« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月27日 (土)

お月見団子食べました

午前中、もも・あおぐみの子どもたちが作ったお月見団子を3時のおやつで食べました

イシツカ先生が甘辛いみたらし団子にしたので、子どもたちも食べやすかったようです。

おかわりをする子や、皿に残っているみたらしのタレをきれいになめている子どもたちもいました。

とってもおいしかったです

3_24_25_26_2

7_28_29_211_2

12_213_214_215

16171819

20_321_2















































続きを読む "お月見団子食べました"

| | コメント (0)

おにぎりの日(お月見団子作り)

ここ3日、お天気が続いています。

空はすっかり秋模様に変わりました。

今日はおにぎりの日

おうちからおにぎりを作ってきてもらって、食べるのを楽しみにしているようです。

もも・あおぐみの子どもたちはお月見団子作りをしました

3456

78910

11121314

20212630

23364357

525961

三角巾とエプロンをつけて、準備をします。

お月見団子はボールに上新粉と白玉粉、そして、ゆでてつぶしたカボチャを入れ、混ぜ合わせます。

全体的に混ざったら、水を少しずつ加えて耳たぶくらいの固さになるまでこねていきます。

子どもたちだけでは難しいので、先生たちがついて生地を作っていきます。

混ぜ合わせる人と、ボールの縁をもって支える人。

役割を分担して、協力しながら進めていきます。

生地が出来たら、小さくちぎって手で丸めていきます。

丸める大きさは均一にしたいので、先生たちがちぎったものを子どもたちが丸めます。

お団子のマルの形にするのも一苦労(特にももぐみの子どもたち)。

先生に手を添えてもらいながらきれいに形を整えます。

あっという間にお月見団子の出来上がり。

子どもたちも「もう、出来上がったよ。」と満足そう。

3時のおやつにみんなでいただきます。

最後にイシツカ先生からお月見についてのお話を聞きました。

「今年は9月8日が十五夜でした。保育園でもお月見うどんを食べたの覚えてるかな?おうちでもススキや栗を飾ったり、お団子やお野菜をお供えしたおうちもあると思います。秋、空気が冷たくなってくると、空もすっきりしてお月様がとってもきれいに見えます。満月(お月様が丸くなった時)、昔から日本人はお月様をきれいだなと感動して眺めていました。」

今夜は夕月(4日目の月、三日月より少し大きくなっている。日没後しばらくの時間見られると思います。)ですが、その月を眺めてみるのもいいですね。(西の方角に見えると思います)

おにぎりを子どもたちは喜んで食べていました。

65687071

72737475

76777879

80818283

8889_29091

92939496

979899




































































| | コメント (0)

2014年9月25日 (木)

9月誕生会

久しぶりに日差しが射しこみ、晴れ間がみえます。

9月誕生会でした。

1259

1418_22125

31363739

誕生者は7名(あかぐみ1名、きぐみ1名、ももぐみ2名、あおぐみ3名。1歳1名、3歳1名、4歳2名、5歳3名。男の子3名、女の子4名)でした。

1歳のお友達はお話が出来ないので先生たちやお友達に紹介してもらいましたが、3歳のお友だちからは自己紹介出来ました。

「好きな食べ物は?」の質問に「バナナ、イチゴ、ぶどう、みかん、納豆、ハンバーグステーキ…」様々な食べ物が出てきました。

みんなからは歌のプレゼント

季節の歌や「バスごっこ」の歌を歌いました。

今月の出し物は…

①「ちびゴリラのちびちび」大型絵本読み聞かせ

47484950

51

森の中に小さなゴリラがいました。

ゴリラの仲間だけでなく、ゾウやカバ、ライオンなどいろんな動物からとってもかわいがられていました。

小さいからみんなにかわいがられている?

