« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月28日 (火)

リトミック13

今朝は気温が下がり、寒さを感じましたが、日中は日差しが強く、気温も上がっています。

リトミック13でした。

ももぐみの活動では…

Dsc07046Dsc07047Dsc07048Dsc07049

Dsc07050Dsc07051Dsc07052Dsc07055

Dsc07060Dsc07062Dsc07065Dsc07063

Dsc07068Dsc07076Dsc07078Dsc07083

Dsc07088Dsc07090Dsc07091

マツダ先生の真似をします。

頭・肩・おなか・おしり…いろんな場所を叩いています。

「先生の真似をするんだよー」

よく、先生を見ていないと何をするのかわかりません。

♪こぶたたぬききつねねここぶたたぬききつねねこ…おなじみの歌です。

ブーブーポンポコポンコンコンニャーオ鳴き声や動きの音です。

「今度はみんなで動物さんを言って、歌を作ろうか」

ライオン・うさぎ・へび・イヌが出てきました。

「ライオン・ガーオ、うさぎ・ピョンピョン、へび・ニョロニョロ、イヌ・ワンワン」でこぶたたぬききつねねこの歌で歌ってみます。

うまくフレーズにはまって楽しい歌が出来ました。

「今度は先生が動物さんの名前を言うからみんなは鳴き声を言ってみてね」と先生。

ウマ・ヒヒーン、タヌキ・ポンポコポン、サル・ウッキッキーなどいろんな動物が出てきて、鳴き声を出してみました。

大きな一つの丸になり、座ります。

一人一人に先生が動物の名前を言いながらボールを転がし、子どもたちは受け取るときに言われた動物の鳴き声や動きの音を言います。

ウマ・ヒヒーン、イヌ・ワンワン、サル・ウッキーライオン・ガオー、などです。

たまにはパンダやカバ、ペンギン、カンガルーといった何て鳴くか、音がするかわからない動物もいます。

ボールをブーブーと言いながら両手で持っています。

マツダ先生がボールをつけた部分の体の部位の名前を子どもたちが言います。

頭・目・口・肩といった具合です。

「おべんとバス」という絵本を読んでくださいました。

ハンバーグ・エビフライ・卵焼き・おにぎり・ブロッコリー・トマト・ミカンいろんな食材が出てきてバスに乗り込んでいきます。

子どもたちの名前を言いながら、子どもたちもバスに乗り込んでいきます。

ももぐみの子どもたちもバスに乗り込みました。

ハンバーグ・エビフライ・卵焼き・おにぎり・ブロッコリー・トマト・ミカンと言葉で言いながら、手を叩きます。

言葉とリズムを感じます。

そして、みんなでお弁当を食べました。

「遠足で動物園にも来れたし、バスに乗って帰りましょう。」

2人組になります。

2人に一つ、フラフープを渡されました。

手合せをしたり、ユラユラしたりします。

バスの運転手さんとお客さんになります。

バスの運転手さんが前、お客さんは後ろです。

フープはバスです。

音楽が止まったら、バスも止まる。

合図がしたら、運転手さんとお客さんはクルッと回って入れ替わります。

どんな風にするのか、子どもたちに見本をやってもらいました。

ということで、やってみました。

音楽が止まっても止まらない(動き続ける)、合図がしても運転手とお客さんが入れ替わらないペアがいます。

2,3組ずつやってみるのですが、すぐにピンとくるペアとピン来ないペアがあります。

注意深く曲を聞く、合図の音を聞いておく。

日常生活の中でも、先生たちやお友だち、お父さん・お母さんなどの言うことを聞けるか聞けないかそんなことも関係していると思います。

自分のしたいことや言いたいことをしたり、言ったりすることも大事ですが、人の話を聞いて、どう動くか、何をするかを考えて行動することも大事だと思います。

あおぐみの活動では…

Dsc07095Dsc07098Dsc07100Dsc07107

Dsc07114Dsc07115Dsc07116Dsc07117

Dsc07121Dsc07122Dsc07125Dsc07128

Dsc07130Dsc07132Dsc07133Dsc07136

Dsc07137Dsc07138Dsc07142Dsc07140

♪あーさのあいさつおはよー…の歌から始まります。

「2人組になって」スキップをしたり、おさるさんになって、2人でウッキィーキィキィキィーと会話します。

おさるさんになって2人で会話している様子は本当に楽しそうです。

「たぬきさんになってー」それぞれ思い思いのタヌキになって歩きます。

タヌキの歩き方をみんなの前でやってもらいます。

最初は一人ずつだったのですが、2人一緒にとか3,4,5人で一緒にやってみます。

この時、自分の表現でタヌキをやることが大事で、他の人の真似はしません。

後ろ向きだったり、グルグル回ったり、お腹を叩いたり、威張ったタヌキだったり、恥ずかしそうにしているタヌキだったりいろんなタヌキが一緒に歩くと、とっても楽しいです。

