« 芋ほり | トップページ | かお・顔!? »

2014年11月12日 (水)

みかん狩り

朝からお天気が良く、気温も高めです。

子どもたちが楽しみにしていたみかん狩りへ出かけました。

きぐみ2歳児の子どもたちから、ネコバスに乗っていきました。

普段、通園でネコバスに乗らない子どもたちはとっても嬉しそう。

「行ってくるねぇー」と笑顔で手を振っていました。

いつもお世話になっているイマヤさんのミカン山で今年もみかん狩りをさせていただけました。

12421

みかんをハサミで切るのは2歳児の子どもたちには難しいので、先生がハサミを持って、子どもたちは手を添えていました。

みかんを運ぶのも大事なお仕事。

小さな子どもたちには主に先生たちが収穫したみかんを運んでもらいました。

6101824

26344047

ももぐみの子どもたちになると、先生がついてみかんの枝を切る子たちもいましたが、大半は自分でハサミを持って、枝を切っていました。

年齢を重ねると出来ることも増えますね。

「二度切りしてね」と教えると、枝が長いままついたみかんをもう一度実とのスレスレまで枝を切ってくれる子どももいました。

54616570

76748077

81829095

857899

あおぐみの子どもたちには頑張ってもらいました。

年中児の子どもたちにはバスが来るまでの時間、めいっぱい収穫してもらいました。

ハサミを持って器用にみかんを収穫していきます。

二度切りも身についています。

バスが来て、「年長児さんと交替するよ」というと、「えー、まだみかんがあるよ。」と声が上がっていました。

年長児の子どもたちには収穫が終わるまで頑張ってもらいました。

葉っぱが茂っていて、子どもたちにはみかんが目につかないことも。

園長先生やナカヨウボ先生が「こっちにもみかんがまだいっぱいなってるよ」と声をかけられると気づくようで、そこに集まってきて、みかんを収穫します。

たくさんのミカンの木を準備してくださっていましたが、みんなで収穫し終わりました。

「みかん食べたいねぇ。」と子どもたち。

みかん狩りをさせていただいたイマヤさんに「ありがとうございました」とあいさつへ行きました。

保育園に帰ってからのお楽しみということで、ネコバスに乗って保育園へ帰っていきました。

とっても楽しく、よい体験が出来たと思います。

|

« 芋ほり | トップページ | かお・顔!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芋ほり | トップページ | かお・顔!? »