ちびゴリラの体はどんどんどんどん大きくなって、仲間のゴリラたちと一緒ぐらいになりました。

誕生日が来ました。

「ちびゴリラくん、お誕生日おめでとう!!」と仲間のゴリラたちだけじゃなく、森じゅうの動物たちから祝福されました。

体が大きくなっても、やっぱりちびゴリラ。

みんな、大好きです。

②「5」と言ったらさつまいも のパネルシアター

54535758

66636467

マエヤ先生が筒を持っています。

「おしゃべりしないでかっこよく座っているのは誰かな?みんながよーく見える」

魔法をかけると、筒の中から刺繍された、きれいなスカーフが出てきました。(子どもたちはリトミックのだと言っていました)

「先生は魔女になってお話するね」とマエヤ先生はスカーフを頭に巻きました。

「ゴー」という名前の魔女がいました。

魔女は自分の名前が好きじゃありません。

「風が吹いても、雨が降っても、火が燃えてもゴーゴーゴーゴーいつも私の名前を呼ばれているみたいだ」魔女は怒っていました。

「これからゴーと言った者には魔法をかけてさつまいもにしてやる」と言って、去っていきました。

草むらでその話をヘビが聞いていました。

「さつまいもを5つ置いておいて、数えたらゴーと言うから、さつまいもになったのを食べよう」

早速、アヒルくんがやってきました。

「あ、さつまいもがある。数えてみよう。1・2・3・4・5ゴー」と言うと、アヒルくんはさつまいもになってしまいました。

ヘビがそのさつまいもをパクッと食べてしまいました。

ヘビのおなかが膨れました。

そこへウサギくんがやってきました。

「あ、さつまいもがある。数えてみよう。1・2・3・4・5ゴー」と言うと、ウサギくんもさつまいもになってしまいました。

ヘビがパクッとさつまいもになったウサギくんを食べてしまいました。

ヘビのおなかはますます膨れました。

そこへ、ハトくんがやってきました。

「あ、さつまいもがある。数えてみよう。1・2・3・4 これは自分の分」

「ゴー」とは言いません。

ヘビがその様子を見ていて、「そうじゃないだろ?ちゃんと数えてみて。私が数えてみるから聞いていて。」と言いました。

「1・2・3・4・5ゴー」ヘビがゴーと言うと、さつまいもになってしまいました。

お腹の中に入っていたアヒルくんとウサギくんは元通り。

魔女がやってきました。

「ゴー」と言ったらさつまいもになる魔法はもうかけないよ。私は「ゴー」の名前でやっていくよ。みんなで、焼き芋パーティーでもしよう。

ヘビも元通りになり、みんなでパーティーをしました。

遠足、動物園には行けませんでしたが、誕生会で動物のお話を子どもたちも興味深く

聞いていました。

とっても楽しい誕生会になりました。

| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

一日遠足(かごしまいおワールド・水族館)

朝起きると雨の音…ガーン、降ってるしかも大降り。(目の前真っ暗)

これはもう、動物園にはいけないと判断して、急きょ水族館へ行く準備をし始めました。

今まで保育園の遠足は雨の遠足はなく、水族館への遠足は初めてで、保護者の皆様方にはいろいろご心配やご迷惑をおかけしたと思います。

申し訳ありませんでした。

せっかく水族館へ行くのだから、気を取り直して楽しもうと思いましたが、動揺が出てしまっていました。

水族館への道中は歌を歌ったり、クイズに答えたり、自己紹介(親子とも)をしたりして楽しく過ごしました。

そうしているうちに、水族館へ到着しました。水族館は団体のお客さんが多いですと聞いていたのですが、団体入り口にはバスがズラリと並んでいました。

水族館の中へ入ると、そこも人ひとヒト…。(雨が降ったから私たちも水族館へ行ったので、当然ですね)