「ミヤザキ先生のタヌキの真似をしてみてー」とマツダ先生。

他の人のタヌキを真似たり、自分で考えたタヌキをやったりどちらの表現も大切です。

カラーボード黄色2枚・青色2枚、計4枚出てきました。

「この4枚のボードは1本の大根だよ」

4枚のボードはつながっています。

「だいこん、だいこん、だいこん、だいこん…」“だ”のところで手を打ち、あとはおおきな円を描いて、また“だ”のところで手を叩きます。

「大根を半分に切っちゃいます。」“だいこん”の“だ”と“こ”のところで手を叩きます。(2回手を叩くことになります。

「半分に切った大根をまた半分に、こっちの大根もまた半分に切ります。」“だいこん”の“だ”“い”“こ”“ん”それぞれの音のところで手を叩きます。(4回手を叩きます)

それぞれを手拍子で叩いてみます。(二分音符・四分音符・八分音符を体験する)

マツダ先生が二分音符を担当して、子どもたちは四分音符・八分音符2グループに分かれてやってみます。

それぞれのリズムだけを打っているときには出来るのですが、他のリズムが入ってくると(一緒にやってみると)引きずられて訳が分からなくなってしまう子どもたちがほとんどです。

難しいことですが、練習するうちに出来るようになってくるので、出来たときの達成感はすごいと思います。

実際にピアノを弾いてみました。

リズムをピアノで表現してみました。

手は二分音符(大きく手を叩く)足で歩くのを四分音符・八分音符でやってみました。(手と足、違うリズムを刻む)

うーん、これも練習すると出来るようになります。

とりあえず、やってみることが大事です。

最後にヤキイモグーチーパーでじゃんけん大会をして、盛り上がりました。

今回のリトミックも様々な活動があり、とっても有意義な時間を過ごせました。

続きを読む "リトミック13"

| | コメント (0)

2014年10月23日 (木)

10月誕生会

朝からすっきりと晴れて、雲一つない青空が広がっています。

10月誕生会でした。

10_210_310_410_5

10_610_710_910_13

10_1810_2310_1910_27

10_3010_3110_35

誕生者は6名(男の子4名、女の子2名。きぐみ5名、ももぐみ1名。2歳3名、3歳2名、4歳1名)でした。

紹介はお友達や先生などに手伝ってもらったり、自己紹介したりします。

「好きな食べ物は?」の質問に「オクラ・みかん・ひじき・納豆・味噌汁・ブドウ・スイカ…」渋い食べ物が出てきていました。

「大きくなったら何になりたいですか?」の質問に「アンパンマン・トッキュウジャー・虫(蜂)」とバリエーションに富んだ回答が出てきました。

みんなからは歌のプレゼント。

今月の出し物は…

 

① 「ふしぎなキノコ」牛乳パックシアター

10_4010_4110_4210_44

10_5010_51

木がたくさんある森では夜、雷が鳴り、ザーザーと雨が降りました。

その様子にキツネくんは怖がっていました。

次の朝、雨が上がりキツネくんは森の中を散歩しました。

「雨も止んで、気持ちがいいなぁ」

地面を見るとキノコが頭をニョッキニョッキと持ち上げました。

「アッ、キノコだ」

見ていると、キノコはどんどんどんどん大きくなっていきます。

「うぁー大きなキノコだ」と思っているうちに、へたの部分から手が出て、足が出てきてキツネくんはビックリ。

「僕はキノコの星からやってきたキノコ星人だよ。昨日の雷と雨が怖くって、地面の中に隠れていたんだ。雨も止んだから出てきたんだよ。キノコの星からやってきたから僕、お友達がいないんだ。キツネくん、お友達になってくれないかな?」

「いいよ。僕もお友達が欲しかったんだ。」

「じゃあ、宇宙船に乗って空を飛んでみよう。」とキノコ星人とキツネくんはキノコの宇宙船に乗り込んで、お空の散歩へ行こう」

「うわー、楽しい」

2人は仲良く宇宙船に乗り込んで、お空の散歩を楽しみました。

② まっくろくろすけクイズ

10_5610_5910_6310_62

真っ黒に塗りつぶされたシルエットの絵が出てきました。

その絵を見て、(形を見て)何の絵かを当てるクイズです。

「これは何でしょう?」とナカマ先生がみんなに質問すると、「ハーイ、ハーイ」と手が挙がります。(答えが分かった人は口で言わずに、手を挙げて答えるルールです)

