« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月28日 (火)

リトミック1

今日は曇り日和です。これからお天気は下り坂なのでしょう。

今年度初めてのリトミックを行いました。

ももぐみの活動では…

最初なのでお話をしました。

「リトミックを楽しくするにはピアノの音、先生の声、お友達の声、自分の声をよーく聞いて下さいね。何をするのかなって見たり聞いたりしてください。」

手をぶらぶらします。

「ぶらぶらぶらぶらー頭・ぶらぶらぶらぶらー肩・ぶらぶらぶらーお耳…」言われた体の部位に手を持っていきます。

子どもたちはすばやく言われたところへ手を持っていきます。

曲に合わせて走ります。

曲がなっている間は走って、曲が止まったら自分も止まります。

それを繰り返します。

昨年度リトミックをしていた子どもたちは覚えていて、サッと止まることが出来ています。

新しくももぐみに来た子どもたちはなかなか難しそうです。

女の子だけにやってもらったり、昨年リトミックをやっていた男の子たちに見本を見せてもらったりしました。

曲が止まって高音が聞こえてきたら腕を上に揚げてキラキラします。

曲が止まって低音がドンとしたら床に座ります。

低音からだんだん高音になっていくと、座っているところからだんだん体を伸ばして腕をキラキラします。

高音からだんだん低音になっていくと、伸びた体をだんだん体を小さくして床に座ります。

1人ずつ名前を呼んで、子どもは「ハアイ」と返事をします。

名前を呼ぶときの声の高さと音階を真似して返事をします。

ちゃんと先生の声を聞いて、自分で再現できるか?です。

「~ちゃん(くん)」「ハアイ」これが思っているよりも難しいようで、いつもしている返事になったり、返事をしなかったり…最初なのでなかなかです。

そして、先生が名前を呼ぶときにボールを子どもに向けて転がして、子どもは返事をするときに先生にボールを転がします。

2つ以上のことを一緒にすることは難しいですね。

しかし、「~しながら~これもする、あれもする」という能力はとっても大事なことだと思います。

最後にお花畑を作りました。

お花を咲かせるのに畑を耕して、種をまいて、お水をあげます。

1人ずつスカーフを渡します。

スカーフを広げて、クルクルっと丸めて、手の中に閉じ込めます。

♪おーはながわーらった おーはながわらった おーはながわーらった おーはながわらった みーんなわーらった いーちどにわーらった♪手を広げると、きれいなお花が咲きました。

それを畑に置いて、お花畑にしました。

みんなはちょうちょになって曲に合わせて飛びます。

花の蜜をおいしそうに吸いました。

あおぐみの活動では…

今年度最初のリトミックなので、子どもたちに話をしました。

「ピアノの音・先生の話・お友達の声・自分の声をよーく聞いて、耳をいっぱい使ってください。聞いてないと何をするのかわかりません。そして、こんなことをするんだな、どうしようと頭を使って考えてください。」

ももぐみと同様、「~ちゃん(くん)」と名前を呼んで「ハアイ」返事をしてもらいました。

ここでも先生が言う名前の音、音程を真似をします。

真似をして返事が出来る子と、普通に返事をする子。

これから徐々にやっていきます。

おかあさんと おさんぽ」の歌を使って、♪おともだちと こんにちは おともだちと こんにちは トントントン トントントン いーい声で こんにちは♪二人組になってあいさつしたり、手合せしたりします。

“こんにちは”のところは“あくしゅ にらめっこ こちょこちょ じゃんけんポン”などいろいろ変えます。

そして、二人組も変わります。

曲に合わせて歩きます。

曲が止まったら、自分も止まります。

さすがにあおぐみさん、曲が止まったらピタッと体が動かなくなります。

昨年からやっている(おもにももぐみの子どもたち)高音がなったら腕を挙げてキラキラ、低音がドンとなったら床に座る、合図の音でジャンプする、バックする、反対に歩くなどいろんな動きをしました。