早速、イルカの広場へ行き、座る場所を確保しました。

Dsc06220Dsc06225Dsc06228Dsc06236

Dsc06247Dsc06255Dsc06268Dsc06269

Dsc06272Dsc06277Dsc06280Dsc06284

イルカたちは水槽の中を気持ちよさそうに泳いでいました。

「イルカの時間」が始まるまで、子どもたちは水槽の前に行ったり、階段を下りて水槽の底でイルカを見たりしていました。

イルカは本当に愛くるしかったですね。

そして、声を出して会話したり、歌ったり、ジャンプしたりいろんな表情を見せてくれました。

イルカの広場で昼食をとったり、お菓子を食べたりした後は水族館の中を見学しました。

Dsc06291Dsc06294Dsc06289Dsc06298

Dsc06300Dsc06303Dsc06305Dsc06306

Dsc06313Dsc06323Dsc06331Dsc06336

Dsc06338Dsc06339

大水槽にジンベイザメやエイが優雅に泳ぎ、様々な海中生物が出迎えてくれました。

子どもたちも色とりどりの魚を見て「わー、きれい。」と興味深く見入っていました。

楽しんでいる様子が伝わってきました。

あっという間に時間も過ぎ去りました。

雨は一日降り続いていました。

無事に串木野へ戻ってくることが出来、ホッとしました。

保護者の皆様方には日程変更を受け入れていただき、またいろいろご協力いただいたおかげで一日遠足を終えることが出来ました。

ありがとうございました。

急きょ、受け入れをしてくださったかごしまいおワールドに感謝したいと思います。

| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

リトミック11

久々によいお天気になり、過ごしやすい日です。

リトミック11でした。

ももぐみの活動では…

11_511_711_911_13

11_1411_1611_1811_23

11_3011_3211_3311_34

11_3711_3811_3911_40

11_4611_4711_5811_61

即時反応の活動。

今回はロボットになって動きます。

ロボットの動きの特徴を思い出しながら、ギィーギィーとぎこちない動きをやってみます。

曲が止まった時にはピタッと止まる。

これがなかなか難しいです。

休み明けでテンションが高いようで、集中できない子が多かったです。

前やった動きも入れて(合図でキラキラしたり、片足飛びしたり)やってみます。

同時に二つの動き(手をキラキラしながら歩く。音を聞きながら判断する)も出てきました。

手を床につき、お尻、ひざを上げて手と足だけで進んで行きます。(高這いと言うらしいです)

今度は赤ちゃんになってハイハイして進みます。

壁に一列になり、ペッたんして座ります。

名前を呼んでテニスボールを転がして、「ハアイ」と返事をしてキャッチします。

「先生のまねをしてね。先生がボールをつけたところにみんなもボールをつけてね」

「先生頭・先生ほっぺ・先生おなか…」体の様々な部位にボールをつけます。

「今度は先生お口で言わないから、みんなが先生がボールをつけたところを言って、ボールをつけてね。」

先生がボールをつけたところを見て、子どもたちは「みみ・はな・かた・あご…」といいながら、ボールもその部分につけます。

先生がすることを良く見て、そしてどこにつけたかを見て考えて行動しないといけません。

赤と白のボードを配られました。

床に「赤・白」並べて置きます。

「先生の真似をしてね。あーか、しーろ、しーろ、あーか…あかあか・しろしろ・あかしろ…」

速い遅い(二分音符・四分音符・八分音符)の違いを感じ、二分音符はぞうさん、八分音符はねずみ・りすで表現します。

マツダ先生があか・しろを二分音符・四分音符・八分音符のリズムを混ぜてボードを叩きます。

「ぞうさんが出てきたら、ぞうさん!って教えてね」

ボードを叩くのを聞いて、ぞうさんのリズムを聞き分けます。(子どもたちに考えさせます)

「ぞうさん!!」と気づいた子がいました。

「すごいね、ちゃんと聞いてたんだね。」と先生が言うと、とっても嬉しそう。次も注意深く聞きます。

二人組になります。

トンパチントンパチン手合せします。

手をつないでユラユラブランコをします。

二人組の相手を替えます。

“そらとくもはなかよしだ のはらとむしもともだちさ きみとぼくもきょうからともだち なかよしさー イエイ!”という歌に合わせて簡単なダンスをします。

手をブランコして、“きみとぼくは”のところで、きみの時には相手を指差し、ぼくのところで自分を指差し、その後は手をつないで回って、イエイで片手を突き上げます。

何度か相手を替えたり、ダンスの練習をしているうちに、勘をつかんだようでした。

あおぐみの活動では…

11_6611_6811_7211_73

11_7611_7711_8011_79


11_8611_9111_8711_93


11_9411_9711_10011_104

11_10811_10911_11511_118

11_12111_12611_14411_149

♪あーさのあいさつ おはよー…から始まります。

ももぐみ同様“きょうからともだち”の歌を歌いながらダンスします。

あおぐみなので、ももぐみのダンスよりはちょっと複雑になります。

二人組だけではなくて、四人組、十人組と人数を増やしてダンスします。

“きみと”のところは自分の太ももを叩く、“ぼくも”のところは自分の手の平を叩く “きょうからともだち”のところは横の友達の手を叩いて、その後は手をつないで回ります。

