« リトミック16 | トップページ | 第2回保育参観 »

2015年1月15日 (木)

卒園記念品作り(美山陶遊館・年長児)

雨が降ったり止んだりのお天気です。

年長児の子どもたちが美山陶遊館へ出かけて卒園記念品作りを行いました。

ここ10年程、美山へ出かけて子どもたち自身で世界に一つだけのペン立てを作っています。

子どもたちはとっても楽しみにしていました。

「美山にネコバスに乗って行くんでしょ?」と聞いてくる子も。

いつもより早めにご飯を食べて、12時前には保育園を出発しました。

陶遊館に着くと、早速ペン立てを作る部屋に行き、座って先生のお話を聞きました。

今回教えてくださるのはアリマ先生。

Dsc08713Dsc08714Dsc08715Dsc08721

Dsc08722Dsc08728Dsc08732Dsc08739

Dsc08743Dsc08746Dsc08755Dsc08744

① 長く伸ばした粘土を型紙に沿って竹べらで切り取り、ペン立ての土台を作ります。

② 筒に土台を巻きつけ、筒状にします。

③ 残りの粘土でペン立ての底の部分を筒に沿って切り取り、土台の部分とくっつけます。

④ ペン立ての土台に粘土で様々な形を作ったり、形をつけたりして飾りをつけます。

⑤ 飾りをつけたら、色塗りをします。

たくさんの工程があるのですが、子どもたちはみんな張り切って制作を行っていました。

最初は先生たちに「どうするの?」と聞いてくることが多かったのですが、作業が進むうちに慣れてきて、自分たちで工夫して進めていました。

特に様々な形を作るときには型ぬきやフェルトの模様、ローラーなどいろんな道具を駆使して楽しんで形を作っていました。

色塗りもピンク・ムラサキ・緑・青・茶色など色を塗り分けてカラフルに仕上げていました。(2,3色の子どももいましたが)

次は保育園への卒園記念品作り

今年は植木鉢を作りました。

Dsc08772Dsc08773Dsc08774Dsc08775

土台になる鉢の型は陶遊館の方が準備をしてくださっていて、子どもたちは型ぬきでたくさんの型を作って、鉢に貼り付けていきました。

あか・き・もも・あおぐみ一つずつ、4つのグループに分かれて作りました。

子どもたちも作品の出来栄えにとっても満足していました。

2時間あまりの時間、休憩もなしでずっと集中して作り続けていました。

とっても素敵な作品が出来上がると思います。

楽しみにしていてくださいね。

Dsc08778Dsc08779Dsc08780Dsc08784

子どもたちが「ペン立てはどこで焼くの?」とアリマ先生に質問していたので、作品を焼くところを見学させてもらいました。

とっても集中して充実した楽しい時間を過ごせました。

|

« リトミック16 | トップページ | 第2回保育参観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リトミック16 | トップページ | 第2回保育参観 »