「帽子・かぼちゃ・どんぐり・おいも・カメラ・たぬき」身近にあって、季節感を素材に子どもたちは夢中になって答えていました。

今月の誕生会もとっても楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0)

2014年10月21日 (火)

リトミック12

お天気が下り坂になってきています。

リトミック12を行いました。

ももぐみの活動では…

2457

12192529

31353942

ぞうさんになって歩きます。

ドシーンドシーンドシーンドシーン大きな音で、大きな歩幅で歩きます。

「保育園が足音で揺れるくらいドシーンって大きな音で歩くんだよ」とマツダ先生。

即時反応の活動です。

曲が流れているときは歩き、曲が止まったら自分も止まります。

ピタッと止まるのが、理想ですが、動いてしまいます。

1か月余りぶりにリトミックだったので、忘れている所もあります。

合図がしたらグルグル回ったり、カエルになったり、ジャンプしたりします。

スカーフを持って、ヘリコプターになります。

ヘリコプターはプロペラが上についています。

なので、子どもたちもスカーフを上に上げて回します。

「プロペラが回らないとヘリコプターは飛ばないよ。止まったら落ちちゃうからスカーフを回してね。」子どもたちは勢いよくスカーフを回します。

「じゃあ、着陸しようか。」と先生。

だんだん、曲もゆっくりになって、音も小さくなっていきます。

子どもたちもだんだん自分の体を小さくしていって、床に座り込みます。

「着陸しました。また、ヘリコプターが飛びますよ。」と先ほどの動きを繰り返します。

「みんな、つま先って知ってるかな?」と子どもたちに質問します。

「???」子どもたちは知らない様子。

「じゃあ、かかとってどこ?」と聞くと、「ここ(足の後ろ側を指して)」知っている様子。

「かかとで歩いてみよう。手は体の横につけてペンギン歩き」ということで、ペンギン歩きで歩きます。

「足の先の方がつま先。つま先だけを床につけて、かかとを上げて歩きましょう。腕は上にピンッと上げて、キリンさん歩き」キリンさんになって歩きます。

「ポンポコポンポンポコポン。おなかを叩きながら歩きましょう。」おなかをたいこみたいに叩きながらたぬきさんになって歩きます。

「ウキッキーキッキー。お猿さんになって歩きます。近くのお猿さんとお話もしてみます。」お猿さん歩きをします。

それぞれ高音・中音で曲があり、聞き分けて、どの動物をするかを考えます。

それぞれの動物を楽しんでやっていました。

「動物園で遊んだので、フープの車に乗っておうちへ帰りましょう。」ということで、フープに2人入って、電車を運転しておうちへ帰りました。

あおぐみの活動では…

47495154

58596064

74767881

84838890

949599

♪あーさのあいさつおはよー…から始まります。

「4人組になって」とマツダ先生。

手をつないで遊園地のコーヒーカップになります。

子どもたちは嬉しくって、手をつないですごいスピードで回ります。

「音をよく聞いててね。」曲はゆっくりだったり、早くだったり、強弱がついていたります。

「今、曲はゆっくりで小さい音だよ」と子どもたちが同じグループの子どもたちに教える姿もありました。

ただ回るだけではなく、曲のニュアンスに合わせて、速さや、勢いを考えて回ります。

4人組でトンパチンと手合せします。

最初は普通にトンで手を叩いて、パチンで横にいるお友達と手合せします。

「じゃあ、他のお友達と4人組を作って」

別のお友達と4人組になると、再び手合せをします。

今度はトンの時に手を叩くのではなく、頭だったり、肩だったり、お腹だったりと手ではないところを叩いて、パチンと隣のお友達と手合せします。

これが結構難しく、苦戦しています。

そして、グループに1個テニスボールが渡されました。

トンでボールを両手で握り締めて、パチンで次のお友達にボールを渡します。

トンパチントンパチンリズムよく、ボールを手渡していきます。

慣れるまで、戸惑っていましたが、トンパチンと口で言いながら、渡すタイミングをつかむとスムーズに出来るようになっていました。

ターターターターターターターター(四分音符)のビートで歩きます。

手も一緒に(ターターで)叩きながら歩きます。

「手をいろんなところで叩いてみて。」リズムは変わらず、叩く場所を頭の上だったり、体の横だったり膝の所だったりいろんなところで叩きながら歩きます。

「2人組になって」とマツダ先生。

年長児のお友達は両手首に赤と青のスカーフをそれぞれ巻き、年中児のお友達は黄色とオレンジのスカーフを巻きます。

2人組向かい合わせになって、同じ方に同じ色のスカーフが巻かれています。

赤とオレンジはティティティティ(八分音符)のリズムを青と黄色はターターターター(四分音符)のリズムを叩きます。

一方のリズムだけを最初手合せします。

「じゃあ、両方一緒にやってみよう」と言われると「???」と困った様子。

ターターターターのリズムを両手で手合せしたり、ティティティティのリズムを両方の手で手合せしたり…。

赤とオレンジの手はティティティティのリズムを打って、青と黄色の手はターターターターのリズムを打つということです。(複リズム)

やったことがないので、とっても難しいです。

リトミックでは手と足で違うリズムを同時に打つという活動が出てきます。

その手始めの活動でした。

トンパチントンパチン(対向する手同士を手合せクロスに)トンパチン(正面で手合せ)繰り返し練習して、出来るようになっていました。

最後に小さなロープが出てきました。

丸くして、水たまりにします。

それを子どもたちの数だけ部屋に広げます。

♪水たまりを飛びましょう 水たまりを飛びましょう 水たまりを飛びましょう 1・2・3♪

1・2・3の所で水たまりを飛びこえます。

それまでは水たまりをよけて、歩きます。

1・2・3の3の所でジャンプします。

この活動は子どもたちとっても楽しそうにやっていました。

難しいことも少しずつ練習して、ちょっとずつ出来るようになり、達成感を味わってほしいと思います。

久しぶりのリトミック、様々な活動があり、有意義な時間を過ごせたと思います。

| | コメント (0)

2014年10月20日 (月)

カシワバラ先生お別れ会

昨日に引き続き、爽やかな秋晴れです。

運動会が終わり、子どもたちもどこかホッとしたような感じです。(職員が一番そうだと思います)

カシワバラ先生のお別れ会を行いました。

8345

11910

11月初めに出産予定です。

園長先生が「カシワバラ先生は2人目の赤ちゃんを産みます。赤ちゃんが大きなったらまた浜ヶ城保育園に来てくださいます。しばらくの間、保育園をお休みされます。赤ちゃんが産まれたら遊びに来られると思うので、楽しみにしていてくださいね。今度は男の子女の子どっちかな?と考えておいてね。」と話をしました。

カシワバラ先生は「一人目の赤ちゃんを産んでからまた浜ヶ城保育園で2年間あまりみんなと一緒に遊んだり、行事に参加したり、お話したり楽しい思い出がたくさん出来ました。昨日、運動会が終わりましたね。今度はお遊戯会があります。年長児のお友達は頑張って練習していいお遊戯会にしてくださいね。また保育園に来ます。ありがとうございました。」と話をしました。

1213141

カシワバラ先生から子どもたち一人一人にプレゼントをくださいました。

各クラスから代表でプレゼントを受け取りました。

カシワバラ先生、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

続きを読む "カシワバラ先生お別れ会"

| | コメント (0)

2014年10月19日 (日)

第43回運動会

素晴らしい秋晴れの日になりました。

第43回浜ヶ城保育園運動会を行いました。

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、卒園児…たくさんの方々に見守られて開会式から始めました。

H26_1H26_16H26_70H26_64

H26_94H26_122H26_236H26_305

H26_321H26_345H26_355H26_359

H26_375H26_412H26_438H26_448

H26_453H26_480H26_501H26_544

H26_578H26_604H26_638H26_649

H26_671H26_716H26_743H26_773

H26_806H26_813H26_837H26_841

思い起こせば、2か月ぐらい前から運動会に向けて練習を始めました。

あおぐみの年長児の子どもたちは開会式、閉会式、応援と競技以外の所でも責任を持って運動会に臨みました。

あおぐみの子どもたちはマット・平均台・跳び箱、リレーなど難しいことにも挑戦しました。

各クラスのかけっこ・お遊戯・競技など練習を重ねてきました。

大勢の方々の前で、それぞれが自分の力を発揮できたと思います。

本当によく頑張ったと思います

子どもさんたちをたくさんほめてあげてくださいね。

お父さん、お母さん、小学生、おじいちゃん、おばあちゃん方も参加してくださって、ますます楽しさが増したと思います。

3時間半あまりの時間があっという間に過ぎ去りました。

事故やけがもなく、運動会を終えられたこと、ありがたく思っています。

保護者のみなさん、関係者の皆様方のご協力、ご支援により無事に運動会を終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »