« カシワバラ先生お別れ会 | トップページ | 10月誕生会 »

2014年10月21日 (火)

リトミック12

お天気が下り坂になってきています。

リトミック12を行いました。

ももぐみの活動では…

2457

12192529

31353942

ぞうさんになって歩きます。

ドシーンドシーンドシーンドシーン大きな音で、大きな歩幅で歩きます。

「保育園が足音で揺れるくらいドシーンって大きな音で歩くんだよ」とマツダ先生。

即時反応の活動です。

曲が流れているときは歩き、曲が止まったら自分も止まります。

ピタッと止まるのが、理想ですが、動いてしまいます。

1か月余りぶりにリトミックだったので、忘れている所もあります。

合図がしたらグルグル回ったり、カエルになったり、ジャンプしたりします。

スカーフを持って、ヘリコプターになります。

ヘリコプターはプロペラが上についています。

なので、子どもたちもスカーフを上に上げて回します。

「プロペラが回らないとヘリコプターは飛ばないよ。止まったら落ちちゃうからスカーフを回してね。」子どもたちは勢いよくスカーフを回します。

「じゃあ、着陸しようか。」と先生。

だんだん、曲もゆっくりになって、音も小さくなっていきます。

子どもたちもだんだん自分の体を小さくしていって、床に座り込みます。

「着陸しました。また、ヘリコプターが飛びますよ。」と先ほどの動きを繰り返します。

「みんな、つま先って知ってるかな?」と子どもたちに質問します。

「???」子どもたちは知らない様子。

「じゃあ、かかとってどこ?」と聞くと、「ここ(足の後ろ側を指して)」知っている様子。

「かかとで歩いてみよう。手は体の横につけてペンギン歩き」ということで、ペンギン歩きで歩きます。

「足の先の方がつま先。つま先だけを床につけて、かかとを上げて歩きましょう。腕は上にピンッと上げて、キリンさん歩き」キリンさんになって歩きます。

「ポンポコポンポンポコポン。おなかを叩きながら歩きましょう。」おなかをたいこみたいに叩きながらたぬきさんになって歩きます。

「ウキッキーキッキー。お猿さんになって歩きます。近くのお猿さんとお話もしてみます。」お猿さん歩きをします。

それぞれ高音・中音で曲があり、聞き分けて、どの動物をするかを考えます。

それぞれの動物を楽しんでやっていました。

「動物園で遊んだので、フープの車に乗っておうちへ帰りましょう。」ということで、フープに2人入って、電車を運転しておうちへ帰りました。

あおぐみの活動では…

47495154

58596064

74767881

84838890

949599

♪あーさのあいさつおはよー…から始まります。

「4人組になって」とマツダ先生。

手をつないで遊園地のコーヒーカップになります。

子どもたちは嬉しくって、手をつないですごいスピードで回ります。

「音をよく聞いててね。」曲はゆっくりだったり、早くだったり、強弱がついていたります。

「今、曲はゆっくりで小さい音だよ」と子どもたちが同じグループの子どもたちに教える姿もありました。

ただ回るだけではなく、曲のニュアンスに合わせて、速さや、勢いを考えて回ります。

4人組でトンパチンと手合せします。

最初は普通にトンで手を叩いて、パチンで横にいるお友達と手合せします。

「じゃあ、他のお友達と4人組を作って」

別のお友達と4人組になると、再び手合せをします。

今度はトンの時に手を叩くのではなく、頭だったり、肩だったり、お腹だったりと手ではないところを叩いて、パチンと隣のお友達と手合せします。

これが結構難しく、苦戦しています。

そして、グループに1個テニスボールが渡されました。

トンでボールを両手で握り締めて、パチンで次のお友達にボールを渡します。

トンパチントンパチンリズムよく、ボールを手渡していきます。

慣れるまで、戸惑っていましたが、トンパチンと口で言いながら、渡すタイミングをつかむとスムーズに出来るようになっていました。

ターターターターターターターター(四分音符)のビートで歩きます。

手も一緒に(ターターで)叩きながら歩きます。

「手をいろんなところで叩いてみて。」リズムは変わらず、叩く場所を頭の上だったり、体の横だったり膝の所だったりいろんなところで叩きながら歩きます。

「2人組になって」とマツダ先生。

年長児のお友達は両手首に赤と青のスカーフをそれぞれ巻き、年中児のお友達は黄色とオレンジのスカーフを巻きます。

2人組向かい合わせになって、同じ方に同じ色のスカーフが巻かれています。

赤とオレンジはティティティティ(八分音符)のリズムを青と黄色はターターターター(四分音符)のリズムを叩きます。

一方のリズムだけを最初手合せします。

「じゃあ、両方一緒にやってみよう」と言われると「???」と困った様子。

ターターターターのリズムを両手で手合せしたり、ティティティティのリズムを両方の手で手合せしたり…。

赤とオレンジの手はティティティティのリズムを打って、青と黄色の手はターターターターのリズムを打つということです。(複リズム)

やったことがないので、とっても難しいです。

リトミックでは手と足で違うリズムを同時に打つという活動が出てきます。

その手始めの活動でした。

トンパチントンパチン(対向する手同士を手合せクロスに)トンパチン(正面で手合せ)繰り返し練習して、出来るようになっていました。

最後に小さなロープが出てきました。

丸くして、水たまりにします。

それを子どもたちの数だけ部屋に広げます。

♪水たまりを飛びましょう 水たまりを飛びましょう 水たまりを飛びましょう 1・2・3♪

1・2・3の所で水たまりを飛びこえます。

それまでは水たまりをよけて、歩きます。

1・2・3の3の所でジャンプします。

この活動は子どもたちとっても楽しそうにやっていました。

難しいことも少しずつ練習して、ちょっとずつ出来るようになり、達成感を味わってほしいと思います。

久しぶりのリトミック、様々な活動があり、有意義な時間を過ごせたと思います。

|

« カシワバラ先生お別れ会 | トップページ | 10月誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カシワバラ先生お別れ会 | トップページ | 10月誕生会 »