イエイの所は自分で考えたポーズをしたり、他のお友達とどこかひとところつながってポーズをしたりします。

テニスボールが配られました。

以前もしましたが、「投げてとって投げてとって、ついてとってついてとって」をやってみます。

投げてとっての合図はピアノの音が高音。

ついてとっての合図はピアノの音が低音。

よーく音を聞いて、しかもボールを投げてとって、ついてとってという活動もします。

しばらく練習します。

だいぶ慣れたところで何人かずつ前に出てきてみんなの前で披露しました。

練習の成果が出て、みんなだいぶ上手になっています。

「ピアノの音を聞いて、自分がとれるくらいに投げたり、床に着いたりするのが大事だよ。大きく投げ過ぎたり、強くつくとボールがとれないからね。」とマツダ先生。

力加減をコントロールすることも大事な練習です。

箱からたくさんの細い木の棒が出てきました。

まずは男の子が木の棒の周りに座って、ピアノの音の数を数えて、その数だけ木の棒をとります。

音を聞いて、数えて、木の棒を拾う。

いろんな要素が含まれています。

ピアノの音を注意深く聞かなくてはなりません。

音を聞いてから棒を数えて拾います。

拾った棒は手に持ったままにして、またピアノの音を聞いて、数を数えて棒を拾います。

同様に女の子もします。

手にはたくさんの棒を持っています。

「その棒でおうちを作ってみよう!!」ということで、棒を組み合わせておうちを作ります。

マンションのように長いおうちを作る子や三角の形を組み合わせておうちを作る子、十字に棒を組んで、組み合わせておうちを作る子…いろんなおうちが出来ました。

「棒の数には限りがあるからその中でおうちを作るというのもお勉強なんだよ。」とマツダ先生。

普通に歩いたり、つま先歩きをしたりして歩き方のバリエーションを感じます。

そして、ティティティティ八分音符のリズム、ターター四分音符のリズム、ターアンターアン二分音符のリズムを表現します。(リズム唱と動きを合致させます)

最後に“おばけなんでこわくない おばけなんてこわくない 右向いてホイ 左向いてホイ グルリと回って どっち向くの”という歌に合わせてみんなでするゲームをしました。

“右向いてホイ 左向いてホイ”の時にはそれぞれ右と左を向きますが、“どっち向くの”の時には自分が好きな方(右か左か)を向いて、隣の人と向かい合わせになったら負けで、そのペアは丸から抜けていきます。

残った人たちで繰り返します。

子どもたちの気持ちが合っているのか、なかなか向かい合わせにならず、たくさんの子どもたちが最後まで残っていました。

今回も様々な活動で有意義な時間を過ごせました。

| | コメント (0)

2014年9月13日 (土)

敬老会

夕べから降り始めた雨が、やむかなと思っていましたが、蕭々と降っていました。

今日は敬老会

子どもたちの大好きなおじいちゃん・おばあちゃん方に来ていただきました。

1236

781112

「敬老会があるんでしょ?」と何日も前からたずねていました。

敬老会が始まる前もおじいちゃん・おばあちゃん方が子どもたちの様子をよくみていらっしゃって写真やビデオを撮ったりされていました。

しばらくは雨も小康状態だったので、体操・かけっこくらいは園庭で出来るかなと期待していたのですが、(水たまりに土を入れたりしてコンディションを整えましたが…)1曲目の体操をしているうちに雨足が強くなってしまい、部屋へ入りました。(しばらくは外で体操をして粘っていましたが、ダメでした。雨に濡らしてしまいました。すみません)

部屋の中で体操をするところをウッドデッキから見ていただきました。

35161732

“スカットボール”も部屋の中
ですることになりました。

あおぐみ2人の子どもたちが「今日は浜ヶ城保育園に来てくださってありがとうございます。おじいちゃん・おばあちゃんとゲームをしたり、ご飯を食べて楽しみたいと思います。」とみんなの前であいさつしました。(とっても上手にあいさつして、たくさんの拍手をもらいました)

