« パンケーキ作り(年長児) | トップページ | 節分(鬼退治) »

2015年1月29日 (木)

1月誕生会

朝からどんより曇っています。この時期らしいとても冷たい日です。

1月誕生会でした。

誕生会が始まる前に1本指から5本指で拍手をする手遊びをしました。

Dsc09127Dsc09128Dsc09129Dsc09130

Dsc09131Dsc09132Dsc09135Dsc09136

Dsc09139Dsc09142Dsc09145Dsc09149

Dsc09154Dsc09155

誕生者は4名(2歳1名・4歳1名・6歳2名、あかぐみ1名・ももぐみ1名・あおぐみ2名、男の子3名・女の子1名、残念ながら1名欠席)でした。

自己紹介をしたり、お姉ちゃんに出てきてもらって紹介してもらったりしました。

好きな食べ物は?の質問に「いちご・リンゴ・ぶどう…」など答えていました。

6歳になったお友達は将来何になりたいですか?の質問に「ドーナツ屋さん、救急救命士」と具体的に答えていました。また小学校名と小学校へ行ってから頑張りたいことも発表しました。

みんなからは歌のプレゼント

今月の出し物は…

① ペープサート『十二支のおはなし』

Dsc09161Dsc09157Dsc09158Dsc09159

Dsc09165Dsc09162Dsc09167Dsc09168

昔、神様が動物たちに手紙を出しました。

「1月1日、私にあいさつに来た順にその年の動物の王様にする」

動物たちは手紙を受け取ったのですが、ネコは手紙をなくしてしまいました。

「神様にあいさつに行くのはいつだった?」とネズミにたずねると、「1月2日だよ」と答えました。

ネズミはネコに嘘をつきました。

時は流れて、1月1日があけました。

歩くのが遅いウシは早い時間に出発しました。

ウシの背中に乗ったのはネズミ。

「あー、楽ちんだなぁ」ウシは「なんだか背中がくすぐったいな」

神様の家に着くと、ウシの背中に乗っていたネズミはピョンと飛び降り、ウシよりも先に神様の所へ行き、「あけましておめでとうございます」とあいさつしました。

ウシは「あ、ネズミが背中に乗ってたんだ」と気づき、自分が一番ではなかったことを悔しく思いました。

ネズミ・ウシに続いてトラ・ウサギがやってきました。

そして、タツとヘビも一緒にやってきました。

サルとイヌもやってきました。

途中でケンカをしています。

その間にウマとヒツジが先へ行きました。

サルとイヌはまだケンカをしています。

「コケコッコー、私がサルとイヌの間に入るわ」とニワトリがサルとイヌの間に入りました。

これで11匹の動物が到着しました。

「ブヒー、まだ、間に合うかな?」とイノシシがギリギリセーフでやってきました。

これで、12支(動物)が決まりました。

「今年から1年交替でこの順番で動物の王様になってもらう」と神様。

次の日、1月2日になりました。

「あけましておめでとうございます」と神様の所へネコがやってきました。

「動物の王様を決めるのは昨日だったぞ」と神様。

「ネズミに騙された!!」ネコが悔しがりました。

それからネコはネズミを追い掛け回すようになりました。

② 手品

Dsc09170Dsc09171Dsc09174Dsc09175

Dsc09176Dsc09178Dsc09179Dsc09180

1本のペンをヒガシ先生が持っています。

「先生には不思議なツボがあります」と言ってツボを押さえました。

「これから、何にも押さえていないのに、ペンが浮きます。ワン・ツー・スリー」

と呪文をかけると、あら不思議ペンは手の中で浮いていました。

どこにでもあるペットボトルが出てきました。

それには全く穴が開いていません。

10円玉が出てきました。

「この10円玉をペットボトルの中に入れるからね」

「ワンツースリーって言ったら入れるからね」とフェイントをかけます。

「ワンツースリー」呪文をかけると、ふたも閉まっていて、穴も開いていないのに10円玉がペットボトルの中に入りました。

みんなびっくりしています。

「穴が開いてるんじゃないの?」と言う子どももいましたが、どうやら穴は開いていないようです。

それから10円玉を二枚と50円玉を1枚入れました。

「???」とっても不思議でした。

子どもたちも食い入るように見入っていました。

1月の誕生会、とっても楽しい時間を過ごせました。

|

« パンケーキ作り(年長児) | トップページ | 節分(鬼退治) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンケーキ作り(年長児) | トップページ | 節分(鬼退治) »