二人組になります。

年中・年長児のペアになり、手合せをします。

まずはトントントントンとお互いの手を合わせるもの。

そして、トンパチン(2拍子)トンパチパチ(3拍子)トンパチパチパチ(4拍子)の手合せをやってみました。

昨年あおぐみだった子どもたちはやっていたので、なじみがあったと思いますが、ももぐみから来た子どもたちは2拍子までしかやっていなかったので、ちょっと難しそうでした。

年長児の子どもたちがリードしてくれたと思います。

“こいのぼり”の歌を歌いながら歩き、手(ビート)も叩きます。

これも一度に3つのことをやることになりますね。

歌に夢中になると手を叩いていなかったり、歩くのと手を叩くのに夢中になっていると歌を歌っていなかったり…これも訓練です。

こどもたちにはこいのぼりになってもらいました。

(中音・速度もふつう)風が吹いてきて、スカーフを手に持って揺れます。

(高音・速度速く)音楽に合わせて速く、小さくスカーフを持って揺れます。

(低音・速度ゆっくり)音楽に合わせてゆっくり、大きくスカーフを持って揺れます。

音の高低で速度が速く・ゆっくり、動作が小さい・大きいがあることのニュアンスを感じる活動です。

感じ取ることはとっても難しいことで、どのこいのぼりも同じようになっている子どもがほとんどでした。

スカーフをロープに結んで、こいのぼりを揚げました。

みんなで“こいのぼり”の歌を歌いました。

最後にわらべ歌“いっぽんばし”の手遊びをして終わりました。

これからいろんな活動をして、リトミックが楽しくなるようにしたいと思います。

 

| | コメント (0)

2015年4月25日 (土)

おにぎりの日(食べ物に感謝しよう)






朝からとても良いお天気で、初夏を思わせます。

今日はおにぎりの日

子どもたちは「おにぎりもってきたよー」と言っていました。

もも・あおぐみの子どもたちにはイシツカ先生から“食べ物に感謝しよう”の題目でお話がありました。

Dsc01211Dsc01212Dsc01213Dsc01214

Dsc01216Dsc01217Dsc01218Dsc01219

Dsc01221Dsc01222Dsc01223

「どんな食べ物がありますか?」と子どもたちにイシツカ先生が質問をすると、「肉、魚、野菜、トマト…」と答えます。

「みんな、食べない、飲まないとどうなるのかな?」

「死んでしまう」と答えた子がいました。

「私たちは生きるために食べたり、飲んだりしています。食べ物を食べなかったり、飲み物を飲まなかったりすると死んでしまいます。だから食べたり、飲んだりします。」

「食べ物はどこから来ますか?」

「海」

「そうだね、海には魚が泳いでいます。」

食べ物がどのように出来るのか?先生が写真で説明しました。

お米は一年中田を耕して、いろんなお世話をして育てます。

野菜は畑で育てます。

バナナは暖かい国で育ったものを日本へ持ってきます。

パンは小麦粉から作ります。

魚は海で泳いでいて、収獲する人がいます。

鶏・豚・牛はエサを与えて育てて、出荷します。

卵は鶏が産んだものです。

魚や肉、(米や野菜も)生きていました。

私たちは生きていくために魚や鶏、豚、牛、お米や野菜の命をいただいています。

「いただきます」は大切な命をいただきますということ。

「ごちそうさまでした」は命をいただいて生きていけます。ありがとうございますということです。

ここで、匂いだけで食材を当てるゲームをしました。

Dsc01228Dsc01229Dsc01237Dsc01236

Dsc01246Dsc01249Dsc01255Dsc01264

紙コップの中に食材が入っています。

アルミホイルでふたがしてあり、小さな穴が開いています。

小さな穴からする匂いをもとに、何かを当てます。

最初はみんなにすべての紙コップを回して、匂いをかいでもらいました。

「スープの匂い、カレーの匂い?…」と言っています。

8つ紙コップがあったので、年長児の子どもたちを中心にして前に出てきてもらい、何の食べ物かを当ててもらいました。

なかなか難しく、「パン」ははっきり分かったようですが、後はちょっと…。カレー粉もあったので、「カレー」と言っていたのですね。

食材は「ニンジン・干し椎茸・玉ねぎ・カレー粉・スナップエンドウ・パン・キャベツ・しょうが」でした。

Dsc01265Dsc01266

絵本「いただきます」を読んでもらいました

最後に「今日はおにぎりの日。お米を育ててくれた人、おにぎりを作ってくれた人にありがとうの感謝をして、食べましょう。“いただきます”“ごちそうさま”のご挨拶が出来る人になりましょう。」と話がありました。