おじいちゃん・おばあちゃん方と子どもたち(もも・あおぐみ)に分かれてそれぞれ練習しました。

子どもたちは昨日、一足先に練習しました。

大人用の道具なので、子どもたちにはスティックが長く、打ちにくいのですが、先生たちと一緒にやります。

子どもたちでも案外、点数台の所までボールが転んで、点数穴に入ります。

その度に「ヤッター、入った」など歓声が上がります。

おじいちゃん・おばあちゃん方も点数穴にボールが入ると、「オー」っと声が上がり、嬉しそう。

39404142

45495564

まずは白・赤チームでおじいちゃん・おばあちゃん同士で対戦です。

赤チームが勝ったので、赤チームとあおぐみの子どもたち。

白チームとももぐみの子どもたちが対戦することになりました。

まずはももぐみと白チームのおじいちゃん・おばあちゃん方の対戦。

最初からももぐみの子どもたちに5点、3点など高得点が入ります。

おじいちゃん・おばあちゃん方も追い上げて、点数が入っていきます。

今までにない20点という高得点でももぐみの子どもたちのチームが勝ちました。

これには子どもたちもびっくり。

とっても喜んでいました。

次は赤チームとあおぐみの子どもたち。

どちらのチームもいい感じで点数が入っていきましたが、今回はおじいちゃん・おばあちゃん方の勝ちでした。

優勝戦はももぐみのこどもたちと赤チームのおじいちゃん・おばあちゃん方の対戦。

おじいちゃん・おばあちゃん方が本領発揮されて、(力の差が出ました)勝ちました。

さすがですね。

8893100103

105106108111

113114115120

124132137139

子どもたちが作ったプレゼントを「いつもありがとう、大好き」の気持ちを込めて渡しました。

おじいちゃん・おばあちゃん方と昼食を一緒に摂りました。

今年は雨が降り、足場も悪い中最後まで子どもたちと一緒に過ごしてくださってありがとうございました。

とっても楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0)

2014年9月 9日 (火)

リトミック10

久しぶりに朝から快晴です。

今日は満月。中秋の名月(昨日ですね、旧暦の8月15日は)、一年で一番お月様がきれいに見える(しかもスーパームーンいつもより大きくお月様がみえる)ので、ぜひぜひ夜空を見上げてほしいなと思います。

リトミック10でした。

今日はあおぐみの活動だけを紹介します。

外遊びをして、部屋に入ってきた子どもたち。

興奮状態がまだ続いていました。

「みんなはまだ外遊びの気持ちを持ったままで、リトミックを始める準備が出来ていないね。外遊びは自分の好きな遊びをするけど、リトミックは頭で考えたり、我慢したり、お友達と心を合わせて活動しないといけないから心を落ち着けようね」とマツダ先生。

話をしてからリトミックを始めました。

2345

7121315

16171824

25303134

♪あーさのあいさつおはよー…ウオーミングアップで二人組になったり、ポーズをとったりします。

「前の人の頭を見て歩いて」と先生。

頭を見て歩いていると、自然に全体が一つの丸になってきます。

「どんどん丸くなったくるよね。ただ、前の人の頭を見て歩いているだけで、きれいな丸になるね。」何度か繰り返します。

「おなかとおへそをぺったんこして前の人にくっついて」列が出来ます。

「手をどんどん伸ばしてみて」すると、きれいな列が出来ました。

「トントン前トントン前…」きれいに並べました。

年中児と年長児に分かれて列を作ります。

年中児がサッと上手に並べました。

35384555

57586667

68697279

82868890

92939495

年長児・年中児それぞれ一つ丸を作ります。

長いゴムを子どもたちの腰の部分にかけていきます。

「ふざけてダーッと広がったらゴムが切れてしまうから、みんなの気持ちをそろえて、だんだん広がっていってね。」そーっと広がっていきます。

広がるうちにゴムがしなります。

切れないように切れないように…スリルがあります。

「縮んで、丸を小さくして」というとホーッとします。

緊張と弛緩ですね。

「お馬さんになって」両手を前に出し、片足を出してギャロップします。

「ヒヒーン」お馬がいななきます。

プラスチックカップが配られました。

飲み口の部分を床に打ち付けると馬のひずめの音がします。

子どもたちも喜んでカップを打って音を出します。

スズをたくさん床に置きました。

「馬がいっぱい走ったからおなかが空いたみたい。えさを食べましょう。1つ、スズをカップに入れて」カプッと上からかぶせます。

ギャロップして走ります。

「2つエサを食べて」カップをかぶせます。

「3つ、4つ食べるよ」とマツダ先生。

子どもたちがカップをかぶせます。

「ピアノの音を聞いて、エサをいくつ食べたらいいか自分で数えてね」

音をよく聞いておかないと、いくつエサを食べたらいいかわかりません」

ピアノの音に集中します。

「5つ、6つ」音をよく聞いている子どもたちはいくつエサを食べたらよいかわかります。

“お池の周りにアヒルがガガガーともだち呼んでるアヒルがガガガーガガガーパッパッパッガガパッパップリプリプリ”歌に合わせてアヒルの声を出したり、羽をパッパッとはばたかしたり、お尻をプリプリしたりします。

