« 初詣 | トップページ | 卒園記念品作り(美山陶遊館・年長児) »

2015年1月14日 (水)

リトミック16

朝からどんよりとした雲が広がっています。

この時期らしい寒さですね。

1か月以上ぶりのリトミック16でした。

ももぐみの活動では…。

Dsc08606Dsc08608Dsc08610Dsc08613

Dsc08617Dsc08618Dsc08624Dsc08629

Dsc08631Dsc08634Dsc08637Dsc08638

Dsc08641Dsc08642Dsc08644Dsc08648

久しぶりでちょっと忘れ気味なのとテンションが高いのとで、混沌としています。

曲に合わせて歩く、曲が止まったら自分も止まる。

なかなか止まれない子もいます。

お遊戯会の時にも披露した“ヘリコプターがだんだんとび上がっていく”動きや“お馬さん、うさぎさんへびさん”などの動物の動きをしました。

また、二人組になってトンパチントンパチン手合せもしました。

自分の思うような動きをしたくて、早く伸び上ってしまったり、違う動きをしてしまう子もいます。

「今年はみんなに“我慢すること”を覚えてほしいと思います。」

ちょっとずつ大きくなって伸び上ったり、動物の動きをしたりするのは“その動きに自分を合わせる”ことになります。

そうして表現することで忍耐力もついていくのだと思います。

お友だちを変えて二人組で“ペッタンペッタン”お餅つきのリズムをやってみました。

はじめてする動きなので、戸惑い気味の子どもたち。

先生たちがアドバイスすると、コツをつかみ、出来るようになりました。

大きな一つの円上に座ります。

2人組でしていた“ペッタンペッタン”を隣に座ったお友だちとやります。(丸上につながっています)

ボールが1つ出てきました。

“ペッ”でボールを両手で抱えて、“タン”で隣に座っているお友達に渡します。

それを続けていきます。

はじめての活動なのでなかなかスムーズにいきません。(それが当たり前ですね)

ボールを抱えて離さない子やなかなかお友達にボールを渡さない子もいます。

練習を重ねるうちに少しずつ出来るようになってきました。

もう一つボールが入りました。2つのボールが子どもたちの間を渡っていきます。

“ペッタンペッタン”のリズムでボールが行き渡っていくと、どんどん子どもたちの間をボールが行きかうことになりますが、これがなかなか。

リズムのタイミングをつかんで、ボールを渡せるように練習が必要です。

1人ずつボールが渡されました。

低い音がしたらボールを手に持ったまま床にしゃがむ。

高い音がしたらボールを手に持ったまま上へ伸びる。

中音がしたら体の真ん中でボールを手にしたまま上下する。

という約束をします。

よーく音を聞いておかないとどの動きをしていいのかわかりません。

注意力が散漫だったり、他のことをしていると活動が出来ません。

練習を重ねると、体が反応して約束した動きが出来るようになります。

最後に黄・ピンク・緑のひもが出てきました。

ひもの中に入って“汽車ぽっぽ”をしました。

先生の話を座って聞いていたお友だち(我慢していられた)が運転手になり、その後ろに乗客の子どもたちが入ります。

楽しい活動をするためには先生のお話を聞いて、約束を守らないと“楽しい活動”にはなりません。

“我慢すること”“待つこと”というのはとっても大事な要素ですね。

あおぐみの活動では…。

Dsc08650Dsc08651Dsc08653Dsc08656

Dsc08662Dsc08666Dsc08669Dsc08673

Dsc08678Dsc08680Dsc08681Dsc08688

Dsc08689Dsc08694Dsc08703Dsc08712

♪あーさのあいさつおはよー…から始まりますが、その前に

リトミックを始める前にお母さん座りをして、あいさつをします。

そして、ももぐみでもマツダ先生が話をした“我慢すること”についてあおぐみでも子どもたちに聞いてみました。

さすがあおぐみの子どもたち。

“我慢することってどういうこと?”と先生が質問すると、“待つこと”と答えが返ってきました。

「我慢するのは大変だけど、我慢した後にはとっても素敵なことが待ってるんだよ。」とマツダ先生。

みんなで一緒のことをするのにも自分勝手なことをしていてはずーっとそろうことはありません。

“お友達に合わせる事”も大事なことですね。

二人組になります。

足を開いて閉じる。

反対の足も足を開いて閉じる。

繰り返します。

簡単なダンスです。

この時も、2人が同じ方向へ動くとスムーズなダンスになりますが、反対方向へ動くとギクシャクギクシャクしてしまいます。

合わせることが必要になります。

合図の音でクルッと回ります。

相手を変えて何度か繰り返します。

相手を変えるときに“ありがとう”のあいさつをしたのですが、子どもたちはちゃんと察していて、社交界のダンスを踊っている人たちのようなあいさつをしていました。

じゃんけんをしたり、(口を使った)一つずつボールを渡されて高音の時は上にボールを投げてキャッチする、低音の時は床にボールをついてキャッチする、中音の時はボールを手に持って体をスイングさせるや♪ごんべさんのあかちゃんがかぜひいた…の歌に合わせて手遊びしながら、心唱(口に出して歌わないところは心の中で歌う)をしました。

今までやってきた活動を中心に少しずつ新しい活動を入れて、脳や体や好奇心を刺激する。

子どもたちの成長にとって大事な活動たと思います。

今回のリトミックも楽しくて有意義な時間になりました。

 

|

« 初詣 | トップページ | 卒園記念品作り(美山陶遊館・年長児) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初詣 | トップページ | 卒園記念品作り(美山陶遊館・年長児) »