園長先生からも「先生が小さい時(みんなと年が同じころ)戦争があり、食べるものがありませんでした。さつまいもとかぼちゃとかぼちゃのツルを食べていました。みんなはいっぱい食べるものがあることを感謝して、これは食べたくない、あれは食べないと言わないで何でも食べましょう。」とお話がありました。

Dsc01271Dsc01272Dsc01273Dsc01277

Dsc01279Dsc01287Dsc01290Dsc01301

Dsc01294Dsc01306Dsc01307Dsc01308

Dsc01309Dsc01310Dsc01312

おうちから作ってもらってきたおにぎりをおいしくいただきました

| | コメント (0)

2015年4月24日 (金)

イチゴ狩り(あか・きぐみ)

朝から良いお天気で、爽やかな風が吹き抜けています。

菜園の入り口にイチゴのプランターがあります。

イチゴの実が赤く色づいているのがいくつか見られたので、あか・きぐみの子どもたちに収穫してもらいました。

プランターのイチゴを管理しているのはミヤザキ先生です。

イチゴが大きく、甘くなるように肥料をあげたり、植え替えをしたりしています。

露地栽培のイチゴは4月下旬から5月上旬にかけてが収穫です。

一年に一度の収穫時期なので、まさに旬の食べ物です。

Dsc01193Dsc01195Dsc01196Dsc01197

Dsc01199Dsc01201Dsc01202Dsc01204

Dsc01207Dsc01208Dsc01209Dsc01210

子どもたちは赤く色づいたイチゴを手に取って1つずつとったり、小さな子どもたちは保育者が一緒にとったり、とってあげて収穫しました。

待ちきれなくて、その場で食べてしまった子もいました。

きぐみの子どもたちはウッドデッキに座って、洗ってもらったイチゴを食べていました。

イチゴのいい香りが立ち込めていました。

まだ後発のイチゴがありますので、楽しみにしていてくださいね

| | コメント (0)

2015年4月23日 (木)

4月誕生会

昨日、今日と春らしい日差しが降り注いでいます。

4月誕生会でした。

Dsc01121Dsc01122Dsc01123Dsc01117

Dsc01118Dsc01119Dsc01124Dsc01125

Dsc01129Dsc01132Dsc01133Dsc01137

Dsc01143Dsc01145Dsc01151Dsc01152

誕生者は5名(きぐみ2名・ももぐみ1名・あおぐみ2名。2歳2名・4歳1名・5歳1名・6歳1名。男の子4名・女の子1名)でした

小さな子は子どもたちや先生たちが、大きな子どもたちは自己紹介をしました。

「好きな食べ物は?」の質問に「かぼちゃ、からあげ、バナナ・ブドウ・ごはん・お団子・味噌汁・リンゴ」など答えていました。

「好きな遊びは?」では「ブロック・Bブロック」などブロックが人気でした。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

