« えんでん内科デイケア訪問(年長児) | トップページ | 1月誕生会 »

2015年1月24日 (土)

パンケーキ作り(年長児)

朝はとっても冷え込みましたね。とってもよいお天気で、日中はポカポカ陽気でした。

今日はおにぎりの日

子どもたちはおうちで作ってもらった(自分で作ったという年長児の女の子もいました)おにぎりを持って保育園に来て、おにぎり作ってもらったよと食べるのを楽しみにしていました。

昼からはお昼寝の時間に年長児の子どもたちがパンケーキを作りました

Dsc09018Dsc09019Dsc09028Dsc09035

Dsc09036Dsc09046Dsc09048Dsc09049

Dsc09051Dsc09056Dsc09062Dsc09077

Dsc09079Dsc09087Dsc09088

1時前から三角巾とエプロンを身に着けて準備していました。

イシツカ先生から【ぐりとぐら】の絵本を読んでもらいました。

森の中で大きな卵を見つけて、それを使っておいしいケーキを作るという楽しい絵本。

それにならって、子どもたちも楽しくクッキングを始めました。

まずはイシツカ先生から作り方の説明を受けました。

① ボールに卵を割って入れる

② 卵をかき混ぜ、牛乳を入れてさらにかき混ぜる。

③ ホットケーキの粉を入れ、玉にならないようによくかき混ぜる

これが生地を作る手順です。

保育園で使う調理器具は大きなものが多く、今日は保育園全員分のおやつを作るのでその道具を一部使いました。

大きなボールと大きな泡だて器で混ぜるのはちょっと難しそう。

2つのグループに分かれて行ったので、かき混ぜる人は両手で混ぜ、他の人がボールの縁を押さえていて、交替で混ぜるようにしました。

生地が出来上がったらいよいよパンケーキを焼きます。

ホットプレート2台で焼きます。

やけどに十分気を付けて、自分たちで作った生地をレンゲですくってホットプレートに流しいれます。

生地が柔らかすぎたり、硬すぎたりするとなかなか生地が円にならずにいろんな形になります。

生地の表面がフツフツしてきたら(表面に穴が開いてきたら)こてでひっくり返します。

油を塗ってあり、ジュウと音がするとちょっと怖いようです。

慎重にこてを生地とプレートの間に入れて、すくい上げてひっくり返します。

何度かするうちに、慣れてきたのかひっくり返すのも上手になりました。

両面焼き上がったらバットにホットケーキをのせます。

人数分もしくはそれ以上の数を焼かないといけないので、たくさんの枚数を焼く必要があります。

生地をプレートに流し込むのとひっくり返す作業が子どもたちにとっては難しいようでした。

焼き上がったら生クリームとイチゴジャムをパンケーキにトッピングしました。

パンケーキの大きさ、量に合わせてトッピングする量も変えます。

バランスを見ながらもう少し生クリームをのせた方がいいとかジャムをのせた方がいいとかを先生たちのアドバイスを聞きながらのせていきます。

全員分のパンケーキを盛り付けたら、各クラスに配膳しました。

2時間あっという間の時間でした。

Dsc09098Dsc09101Dsc09110Dsc09111

Dsc09115Dsc09117Dsc09119Dsc09121

小さな子どもたちも「おいしいねぇ。甘いねぇ。」と言いながらほおばっていました。

年長児のみんな、とってもおいしかったです。

ごちそうさまでした。

|

« えんでん内科デイケア訪問(年長児) | トップページ | 1月誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えんでん内科デイケア訪問(年長児) | トップページ | 1月誕生会 »