« 実習生お別れ会 | トップページ | 2月誕生会 »

2015年2月24日 (火)

リトミック19

今日は冬へ逆戻り、まさに三寒四温ですね。

リトミック19でした。

ももぐみの活動では…

Dsc09570Dsc09573Dsc09576Dsc09582

Dsc09585Dsc09590Dsc09594Dsc09598

Dsc09600Dsc09608Dsc09612Dsc09614

Dsc09618Dsc09620Dsc09626Dsc09630

Dsc09629Dsc09632Dsc09636Dsc09637

Dsc09638Dsc09640Dsc09642

前回行った“落ちた落ちた(先生)”“何が落ちた(子どもたち)”で「りんご、雨、どんぐり」など子どもたちから意見が出てきます。

「じゃあ、雨になってみよう」ということで、雨が降るのを表現しながら歩きます。

“とんだとんだ”“何がとんだ”“はねたはねた”“何がはねた”で「飛行機、からす、ちょうちょ、フラミンゴ、カンガルー、カエル」などの言葉が出てきました。

飛行機やカラス、ちょうちょ、カエルなども表現しました。

「みんな、今日は寒いねぇ。寒いなぁって言う顔(動き)をしてみて」とマツダ先生。

寒いと体が小さくなりますよね、そして歯がガタガタして、顔も強張り、体全体も震えます、。

ももぐみのこどもたち結構上手です。

ピアノで寒さを表現する曲を弾きます。(短調の曲 いかにも寒そうな感じです)

「だんだん日が照ってきて、暖かくなってきました。」

体が温まってくると、自然に体が伸びてきて顔もニコニコして、最後には床に寝転がりました。

ピアノで暖かさを表現する曲を弾きます。(長調の曲 いかにも暖かくて、ポカポカしている感じ)

子どもたちは自然に体が伸び、顔もリラックスしています。

それを曲を聴いて、どちらの表現をするか子どもたち自身が考えます。

ちょっと難しい感じですが、表現しようとして(体が動いて)だんだんよく聴こうとします。

みんなで一つの大きなマルになり、寒さと暖かさを表現してみました。(大きなマルは寒い時には小さくなり、暖かくなると大きくなります)

プラスティックのコップに緑・オレンジ・ピンク・黄緑の色紙が入っています。

「これはお薬です。先生がお薬を飲むからどんなお薬か当ててね」とマツダ先生。

緑のお薬を飲むと、「えーん、えんえんえーん」と泣きはじめました。

子どもたちは「嘘泣きだぁー」と言っていますが、「何のお薬だった?」と言うと「泣く薬」と誰かが言いました。

次はオレンジの薬「ぷんぷんぷんぷん」ほっぺたが膨らんでいます。「何のお薬だった?」と聞くと、「怒ってる」と子どもたちが言います。

ピンクの薬は「笑う薬」黄緑の薬は「おさるさんになる薬」でした。

「じゃあ、次はみんながどんな薬かやってみて」と先生。

子どもたちは色ごとに笑ったり、泣いたり、怒ったりしていたので、それを自分もやるのかと思ったようで、先生の真似をしていました。

その中で「疲れた薬」や「腹痛の薬」も出てきました。

鬼と言えば子どもたちにとっては超怖い存在。

鬼の絵が出てきました。

「イヤー、怖い」と逃げる子どもたちもいます。

その裏側は福の神の絵。

♪鬼は外 福は内 ぱらっぱらっぱらっぱらっ豆の音 鬼はこっそり逃げてゆく…おなじみの歌です。

歌を歌いながら、福の神の絵の時は何もせず、鬼の絵になった時には「エイ!」と両腕を前に出して鬼をやっつけます。

歌っているだけではダメで、絵が変わるのをよく見ていないとダメです。

最初はなかなか集中できなかった子もいましたが、次第に集中して絵を見ていて、「エイ!」と腕を前に出します。

今度はカラーボードが4枚出てきました。

「私の友達を連れてきた。鬼の所で手を叩いたら追っかけるぞ」と鬼。

1枚のボードには鬼の絵が貼ってあります。

カラーボードを4枚並べます。

マツダ先生はボードを叩きます。(鬼の時には叩きません)

子どもたちは自分の手を叩きます。(鬼のボードの時には音がしないはずです)

よーく見てないと手を叩いてしまいます。

鬼の所で手を叩く音がすると、「誰だ、手を叩いたのは」と声がします。

子どもたちはだんだん集中してきて、みんなよくそろい始めました。

鬼のボードを4番目から3番目、2番目と場所を入れ替えて、手を叩く練習をしました。(鬼の所は休符です)

フレーズのまとまりを感じる活動(鬼は外【エイ】福は内【エイ】パラッパラッパラッパラ豆の音【エイ】鬼はこっそり逃げてゆく【エイ】)や歌に合わせて福の神の絵の時には何もしないのですが、鬼の絵になった時に両腕を出してやっつける活動を高音の時には腕を上に上げて、低音の時には下に向ける聞き分けをやりました。

あおぐみの活動では…

Dsc09644Dsc09646Dsc09649Dsc09659

Dsc09660Dsc09671Dsc09672Dsc09673

Dsc09676Dsc09677Dsc09681Dsc09683

Dsc09684Dsc09688Dsc09689Dsc09690

Dsc09692Dsc09694Dsc09695Dsc09696

Dsc09698

♪あーさのあいさつおはよー…から始まります。

いろんなお友達と(まだ2人組になっていない)あいさつをします。

♪ハッピーハッピーバレンタイン わたしのだいすきなあの人に ハッピーハッピーバレンタイン 狙いを定めて バッキューン♪ハッピーバレンタインという歌なのだそうです。

まずはターターターターのリズムで歩きます。

みんなで大きな円になります。

片手を出して、(掌を上にして)マツダ先生が子どもたちの掌にトントントントンと手を打っていきます。

同じように打っているようですが、ちょっと違う所があるようです。

最初は子どもたちも「なんかちょっと違う気がする」くらいだったのですが、何の違いかはよくわからなかったようで、???不思議そうにしていました。

何度かしているうちに、1,2人の子どもの時だけ打つ長さが長く、ドーンと沈み込むことに気が付いてきました。

先生が決めた子どもだけが手を打つ音符が長かったのです。

「先生は本命を決めてたんだよ」というと、「アー~くんが長かったよね、下に手が沈んでたよね」と納得していました。

「じゃあ、誰が本命だったか見ててね」と先生が言って、ナカヨウボ先生が手を打ちました。(先生はたくさん本命がいたようでした)

前回前々回からやっている2人組になって手合せして、ダンスをする(2,3,4拍子)活動をしました。

子どもたちもだいぶ慣れてきて、スムーズに出来るようになってきました。

♪鬼は外 福は内 パラッパラッパラッパラ豆の音 鬼はこっそり逃げてゆく♪

鬼と福の神の絵が出てきました。

あおぐみでは早速、4枚のカラーボードが出てきて、1枚は鬼のボードです。

「鬼の所で手を叩いたら、鬼が追っかけるぞー」

マツダ先生がボードを叩くのを子どもたちは集中してみていなければ出来ません。

最初のうちはやっぱりパラパラと鬼の所で手を叩く音がします。

「鬼を打ったなぁ」と鬼が追いかけてきます。

ももぐみ同様、鬼ボードの場所を変えていきます。

あおぐみの子どもたちには応用編(ゲーム)。

ボードを裏返して、音を聴いてどこが鬼のボードかを考えます。(鬼のボードは休符なので、どこが休みだったかを考えると鬼ボードの場所が分かります)

よーく聴いていないとわかりません。

子どもたちは先生が後ろでシャッフルするのを見ようみようとします。

「それじゃ面白くないから、もっと離れて遠くに行って、そして目をつぶって音を聴いているといいんじゃない?」

遠くへ行って、後ろを向いて体を丸めて見ないようにしている子もいました。

よーく聴いているとわかります。

「1・2・3・4何番目が鬼のボードだったでしょう?」と尋ねると、最初のうちはあまりよくわかっていない子もいましたが、回数を重ねるうちにだいたいどこが鬼のボードだったかわかるようになりました。

「お馬さんになってー」両腕を前に出し、両足を開いて(前後足を替えずに)、ギャロップです。

2人組になって手をつないでギャロップしてみます。

今度は3人組になってスキップをしてみます。

最後、寒い顔(動き)と暖かい顔(動き)を曲に合わせてやってみました。

とりあえず、一人で表現してみた後、5人組になりました。

「グループで寒い動きと暖かくなった時の動きをやってみて。5人一緒にするんだよ。」と課題が出されました。

すぐに話し合うグループと、話し合いが進まないグループがあります。

話しあったグループはすぐに表現しています。

話し合いをしていないグループはなかなか動きをやってみません。

「みんなの前で発表してみます」ということで、ひとグル―プずつやってみました。

子どもたちってすごいですね、たくさん説明しなくてもちゃんとこちらが意図したことを表現しています。

寒い時にはみんなで固まって、暖かくなったらパーッと体を伸ばして、しかしみんなはバラバラにならずにいる。

とっても素敵な発表でした。

5人でよくそろっていたチャンピオンのグループを決めると、そのグループの子どもたちはとっても喜んでいました。

今年度のリトミックは3月10日の後一回です。

どんなことをするか楽しみにしていてくださいね。

 

|

« 実習生お別れ会 | トップページ | 2月誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実習生お別れ会 | トップページ | 2月誕生会 »