Dsc01155Dsc01157Dsc01158Dsc01159

Dsc01160Dsc01163Dsc01162

①穴あき紙芝居“おしゃれなてんとうちゃん”のお話

可愛らしいテントウムシが出てきました。

「みんな見て見て、私の赤と黒の水玉模様素敵でしょ?とっても気に入ってるの」

ウシさんがやってきました。「やあ、テントウムシちゃん、今日も素敵なお洋服だね。」

「ウシさんのお洋服もいいわぁ、ちょっと着させてくださる?」

「いいとモー」

「どうどう、いい感じでしょ?」

「てんとううし…。なんちゃって」

「うしさん、どうもありがとう」

カメさんがやってきました。

「テントウムシちゃん、今日もおしゃれだね。」

「ありがとう。ねぇねぇカメさんのお洋服、着てもいいかしら?」

「どうぞどうぞ」

「色は素敵だけど、私には少し重たいわ」

「カメさん、どうもありがとう」

「いやいや。おカメ―なく」

「♪でんでんむしむしかたつむりー」

「カタツムリさん、ちょっとカタツムリさんのお洋服貸してくださる?」

「か・す・つ・も・り、だったからいいよー」

「(テントウムシのお洋服を着ると)あれー、あーあー、なんだか目が回るー。ちょっと転倒(テントウ)しそう」

「カタツムリさん、ありがとう」

「デンデン気にしないでいいよー」

「いろいろなお洋服が着られてとっても楽しかったわ。でもやっぱりこのお洋服が私のお気に入り」

Dsc01168Dsc01165Dsc01166Dsc01167

Dsc01169Dsc01170

②画用紙シアター“おーい!こいのぼり”

「ポカポカいいお天気。今日はみんなでお空を散歩しに行くんだ。あれ、お母さんどこに行ったんだろう。おーいお母さーん!」

「お散歩の準備が出来たのに、坊やがいないわ。どこに行ったのかしら。おーい坊や!」

「お母さーん、どこにいるの?」

「坊や―、どこにいるの?」

「お母さーん!」

「坊や―!」

「なんだか、お母さんと坊やが騒がしいな。おーい、二人とも何をそんなに騒いでいるんだ?」

「なーんだ、お母さん(僕の)上にいたんだ」

「なによー、坊や下にいたのね。」

「みんな準備はいいかい?それではお空の散歩に出発!」

「やっほー」

こいのぼりを揚げる意味や名前(マゴイ・緋鯉)や、由来(鯉についてのお話)端午の節句についても教えてもらいました。

Dsc01171Dsc01173Dsc01178Dsc01191

③ 音あてゲーム

カシワバラ先生が“はてなボックス”を作って持ってきました。

「いろいろな物の音をならすので、わかったら手を挙げてくださいね。最初は楽器の音です。」

みんな耳を澄ませます。

音がすると、「すずー」と声がします。

「わかった人は手を挙げて答えてね。」

「ハーイ」と手が挙がります。

スズ・カスタネットの音がしました。

「次はみんなが遊ぶおもちゃだよ。」

音がすると、「ハーイ」と手が挙がったり、思わずその物を言ってしまったりします。

積木・ブロック・キラキラの音がしました。

「最後はみんなが制作をするときやご飯を食べるときに使うものだよ。」

はさみやセロテープを伸ばす音、お箸を振る音などがしました。

子どもたちは音をよく聞こうと耳をよく澄ましていて、とってもよく反応していました。(私が聞いていてもよくわからない音もありました)

自分たちの身近にもいろいろな音があるのですね。

とっても楽しいお誕生会になりました。

| | コメント (0)

2015年4月18日 (土)

親子ふれあい会

午前中はまずまずのお天気でしたが、午後からは雲行きが悪くなり、雨が降り出しました。

親子ふれあい会を行いました。

子どもたちは玉ねぎを収穫したりして、この日の準備を手伝ってくれました。

来た人から順番に下ごしらえを始めました。

玉ねぎ・ジャガイモ・玉ねぎを水で洗います。

ジャガイモは新じゃがで、水で洗っていると皮がむけてきます。

ピーラーでジャガイモ・ニンジンの皮を剝きます。

Dsc00993Dsc00994Dsc00995Dsc00996_2

Dsc01000Dsc00999Dsc01007Dsc01009

Dsc01012Dsc01013Dsc01029Dsc01031

Dsc01001Dsc01002Dsc01003Dsc01004

9時からイシツカ先生がどのように野菜を切るのか説明を始めました。

お母さん・お父さん・保育者と一緒に切り始めました。

みんな担当が決まっていて、そのテーブルについています。

切るのはネコの手で添えて、(包丁を持っていない方の手)注意を払いながら切っていきます。

玉ねぎは目に染みて、子どもたちは苦戦していました。(しばらくその場から避難して、目が染みるのをやり過ごしていました)