とってもかわいらしい振りです。

友だち同士でもやってみます。

1人ずつ紙コップにひものついたものが配られました。

マツダ先生がウエットティッシュを手に持って、ひもを引っ張ります。

すると、アヒルがガーガーと鳴いているような音がします。

「すごーい」と子どもたち。

一枚ずつウエットティッシュも配られました。

子どもたちもやってみます。

力の入れ具合やひもにウエットティッシュがうまくあたらないと音が出ません。

何度か練習します。

音が出ると嬉しそうです。

歌に合わせて“ガッガッガッ”と音をならしてみます。

アヒルが一斉に鳴いているみたいです。

様々な活動があり、とっても充実した時間になりました。

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

デイケアとの交流会

朝少し雨がぱらついたので心配しましたが、子どもたちの日頃の行いがいいので雨が降り出さずよかったです。

えんでん内科に通所されているおじいちゃん・おばあちゃんが来られて交流会を行いました。

子どもたちはおじいちゃん・おばあちゃんが来られるのを楽しみにしてたようで、車が保育園へ上がってくると「おじいちゃん・おばあちゃんたち来たね」と嬉しそうにしていました。

Dsc04374Dsc04375Dsc04377Dsc04379

Dsc04380Dsc04383Dsc04384Dsc04395

Dsc04399Dsc04402

体操・かけっこするところを見ていただきました。(子どもたちが活動するたびにたくさんの声援と拍手を送ってくださいました)

かけっこではえんでん内科のスタッフの方が子どもたちと一緒に走って大盛り上がりでした。

各クラスごとに記念写真を撮りました。

Dsc04406Dsc04409Dsc04411Dsc04416

Dsc04419

あおぐみの女の子3名が「今日は浜ヶ城保育園に来てくださってありがとうございます。お遊戯を見たり、お話したりして楽しく過ごしてください」とあいさつしました。

各クラスからお遊戯の出し物を行いました。

Dsc05696Dsc05698Dsc05699Dsc05702

Dsc05704Dsc05705Dsc05707Dsc05711

Dsc05710

あか
ぐみは『しゅりけんにんじゃ』

ももぐみは『オフロスキーのちゃっぽんぶし』

あおぐみは女の子が『年下の男の子』男の子が『よっしゃこい』を披露しました。

子どもたちはおじいちゃん・おばあちゃんがみていらっしゃるので張り切って、元気よく、かっこよく、可愛らしくお遊戯していました。

おじいちゃん・おばあちゃん方は手拍子しながらなかには体を揺らしながら子どもたちがするお遊戯を見ていらっしゃいました。

Dsc05718Dsc05720Dsc05721Dsc05725

Dsc05727Dsc05729Dsc05733Dsc05735

Dsc05738Dsc05739Dsc05746Dsc05748

Dsc05749Dsc05751Dsc05753

お遊戯が終わったらふれあいの時間

おじいちゃん・おばあちゃん方と一緒にお話をしたり、握手をしたり、抱っこしてもらったり、子どもたちが肩たたきをしたり、肩をもんであげたりする姿も見られました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去りました。

保育園へ来てくださった記念に一緒に写真を撮ったものを貼った台紙をプレゼントしました。

デイケアのおじいちゃん・おばあちゃん方からも子どもたち一人一人にプレゼントをくださいました。

Dsc05757Dsc05758Dsc05759Dsc05760

Dsc05761Dsc05763Dsc05768Dsc05771

Dsc05773Dsc05775

歩いたり、車いすで移動して車に乗り込まれる所を子どもたちもお見送りしました。

車に乗り込んで最後の1台が保育園の坂を下りていくところまで「また来てください。元気でね」といいながら名残惜しそうに手を振っていました。

とってもよい交流会になったと思います。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »