsc01961

Dsc01964Dsc01965Dsc01966Dsc01968

ももぐみの子どもたちも菜園に入り、苗を植えました。

先生が再度説明をして始めました。

1人で取り組む子、土に興味を示し遊ぶ子、ぼーっとしている子様々です。

先生たちが一緒に手を添えて植えつけたり、一人で取り組んだ子が植えた後を確認したりします。

「大きくなってね」と声をかけました。

Dsc01970Dsc01972Dsc01973Dsc01974

Dsc01976Dsc01977Dsc01978Dsc01979

あおぐみ
の子どもたちは保育園の近所のおうちの庭に梅の木があり、梅ちぎりに行きました。

梅の木は高く、なかなか子どもたちの手ではちぎれません。

先生たちが抱っこしたり、おんぶしたりしてとる子もいましたが、難しいです。

ほとんどの子は先生たちがちぎったものを運ぶ係です。

梅の実は叩いてとることが多いですね。

洗濯竿を借りて梅の木を叩いて、梅の実を落とします。

それを子どもたちが拾います。

青い(黄緑)色のものや黄色に熟したものもあります。

竿で木を叩くと「落ちた実を拾ってー」と声をかけます。

すると一斉に子どもたちが拾いにやってきます。

そうやってちぎった梅の実を持ち帰り、計ってみると13キロほどありました。

明日、梅を塩でつけて梅干しを作りたいと思います。

Dsc01980Dsc01981Dsc01982Dsc01983

Dsc01984Dsc01985Dsc01986Dsc01990

保育園へ帰ってきて、おイモの苗植えを行いました。

あおぐみの子どもたちには2,3本ずつ植えてもらいました。

「先生こうするの?」と聞きながら、自分たちで植えていました。

横に寝かせるというのが分かっていても、実際やってみると難しいようでした。

無事に全部の苗を植え終わりました。

11月の初旬、お芋ほりを楽しみにしていていくださいね。

|

« おにぎりの日(口の健康を育てよう・ジュースについて) | トップページ | 消防訓練(いちき串木野市消防署) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おにぎりの日(口の健康を育てよう・ジュースについて) | トップページ | 消防訓練(いちき串木野市消防署) »