あとの子どもたちにはニンジン・ジャガイモ、そして、ももぐみの親子にはリンゴを擦ったり、ニンニクを刻んだりしてもらいました。

き・あかぐみは部屋で子どもたちの様子を見ていただきました。

野菜の下ごしらえが終わったら、子どもたちは園庭に出て体操・かけっこをしました。

Dsc01046Dsc01047Dsc01048Dsc01053

Dsc01055

お母さん・お父さん方は子どもたちの様子を写真やビデオを撮影しながら見ていらっしゃいました。

体操・かけっこが終わると、親の方々には部屋へ入ってもらい、食育講座を受けていただきました。

Dsc01058Dsc01059Dsc01060Dsc01061

Dsc01066Dsc01063

昨年も来ていただいた角屋敷まり子先生による「心身共に健康に過ごせるための食事」という題名でお話いただきました。

先生は鹿児島市吉野町で『やさい村』という自然食品のお店をされていて、マクロビオテックの料理講師としてまた食に関する講演会を行われています。

先月『季節の野菜レシピ帖』(南方新社)という7春夏秋冬の70種類のレシピと料理の基本、マクロビオテックの考え方、家庭でできる手当法が書かれた本を出版されました。

この本は(私も早速購入しましたが)一家に一冊あると、本当に重宝すると思います。

本にも掲載されている“野菜の蒸し煮・重ね煮”を実際に作ってくださいました。

ニンジンとキャベツを炒め、少々の塩(ミネラルが入ったもの)と少々の水を加えて蓋をして煮ます。

「マクロビオテックの料理法は素材の味を引き出す方法で、(本来の日本食も)他の料理法は味をつけることで作る方法です。」とおっしゃいました。

塩と水だけを入れて作った蒸し煮は素材の味が引き出されていて、砂糖を入れたわけでもないのに、甘みがあってとってもおいしかったです。

子どもの好きなものと言えば甘いもの。

今日のお話は清涼飲料水やお菓子、菓子パンなどに含まれている砂糖の量(イシツカ先生に実物を買ってきてもらって、砂糖の量を角砂糖で目に見えるように展示してもらいました)

砂糖についてのお話を中心にしてもらいました。

実際に砂糖の量を目の当たりにすると、とってもショッキングです。

清涼飲料水はだいたい、重量の1割から多いもので2割が糖分と言われているようです!

菓子パンにも驚くほどの砂糖が入っています。

私たちが思っているよりもずーっと多くの砂糖を摂取しているなというのが実感です。(そんなに多くの糖分が入っていると意識していないですよね)

「子どもは多くて40グラム(これでも多いと思います)以下の糖分だと正常ですが、一日に70グラム以上の糖分を摂ると問題行動(キレる、落ち着きがない、イライラするなど)がみられるという実験結果があります。」と先生。

ジュースと菓子パンを一緒に食べるとすぐに100グラムくらいの糖分を摂ることになります。

それにおやつに甘いお菓子を食べると…あまり考えたくないです。

精製された砂糖にはミネラルがなく、大量に摂取するとミネラル不足になります。これを現代型栄養失調と言います。

80%は代謝が出来ず、体内に残って中性脂肪になります。(体内でエネルギーとして燃えない)女性の方でお酒を飲まないのに肝臓の数値が高い人は糖分が多いことが考えられます。

糖尿病や低血糖症などの病気も引き起こします。

糖分が多いと、蚊に刺されることが多くなり、刺されて腫れたり、とびひのような症状になったり、治りが悪かったりします。

マクロビオテックでは玄米や野菜の皮付きのままで食します。

そこには豊富なミネラルや食物繊維などが含まれています。

「ぬか付の玄米は糠(米へんに健康の康が糠)で、白米は米へんに白と書いてかすと読みます。昔の人はよく知っていたのですね。」

子どもたちには是非味噌汁とごはんを中心に食事をさせてほしいです。味噌汁を飲むと頭がよくなります。(味噌には神経伝達物質グルタミン酸が入っています)

季節の野菜を入れられることもいいです。

ご飯は玄米は難しくても、分つき米や雑穀米と言った微量ミネラルが入った(命ある)ものを食べましょう。

日本食の知恵で高野豆腐や切り干し大根を料理に取り入れることをお勧めします。

高野豆腐は一切れで普通の豆腐の4.5倍のたんぱく質が亜鉛も豊富に含まれています。

切り干し大根は食物繊維が豊富です。

是非煮物は大変だと思うので、味噌汁に入れるといいと思います。

砂糖は陰性(緩む・溶かす・冷やす)の作用があり、緊張が緩み、リラックスできるので疲れたときに欲しくなります。

たくさん食べすぎずに適量を食べるようにしましょう。

親子で準備をしたカレーも出来上がりました。

Dsc01069Dsc01070Dsc01071Dsc01072

Dsc01073Dsc01074Dsc01096Dsc01098

Dsc01100Dsc01101Dsc01104Dsc01108

みんなで食べました。

「チョーおいしい。サイコ―」という声も上がっていました。

子どもたちはよくおかわりをして食べていましたよ。

とっても充実した楽しい時間を過ごせたと思います。

保護者のみなさん、お忙しい中多数参加いただきありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年4月14日 (火)

玉ねぎの収穫(もも・あおぐみ)

朝から風が冷たく、肌寒いですね。

久々に日差しが射して、太陽が顔をのぞかしています。

早いもので4月も半ばを迎えました。

新入園の子どもたちも少しずつ保育園生活に慣れています。

今日は菜園で玉ねぎの収穫をしました。

畑には様々な野菜が植えてあります。

昨年の秋、さつまいもを掘った後、玉ねぎの苗を植えました。

4月に入り、玉ねぎが収穫できるようになりました。

Dsc00941Dsc00945Dsc00948Dsc00951

Dsc00956Dsc00960Dsc00962Dsc00970

Dsc00975Dsc00980Dsc00983Dsc00985

子どもたちに収穫してもらったのは、18日(土)の親子ふれあい会でカレーに入れる玉ねぎです。

葉っぱの部分は育ちきって、地面に倒れています。

それが収穫の合図です。

大きく育った玉ねぎが土に植わっています。

新玉ねぎは水分が多いので、(それは葉や茎の部分もそうです)子どもたちが両手で引っ張ろうとすると、ツルッと滑ったりします。

玉ねぎの部分と茎の境目あたりを引っ張ると力が入りやすいようです。

それでも力いっぱい引っ張ると茎が折れてとれてしまって、玉ねぎだけになることもありました。

そんな時には土を掘って、取り出すしかありません。

力いっぱい引っ張ったり、掘ったりして子どもたちは1つずつ玉ねぎを収穫しました。

根がしっかりと張っていて、それも抜けにくさになっていたようです。

子どもたちは「難しい、出来ない」と言っていた子もいましたが、玉ねぎが抜けると「やった!こんな大きな玉ねぎを取ったよ」と誇らしげでした。

親子ふれあい会のカレー、楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (0)

2015年4月 4日 (土)

お花見会(高齢者との交流会)

