« リトミック18 | トップページ | おにぎりの日(朝食をしっかり食べよう) »

2015年2月13日 (金)

消防訓練(いちき串木野消防署)

久しぶりに太陽が顔を見せて、子どもたちも園庭で思いっきり遊んでいました。

2月5日に予定していて、天候不順で延期していた消防訓練を今日行いました。

「火事だー!!」給食室からイシツカ先生が叫びます。

聞いた人は口々に「給食室が火事だ!!」と伝えます。

子どもたちはかけっこの途中で、先生たちの指示で避難場所に集まります。

先生たちは手分けして、逃げ遅れの子どもがいないか、また火が広がらないように建物内の窓やドアを閉めて回ります。

Dsc09442Dsc09443Dsc09444Dsc09448

Dsc09449Dsc09450Dsc09451Dsc09454

Dsc09456Dsc09452

消防署の方から「みんなサッと避難が出来ましたね。とにかく、集まった時にはお話をしない、先生の言うことをちゃんと聞くことが大事です。保育園にいるときは先生方の言うことを聞く、そしておうちや外にいるときはお父さん・お母さん、周りの大人が言うことを聞いて下さい。みんなはおうちから“行ってきます”と言うとき、泣いたりしていませんか?笑って元気よく“行ってきます”ってあいさつして保育園にくるんだよ。元気でいっぱい遊んで、食べるのが一番です。みんなは火事になるような遊びをしていいのかな?絶対に火遊びしないでくださいね。」話をしていただきました。

職員には「今は火事のシーズンです。1月から3月までで火災全体の4割が起こります。保育園では子どもたちの命を守り、怪我せず避難させることが一番、そして、初期消火に当たることはとても大事なことですが、先生たちの命を守ること、怪我をしないことも大切なことです。」と話されました。

水消火器による、初期消火訓練を行いました。

① 「火事だー」と大きな声で周囲に知らせる。

② 消火器を持ち、ピンを外す。

③ ノズルを火元に向ける。(火元との距離を保っておく)

④ レバーを握り、消火液を噴射させ、燃えているものを消すためにだんだん距離を近づ   け、火を消す。

初期消火をすることで火事を小さくすることも大事ですが、炎が天井にまで達している時には消化を断念して逃げることです。

そして、慌てず落ち着いて冷静に行動することが大事です。(深呼吸して気持ちを落ち着けることも必要)

日頃の訓練が大事だと思います。(とっさの時に対応できるようにするため)

子どもたちお待ちかねの消防車見学

Dsc09459Dsc09460Dsc09467Dsc09479

Dsc09465Dsc09471Dsc09472Dsc09483

Dsc09485Dsc09489Dsc09493Dsc09496

Dsc09499Dsc09506Dsc09507Dsc09509

保育園の下に救命工作車が止まっています。

消防服を着せてもらったり、救命のための様々な道具を見せてもらったり、救命工作車の車体に乗せてもらったり、助手席に乗せてもらったり満喫しました。

あおぐみの子どもたちが最後まで残っていたのですが、工作車が走っている所が見たいと坂の所にとどまって、車が走り去るのを見届けてから保育園へ入っていきました。

消防訓練で教えていただいたことを肝に銘じて、日々過ごしたいと思います

|

« リトミック18 | トップページ | おにぎりの日(朝食をしっかり食べよう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リトミック18 | トップページ | おにぎりの日(朝食をしっかり食べよう) »