時折、蕭々と雨が降っています。

保育園でお花見会を行いました。

Dsc00768Dsc00770Dsc00772Dsc00774

Dsc00783Dsc00787Dsc00791Dsc00792

Dsc00797Dsc00798

浜ヶ城集落ひまわり会のおばあちゃん方6名と浜ヶ城保育園理事の方2名計8名の方々が出席してくださいました。

桜は昨日、桜のじゅうたんを作り、だいぶ花びらが散り、葉っぱが目立ってきました。

しかし、まだまだ花が咲いていて、十分お花見が楽しめました。

おばあちゃん方は(おばあちゃんと言うにはお若いので、気がひけます

が…)9時半前に保育園の坂を上がってこられました。

子どもたちの体操・かけっこを一緒に体を動かしながら、いっぱい声援をおくってみてくださいました。

Dsc00801

あおぐみ年長児3名の子どもたちがとっても上手にあいさつをしました

各クラスからお遊戯の出し物をしました。

Dsc00806Dsc00813Dsc00814Dsc00816

Dsc00819Dsc00820Dsc00821Dsc00822

Dsc00836Dsc00837Dsc00826Dsc00845

あか
ぐみの子どもたちは『ねこの子』

ももぐみは『バナナくんたいそう』

あおぐみは年中児が『ようかい体操第一』年長児が『GOGO!ドラゴン』

みんなとっても上手にお遊戯していました。

Dsc00847Dsc00851Dsc00852Dsc00855

後はおばあちゃん方と子どもたちがお話をしたり、抱っこしてもらったり、握手したり、子どもたちが肩を叩いてあげたり、一緒にかけっこしたりして交流を楽しみました。

途中で雨が少し降ってきたり、止んだりしましたが、桜の木の下に集っていたので、そう濡れずに済みました。

桜の木は本当にみんなを見守っているのですね。

おばあちゃん方も子どもたちもとっても楽しんでいました。

素敵な時間を過ごせたと思います。

Dsc00875Dsc00878Dsc00886Dsc00887

Dsc00890Dsc00896Dsc00897Dsc00904

Dsc00909Dsc00910

おばあちゃん方にもお手伝いをしてもらって、ヨモギの草餅を作りました。

子どもたちにも丸めてもらいました

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金)

桜のじゅうたん

かろうじて雨が降らず、子どもたちも園庭で外遊びが出来ました。

今日から日常の保育園生活が始まりました。

新入園児の子どもたち、在園児の子どもたちも新しいクラス、新しいメンバーでのスタートです。

浜ヶ城保育園といえば桜

今年は寒のもどりがあり、つぼみのままでしばらく花をつけなかったのですが、その分全体的につぼみの状態がそろい、暖かくなって一斉に花を咲かせました。

この5日間でいっぱい花を咲かせ、昨日あたりから花吹雪が美しいです。

今日、園庭は桜の花びらでじゅうたんを敷き詰めたようです。

Dsc00749Dsc00750Dsc00751Dsc00753

Dsc00754Dsc00758Dsc00759Dsc00761

Dsc00763Dsc00764Dsc00765Dsc00766

その中、子どもたちが花びらをいっぱい集めて花吹雪を降らせたり、花びらで料理を作ったり思い思いの遊びをしていました。

本当に幸せな光景だなと思います。

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

第44回入園式

暖かな日差しの下、園庭の桜の花びらが風に吹かれてフワーッと舞っています。

来賓の方々、保護者のみなさんのご臨席の中、第44回入園式を行いました。

新入園児の子どもたちは7名

そして、在園児の子どもたちは51名

計58名の子どもたちです。

44_244_344_444_11

44_1244_1444_1544_19

44_3344_36

クラスの色のネームをつけてもらいます。

男の子も女の子もスーツを着たり、ワンピースを着たりしてかっこよく、可愛らしくおめかししています。

午前10時から入園式が始まりました。

「たのしくうたいましょう」では“チューリップ”“しあわせなら手をたたこう”をみんなで歌い、“アンパンマン”“三匹のこぶた”の手遊びをしました。

エプロンシアター“うさぎとかめその後”のお話をしてもらいました。

園長先生、来賓お祝いの詞の後、職員紹介をしました。

今年度から子ども子育て支援新制度が始まるので、それに伴うお話や保育園生活での注意点などを保護者のみなさんにさせていただきました。

各クラスに分かれて、それぞれ担任保育士より話がありました。

44_5744_6044_6344_67

桜の花びらが舞い散る中、各クラスごとに写真撮影を行いました。

明日4月3日より通常保育が始まります。

新入園の子どもたちは保育園生活に慣れるまでにしばらく時間がかかると思いますが、焦らず、気長に子どもたちの様子を見ながら保育園生活を進めていきましょう。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »